ゲームカタログ@Wiki ~名作からクソゲーまで~

ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア

最終更新:

匿名ユーザー

---,--- view
だれでも歓迎! 編集

ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア

【ぽけっともんすたー おめがるびー あるふぁさふぁいあ】

ジャンル RPG
高解像度で見る 裏を見る


高解像度で見る 裏を見る


対応機種 ニンテンドー3DS
メディア 2Gbyte3DSカード/ダウンロードソフト
発売元 ポケモン
販売元 任天堂
開発元 ゲームフリーク
発売日 2014年11月21日
定価 4,571円(税別)
プレイ人数 1~4人
セーブデータ 1個
レーティング CERO:A(全年齢対象)
判定 良作
ポイント 良くも悪くも大胆リメイク
育成・収集環境が『XY』から更に向上
伝説のポケモンとメガストーンのバーゲンセール
追加シナリオと改悪部分には批判の声も多い
追加シナリオと改悪部分以外は好評
ポケットモンスターシリーズ関連リンク


概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア』のリメイク作品。グラフィックやシステムは直近の作品である『XY』をベースにしている。時系列では『XY』より昔の話である見方が強い。
公式の略称は『ΩRαS』(ファンの間では入力の手間が少ない『ORAS』のほうがよく使われる)。
本記事でもオメガルビーを『ΩR』、アルファサファイアを『αS』と記述する。


特徴・新要素

原作からの変更点


評価点


賛否両論点

+ 詳細
  • 前述の「シーキンセツ」では、本編にはほとんどない不倫やヤクザ絡みといったあまりにも生々しいネタが展開される。しかもこのためだけに原作からいる登場人物に暗い過去設定が後付けされた
    • 他にも、ブラック企業を彷彿させる「残業・休日出勤上等」「労働組合厳禁」という不穏な標語が出てきたり、成人向け雑誌が落ちていたり、変な臭いがするベッド*4の下から同性愛者向けと思わしき雑誌が出てきたり、人間が麻薬かポケモンの薬を乱用していたと邪推できる「しろいハーブ」が落ちている、密室に籠る女性二人組など、ブラックジョークには事欠かない。
  • これ以外にも来場者からの搾取に走ったために倒産したサファリゾーン、借金取りが差し押さえた物の横流しから手に入れたミミロップナイト、コンテストライブに人気を攫われて忘れ去られたご当地ヒーローなど、リアルな描写と評価できる一方で、悪趣味ともいえる描写が増えた。
  • おくりびやまにいるおばあさん(四天王のフヨウの祖母)が、何故かグラードン/カイオーガ戦の後に亡くなっている。おじいさんもフヨウもその点には触れていないが、エピソードデルタ後にフヨウとおばあさん(の霊)が会話するイベントが存在する。
    • この展開でフヨウが多少の改変を受けている。他のイベントほど批判は少ないものの、従来にはなかった異質なシナリオであることは間違いないだろう。
      過去作でも幽霊の概念は存在しており、それに合わせたポケモンやイベントもあるが、人が死んだことを明確に示すのは今の所このイベント以外に存在しない。ポケモンの世界観にはそぐわないという意見もあり、その必要性が疑問視する声もある。
  • これら以外の細かな所でも「他ゲームや深夜アニメのパロディネタ」や「百合ネタ」等、人を選ぶ内容のネタがゲーム内に多数存在する。
    この手のネタを受け付けないユーザーであれば、不快感を催す可能性も決して否定できない。
  • メガストーンの1つであるガブリアスナイトはひみつきちマスターのギリーからもらえるが、この時のやり取りも人によっては悪趣味さを感じられる物で、プレイヤーの間で物議を醸した。
    • まず、ギリーのパートナーである「フライゴン」であるが、強力なポケモンとして名高い「ガブリアス」と同タイプかつ種族値配分が特攻以外が下回っている(しかも特攻も同じ値である)。
      そこだけ見るとガブリアスはフライゴンの上位互換であり、しかも(当時の)ガブリアスは公式サイトのデータ集計ページでも対戦使用率最上位をキープしているなど、なにかと2匹は比較されやすい立場にあった。
      結果として、「フライゴンは"対戦面において"ガブリアスより弱い」と評価される*5事が多く、この優劣関係はプレイヤー間でも論争があり、一部の層からはある種のネタにもなっている。
    • そしてギリーはガブリアスナイトを渡す時に「オレとフライゴンのコンビには 何故か 使いこなせないけど」と発言する。『 ガブリアス ナイト』がフライゴンに使えないのは当然であり、別にギリーはフライゴンをバカにして言っているわけでもない。
      ---それにギリーがメガストーンについてその性質を詳しく知らなかったと解釈することも可能である。気付きにくいが、本作の登場人物全員がメガストーンについて熟知しているわけではない。例としてピジョットナイトはツワブキ社長によってメガストーンだと判明しない限りはただの「すごそうな石」でしかなかった。
    • このギリーの発言については「公式による対立煽りだ」「これを対立煽りと捉えるのは考えすぎ」と意見が割れ、発売から1年以上が経過した後も軋轢が続いている。
      フライゴンが直接的に侮辱された訳ではないとはいえ、一部のファンにとってはデリケートな話題でもあり、公式の配慮が足りなかった点は否めない。

