小野塚 小町

v1.203 / v1.105b

ステータス

能力基礎値
HP 218 TP 28
攻撃 136 MP 20
防御 40 MP成長率 1/12
魔力 64 回避 8
精神 40 HP回復率 14
敏捷 76 MP回復値 3
属性耐性 状態異常耐性
炎属性 80 冷属性 144 猛毒 20 麻痺 50
風属性 80 然属性 80 鈍重 0 衝撃 40
魔属性 100 霊属性 144 恐怖 80 沈黙 40
冥属性 188 物属性 124 即死 160 低下 0
レベルアップ難度 64

加入条件

3F(ワープ中央部)の小町との戦闘に勝利する

スペル

名前 消費
MP
対象 属性 攻撃種類 効果 使用後
ゲージ量
備考
余命幾許も無し 3 敵単体 直接攻撃 手持ちの鎌で敵の命を刈り取る、小町の基本スペル。
中確率の即死効果を持つ。
5800
八重霧の渡し 5 敵一列 直接攻撃 敵に冷属性の列攻撃を仕掛けると同時に、
敵に低確率の即死効果を与えるスペル。
5400
無間の狭間 6 敵全体 魔力攻撃 敵全員に魔力攻撃を行い、更に低確率の即死+麻痺効果と
中確率の恐怖効果、微弱な攻撃+防御+魔力+精神+敏捷減少効果を付与する。
4000
死者選別の鎌 6 敵単体 直接攻撃 敵単体を鎌で強烈に切り裂く、高威力の直接攻撃スペル。
名前のワリに即死効果を持たない。
4000

スキルリスト

名前 上限Lv 必要SP 効果 補足
ブースト Lv5 2Pts HP, 攻撃, 精神
向上心 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*6)%上昇する。
スキル取得者が探索メンバー12人の中に加わっていない場合、効果を発揮しない。
「実戦経験」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
実戦経験 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が戦闘終了時に前衛にいない場合、効果を発揮しない。
「向上心」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
死神のお仕事 Lv1 10Pts スキル取得者の全ての攻撃行動に即死効果を追加する。
スキル取得者が元から即死効果を持つスペルを使う場合、効果確率は重複する。
三途の川の渡り賃 Lv10 1Pts 戦闘終了後の取得金額が(SLv*2)%上昇する。
戦闘終了時にスキル取得者が前衛にいない場合、効果量が減少する。
連戦ボーナスも含めると更に効率UP
柔軟性 Lv1 7Pts 防御,精神低下効果を受けている際、低下効果を上昇効果に変換してダメージ計算を行う。
再生能力 Lv1 10Pts スキル取得者に行動順が回ってきたとき、HPが10%回復する。
江戸っ子気質な死神 Lv1 5Pts 敵に攻撃を受けた場合、25%の確率で敵全体に霊属性直接攻撃で反撃を行う。
敵の行動が即死効果のある攻撃だった場合、
あるいは味方に戦闘不能者が出た場合、反撃率が100%になる。
敵の攻撃で味方に戦闘不能者が出た場合、行う反撃の威力が上昇する。
やられたらやり返す Lv2 5Pts 敵に攻撃されダメージを受けた場合、攻撃が(SLv*5)%上昇する。

備考

超高HPと豆腐防御を併せ持つHP壁。
全キャラ中最高のHP基礎値に加え「再生能力」による自動回復を持ち合わせている。能力上昇・低下に左右されないHP受けの安心感は大きい。
ただし鈍重,能力低下耐性が0なため、能力低下等の搦め手を使う相手にぶつけると行動順が一向に回って来ず置物と化す場合が多い。(その状態でも一応肉壁の役目は果たしているが)

攻撃面は中々優秀でアタッカーも可能。
スペルに即死付与効果が付いているが、おまけ程度に捉えておいたほうが良い。
即死を狙っていきたい場合は「死神のお仕事」を取得すると確率が加算される。
なお、死者選別の鎌は説明文と異なり即死効果が付与されている模様
verUPにより、説明文通り即死効果が付与されなくなった。少し残念

ステータス振りについて

HP極振りで壁か攻撃極振りでアタッカーにするのが主な運用。
壁兼アタッカーとして両立させるならHPと攻撃に振っていく。
一応、魔力依存スペルがあるが魔力を強化するのは割に合わないのでお勧めできない。

かなりの鈍足であるため「再生能力」を生かしたいのならある程度敏捷にも振ろう。
いっそ攻撃は「江戸っ子気質な死神」に任せ、敏捷は捨ててもいいかもしれない。

スキル振りについて

高HPと相性抜群の「再生能力」は優先度高めで収得しておきたい。

攻撃面では「江戸っ子気質な死神」の反撃が敵全体に対して行われ火力も出るので強力。
特に味方がやられた場合は『死者選別の鎌』と同程度以上の威力が出る。
ボスによってはわざとレベルを下げたキャラを小町とセットで前衛に配置する生贄戦術で速攻撃破が狙える。
尚間違われやすいが、単体攻撃で味方がやられた場合は反撃は発生しない。
列,全体攻撃で小町と味方がダメージを受け、その上で味方やられた場合に反撃率100%になる。
もしくは即死効果のある攻撃が小町に命中すること。

「やられたらやり返す」を取得すると反撃が強化されて○。
「柔軟性」は低下耐性が0な小町にはマッチングしているが、元々低い防御,精神が下がろうが上がろうがさして影響はない。敏捷低下が付与されて置物化するリスクのほうが高いため、能力低下は装備のほうで対策するべきだろう。
「死神のお仕事」はおまけ程度に。『余命幾許も無し』か『無間の狭間』で攻撃した時、稀に即死してくれるようになる。

能力強化や萃香用の酒と何かと金がかかるため、雑魚戦では「三途の川の渡り賃」Lv10を取得して置いておくだけでも貢献してくれる。
必要経験値が多い方なので、資金集めに連れていくなら「向上心」「実戦経験」も取得しておこう。

サブクラスについて

体術士で自動回復を強化するのが鉄板か。
元々紙装甲の小町では護衛士のスキルは有用とは言えず、HPの高さを活かした自動回復のほうがはるかに頑丈となる。
「巧緻性鍛錬」で敏捷を補える点も良い。

『無間の狭間』を連発するだけなら禍術師も選択肢に入る
壁に徹しつつ味方を補助するなら薬草使いが良い。「偽薬効果」で能力上昇付与のお手伝いができるようになる。行動後遅延も持次回。能力低下が付与されても「香薬治療」で上昇へ転換したりと、能力低下の対策にもなる。
アタッカーになるのなら博打師も候補。「高火力高燃費」はMP消費がない行動にも効果があるため、ノーコストで通常攻撃や反撃のダメージを増やすことが出来る。その代わりスペルが使いにくくなるが、通常攻撃で行動順早回ししつつ「再生能力」と「江戸っ子気質の死神」でHP回復&反撃しながら戦うという戦法が出来るのであまり問題ではないだろう。
「猪突猛進」も習得すると被ダメが恐ろしいことになるが、HPが高い小町なら耐えられる…かもしれない。
習得しないの手である。

■ プラス版