テクストゥス・レセプトゥス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新約聖書の校訂本の一つである。

テクストゥス・レセプトゥス(ラテン語: Textus Receptus:「受け入れられたテキスト」の意味、和:公認底本)は、デジデリウス・エラスムスとオランダの人文学者たちによって校訂され、1516年に印刷されたギリシア語新約聖書本文のこと。共認定本とも呼ばれる。出版された最初のギリシア語新約聖書でもある。

後にウィリアム・ティンダルの英訳聖書、マルティン・ルターのドイツ語訳聖書(ルター聖書)など宗教改革期以降に作られた多くの翻訳聖書の底本として用いられ、正統的な新約ギリシア語本文としての権威を得た。が、近代になると、聖書学者たちはテクストゥス・レセプトゥスのもととなったギリシア語写本は東ローマ帝国からもたらされたビザンティン型に属するもの(小文字写本)で古くても12世紀以前にはさかのぼらないことを明らかにし、より古く、より良質な写本によって原文を確定しようとする本文批評学が確立した。その結果「テクストゥス・レセプトゥス」は今日では「(もはや)受け入れられないテキスト」となっている。

より古いテキストとされるアレクサンドリア型を元にした底本はウェストコット・ホートである。