博麗 霊夢

v1.203 / プラスv1.104

ステータス

能力基礎値
HP 124 TP 16
攻撃 92 MP 16
防御 78 MP成長率 1/12
魔力 98 回避 8
精神 98 HP回復率 12
敏捷 88 MP回復値 3
属性耐性 状態異常耐性
炎属性 110 冷属性 110 猛毒 25 麻痺 25
風属性 110 然属性 110 鈍重 25 衝撃 25
魔属性 66 霊属性 180 恐怖 50 沈黙 50
冥属性 144 物属性 110 即死 75 低下 50
レベルアップ難度 52

加入条件

最初から

スペル

名前 消費
MP
対象
攻撃種類 効果 使用後
ゲージ量
備考
陰陽宝玉 2 敵単体 複合直接攻撃 霊力が込められた球体を飛ばして攻撃を行う。
スペルレベル上昇に伴い麻痺効果が追加される。
6000 麻痺付与効果が追加されるのはSLv2からの模様
夢想封印 5 敵全体 複合魔力攻撃 いつもの霊夢の決めスペル。敵全体に強力な複合攻撃を行う。 5000
魔浄閃結 8 味方全体 補助行動 前衛の4人全員のHPを小回復させるスペル。
消費MPが多く回復量は少々低いが、非常に貴重な全体回復技。
3200
博麗大結界 7 味方全体 補助行動 前衛の4人全員の防御,精神を上昇させる補助スペル。
前衛全体の防御性能を一気に引き上げる重要な技。
4800 (38+SLv*4)%上昇

スキルリスト

名前 上限Lv 必要SP 効果 補足
ブースト Lv5 2Pts HP, MP, 魔力
向上心 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*6)%上昇する。
スキル取得者が探索メンバー12人の中に加わっていない場合、効果を発揮しない。
「実戦経験」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
実戦経験 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が戦闘終了時に前衛にいない場合、効果を発揮しない。
「向上心」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
主人公補正・霊夢 Lv2 5Pts 味方が戦闘不能になった場合、(SLv*6)%の全能力上昇効果を得る。
スキル取得者が後衛にいてもこの効果は発揮される。
命中,回避にまでバフがある
大詠唱 Lv2 5Pts スキル取得者が集中を行った場合、
「次の攻撃の与ダメージ(1.6+SLv*0.4)倍」の効果を得るようになる。
ブースト(60+SLv*40)%を自身に付与する
博麗の加護 Lv2 5Pts 戦闘終了時(SLv*33)%の確率で、前衛のMPを1回復する。
この効果はスキル取得者が後衛にいても発揮される。
最後の祈り Lv2 5Pts スキル取得者が戦闘不能になった際、他の前衛キャラのHPを(SLv*50)%回復させる。
アーマード陰陽玉 Lv2 5Pts スキル取得者が前衛にいる場合、霊属性攻撃で敵から受けるダメージを減少する。
この効果は全ての前衛キャラに適用される。
妖怪バスター Lv2 5Pts スキル取得者が前衛にいる場合、敵妖怪に与えるダメージが上昇する。
同スキル取得者が複数人存在する場合、スキル効果は重複しない。
SLv1につき+10%

備考

初期探索メンバーの一人。
ステータスは全体的に能力が低めのバランス型だが、貴重な全体回復スペルを持ち、優秀な全体防御精神上昇付与スペルを持つ護りとボス戦の要。
属性耐性は魔属性に穴がある以外は平均的で、霊・冥属性に強い。魔属性弱点なのにどうやって魔理沙に勝ってたんだ?
序盤は霊属性アタッカーとして活躍できるが、中盤以降は魔力極振りでも火力不足になってくるのでアタッカーとしての役目は他のキャラに譲ろう。第六層は霊弱点な雑魚が多いため一時的にアタッカーに返り咲ける
どうしてもアタッカーとして活躍し続けるなら、それなりに愛情を注ぐ必要がある。

自前の攻撃スペルが全て複合属性。『魔浄閃結』の回復量は魔力依存なので魔力を伸ばすといいだろう。
MP回復値は3と高めだが、自前の『魔浄閃結』『博麗大結界』のMP消費は8と7。集中一回分では届かない。
あまり時間をかけて戦闘しているとMP切れを起こして回復が遅れるようになる。
MP回復値を装備で補強するか、早期決着が望ましい。