問題点

原作『ルビー・サファイア』からの変更・追加要素の問題点

追加シナリオ・エピソードデルタ

+ エピソードデルタ全体のネタバレを含みます

ゲームとしての問題点

  • まずエピソードデルタは殿堂入り後に強制的に始まる。
    • これをクリアしないとバトルリゾートや強化版四天王が解禁されないため、本作をやりこむなら必然的にクリアする必要がある。
      • 追加マップは無く、シナリオ中は人からの指示を受けてホウエン地方を動き回る場面がほとんどで、自発的に行動する場面が少ない。何をすればいいか分かりやすく行き詰まりにくい反面、おつかい感が強い。
  • レックウザの強制捕獲がある(詳細は後述)。
    • 強制のためか捕獲率は過去作より高く設定され、シンクロ確率50%(詳細は後述)と3V確定だが、厳選をする場合は長時間拘束されかねない。
    • レックウザを捕獲すると、「ヒガナと戦闘訓練→長いムービー→デオキシス戦→エンディング」を途中セーブ不可能で行われる。
      • また、ゲットしたレックウザはボックスに送ることはできず*9強制的に手持ちの先頭に置かれる。そのため、直後のヒガナ戦では経験値と努力値が入ってしまうので、入れたくない場合はわざと倒される、後できのみを使って努力値を減らす等の対処が必要。

