テル・ダン碑文

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テル・ダン石碑は、1993年から1994年にイスラエル北部、テル・ダンでの発掘調査で発見された石碑である。壊れているが、発見された複数の石片を組み立てたところ、アラム文字で書かれた、祝勝の碑文が彫られていることが分かった。この石碑はアラム・ダマスカスのハザエル王によって紀元前9世紀後半に残されたものとされている。また、この石碑はダビデが聖書以外で初めて文献として確認されたものでもある。

しかしながら、この碑文に書かれる「ダビデ」(דוד, DWD)は「ドード」と読むことも可能であり、ドードは主YHWHの称号である。それゆえ、反対派はこの碑文の正当性を認めていない。

碑文の記述

碑文には著者の名前はないが、文脈上、シリアの著名な王であるアラム王ハザエルによって書かれたとされる。
  • ハザエルの父の日にイスラエルが彼の領土に侵攻してきた。
  • ハダド神がイスラエルに対抗する為にハザエルを王とした
  • ハザゼルは70の王を一千の戦車(馬車)と馬で破った事
  • 最終行では、恐らくサマリア(イスラエルの王たちの首都)に対する戦をしようかと持ちかけている
本文はwikipediaの「テル・ダン石碑」を参照されたい。

聖書の並列箇所は以下。

列王記下8:7-15
(イスラエル王国の預言者である)エリシャがダマスコに来たとき、アラムの王ベン・ハダドは病気であった。「神の人がここに来た」と知らせる者があって、王はハザエルに言った。「贈り物を持って神の人を迎えに行き、わたしのこの病気が治るかどうか、彼を通して主の御旨を尋ねよ。」ハザエルは贈り物としてダマスコのすべての価値あるものをらくだ四十頭に載せて携え、エリシャを迎えに行った。
彼はエリシャの前に立って言った。「あなたの子、アラムの王ベン・ハダドがわたしをあなたに遣わしました。この病気が治るかどうかと言っています。」エリシャは言った。「行って王に言うがいい。『あなたは必ず治る』と。しかし、主は彼が必ず死ぬことをわたしに示された。」神の人は、ハザエルが恥じ入るほど、じっと彼を見つめ、そして泣き出したので、ハザエルは、「どうしてあなたは泣かれるのですか」と尋ねた。エリシャは答えた。「わたしはあなたがイスラエルの人々に災いをもたらすことを知っているからです。あなたはその砦に火を放ち、若者を剣にかけて殺し、幼子を打ちつけ、妊婦を切り裂きます。」ハザエルは、「この僕、この犬にどうしてそんな大それた事ができましょうか」と言ったが、エリシャは、「主はあなたがアラムの王になることをわたしに示された」と答えた。
彼はエリシャのもとを離れ、自分の主君のところに帰ると、王は、「エリシャはお前に何と言ったか」と尋ねたので、「必ず治ると彼は言いました」と答えた。しかし翌日、彼は布を取って水に浸し、王の顔を覆ったので、王は死んだ。ハザエルが彼に代わって王となった。

列王記下8:25-29
イスラエルの王、アハブの子ヨラムの治世第十二年に、ユダの王ヨラムの子アハズヤが王となった。(略)彼(アハズヤ王)はアハブの子ヨラムと共にアラムの王ハザエルと戦うため、ラモト・ギレアドに行った。しかし、アラム兵がヨラムに傷を負わせた。ヨラム王は、アラムの王ハザエルとのラマにおける戦いでアラム兵に負わされた傷をいやすため、イズレエルに戻った。ユダの王、ヨラムの子アハズヤは、病床にあるアハブの子ヨラムを見舞うため、イズレエルに下って行った。

奇妙なのは、聖書ではハダドはハザエルの父の名であるが、碑文ではハザエルの神の名となっている。