ガチゴラス

登録日:2013/11/01 (金) 17:44:20
更新日:2019/02/27 Wed 21:06:58
所要時間:約 4 分で読めます




ポケットモンスターシリーズにX・Yから登場したポケモン


■もくじ


■データ


全国図鑑No.697
コーストカロス図鑑No.65
分類:ぼうくんポケモン
英語名:Tyrantrum
高さ:2.5m
重さ:270.0kg
タマゴグループ:ドラゴン/怪獣
性別比率:♂87.5♀12.5

タイプ:いわ/ドラゴン
特性:がんじょうあご(キバを使った技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:いしあたま(反動を受ける技を使った際の反動ダメージがなくなる)

HP:82
攻撃:121
防御:119
特攻:69
特防:59
素早さ:71
合計:521


努力値:攻撃+2

朝・昼にLv.39以上で『チゴラス』から進化


■概要


チゴラスと比べると高さは2倍、重さはなんと10倍にもなり、さらにティラノサウルスに近い姿になった。
さらに首に生えた体毛は襟巻きを彷彿とさせ、トサカも王冠のような形になり、「王者」の風格を思わせるデザインとなっている。
「ぼうくんポケモン」の分類が示すとおり、1億年前の世界では無敵を誇っており、王者として君臨していたポケモンである。
最大の武器である大きなアゴは、分厚い鉄板すらも紙のように噛みちぎってしまうほどの強力さである。

チゴラスのアゴも強力で自動車を容易くかじり、遂にはバラバラにしてしまう。
非常にわがままな性格をしており、気に入らないことがあると癇癪を起こして暴れまわる。


■ゲームでのガチゴラス


いわゆる化石ポケモンで、アマルルガと対になる。
「アゴの化石」から復元することで、進化前のチゴラスを入手することができる。

初の岩とドラゴンの複合タイプ
特性「がんじょうあご」もメガシンカであるメガサメハダーを除けばこのポケモンのみと唯一無二の要素が目立つ。

その特性がんじょうあごは「キバを使った技の威力が上がる」というもの。適用技は「かみくだく(かみつく)」や三種キバ等。
チゴラスの時点でそれなりに攻撃種族値は高く特性も同じ為、「かみつく」でも旅パでは十分主戦力になる程。

チゴラスがガチになってガチゴラスになるわけではない…と思う。

トレーナーではザクロカルネヒガナが使用する。
また、一般トレーナーでは21ばん道路にいるベテラントレーナーのパトリシアが使用する。


■対戦でのガチゴラス


前述の通り初の岩・ドラゴンタイプで耐性こそ心許ないが劣化には成り得ない唯一無二の存在。
特性の「がんじょうあご」は倍率こそ1.5倍と高いが適用される技の威力はそこまで高くない。
「かみくだく」は半減されにくい上にタイプ一致と同じ120で使用できる。
三色キバは威力97と4倍弱点でなければ大きな火力は出づらいものの、鋼・・ドラゴン対策等で使う場面も多い。
物理方面の能力が高く特殊方面は低いと言う、岩タイプらしい特徴を持つ。
素早さも低めだが、「りゅうのまい」や「ロックカット」を積む隙を作れれば一気に抜ける攻撃性能も持っている。
とは言え、岩タイプとしては素早い方でキノガッサ等70族をギリギリ抜ける絶妙な値。

また、同じ第六世代出身にして現環境トップメタとして暴れ回ったファイアローキラーとして有名。
「おにび」と「はがねのつばさ」が少々怖いが、最速にしてスカーフを巻けばかなり安定して受け出して狩ることが出来る。

ORASでは高い攻撃を活かす「げきりん」やフェアリー対策の「アイアンヘッド」、鋼対策の「ばかぢから」を教え技で習得。
自力技は特性との相性こそ抜群だが威力自体は微妙だったため、この強化は嬉しい。

隠れ特性は「いしあたま」。
XYでは手に入らず、ORASのインターネット大会の参加賞として配布された。
現在はGTSなどで人から貰わなければ入手できない。
チゴラス時代は「がんじょう」で、進化することで特性が「いしあたま」に変わる。
チゴラスは「もろはのずつき」を覚えないため、未進化で控えめな種族値とがんじょうは非常に相性が良い。
リトルバトルでは「がんじょう」と「ステルスロック」を両立できる貴重なポケモンの1体。
同条件に当てはまるイワークノズパスと比べて火力と攻撃範囲の面では格段に優秀。

隠れ特性のおかげで、凄まじい威力と引き換えに大きな反動ダメージを受ける「もろはのずつき」をタイプ一致かつ無反動でガンガン打てる。
タイプ一致もろはのずつき使いにはラムパルドアーケオスといったガチゴラスよりも攻撃種族値の高い連中がいるが、
彼らはもろはのずつきで反動を受ける上、耐久力も高くはないので、劣化にはならない。
「いしあたま」と両立可能なジーランスボスゴドラウソッキーと比べても、彼らの中で最も攻撃・素早さが高い。
強力な積み技「りゅうのまい」があるのも大きく差別化できる要素であり、一度積むと火力はラムパルドを超えるし、最速130族も抜ける。
物理耐久は高いため、積みの起点も作りやすい。一度積んだときの攻撃力はA種族値207相当となり、防御特化しても等倍で2発以上耐えられるポケモンは非常に少ない。
ロックカット型は竜舞型と違い火力は上がらないものの、他の竜舞型のドラゴンを上から叩くことが可能。

殆どが竜舞型かフルアタ型での採用であり、竜の舞い以外の変化技が使われることは稀。
ちなみにこんなナリだが「あまえる」を覚える。

防御面に目を向けると、ガチゴラスの場合は素の状態でも物理耐久が高いため、諸刃の頭突きが無反動になればその耐久性能を大いに活かすことができる。
ただしサブウェポンのキバ技は威力は下がるため、通常特性と比較すると一長一短である。
仮想敵やパーティ編成次第では通常特性のほうが良いこともある。

通常特性、隠れ特性共にいわタイプの硬くて丈夫なイメージを体現するもので、
通常特性は攻撃寄り、隠れ特性は進化前も含めて防御寄りと真逆の性質になっているのも面白い。

そしてこのポケモン何故かわからないが「つのドリル」を覚える
レベル技で、しかも進化前のチゴラスもである。まぁ別に角はちゃんとあるのだがどう見てもドリルできる角ではない。
ラプラスとか初代のカイリューとかドリルは無理だろというポケモンは他にもいるにはいるが…。

持ち物の候補は竜の舞やロックカットを積む隙を作る「きあいのタスキ」、積まなくても130族を抜ける「こだわりスカーフ」
特殊耐久を補う「とつげきチョッキ」、「おにび」等状態異常対策の「ラムのみ」等。

第七世代ではZワザにより諸刃の頭突きを更に高威力かつ必中で放てるようになり、大いに強化された。
一方で苦手なフェアリーやフェアリー対策の鋼も増えたので、出すタイミングを誤れば何もできず落とされる危険も増えた。
攻撃面は優秀だが耐性は心もとないので、活躍させたいときは味方によるサポートを心掛けよう。



追記・修正よろしくお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/