古明地 さとり

v1.203 / プラスv1.103

ステータス

能力基礎値
HP 177 TP 14
攻撃 128 MP 15
防御 48 MP成長率 1/22
魔力 132 回避 10
精神 48 HP回復率 8
敏捷 68 MP回復値 3
属性耐性 状態異常耐性
炎属性 130 冷属性 130 猛毒 10 麻痺 10
風属性 90 然属性 90 鈍重 30 衝撃 60
魔属性 150 霊属性 150 恐怖 60 沈黙 60
冥属性 70 物属性 70 即死 30 低下 30
レベルアップ難度 68

加入条件

5F経由の4Fにいる。5Fにいる火焔猫 燐と6Fにいる霊烏路 空を救出し、さとりの元へ行く。

スペル

名前 消費
MP
対象
攻撃種類 効果 使用後
ゲージ量
備考
ブレインフィンガープリント 4 敵全体 魔力攻撃 敵全体に魔属性攻撃を仕掛けるスペル。必中攻撃。
低確率で敵に沈黙効果を付与する。
4000 必中
さとり本人のスペルはこれしかないが、スペルカード想起のスキルを取得する事により前衛キャラが持つスペルを使用できる。
ver1.141で必中になった。

スキルリスト

名前 上限Lv 必要SP 効果 補足
ブースト Lv5 2Pts MP, 攻撃, 魔力
向上心 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*6)%上昇する。
スキル取得者が探索メンバー12人の中に加わっていない場合、効果を発揮しない。
「実戦経験」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
実戦経験 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が戦闘終了時に前衛にいない場合、効果を発揮しない。
「向上心」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
地霊殿御一行 Lv2 5Pts 前衛に地霊殿関係者が複数いる場合、
自分以外の地霊殿関係者1人につき全能力が(SLv*8)%上昇する。
戦闘開始後、敵味方の誰かが行動を行う直前まではこの効果は発揮されない。
対象は燐と空
本質を見つめる瞳 Lv1 7Pts スキル取得者が能力上昇状態の敵に攻撃する、または攻撃される時、
敵の能力上昇効果を無効化してダメージ計算を行う。
MP小回復 Lv1 10Pts スキル取得者が後衛に下がった際、MPが25%回復する。 前衛から前衛への移動でも効果を発揮する。
トラウマ想起 Lv2 5Pts 敵の弱点を突いた場合、与えるダメージが(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が前衛にいる場合のみ効果が発揮され、この効果は全ての前衛キャラに適用される。
スペルカード想起 Lv5 5Pts 自身の行動時、前衛キャラが持つ全てのスペルを使用することが出来る。
他人のスペルを使用した際、そのスペルLVは0として扱われる。
他人のスペルをした場合、スペル本来の消費MP以外に(6 - SLv)のMPを別途消費する。

備考

「スペルカード想起」で他の前衛キャラのスペルを使えるようになるのが最大の特徴。
SLvが0として扱われるため思ったほどの威力はないが、10個程度の選択肢から今一番必要なスペルを選べるのは便利。
意外にHPが高く全キャラ中四位。
ただし防御精神は低く、属性耐性も穴が多いため過信は禁物。
MP消費も激しいので適度に後衛に下げるか、「MP小回復」を取得して前衛間で隊列変更を行おう。敏捷も低い。

ステータス振りについて

よくばると中途半端になる。
「スペルカード想起」を使いアタッカーになるのなら攻撃か魔力どっちにだけしておこう。
補助スペルをメインに使っていくのならHPと敏捷に。

「トラウマ想起」のおかげで前衛で立っているだけでも結構活躍できるため、HP極振りも選択肢。
敏捷はワースト四位と相当遅い。敏捷だけではなく行動後遅延が少ないスペルを使うなどフォローが必要。

スキル振りについて

「スペルカード想起」がなければ行動の選択肢が少なすぎるので、とりあえず取得しておくべきだろう。
通常のキャラより余計にMPを消費するので「MP小回復」「MPブースト」も優先的に取得しておきたい。
「MP小回復」は前衛から前衛への移動でも効果を発揮するので、MP回復はそれほど難しくはない。

「スペルカード想起」は別途MP消費があるので、SLv5まで取得しておかないとMP消費が激烈に重い。取得するなら出来るだけSLv5にしておくこと。
借りるスペルはSlv0なので思ったより威力が出ないことがしばしば。さとり自身の攻撃魔力基礎値もそこまで高いわけではない。
また、狙って使いたいスペルがある場合、さとりともう一人を前衛に並べないとそもそも選択候補にすら出てこない。
運用難度は高い。
射命丸の天孫降臨の道しるべの効果はSLv×10000なので行動値が0になるのは仕様 よく勘違いされるがバグではない

「トラウマ想起」は地味ながら中々強力。緩い条件でダメージを24%も上昇させられる上、前衛キャラ全員に適用される。弱点が突けるキャラ全員に種族特攻スキルを付与するようなものと言えば強さが伝わるだろうか。

「本質を見つめる瞳」は天子のような防御精神を上昇させてくる敵へのアタッカーとして採用する場合にも、
さとり自身の生存用としても使える。
「地霊殿御一行」は連携キャラの居座りが難しいのであまり優先して取得する必要はない。
両方ともポイントが余ったら。

サブクラスについて

サブスペルの多くがキャラの持つスペルより性能が低い場合が多いので、「スペルカード想起」に頼らずサブスペルで戦う、というのは難しい。結局はスペル性能で後れをとる羽目になる。

さとりの敏捷が低いので体術士の「巧緻性鍛錬」で遅延を補う、という手も軽減率は10%なのでそこまで劇的な改善は見込めない。
魔術士の「ペネトレイター」はサブスペルの中では取り回ししやすいスキル。アタッカー運用なら一考。

「MP小回復」をいかして魔力使いでMPタンクになるのも手。「魔力分与」や「魔力充填」でアタッカーにMPを分け与えれば火力に貢献できる。
「魔力分与」は行動後遅延が大きいので注意。

癒術師になって前衛に居座りつつ回復を撒くという選択肢もある。
「回復の祈り」は攻撃と魔力を参照するので両方高いさとりなら高い回復量を出せる。

薬草使いになってアタッカーの補助に徹するのもいい。
「トラウマ想起」に加え、「覚醒のハーブ」で更に火力を上昇させられる。
「偽薬効果」は行動後遅延が7000と低いので、さとりの鈍足を補える。

前衛に長く居座らせるなら軍師も手。
「トラウマ想起」に軍師のスキルが加わって攻防が強化される。
「スペルカード想起」でスペルを借りれるので棒立ちにならずに済む。

■ プラス版