新キャラ「ヒガナ」とシナリオの問題点

  • エピソードデルタの大筋のストーリーは「飛来してくる巨大隕石から星を守るため、主人公・ダイゴ・ソライシ博士らが対抗しようとし、そこにヒガナが絡んでくる」というもの。
    前述したようにヒガナはエピソードデルタ全体のキーパーソンで、隕石騒動の中で暗躍する存在なのだが、本ストーリーの低評価さは彼女の破綻した設定にあるといっても過言ではない。
  • ヒガナの行動原理は「巨大隕石を破壊できるレックウザを降臨させる」「平行世界も守る」という真っ当なものだが、一切の説明をせずに強行手段に出る・挑発/侮辱する・代案を示さずに他人の案を潰すなど、強引さや高圧さが批判される。「想像力が足りないよ」は彼女を象徴する迷セリフとして話題になった。
  • 以下、ストーリーの流れとヒガナの行動。
    • 本編ではレックウザ降臨のために、マグマ/アクア団を唆しグラードン/カイオーガを復活させ天変地異を起こして準備を整えた。しかし、レックウザが降臨する前に主人公が天変地異を鎮圧してしまったために、エピソードデルタでは第二の手段としてキーストーンの回収を始めたのだが、順番が逆だろう。実際、ダイゴからも「星を守るために多くの人やポケモンを傷つけていいのか」と批判を受けている。
    • キーストーンは所持者から力づくで奪っていくという形をとっている。しかし、ライバル、ミツル、カガリ/ウシオ、マツブサ/アオギリといった実力が下に当たるものだけを狙い、チャンピオンのダイゴやその彼に勝利した主人公は露骨に避ける。強者からも奪う素振りがあれば「手段を選んでいる余裕がない」とも解釈できたが。
      • 上記2つの行為はレックウザ降臨のために必要なことだが、巨大隕石の襲来とレックウザ降臨の手法はヒガナからすれば1000年前からわかっていたことだし、ヒガナは犠牲が生じることを気にする描写がある。なので天変地異がメガストーン回収より先にされたことはいくらなんでも妙。
    • ソライシ博士が隕石を別の空間に転送する転送装置を作るも、ヒガナはそれを破壊。
      • 破壊後に「平行世界に隕石がワープする可能性があるため」「この世界も平行世界も守れるから」と言うものの、何の代替案も示さない。作中の人物からも「そんな勝手な妄想」と言われてしまっている。
        それに対するヒガナの返答が「想像力が足りないよ」である。ヒガナは並行世界の存在を知っているようだが、他のキャラやプレイヤーからすればまず想像のしようがない。作中の人間からすれば存在するかも不明な平行世界の為に、現実的な方法を潰されたらたまったものではないだろう。
      • さらに、平行世界の存在についてはここで唐突に出てくる設定で、以降はまったく触れられない。「ヒガナがその場しのぎに言ったウソ」とすらとれてしまう。
      • 一応次回作で並行世界の存在を示す話は出てくるが、そちらも賛否が分かれる。
    • ヒガナは主人公に空の柱へ来るように言い、その最上階でレックウザを呼びだす。しかし、レックウザは千年もの間にメガシンカの力を失って隕石が破壊できなくなっていたため、ヒガナ一人では何もできなかった
      • 主人公が偶然メガシンカのエネルギー源となる隕石を所持していたため事なきを得たが、いなければ本作の世界は終わっていたのである
        レックウザが力を失っていたことはヒガナのせいではないが、他人に「想像力が足りないよ」とバカにするように言って転送装置も破壊しておきながら、その想像力のなさが世界を破滅の危機に追い込んだのは非常に情けない。
      • エピソードデルタクリア後に聞けるレックウザの情報には「本能的に隕石を食べ、内臓の『ミカド器官』の力でメガシンカのエネルギーを溜める」とあるため、降臨した時に力が足りてなかった理由がさらに謎になっている。
      • 仮にヒガナがレックウザをメガシンカさせていたにしても、主人公はマグマ/アクアスーツを着用し宇宙空間に突入してレックウザと共闘できていたのに対し、ヒガナはどうやって宇宙に突入するつもりだったのか謎。
    • 事件解決後
      • 事態が収拾した後、相棒であるゴニョニョのシガナ伝手に感謝の手紙を渡すだけで、責任を取らず謝罪もせずに自分探しの旅に出る。なお、罪滅ぼし行脚をしているわけではない。
