パチュリー・ノーレッジ

v1.203 / v1.105b

ステータス

能力基礎値
HP 68 TP 9
攻撃 20 MP 28
防御 24 MP成長率 1/8
魔力 162 回避 1
精神 166 HP回復率 6
敏捷 54 MP回復値 2
属性耐性 状態異常耐性
炎属性 132 冷属性 132 猛毒 0 麻痺 0
風属性 132 然属性 132 鈍重 0 衝撃 0
魔属性 164 霊属性 80 恐怖 0 沈黙 100
冥属性 80 物属性 60 即死 64 低下 128
レベルアップ難度 71

加入条件

魔法図書館でステータス強化を255回行うとイベントが発生。
その後5~7Fに出現する合計5体のボス・賢者の石を倒して再び魔法図書館に入ると加入。

スペル

名前 消費
MP
対象
攻撃種類 効果 使用後
ゲージ量
備考
ロイヤルフレア 6 敵全体 魔力攻撃 敵全体に炎属性攻撃を仕掛けるスペル。
パチュの他の全体攻撃より威力と行動遅延が大きめ。
3200 命中+60
プリンセスウンディネ 5 敵全体 魔力攻撃 敵全体に冷属性攻撃を仕掛けるスペル。 4400 命中+10
ジンジャガスト 5 敵全体 魔力攻撃 敵全体に風属性攻撃を仕掛けるスペル。 4400 命中+20
サテライトヒマワリ 5 敵全体 魔力攻撃 敵全体に然属性攻撃を仕掛けるスペル。 4400 命中+20
サイレントセレナ 6 敵単体 魔力攻撃 敵単体に強力な魔属性攻撃を仕掛けるスペル。
単体攻撃である代わりに、他のスペルに比べて威力が高く遅延が少なめ。
5000

スキルリスト

名前 上限Lv 必要SP 効果 補足
ブースト Lv5 2Pts MP, 魔力, 属性
向上心 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*6)%上昇する。
スキル取得者が探索メンバー12人の中に加わっていない場合、効果を発揮しない。
「実戦経験」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
実戦経験 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が戦闘終了時に前衛にいない場合、効果を発揮しない。
「向上心」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
紅魔館の住民 Lv2 5Pts 前衛に紅魔館関係者が複数いる場合、
自分以外の紅魔館関係者1人につき全能力が(SLv*5)%上昇する。
戦闘開始後、敵味方の誰かが行動を行う直前まではこの効果は発揮されない。
大詠唱 Lv2 5Pts スキル取得者が集中を行った場合、
「次の攻撃の与ダメージ(1.6+SLv*0.4)倍」の効果を得るようになる。
知識と日陰の少女 Lv1 10Pts スキル取得者が敵得意属性攻撃を行う際、
敵の属性相性によるダメージ減衰効果を大幅に軽減して敵にダメージを通す事が出来る。
属性耐性が100を超える場合、超えた部分を1/3(切り捨て)にしてダメージ計算を行う
パッシブ賢者の石 Lv2 4Pts スキルを使用した場合、
次のターンまで自身が使用したスキルと同じ属性のダメージを(SLv*35)%軽減できる。
スペルの五属性に加え集中の物属性があるので六属性カバーできる
無印版ではバグで効果が正常に発揮されていない
急速チャージ Lv1 10Pts スキル取得者のMPが33%以下の時に集中を行った場合、
通常の集中効果に加え、TPが5消費されMPが50%回復する。
TPが足りない場合、この効果は発揮されない。
動かない大図書館 Lv2 5Pts パーティ前衛が4人存在し、かつスキル取得者が前衛の一番右側に配置されている状態で
スキル取得者に行動順が回ってきた際、MPが(SLv*1)回復する。

備考

高い魔力と精神、属性豊富で強力な全体魔法、豊富なMPを併せ持つ魔法のスペシャリスト。
魔力基礎値は全キャラ中一位、精神は全キャラ中二位と魔力に関係するステはぶっちぎりのものを持っている。
「大詠唱」で更に一発当たりの火力を伸ばせる。
また「急速チャージ」「動かない大図書館」によるMP回復と素のMPの多さもあってMP切れになりにくい。

ただし耐久力が非常に低い。回避も最低値の1。対策抜きで被弾すれば万が一の回避生存もなく即戦闘不能になる。
また敏捷基礎値が全キャラ中最低である。他キャラの手助けがなければろくに行動できないまま戦闘不能になってしまう。
霖之助の「隊列変更効率化」や文の『天孫降臨の道しるべ』と組み合わせるのが有効。
このような極端な能力のため、ボス戦で前衛に居座りスペルを使い続けるという戦い方をするのはあまり現実的ではない。
出来ることなら撃ち逃げさせたい。
敏捷とTPを補強して道中の雑魚戦に特化させると、どの階層でも活躍できる雑魚戦のスペシャリストになれる。

