ファイナルファンタジーXV ポケットエディション HD

【ふぁいなるふぁんたじーふぃふてぃーん ぽけっとえでぃしょん えいちでぃー】

ジャンル RPG
対応機種 プレイステーション4
Xbox One
Nintendo Switch
Windows10
発売・開発元 スクウェア・エニックス
発売日 【Win】2018年6月6日
【PS4/One】2018年9月7日
【Switch】2018年9月14日
定価 【PS4/Switch】2,759円
【Win/One】2,700円(共に税別)
レーティング 【PS4/One/Switch】CERO:B(12才以上対象)
【Win】IARC12+
判定 劣化ゲー
ポイント スマートフォン向けにアレンジ
画面の原作再現度は高い
オープンワールドなど原作の評価点はほぼスポイル
ゲームの規模的な意味でもポケットエディション
ファイナルファンタジーシリーズ

概要

ファイナルファンタジーXV』(以下原作)を各種スマートフォン向けにアレンジしたリメイク作。本作はそれを家庭用ゲーム機へと逆移植した作品にあたる。
移植とはいえ任天堂ハードでは『FFVI』から24年ぶりのナンバリング作品となる。

特徴

  • 元がスマートフォン向けという事もあり、アクションは簡略化しオープンワールド要素も無し、全編一本道のリニア型ゲームとなった。
    • サブクエストは一部のアイテム集め以外は撤廃された。
    • 全15章だった原作から全10chapterとなった。
    • 車やチョコボの運転もオートのみであり、移動中は視点移動くらいしか出来ない。
    • フィールドは見下ろしのみでカメラ移動は不可となっている。
    • イグニスの料理はゲーム中に度々発生する食材集めで食材を全て集め終わる事でイベント進行の度に新しい料理が作られる。
    • 戦闘はノクティスのみが操作でき、武器も剣・大剣・槍の3種類のみ。ジャンプも撤廃されたため空中攻撃が無くなった。
      • シフトブレイクは残っている他、敵の特定の攻撃時にアイコンが表示され、終了するまでにボタンを押す事で反撃か回避となるQTE「パリィ・パリィカウンター」が導入された。
      • 戦闘から逃げる事は出来ない。このためか、極端に強い敵モンスターはあまり登場しない。
  • グラフィックは面影を残しながらもリメイク版『FFIII』や『FFIV』に近い質感となっており、キャラクターたちは人形劇のようなデフォルメとなっている。
  • 元のスマートフォンではタッチ操作だったが、各種コンソール機では操作はタッチからコントローラーボタンへと変更。
    • Switch版でもタッチ操作には非対応。

評価点

  • マップやイベントなど原作再現度は高い。
    • 公式でも比較動画が用意されているが、全体的なマップの作りやオブジェクトの配置などは原作と遜色がない。
    • シナリオもサブイベント以外は一通り収録されており、ボイスやBGMも原作からそのまま収録されている。
      + 比較動画
  • 戦闘は原作より簡略化されながらも、そこそこ白熱する。
  • 全編60fpsで描画されるため滑らかに動く。

賛否点

  • デフォルメされたキャラクター。
    • 特徴を大きく残しながらもリアルタッチだった原作とは大きく異なったデフォルメデザインである。
      • 「これはこれで牧歌的でいい」という声もあるのだが、会話はフルボイスなのに表情が一切変わらず口パクもしないため違和感はある。

問題点

  • ストーリーは原作ほぼそのまま。
    • それもアップデート前の一番最初期のVer.準拠のため、アップデートで補完された描写も撤廃されてしまっている。
    • 一部会話が新緑されてはいるが、流れを大きく変えるものではない。
  • オープンワールドでなくなり全編完全な一本道。
    • 敵の配置もマップごとに固定されており、ダンジョン探索といったやり込み要素はあまり見られない。
  • 写真や釣り、レガリア改造といった寄り道要素やミニゲームが無くなった。
    • 特に写真は本編の演出としても高く評価されているため無くなった事を残念がる声が多い。
  • ゲームスタート時やマップ切り替え時のロードが長い上に頻繁に入る。
  • 元がスマホ向けで操作が簡略化されたからとはいえ、方向キーを始め操作に使えそうなのに使わないボタンが見られている。
  • セーブはキャンプ時やイベントクリア時などのオートセーブのみで手動セーブが出来ない。
    • セーブファイルは複数用意されているが、プレイ中のデータを他のファイルにセーブする事は不可能。
  • 原作のアップデートやDLC、ロイヤルパックなど拡張要素は一切無し。

総評

原作の記事を見れば解ると思われるが、FFXVはメインストーリーよりもサブイベントなどの寄り道要素が評価されているゲームであった。そのサブ部分を排除した本移植版はその本来の魅力を大きく損ねてしまったのである。
あくまで原作のストーリーや雰囲気を手っ取り早く知りたい人向けのダイジェスト版的な存在と言える。
ガッツリ楽しむつもりでいるなら、素直にPS/Xbox系かPCでの原作を購入した方がいいだろう。