犬走 椛

v1.203 / v1.105

ステータス

能力基礎値
HP 156 TP 20
攻撃 136 MP 9
防御 128 MP成長率 1/14
魔力 24 回避 24
精神 88 HP回復率 15
敏捷 98 MP回復値 2
属性耐性 状態異常耐性
炎属性 100 冷属性 70 猛毒 30 麻痺 30
風属性 132 然属性 132 鈍重 30 衝撃 30
魔属性 70 霊属性 100 恐怖 20 沈黙 20
冥属性 100 物属性 132 即死 20 低下 20
レベルアップ難度 57

加入条件

1Fにて椛と会話

スペル

名前 消費
MP
対象 属性 攻撃種類 効果 使用後
ゲージ量
備考
レイビーズバイト 3 敵単体 直接攻撃 犬が噛み付くような形の弾幕が特徴のスペル。
高防御の敵にもダメージが通りやすい。
6000 攻撃倍率190% ダメージ倍率100% 防御反映率35%という情報有り(SLv1で?)
エクスペリーズカナン 4 敵全体 直接攻撃 風神録でも披露した、椛の代名詞「の」の字弾幕。
消費MPが低めの全体攻撃だが、威力もやや控えめ。
5000

スキルリスト

名前 上限Lv 必要SP 効果 補足
ブースト Lv5 2Pts HP, 攻撃, 防御
向上心 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*6)%上昇する。
スキル取得者が探索メンバー12人の中に加わっていない場合、効果を発揮しない。
「実戦経験」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
実戦経験 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が戦闘終了時に前衛にいない場合、効果を発揮しない。
「向上心」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
千里先まで見通す程度の能力 Lv2 5Pts スキル取得者が前衛に居る場合、前衛の命中率が(SLv*25)%上昇する。
この効果は全ての前衛キャラに適用される。
哨戒天狗の千里眼 Lv2 5Pts スキル取得者が前衛にいる場合、敵飛行体に与えるダメージが上昇する。
同スキル取得者が前衛に複数人存在する場合、スキル効果は重複しない。
アクセラレイト Lv1 10Pts スキル取得者に行動順が回ってきた際、スキル取得者の敏捷が10%上昇する。
本質を見つめる瞳 Lv1 7Pts スキル取得者が能力上昇状態の敵に攻撃する、または攻撃される時、
敵の能力上昇効果を無効化してダメージ計算を行う。
即応速攻 Lv1 12Pts スキル取得者が「隊列変更」コマンドによって後衛から前衛に移動した場合、
行動値10000で前衛に出る。

備考

Ver1.141で更に攻撃が上方修正された。

防御基礎値が全キャラ中一位。HPも高く精神もまあまあで壁向きの能力を持っている。
ただし直接攻撃より魔力攻撃の攻撃をしてくる敵のほうが多く、高い防御を活かす機会が少ないため他の壁に出番がとられてしまいがち。
優秀なパッシブスキルをいくつも持つ反面、スペルは種類が少なく威力、倍率共に極普通でアタッカーとしては並居るキャラの下位互換になりがち。
アタッカーか壁どちらかに絞って運用して、どうにか互角といったところか。

ステータス振りについて

半端に振ると何もできなくなってしまうので、壁かアタッカーに特化しよう。
HPがまあまあ高く精神が低いわけではないので魔力攻撃受けも可能である。敏捷は「アクセラレイト」で補えるため優先度は低め。

HPが高いので、属性耐性を高めきってしまえば魔力攻撃も受けきれてしまう。

スキル振りについて

何に使うのかを考えてその方策に見合った特化をするようにしないときつい。
とりあえず「即応速攻」と「アクセラレイト」は取得しておこう。どちらも便利なスキルである。
バグで機能していなかった「千里を見通す能力」がようやく機能するようになり、前衛に出すだけで命中率が安定するようになった。命中率の低い大ダメージ技を持つキャラを使う時や、回避の高い相手と戦うとき活躍できるように。

「本質を見つめる瞳」は相手の能力上昇をないことにして計算するようになるスキル。
耐久力が元々高めの椛にとっては、能力上昇のかかった相手の攻撃を安全に受け止められるスキルといったところ。
しかしボス相手には能力低下をかけ続けながら戦うのが基本なので活用できる機会は少ない。
メリーと一緒に運用するとき使えるかもしれない

「即応速攻」は応用範囲の広い優秀なスキル。
強力な運用方法として、「即応速攻」を持ったもう一人のキャラと連続で入れ替えることにより、
「アクセラレイト」の効果量をすぐに最大まで持っていったり、体術士の「肉体活性」で自分の行動ごとにHP全回復&全能力上昇を維持をしたりできる。
常にHP最大の状態を維持できるということは、敵の全攻撃を確実に一回受けられ連続して行動されないならば、絶対に落ちることのない壁になれるということである。
キャラを交代させ続ける面倒くささはどうにもならないが
他に遅延の大きいスペルを使った仲間を椛と交代→即座に自分をそのキャラと交代することで行動後遅延を擬似的に解消できたりもする。
また「即応速攻」持ちの中では最も頑丈なので、緊急時でも安心して前衛に出せるの強み。
前衛全員がピンチに陥った時に呼び出して、椛+他キャラで前衛を一度に二人交代させられたり、
癒術師になって瀕死の仲間のHPを回復したり、魔力使いになってMPを補給させたりなど、サポート役でも輝ける。
うまく使ってあげたい。

更に踏み込むと高速アタッカーとしての運用も可能。
前述の「即応速攻」持ち同士の連続入れ替えを他の三人にやらせる事で味方の行動順すべてを椛の物として扱う事ができる。
メンバーとしてはMP回復用の慧音、「隊列変更高速化」で隊列変更後に行動値9100にできるお燐がオススメだろう。
全体攻撃に弱いという欠点こそあるものの、型に嵌まった時の爆発力は圧巻の一言。椛が嫁の方は一度お試しあれ。

サブクラスについて

アタッカー、壁のどちらでも有効に戦えるのが前述の体術士。「即応速攻」や「アクセラレイト」のスキルを活かしての強化&自己回復が強み。
メイン壁として使うのであれば護衛士も候補。元々盾持ちのキャラなのでキャライメージにもよく合う。
サブ壁として使うなら軍師も悪くない。ただし、スペルの貧弱ぶりが変わらないため戦闘中することが限られるという欠点がある。
癒術師にして緊急時回復キャラに仕立て上げることも可能。防御に注目されがちだが、精神が低いわけではなくHPも高いほうなので回復が必要だけど敵が行動しそう、といった状況でも安全に前衛に出すことができる。
「即応速攻」でボスに先に動かれる心配もない。

元々それほどポイントを割り振るスキルやスペルが多くないため、余らせがちなスキルポイントをサブクラスのスキルに早いうちから注ぎこめるのが椛の強みか。

■ プラス版