      • 結局、ヒガナには同情や納得できる描写は一切なく、理由も十分に説明されないままエピソードデルタは終わってしまう。
  • 多数の設定が改変・追加されたが、エピソードデルタの辻褄合わせとヒガナの行動の正当化を無理やり図ったせいか多くの矛盾が発生している。
    • グラードン/カイオーガの復活は元々はマツブサ/アオギリの計画だったが、ヒガナが黒幕になってしまった。
    • デボンコーポレーションは原作からして野生ポケモンへの影響を考慮して工事を中断するような企業だったが、『XY』で登場したポケモンの生体エネルギーから精製される「∞エナジー」という倫理的に危ういもので発展した大企業という設定が上乗せされたため、ポケモンを守る一方で生体エネルギーを活用するダブルスタンダードな企業になっている。
      • さらにこの設定変更が原因で、モンスターボールや旅を進めるために貰ったグッズも実はポケモンに有害なことをして製造したという可能性も出てきて、プレイヤーにとっては心象の悪い企業になっている。
        ダブルスタンダードな企業というのは現実・創作作品で共にありがちな設定であるが、本作の場合は原作の設定を改変してまで入れた関係で違和感が拭いきれない設定になってしまった。
    • 説明不足な「平行世界」という後付け設定
      • 上で説明したように隕石を別の空間に転送することになるが、「隕石の行先が隕石への防衛手段がない平行世界になるから」とヒガナに反対される。その平行世界が存在する証拠と、なぜ並行世界に隕石が落ちると確定しているかの根拠は本編中で一切説明されない。セリフから察するに『ルビー・サファイア(原作)』の世界のことを指していると思われるが、指しているだけにすぎない。
    • ヒガナ関連を除いても、シナリオ自体かなり雑でエピソードデルタ単体で矛盾が発生している。
      • 最たる例として、ヒガナがレックウザと流星の民の伝承を長々語るが、それが作中の描写とまったく食い違っている。「1回も隕石を止めていないレックウザが隕石を破壊したことになっている」「レックウザが地上に現れる条件が、天変地異が起きる(2000年前)、人々が願う(1000年前)、キーストーンを集める(作中年)とバラバラ」「レックウザのメガシンカは1000年前にルネに落ちた隕石と人々の祈りで起きたが、作中で描かれるのは体内に取り込んだ隕石の力でメガシンカ」など。
      • エピソードデルタ問わず本作には前作『XY』との矛盾もある。たとえば、時系列的に『ΩRαS』の十数年後が『XY』なのだが、『XY』ではプラターヌ博士が「メガシンカはカロス地方のみの現象」と言っているのに、ホウエン地方には伝説のポケモンであるレックウザを差し置いても、メガシンカに関する事象が大幅に増加している。そしてソライシ博士がプラターヌ博士に今回の騒動などを報告しているため、上の発言にはさすがに無理が生じている。
        従来も博士キャラの発言が新作によって覆されてきたことはあった。また、設定を遵守してメガシンカを本作で出さないというわけにもいかなかったのだろうが、本作が『XY』以前の話であることに必然性はないのでフォローが難しくなってしまった。
      • そもそも、『XY』発売前に「カロス地方のみの現象」としてメガシンカの情報が公開された時点で「次回作以降もメガシンカという要素は残していくだろうと思われるのにそのように言い切ってしまってよいのか?」という懸念はあった。条件さえ整えばカロス地方でなくてもメガシンカが発生することはアニメ『ジ・オリジン』*10でも示されており、実際には「メガストーンはカロス地方でのみ産出されている」といったほうが正確ではなかろうか。この点に関しては本作の問題というよりは『XY』時点で設定に無理があったとも言える。
    • 紅色の珠と藍色の珠はゲンシカイキに重要なアイテム、隕石はエピソードデルタに重要なアイテムとなったため紅色の珠・藍色の珠・隕石を元の持ち主に返すイベントが消滅している。
      • 感謝の気持ちを言って主人公に譲るイベントすらないため、手抜き臭が漂う。
  • キャラクター的にも解説不足な点が多い。
