水橋 パルスィ

v1.203 / プラス1.104a

ステータス

能力基礎値
HP 88 TP 16
攻撃 114 MP 13
防御 88 MP成長率 1/14
魔力 50 回避 18
精神 178 HP回復率 11
敏捷 90 MP回復値 2
属性耐性 状態異常耐性
炎属性 90 冷属性 90 猛毒 24 麻痺 24
風属性 90 然属性 90 鈍重 24 衝撃 24
魔属性 180 霊属性 66 恐怖 72 沈黙 48
冥属性 240 物属性 120 即死 48 低下 128
レベルアップ難度 54

加入条件

仲間が12人以上の時に1Fのパルスィに話しかける

スペル

名前 消費
MP
対象 属性 攻撃種類 効果 使用後
ゲージ量
備考
大きな葛籠と小さな葛籠 5 敵単体 直接攻撃 超強力な単体攻撃か、普通の単体攻撃どちらかがランダムに発動する特殊なスキル。
強力攻撃が出る確率はスキルレベルと現在の戦闘状況に因る。
5500 強力攻撃が出た場合ダメージ3倍
説明文がスキルとなっている
攻撃倍率140% ダメージ倍率140% 防御反映率50%という情報有(SLv1の時点で?)
丑の刻参り 3 敵単体 直接攻撃 敵単体に直接攻撃を行い、更に恐怖と沈黙を与える。
恐怖と沈黙の付与確率は低めだが、付与出来た際の効果量は非常に高い。
6500
積怨返し 4 敵全体 直接攻撃 敵全体に恐怖効果のある全体攻撃を行うスペル。
ダメージと恐怖効果量は微妙だが、恐怖付与確率がかなり高い。
4800
華やかなる仁者への嫉妬 6 敵全体 直接攻撃 恐怖状態の敵にのみ大ダメージを与えるスペル。
敵に与えるダメージは、敵が受けている恐怖効果量に比例して更に高くなる。
ダメージを与えた後、敵の恐怖効果が回復してしまうので注意。
3200 恐怖効果量2500ごとにダメージ+1%
恐怖状態になっていない相手にはダメージはない
恐怖が回復するのはダメージ計算後
missでも恐怖効果は回復してしまう
無印版では恐怖効果量に比例して与ダメージが上昇する特殊効果が正常に働いていない

スキルリスト

名前 上限Lv 必要SP 効果 補足
ブースト Lv5 2Pts MP, 精神, 状態
向上心 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*6)%上昇する。
スキル取得者が探索メンバー12人の中に加わっていない場合、効果を発揮しない。
「実戦経験」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
実戦経験 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が戦闘終了時に前衛にいない場合、効果を発揮しない。
「向上心」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
人を呪わば穴二つ Lv2 5Pts 自身が何らかの状態異常にかかっている場合、与ダメージが(SLv*12)%上昇し、
被ダメージが(SLv*12)%減少する。
追い討ち Lv2 5Pts 状態異常の敵に攻撃を行う場合、与えるダメージが(SLv*16)%増加する。
嫉妬心を操る程度の能力 Lv1 10Pts 敵味方に能力低下状態のキャラが多ければ多いほど、スキル取得者の能力が上昇する。
嫉妬の炎 Lv2 5Pts スキル取得者が前衛にいる場合、冥属性攻撃ダメージが上昇する。
この効果は全ての前衛キャラに適用される。
SLv1ごとに+15%
緊急回復 Lv1 10Pts スキル取得者のHPが66%以下の時に集中を行った場合、
通常の集中効果に加え、TPが3消費されHPが66%回復する。
TPが足りない場合、この効果は発揮されない。