ステータス振りについて

序盤のみアタッカーにする場合は、魔力に振ると無駄が無い。
中盤以降は『魔浄閃結』の回復量を高めたいなら魔力に、手数を増やしたいなら敏捷に、居座らせたいならHP防御精神にそれぞれ振る。

敵が強力な技を使う直前に前衛に出て、後攻で回復すると立て直しが素早く行える。
居座れないと活用できない有用スキルがいくつかあるので、耐久力の強化はきっちり行おう。
最後までアタッカーがしたいなら攻撃の強化も必要。

スキル振りについて

まずは「MPブースト」を取得しよう。
「博麗の加護」があると探索や稼ぎ時のみだがパーティ全体の継戦能力が高まる。
「最後の祈り」は保険にはなるが、比較的耐えれるキャラなので落ちる時は大概全体攻撃ではなく単体高威力攻撃が飛んできた場合で空振りに終わることも。

仲間として加入するボスキャラの中には種族妖怪持ちが多いため「妖怪バスター」が役に立つ。
後半になると強力な霊属性を使うボスが出始めるため「アーマード陰陽玉」の価値が上がる。霊夢自身も高い霊属性耐性を持っているので、安定して受けることが出来るだろう。
それ以外の攻撃も受けられるよう耐久面をしっかり強化しておきたい。

「主人公補正・霊夢」は味方が戦闘不能になる度に能力上昇効果が付与されるが、上昇量が小さいので行動順が回ってくるとすぐに効果が弱くなってしまう。命中と回避にも能力上昇がかかる点は珍しい。

「大詠唱」はスペルの回復量も二倍になるため、予めブースト付与状態になっておき、前衛が大きな被害を受けたときに後衛から呼び出して即建て直しを行うことができる。霊夢自身がアタッカー向きではないため、攻撃にはあまり使えない。
『魔浄閃結』はMP消費8と重たいが、集中一回では一回分には届かない。「魔導師の霊薬」をメイン装備にすれば、集中一回で使えるようになるので、余裕があれば回してあげよう。
霊夢自身の耐久力と敏捷、そして前衛の他三人の耐久が十分なら、集中→魔浄閃結のループでパーティが崩れなくなる。
『博麗大結界』も消費7なので同様。

この中で使えるスキルは「大詠唱」次点で「アーマード陰陽玉」「妖怪バスター」といったところか。「博麗の加護」も探索では役に立つ。
有用性の低いスキルが混ざっているので、必要なスキルをとったら残りはスペル強化とサブクラスに回してしまおう。
まず『博麗大結界』、次に『魔浄閃結』を強化しよう。

サブクラスについて

付術師の「慈愛の心」で回復しつつ防御精神上昇を付与できるようにしてもいいが、既に十分な性能の『博麗大結界』がある為、若干無駄が生じる。同時に行えるのは便利だが。
癒術師にして「治療効率化」「治療高等化」「献身的な介護」とHP&状態異常回復を一人でこなせるようになるのも句有り。
無印版では「治療高等化」の状態異常治療の確率が異常に低いバグがあるので注意 有用ではない
「大詠唱」抜きではちょっと物足りない『魔浄閃結』の回復量を増やすことができる。
魔力に回すレベルボーナス等をHP防御精神に割り振れる点もポイント。

入手時期がやや遅いが軍師は適正が高くオススメ。『博麗大結界』の防御精神上昇効果量が「鼓舞の計」が下がりにくくなり、「鉄壁の計」でパーティ全体が受けるダメージを減少させられる。
ただ軍師の効果は重複しないので、既に他の常駐軍師がいる場合は別のサブクラスにしよう。

サブ壁としてやや低めな耐久面を強化したければ、能力増強で居座り能力を強化するのも選択肢。
能力増強の「戦闘行動強化」は「怒涛の計」「鉄壁の計」を軍師より4ポイント低い16ポイントで取得できるようなものなので意外とリーズナブル。取得者にしか効果はないが。
戦闘行動強化って軍師の怒涛の計鉄壁の計と効果が重複するんだろうか? 重複するなら与ダメージ120-121% 被ダメージ80-81%にできて中々強力だが
アタッカーにするなら魔術士で属性を補うか能力増強。

■ プラス版