    • ミステリアスなキャラとして設計されているにしても、ヒガナというキャラクターを構成するキーワードすら説明が欠如していたり矛盾だらけのため、行動の理解できなさをより増させており、プレイヤーからしてもフォローしにくい。
      • 特に致命的なのは平行世界関連で、平行世界の存在や隕石が平行世界に落ちることを認識していながら何も説明しないし、以降はまったく触れない。このためヒガナの行動原理である「レックウザを用いての隕石の破壊」についての理由付けが非常に弱くなっている。
      • ゴニョニョのシガナを常に連れているが、ヒガナはかつて人間のシガナがいたことを仄めかす。さらにゴニョニョのほうはヒガナをママと呼んでいるが、どちらも詳細は語られない。
      • このほかにも、流星の民自体が平行世界の存在を認識しているようだがどういう理由なのか、自分は何者でもないと語っているがどういう意味の発言なのか、ダイゴには敵愾心を抱いて主人公には好感触なのはなぜか、なぜ『XY』の最終兵器の仕組みを知っているのか、バトル時の3Dが歩行グラと違って何者かに憑依されているようなものだがどういった意図か……なども説明不足な点として挙げられる。
    • 雑誌に掲載されたスタッフへのインタビューにより、「ヒガナは流星の民の伝承者としての力を持たない平凡な人間」「人間としてのシガナが本当の伝承者」といった点が明かされたものの、まだ肝心な部分が明らかになっていないため、相変わらずヒガナの背景については想像するしかない。
  • このように、擁護しがたい行動を繰り返すキーパーソンのヒガナを筆頭に、過去作品との設定的な矛盾が多数発生する、殿堂入り後にすぐ始まるためプレイしない自衛手段も取れないなど、ひとつのシナリオとしては落第どころではなく、それこそこのシナリオごと丸々無かった事にしなければ過去作品と設定が噛み合わないという大惨事を巻き起こしてしまった。
    • あまりにも度が過ぎたシナリオの酷さゆえか、これらエピソードデルタなどに関連するスタッフの発言や経歴すらも問題視されるなど、各方面に飛び火する事態となっている。
+ ネタバレ注意
  • 変化が起きるのは、原作からの登場人物・ミツル
    • 病弱だがポケモンに触れたことで心身ともに強くなり、最終的に高い実力を持ってプレイヤーの前に立ちはだかるライバル格のキャラ。
      原作から存在した「ライバルとしては明らかにイベント量が少ない」という問題は据え置きだが、専用のBGMやマップが用意されるなど演出面は強化されており、その点は好評となっている。
    • しかし、先の条件を満たすと「いわゆる孵化作業(=厳選)をする姿が目撃される」「ガチプレイヤー間で使われている用語を使用する*11」など、彼がガチ勢と化したような描写がされるように。
      • イベント発生時の対戦ではメンバーに変化がないが、再戦時にはその半分ほどが対戦でも使用率の高いポケモンに入れ替わっている*12。技構成は微妙なところも見られるがそこそこ整っており、持ち物も考えられたものになっている。
    • ポケモンバトルそのものを純粋に楽しんでいる事は特に変わっておらず、本質的にミツルが変貌してしまった訳ではないことは伺えるが、露骨に勝利に執着する言動を見せたり、冒険を共にしたポケモン達をいきなり大幅に取り替えるようなある種の冷酷さのある性格描写は少なくともこれまでの作品にはなく、ここまでのプレイヤーの困惑を招いた。
      • 開発側としては「プレイヤーと同じ立場に立たせた」という一種のファンサービスのつもりだったのかもしれないが、やり込みを重ねてこの変化を目の当たりにしたミツルと同様のプレイヤーの中には「自分達に対する皮肉である」と受け止め、「何故そのような作業を強いる仕様にした開発側・公式から、作業について皮肉を投げかけられなければならないのか」「そもそも何故既存キャラであるミツルにこのような事をやらせる必要があったのか」などといった憤りや嫌悪感を示す者も少なくなかった。
    • 一応、条件の関係でプレイヤー自身も相応に鍛えなければ、変化したミツルに出会う事はない。
      しかし、殿堂入り後に再戦する*13だけで登録できた原作とは違い、ミツルをトレーナーアイに登録したい場合は上記の条件を満たす必要がある。対戦が苦手ならミツルをトレーナーアイに登録できないし、登録したい場合は上達した上でこの変化を受け入れるしかない。