備考

ステータスは全キャラ中一位の精神とやや高めの防御を持つ。
なので壁役に適任かと思いきや、HPがかなり低く不安定。全キャラ中ワースト四位。
属性耐性は魔,冥属性に強く、霊属性に弱い。なんと冥耐性も全キャラ中一位。他の属性耐性はやや弱め。
状態異常耐性は恐怖に強く、能力低下に非常に強い。低下耐性も全キャラ中一位タイ。
非常に極端なステータスとなっている。魔力攻撃に限り、全キャラ中最強の壁。
能力低下になることがないので、相手の攻撃を受けきれるのなら非常に安定した壁キャラになれる。

一方、スペルは効果量の多い恐怖+沈黙を付与する『丑の刻参り』、恐怖状態の敵にのみ大ダメージを与える『華やかなる仁者への嫉妬』、そしてランダムでダメージが三倍になる『大きな葛籠と小さな葛籠』と癖の強いものが揃っている。
同じく恐怖付与のスペルや恐怖に関係するスキルを持つ小傘と組ませると使いやすい。

ステータス振りについて

壁にするなら、敵から受けるダメージをほぼ0に抑えるつもりで防御,精神に振る。HPはただの飾りです。
アタッカーにするなら攻撃極振りにして撃ち逃げ。攻撃基礎値が114とアタッカーにするには不足気味なので、他の能力は犠牲にせざるを得ない。
玉や書で強化してあげないとアタッカーでの運用は厳しいだろう。

スキル振りについて

アタッカーにするなら「追い討ち」と「嫉妬の炎」でダメージアップを狙いたい。
「人を呪わば穴二つ」はパルスィが状態異常にかかっているのが前提なのでリスクが高く、使いにくい。
「嫉妬心を操る程度の能力」を取得して、雛と組ませるのもあり。パルスィは能力低下に非常に強いため、『厄神様のバイオリズム』の被害を受けない。
「緊急回復」は受けるダメージを0に抑えなければパルスィ自身が落とされていることが多いため、使える機会は少ない。
スペルは『華やかなる仁者への嫉妬』が主力になる。
『華やかなる仁者への嫉妬』は非常に高い倍率を持っているため、敵に恐怖付与が可能なことや敵の冥属性耐性が高くないこと等の条件が揃った時にアタッカーとして活躍できる。
『華やかなる仁者への嫉妬』が有効でない時は『大きな葛籠と小さな葛籠』がメインになる。素の性能は消費MP5のスペルとしては弱いが、大当たりが出た時はかなりの高倍率。どうやら能力低下状態の敵味方?がいると大当たり確率が上がるようなので、雛と一緒に運用すると相性がいい。

壁にするのなら取得するべきスキルはほとんどない。ついでに状態異常役になれるようスペルを強化しよう。
状態異常要員にするのなら『丑の刻参り』や『積怨返し』のSLvに振ろう。恐怖は微量とはいえ全能力を低下、沈黙は魔力,精神を低下させる。高い精神も相まって、魔力攻撃主体の相手にはめっぽう強い。
これで攻撃力がもっと高かったら完全に魔法使い殺し

サブクラスについて

『丑の刻参り』の効果を更に引き出すのなら蟲毒師。しかし元々の効果量が多いためメリットを実感できないかもしれない。
魔力攻撃しか使わない敵が相手なら居座りも容易なので、護衛士・軍師・薬草使いで味方を補助したり、禍術師で能力低下を入れたりするのもいいかも。
付術師も良い。他キャラに強化付与できるようになり状態異常役と能力上昇役を兼任できる他、他キャラの手を借りずとも自身に防御,精神上昇を付与できるようになり壁として耐久力が増す。精神基礎値が更に高まるのも○。

アタッカーになるなら博打師。『華やかなる仁者への嫉妬』が消費MP12と非常に重たくなるが、恐怖付与を必要する分下準備に時間がかかる。その間に後衛回復できるので負担も打ち消せるだろう。高い倍率のスペルに博打師のダメージボーナスが加わり大ダメージが与えられる。
恐怖付与もパルスィにやらせようとするとMP不足に陥るので、恐怖付与を担当する別のキャラを用意しておきたい。

■ プラス版