秋 穣子

v1.203 / プラスweb体験版E+

ステータス

能力基礎値
HP 110 TP 16
攻撃 30 MP 24
防御 48 MP成長率 1/9
魔力 90 回避 8
精神 132 HP回復率 20
敏捷 110 MP回復値 4
属性耐性 状態異常耐性
炎属性 50 冷属性 70 猛毒 60 麻痺 60
風属性 160 然属性 240 鈍重 40 衝撃 40
魔属性 100 霊属性 120 恐怖 0 沈黙 0
冥属性 90 物属性 100 即死 0 低下 20
レベルアップ難度 48

加入条件

2Fの穣子の帽子の所に大樹の葉っぱを3つ持って行く

スペル

名前 消費
MP
対象 属性 攻撃種類 倍率 攻撃力 防御力 効果 使用後
ゲージ量
備考
オータムスカイ 3 敵単体 魔力攻撃 敵単体に魔力攻撃を行うスペル。
行動遅延がかなり短い。
7000 精神値で威力変動
ウォームカラーハーヴェスト 10 敵全体 魔力攻撃 かなりのMPを使用するが、威力、遅延に優れる
魔力全体攻撃スペル。
5500 精神値で威力変動
スイートポテトルーム 4 味方単体 補助行動 100% 魔170% - 味方単体のHPを大きく回復する。
貴重なHP回復スペル。
5400 SLv1毎に倍率+10%
精神値で回復量変動
オヲトシハーベスター 3 味方単体 補助行動 - - - 味方単体の防御、精神を上昇させる。
消費MPに対して効果量が高め。
7000 防御,精神を(42+SLv*3)%上昇

スキルリスト

名前 上限Lv 必要SP 効果 補足
ブースト Lv5 2Pts 魔力, 敏捷, 状態
向上心 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*6)%上昇する。
スキル取得者が探索メンバー12人の中に加わっていない場合、効果を発揮しない。
「実戦経験」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
実戦経験 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が戦闘終了時に前衛にいない場合、効果を発揮しない。
「向上心」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
稔りの象徴 Lv2 5Pts スキル取得者が前衛にいる場合、敵植物に与えるダメージが上昇する。
同スキル取得者が複数人存在する場合、スキル効果は重複しない。
休みたがり Lv2 5Pts 戦闘中にスキル取得者が前衛から後衛に移動する際、
HPが(SLv*6)%、MPが(SLv*6)%回復する。
前衛から前衛に移動しても効果を発揮する
再生能力 Lv1 10Pts スキル取得者に行動順が回ってきたとき、HPが10%回復する。
豊穣を司る程度の能力 Lv2 6Pts スキル取得者に行動順が回ってきた際、前衛の味方全員に
(SLv*4)%の魔力上昇効果を付与する。
緊急回復 Lv1 10Pts スキル取得者のHPが66%以下の時に集中を行った場合、
通常の集中効果に加え、TPが3消費されHPが66%回復する。
TPが足りない場合、この効果は発揮されない。
急速チャージ Lv1 10Pts スキル取得者のMPが33%以下の時に集中を行った場合、
通常の集中効果に加え、TPが5消費されMPが50%回復する。
TPが足りない場合、この効果は発揮されない。

備考

単体回復係。スペルやパッシブは居座り向き。
今作では再生能力等のHP自動回復スキルがあるものの、それらの回復量はそれほど大きくないため、やはり回復スペルは重要である。
精神がやや高め。回復スペルを持つキャラの中では最高である。
「再生能力」のスキルを持っているので、魔法壁として使えないこともないが、炎・冷属性に弱いので注意が必要。HPも高くない。
前作に比べて、敏捷がかなり強化された。平均以下から魔理沙と同レベルまで引き上げられていると言えばわかりやすいか。
高い敏捷を生かして「豊穣を司る程度の能力」で魔力アタッカーを支えつつ、使用後ゲージ量、燃費、倍率に優れた『スイートポテトルーム』、『オヲトシハーベスター』で回復補助するのがいいだろう。
特に『オヲトシハーベスター』は使用後ゲージ量が驚異の7000。これは通常攻撃と同じ使用後ゲージ量である。
スペルの燃費が良く穣子自身が敏捷が高いのもあって、前衛全員の防御精神上昇を常に高く保つことができる。

ステータス振りについて

魔力に振れば攻撃スペルの威力だけでなく回復スペルの回復量も多くなる。
穣子のスペカは何故か魔力だけでなく精神値も参照してるので精神を上げても威力は上昇する。
ステータスの伸び率は精神の方が大きいので、そちらを伸ばした方が耐久も威力も高くなるので魔力に振る必要性は薄い。
敏捷に振って回復の回転率を上げるのもいい。
居座り型、魔法壁として使う場合はHPか精神に振る。残念ながら、防御は全振りしてもそれほど高くはならない。

スキル振りについて

「再生能力」「豊穣を司る程度の能力」が有用。
元々HP回復率、MP回復値が高く、スペルの燃費が良いため、「休みたがり」「急速チャージ」は後回しにしても問題ない。
実は「休みたがり」は前衛から前衛に移動しても効果が発揮される(バグ?)ので、前衛に居座り続けMPが枯渇しそうなときや暇な時は自身を三番目と四番目に移動させ続けるのもいいかもしれない。「急速チャージ」のほうが即効性があり、一回で済むが。
「急速チャージ」はTPの消費が激しいので、使い過ぎに注意。
「緊急回復」は発動のために集中するくらいなら自分に『スイートポテトルーム』を使った方が使用後ゲージ量が多いため、優先度は低い。

『オヲトシハーベスター』のSLvをあげて自身を強化すれば居座りがしやすくなる。穣子の高い敏捷は居座り型のほうが生かしやすい。

サブクラスについて

付与師がおすすめ。使用後ゲージ量に優れた『オヲトシハーベスター』の効果を更に強化することができる。
「付術強化」「祈りの心」を取得し、スペル共々最大lvまで強化すると防御精神を66%上昇 HP16%を回復という凶悪なスペルと化す。
『スイートポテトルーム』にも「慈愛の心」でHP回復に加え防御精神を20%上昇させる効果がつく。
「攻性付術」を取得すれば攻撃面も強化でき、能力上昇と回復を一人でこなすキャラになる。
癒術師は『スイートポテトルーム』の倍率が優れているため、過剰かもしれない。
状態異常回復もこなせるようにはなるが…。
MP切れしにくさと速度の高さを生かして、禍術師になって能力低下を担当するのも選択肢。
能力増強で敏捷と居座り能力を強化するのも手。

■ プラス版