『エメラルド』で好評だった要素がほとんどない

その他、原作からの劣化点

『XY』から未改善または削除された点

前リメイク作『HGSS』と比較しての問題点

単体のゲームとしての問題点

+ 修正されたバグ・不具合など
  • エンディングのムービーでフリーズするバグの存在していた。
    • 正確な発生条件は不明。ムービーではプレイヤーが今まで使用したポケモンが登場するが、それを読み込めなかったのが原因かもしれない。
    • 後に公式のパッチ配布で対応された。パッチ配信後に販売されたソフトは既に適用済み。

総評

『RSE』および『XY』から育成・収集環境が更に改善され、やりこみプレイに専念しやすくなった。
昔からのファンを刺激する要素が随所に見られるのも特徴。過去作伝説・メガストーンのバーゲンセールなど、新規プレイヤーへの配慮もなされている。
快適なポケモン育成・入手、もしくは第6世代における最新の対戦環境を求めるのであれば、本作はその期待に応えられるだけのものを持っている。

一方で、同じリメイク作品でありながら、第4世代の集大成として名高い『HGSS』と比較すると、どうしても出し惜しみ感が否めない。
『エメラルド』で好評だった追加要素の削除・縮小や、第5世代以降指摘されていた問題点の放置・悪化もこの出し惜しみ感を強調している。
また、エピソードデルタやシーキンセツと言った原作から追加・改変した要素や設定も物議を醸してしまい、システム面などでも前作から何も改善してない所も散見される。

基本的なゲームとしての出来は決して悪くないが、リメイク作品としては大胆な改変が多く人を選ぶ作品といえるだろう。
第6世代が最新世代ではなくなった今、敢えて本作を手に取るというのであれば「育成・対戦」「ストーリー・世界観」「キャラクター」「旧作の思い出」「ブラックなネタ」…等々、自身がポケモンというブランドに対して何を求めているかを、今一度熟考してみるのをお奨めしたい。


余談

+ そして2020年……
  • 本作の後、事情が事情だけに再登場の機会になかなか恵まれなかったヒガナであったが、2020年1月に5年間の沈黙を破りスマートフォン用ゲーム『ポケモンマスターズ』に再登場した。
    • 時系列はエピソードデルタよりも後となっており、突如雪山に現れたレックウザ*25ククイ博士と共に追いかけるストーリーが新たに書き下ろされている。
    • 人を食ったような態度は相変わらずであるが、エピソードデルタでの出来事を「使命を果たせなかった」と語るなど一連の騒動を反省するかのような言動も見られる。そして最終的には正々堂々とレックウザと向き合い、仲間にする事に成功している。でもやっぱりメガシンカはしない。
    • バトル時には例の不気味なポーズを取ったり、良くも悪くも彼女を象徴するセリフ「想像力が足りないよ」はボイス付きで喋るなど、無駄にファンサービスには力が入っている。
    • ΩRαS発売当時は袋叩きの有様だった事を考えると比較的悪くない評価を得ている。ただしポケモンマスターズ自体がパラレルワールドの集合体の様なゲームである為、これを正史に加えるかは難しい所。

  1. トップページ
  2. クソゲー一覧 (任天堂据置機)
  3. ゲーム記事一覧 (Switch)
  4. ゲーム記事一覧 (PS4)
  5. ちびまる子ちゃん おこづかい大作戦!
  6. クソゲー一覧 (ソニー据置機)
  7. その他ゲーム一覧 (不安定)
  8. メニュー
  9. ハローキティのキラキラわくわくレース
  10. シリーズ別リンク

*1 バランスブレイカー染みた性能を持っているが、GSルールでは2体までの伝説枠と1体のみのメガシンカ枠を同時に使用するという大きな欠点を持っている

*2 なお、ホウオウの専用技である「せいなるほのお」は『XY』からエンテイも覚えるようになっているため、専用技ではなくなっている。また、2009年の劇場で配布されたアルセウス等、別のポケモンが配布限定で禁止伝説級の専用技を覚えていることもあるがそれは基本的に考慮しない。