ステータス振りについて

雑魚戦かボス戦かではっきりと区別した方がいい。
雑魚戦で活躍させたいなら敏捷極振りがおすすめ。
神速の玉や啓蒙の書、敏捷、レベルボーナス、図書館、装備、サブクラスといった、ありとあらゆる手段で先手を取りに行こう。
魔力に一切振らずとも、先手を取って属性魔法で弱点をつければ大抵の雑魚なら一撃で倒せるはず。
魔力にばかり振っていると、行動順が回ってくる前に倒れてしまう事が多い。
先手を取れるだけの敏捷を確保できたら、余った分はもちろん魔力に。
(上記のように敏捷特化せずとも、体術士の「早駆け」 軍師の「奇襲の計」霖之助の「隊列変更効率化」等で確率が絡むが十分先手をとってくれる。先制をスキルに依存する場合は敵を一撃で全滅させられるかが大事なので魔力を重点的に強化しよう)

ボス向けなら魔力特化。とはいえ敏捷をまったく強化していないと前衛に出る隙が巡ってこないままボス戦が終わっていることもままある。図書館で多少なりとも敏捷を強化しておこう。

レアケースだが、魔力攻撃しかしないボス相手なら、精神極振りで0ダメの鉄壁の壁になれる。
使用する属性が極めて偏っている相手に対しても「パッシブ賢者の石」と素の属性耐性、装備による補強で居座りもできる。多少はHPも必要だろうが。

スキル振りについて

真っ先に「動かない大図書館」を取るといい。TPより先にMPが尽きることはなくなるだろう。
「魔力ブースト」は少しでも火力を伸ばすため取得しておきたい。
「MPブースト」は「動かない大図書館」のおかげで基本的に不要。「動かない大図書館」の効果を発揮させながら戦えばMP切れはまず起こらない。
「属性ブースト」はLv5で全属性耐性+32。一応保険にはなる。
余裕があれば、低すぎるTPと敏捷を補うために「TPブースト」や「敏捷ブースト」を啓蒙の書で解放させてもいい。
レベルが上がりにくい(輝夜と並んでワースト)ので「向上心」や「実戦経験」も早めに覚えたい。

雑魚戦で使うなら「知識と日陰の少女」がおすすめ。
集団戦では敵全員の属性弱点を一度につけることは少ないが、そんな時でもそこそこ安定したダメージを与えられる。
一部、全ての属性耐性が極めて高いボス相手には切り札にもなる。

ボス戦で使うなら「大詠唱」を取得したい。
「大詠唱」は集中すると次のスペルの威力を最大2.4倍化する。単純にスペルを二回使うよりも威力にちょっとおまけがつくし、スペル使用回数が一回で済むので消費MPも一回分で済む。集中が挟まるためMPが微回復できるという特典がある。
重要なのは二回分の行動を一回で行えるようになるので、瞬間火力が高められるということである。
ボス相手にHP調整をしながら戦う場合に一気にダメージを与えられるので、強力な行動をするHP〇%直前で攻撃を止めてから「大詠唱」でブースト付与してから強力な一撃を叩き込んでやれば、敵に行動させる機会を与えずに倒しやすくなる。
一発大砲を撃ってさっさと後衛に下がれば、空いた前衛枠を他のキャラに使わせることも出来る。
計画的な撃破をするときに輝くスキルである。
「大詠唱」は他にも所持しているキャラがいるが「大詠唱」持ちで最もアタッカー向きな能力値をしてるという強みもある。
ただし、パチュリーに前衛で集中→スペルを使わせるのはあまりにもリスキーなので、霖之助や文等のフォローは欲しい。
「大詠唱」のブースト付与は後衛に下がってもなくならないので、集中した後は誰かに一度下げてもらい、ここぞというタイミングで攻撃させよう。
能力上昇やブースト状態、種族特攻や「トラウマ想起」等のダメージボーナスを得られる条件を整えてから使わせたい。

レミリアや美鈴を壁役にしているのなら、「紅魔館の住人」で更に火力が向上する。
パチュリーは前衛後衛の出入りが激しいので壁役への恩恵は薄いが、パチュリー自身への恩恵は大きい。

「パッシブ賢者の石」は最大70%もダメージカットできる驚異の性能だが、敵が使ってくる属性は大抵複数ある上に30%のダメージでもパチュリーは余裕で吹き飛んでくれるので優先度は低い。
(無印版ではバグで「パッシブ賢者の石」が機能していないので注意 取得しなくてもよい)
「急速チャージ」は強制的にMP0にしてくる一部のボスへの対策になる程度。元々MPは極めて枯れにくい。

サブクラスについて

雑魚戦特化ならば「早駆け」と「巧緻性鍛錬」があってTPも増強できる体術士にすると良いだろう。
イメージ通り魔術士にして「マインドアサルト」「心身一致」で更なる火力を求めるのも有り。

ボス戦向けには博打師になり霖之助や文など行動値関係のスキル,スペルを持つキャラと組ませて「大詠唱」による一撃離脱を狙う運用法が有力候補。おまけとして最低だった回避が20になり、万が一の生存の可能性も出てくる。
イメージ的には魔術士や軍師にしてやりたくなるが、耐久力が低く居座り能力に乏しいのでボス戦ではスキルを活かし辛い。

他に護衛士にするという選択肢もある。護衛士の「効率的な集中」で集中の隙を減らし、「大詠唱」でブーストしたスペルを連発するという変態戦法だが、よほど条件が整ってなければ使えない。一応精神基礎値が強化されるので、魔力攻撃しか使ってこない相手には通用する。

■ プラス版