伊吹 萃香

v1.203 / v1.105b

ステータス

能力基礎値
HP 154 TP 19
攻撃 158 MP 14
防御 74 MP成長率 1/17
魔力 24 回避 32
精神 110 HP回復率 12
敏捷 92 MP回復値 3
属性耐性 状態異常耐性
炎属性 72 冷属性 144 猛毒 0 麻痺 80
風属性 72 然属性 144 鈍重 80 衝撃 80
魔属性 72 霊属性 144 恐怖 80 沈黙 80
冥属性 144 物属性 72 即死 24 低下 0
レベルアップ難度 69

加入条件

3階C-5で「純米吟醸・猪」
6階C-2で「大吟醸・鹿」
9階H-10で「純米大吟醸・蝶」を萃香に貢ぐ
(なお、使用したアイテムは後の階層で1つずつ入手可能)
Ver1.410での価格はそれぞれ猪3000 鹿12000 蝶36000

スペル

名前 消費
MP
対象
攻撃種類 効果 使用後
ゲージ量
備考
戸隠山投げ 3 敵単体 直接攻撃 敵単体に然属性攻撃を仕掛ける。
威力、遅延、消費のバランスに優れた基本スペル。
6200 命中+20
天手力男投げ 7 敵単体 直接攻撃 敵単体に強力な風属性直接攻撃を仕掛けるスペル。
高威力だが乱発は難しい、萃香の決めスペル。
2000 命中-12
雲集霧散 4 敵一列 魔力攻撃 敵一列の攻撃と魔力を低下させるスペル。
魔力攻撃なので威力の方はお察し。
4750
ミッシングパワー 6 自身対象 補助行動 自身の攻撃、防御、精神を飛躍的に増加させる代わりに
敏捷が大きく下がるスペル。
使用後の遅延も極めて大きく、使い方がやや難しい補助行動。
2000~4000 攻撃(72+SLv*8)%上昇
防御,精神(45+SLv*5)%上昇
敏捷低下50%
低下耐性を高めても敏捷低下量は変わらない
使用後ゲージ量は(1500+SLv*500)
施餓鬼縛りの術 3 敵単体 直接攻撃 敵単体に冥属性攻撃を仕掛けるスペル。
威力は低いが、敵に麻痺+鈍重+恐怖効果を付与する。
5500 命中+25

スキルリスト

名前 上限Lv 必要SP 効果 補足
ブースト Lv5 2Pts 攻撃, 精神, 状態
向上心 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*6)%上昇する。
スキル取得者が探索メンバー12人の中に加わっていない場合、効果を発揮しない。
「実戦経験」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
実戦経験 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が戦闘終了時に前衛にいない場合、効果を発揮しない。
「向上心」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
伊吹瓢 Lv2 8Pts スキル取得者に行動順が回ってきた際、(SLv*10)%のHP回復、(SLv)のMP回復、
(SLv*10)%攻撃上昇、(SLv*10)%防御上昇、(SLv*10)%精神上昇、
(SLv*10)%敏捷上昇のいずれかの効果が発揮される。
不羈奔放の鬼 Lv1 12Pts 敵のHPが減っていればいるほど、敵に与えるダメージが上昇する。
敵のHP残量に応じて最大66%のダメージボーナスが発生する。
濛々迷霧 Lv2 5Pts スキル取得者が前衛にいる間、味方前衛の命中と回避が(SLv*12)%上昇する。
鬼縛りの術 Lv3 4Pts スキル取得者に行動順が回ってきた際、たまに敵を短い麻痺状態にすることがある。
鬼族の敵には効果量、効果発揮確率が上昇する。
強敵との邂逅 Lv1 10Pts スキル取得者が敵を攻撃した際に敵を攻撃した際に敵を倒す事が出来なかった場合、
スキル取得者の全能力が7%上昇する。

備考

身体は酒で出来ている。3本の吟醸酒を貢ぐことで加入する、多芸と高火力を持ち味とする直接攻撃アタッカー。

行く道々で高額の酒を要求され、加入までには5万以上の金銭を要求される本作屈指の金食い虫。
ただ、それに見合うだけのスペックは持っており、非常に高い攻撃基礎値に加えその他の能力もほぼ水準値以上。
準壁型アタッカーでありながら、敏捷も平均並に持ち合わせている。
他にも精神基礎値がアタッカーにしてはやたらと高く、思わぬ攻撃に耐えてくれることも。
その耐久性から居座りはもちろん、「敵の行動時に前に出しても大丈夫なぶっぱアタッカー」としても立ち回ることもできる。
燃費・威力のバランスに優れる『戸隠山投げ』、高い倍率を誇る『天手力男投げ』はそれぞれ別属性で撃ち分けが可能。
他にも能力低下や状態異常、自身に強烈な能力上昇効果とスペル構成は極めて優秀。
ただし、『ミッシングパワー』は行動後遅延が大きく、敏捷低下-50%もついてくる。
彼女の低下耐性も0なので、装備品による補強や敏捷上昇付与持ちのキャラとセットで運用する等、何らかのサポートは必要。
パッシブスキルも癖こそあるが優秀なものが揃っており、数値以上の火力を叩き出してくれる。
面倒な加入条件にさえ目を瞑れば文句なしの強力アタッカー。貢いだ金分の働きは確約してくれるだろう。