*3 「Lv100・自滅技・最後の一体はどくどくだま持ち」の「ハピナス」複数体と戦うことで莫大な経験値を得られる。けいけんちパワーと併用することも可能

*4 体臭又は体液の臭いが染みついた物と推測できる。

*5 あくまでも同じ技構成の場合は…というだけであり、技構成や特性から差別化する事は容易。また、フライゴン自体も特段弱いポケモンとは言えない。

*6 その中には第5世代のPDW等、既に新規に入手する手段がないものも存在する

*7 『HGSS』の教え技で習得できたが『BW2』の教え技で覚えられなくなっていた。本作では再び覚えられるようになっている。

*8 色違いもラティオスの薄緑とラティアスの黄色を混ぜたような黄緑色になっている。

*9 厳密には一旦ボックスに送られるが、強制的に手持ちに入れさせられる。

*10 『XY』発売前に放映されたスペシャルアニメ

*11 使われたのは「抜く(抜かれる)」。自分のポケモンが先制できるようにすばやさの努力値を調整することを指す

*12 残されたポケモンも別個体となっているが、これはシステム上の都合であり、問題点とするには少々お門違いと言える。

*13 本作と違いバトル施設を利用しなくても再戦可能である。

*14 ジムリーダーと再戦不可能なリメイク作品は『FRLG』以来。リメイクではないが、本作のベースとなっている『XY』ですら再戦可能だった

*15 フロンティアブレーンの1人だったアザミとジンダイは、それぞれバトルハウスにいる人のセリフと幻のポケモンのボルケニオンのイベントに登場する。

*16 テッセンがライボルトなど『RS』初出のポケモンを使わない、フウとランが繰り出すのがそれぞれ1体な上にどちらも水タイプが弱点のため弱い、など。

*17 なお、『HGSS』の「GBプレイヤー」は元データが使用できなかった都合から、原曲ではなく原曲風の音源を使用した新アレンジとなっている。

*18 戦っていないポケモンすべてに経験値を入れられる道具。

*19 この特性を持ったポケモン(瀕死でも可)を先頭に置くと、出現するポケモンの性格がごく一部を除き50%の確率でシンクロ持ちと同じになる。

*20 そのバージョンで入手できないほうのラティオス・ラティアスがいる島に行けるアイテム。

*21 ゼクロムは雷のSE、レシラムは炎のSE、キュレムはスラップベースが使用されている。

*22 孵化に必要な歩数を3分間1/2にする

*23 ただし、ポケモンセンターヒロシマのオープン記念で配布されたコイキング等、プレシャスボールに入っていても預けられるポケモンは元々存在する

*24 2015年4月3日から発生、4月28日に修正された。

*25 もちろんエピソードデルタとは別個体のもの。

最近更新されたページ
記事メニュー

メニュー

  • 投稿・編集の前に
    • はじめに
    • このWikiで扱う作品
    • ガイドライン
    • 記事の書き方
    • テンプレ / 略語集
    • FAQ
    • サンドボックス
  • 新着記事一覧
  • 年代順/据置ゲーム一覧
    • FC
    • SFC
    • N64
    • GC
    • Wii
    • WiiU
    • Switch
    • PS
    • PS2
    • PS3
    • PS4
    • PS5
    • Xbox
    • Xb360
    • One
    • MD
    • SS
    • DC
    • PCE
    • NG
  • 年代順/携帯ゲーム一覧
    • GB
    • GBA
    • DS
    • 3DS
    • Switch
    • PSP
    • PSV
  • 判定別ゲーム一覧
    • 劣化
    • シリ不
    • 不安定
    • 賛否両論
    • スルメ
    • 改善・改悪等
    • バカゲー・怪作
  • 用語集
  • 修正依頼など
    • 修正依頼
    • 判定不一致修正依頼
    • 要強化依頼

ランダムリンク(ベータ版)


リンク


更新順にページ一覧表示 | 作成順にページ一覧表示 | ページ名順にページ一覧表示 |

タグ検索 :


タグ一覧> 登録が多い順> 管理タグカット>


合計 -
今日 -
昨日 -
現在約-人が見ています。
総ページ数7705
2021-05-15 03:07:07 (Sat)


新着ページ一覧

取得中です。

更新履歴
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00

取得中です。

今日の人気ページ


総合人気ページ






最近更新されたwiki