ステータス振りについて

基本的に攻撃極振りで構わない。サブ壁としての働きを期待するならHPに適宜振り分けよう。
ただし属性耐性は穴が多いので、相手によっては装備で属性耐性の補強はきっちりと。
能力低下を克服できるなら『ミッシングパワー』で防御,精神の双方補えるので、
結果的にHPを強化することが総合的な耐久力の上昇に繋がる。

多少敏捷に振ると小回りが効きやすくなり、「伊吹瓢」の抽選回数も増えるので有効。

スキル振りについて

ボス戦向けのスキルが多い。
最優先取得対象はやはり「不羈奔放の鬼」と「強者との邂逅」か。「不羈奔放の鬼」はダメージボーナス66%と驚異的な補正を持つ。
実質殴れば殴るほど火力が飛躍的に増していくため、アタッカーの萃香と相性が良い。
ぶっぱ役として運用する際の成果も期待でき、まさに「とっておきのダメ押し」が必要な状況で真価を発揮する。

「伊吹瓢」は行動順が回ってきた際にランダムでどれかの能力に能力上昇効果か、HPもしくはMPが回復するというもの。
他キャラの能力上昇系パッシブスキルと比べると安定性に欠けるが、MPが回復する可能性があるというのは大きい。
「濛々迷霧」は椛の千里眼などと比べると効果は控えめだが、命中,回避両方の補正を掛けられるのが有難い。
居座り型でもぶっぱ型アタッカーでも有用。『天手力男投げ』の命中も補える。
前衛全体の回避を上げられるのはこのスキル位であり、敵が攻撃する際に萃香が前衛にいると前衛全体の回避に期待できるようになる。ただし元の回避が低いと効果も少ないには注意。
「攻撃ブースト」も更なるダメージupのために取得したいが、必要なスキル、スペルの補強が済んだ後に取得すればいい。
「精神,状態ブースト」は居座り型で使っていくなら早めに。

「鬼縛りの術」は効果の発揮確率が不安定で、対象の鬼族も種類が少ないため取得は後回しで良い。
『ミッシングパワー』は高い攻撃上昇付与効果があり、SLv4で攻撃上昇100%に達する。SLv3でも96%もあるので、スキルポイントに余裕がない時はSLv3まででいいかもしれない。
ただし使用すると敏捷低下-50%付与されてしまう。この能力低下は能力低下耐性では防げないようなので、他キャラによるフォローが必要。

サブクラスについて

元よりスペルは充実しているため、パッシブスキル重視で選択することになる。
おすすめは体術士、軍師、能力増強。
体術士は「肉体活性」のお陰で「伊吹瓢」のランダム性をある程度誤魔化せるのが強み。
「強敵との遭遇」との相乗効果でぶっぱ型としても運用できるようになる。
また、「通常攻撃全体化」を取得すれば雑魚殲滅要員としても無理なく運用できるようになる。

軍師は『ミッシングパワー』の能力上昇効果の延長に加えパーティ全体の能力強化に繋がるため。
必要な能力・要素を全て強化できる上に「濛々迷霧」と合わせて運用できる萃香との相性はかなり良い。
「伊吹瓢」の能力上昇効果維持にも一役買っている点も見逃せない。
他に軍師がいるなら他のサブクラスでいい。

サポートを他メンバーに任せる事が前提ならば能力増強。
火力の伸び具合は随一のため、2、3発投石してやれば大抵勝敗は決している上に、
居座れる耐久も十分確保できる。

どの選択肢にしても居座り性能の強化という点で共通しており、特にどれが強いというのは決め難い。
パーティ構成と相談して上記のどれかを選択するのがいいだろう。こういった選択肢の多さも萃香の強みである。
なお、単純な攻撃性能の強化として見るなら剛術士も選択肢に入りそうなのだが、
『ミッシングパワー』で攻撃上昇は十分確保でき、パッシブ効果を含めるとダメージの期待値は能力増強が上。
「爆炎剣」のおかげで属性範囲は広がるが、上記の点を考慮すると剛術士を選択する利点は薄い。
博打師になるのも有りだが、スペルの消費MPが元から高いため攻撃頻度は落ちる。

本人に取らせる利点は薄いが、味方に薬草使いがいると、
『ミッシングパワー』の敏捷低下を「香薬治療」で反転させられるため、使い勝手が向上する。
そこから「偽薬効果」で能力上昇を維持&強化したり、一発が大きい『天手力男投げ』を「覚醒のハーブ」でさらに強化したりと、
薬草使いのサブスペルによる支援との相性が抜群なので、萃香を使う時は一緒に使ってみてはいかがだろうか。

■ プラス版