鈴仙・優曇華院・イナバ

v1.203 / v1.104a

ステータス

能力基礎値
HP 128 TP 19
攻撃 40 MP 16
防御 69 MP成長率 1/14
魔力 116 回避 24
精神 90 HP回復率 14
敏捷 98 MP回復値 2
属性耐性 状態異常耐性
炎属性 120 冷属性 120 猛毒 24 麻痺 36
風属性 90 然属性 90 鈍重 72 衝撃 24
魔属性 240 霊属性 56 恐怖 36 沈黙 72
冥属性 160 物属性 100 即死 36 低下 24
レベルアップ難度 56

加入条件

5Fに上がってすぐの所のイベントの選択肢で妹紅を選び、7Fで会話。
または5Fで輝夜を選び、7F・10Fでイベントを起こした後、11Fで会話。

スペル

名前 消費
MP
対象
攻撃種類 効果 使用後
ゲージ量
備考
ルナティックレッドアイズ 4 敵全体 魔力攻撃 敵全体に魔属性攻撃を仕掛け、中確率で恐怖+沈黙を付与し、
更に強力な精神減少効果を与えるスペル。
ダメージ倍率も高いが、攻撃力倍率は低いのでダメージはイマイチ。
5000 命中+60
マインドスターマイン 6 敵全体 魔力攻撃 敵全体に魔属性攻撃を仕掛け、更に低確率で衝撃効果を付与する。
敵へのダメージソースとなり得るスペル。
3600 命中+20
ディスカーダー 4 敵単体 魔力攻撃 敵単体に冥属性攻撃を仕掛け、更に攻撃+防御+魔力+精神+敏捷低下効果を付与する。
能力低下効果の効果量自体はさほど高くない。
5400
瓦斯織物の玉 1 敵全体 魔力攻撃 敵全体に然属性攻撃を仕掛け、更に猛毒効果を付与するスペル。
威力も猛毒効果も高くないが、消費MPと行動後遅延がとても少ない。
5000
国士無双の薬 5 自身対象 補助行動 永琳の作った薬により、自身の全能力を上昇させるスペル。
消費MPが高めだが、行動後遅延が極端に短い有能な自己強化。
4回飲んでも爆発したりはしない。
9800 自身の全能力を(30+SLv*2)%上昇

スキルリスト

名前 上限Lv 必要SP 効果 補足
ブースト Lv5 2Pts MP, 魔力, 敏捷
向上心 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*6)%上昇する。
スキル取得者が探索メンバー12人の中に加わっていない場合、効果を発揮しない。
「実戦経験」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
実戦経験 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が戦闘終了時に前衛にいない場合、効果を発揮しない。
「向上心」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
永遠亭の住人 Lv2 5Pts 前衛に永遠亭の住人が複数いる場合、
自分以外の永遠亭の住人1人につき全能力が(SLv*7)%上昇する。
戦闘開始後、敵味方の誰かが行動を行う直前まではこの効果は発揮されない。
対象は輝夜と永琳
月の民 Lv1 8Pts スキル取得者に行動順が回ってきた際、75%の確率でMPが1減るようになる。
攻撃時、敵の防御性能を50%減算してダメージ計算を行う。
追い討ち Lv2 5Pts 状態異常の敵に攻撃を行う場合、与えるダメージが(SLv*16)%増加する。
広域精神変調 Lv2 5Pts スキル取得者に行動順が回ってきた際、敵全員に
(SLv*6)%の精神低下効果を付与する。
狂気の波長 Lv2 5Pts スキル取得者が前衛にいる場合、魔属性攻撃で敵から受けるダメージが減少する。
この効果は全ての前衛キャラに適用される。
強烈な眩暈 Lv1 10Pts スキル取得者が前衛にいる場合、敵の状態異常耐性が少し低下する。

備考

一見ステータスに尖った所がないが強力なスキルとスペルを複数持つ、居座り型のデバッファー兼魔力アタッカー。
非常に優秀なスキル「強烈な眩暈」を持ち、状態異常付与持ちと一緒に前衛におくだけでも価値がある。
加えて本人が「月の民」や強力スペル群で多彩な手札と手数で状況に応じた働きができる。
またHP、精神の伸びは平均、防御もやや低め程度であるが、相手に能力低下を付与し続けられるため、弱点の霊属性に気をつければ耐久力も結構ある。

ステータス振りについて

攻撃性能については精神低下、猛毒付与、「月の民」があり、魔力一辺倒にしなくとも割とダメージを稼げる。
能力低下、各種状態異常付与、後衛での回復で手数が重要なため、敏捷に振っておくと彼女の性能を最も引き出せるのではないだろうか。
居座り能力も重要なため耐久力にも振っておこう。防御は基礎値が低いのでHPか精神に振るといい。
強力なスペル,スキル群で隠れているが、素の能力基礎値は決して高くはない。耐久面に不安を感じたら図書館でしっかり強化してあげよう。

スキル振りについて

最優先で取得すべきは「強烈な眩暈」。
これさえあれば前衛に出す価値がある。一部の状態異常★の相手にも状態異常を通すことが可能になる恐るべき性能。
能力低下耐性は総合的な低下耐性なため 攻撃防御魔力精神敏捷の低下耐性は個別に設定されている
その後はおそらく使用率が一番高くなる『ディスカーダー』『国士無双の薬』と「MP,敏捷ブースト」が優先されるか。

その他取得・強化したいスキル、スペルが多いが「月の民」はマイナス効果もあるため取得には注意したい。
ダメージ源として見なさず、能力低下付与役として運用するのなら不要。
「広域精神変調」は付与率が低めで、スペルで精神低下を付与できるので優先順位は低めでいい。
「永遠邸の住人」は永琳を使っているのなら。
永琳は超過回復で前衛に居座りやすいが、輝夜は居座りが難しいので2人分の効果を得るのは難しい

「狂気の波長」はボスが使ってくる魔属性攻撃の対策になる。魔属性攻撃をするボスは多いので有用。
鈴仙の耐久面の強化はしっかりしておこう。
『国士無双の薬』は全能力上昇状態を保ちやすいが、MPを大量消費してしまうのには注意。
後衛に下がる前に一服飲んで敏捷上昇付与しておくと後衛回復の速度も上がる。

サブクラスについて

魔力使いか禍術師がおすすめ。
前者はスペル連打で枯渇しやすいMPを補うことができる。「月の民」のMP消費をチャラにできるというメリットも○。
後者は『ディスカーダー』の能力低下が強化される。一撃あたりの低下量が増加するので、『ディスカーダー』を撃ち込む隙が少ないFOEやボス相手に有効。
基本的にはMP切れに悩まされなくなる魔力使いで『ディスカーダー』や『国士無双の薬』を連打したほうが良い。

『国士無双の薬』を中心に据えた運用をするなら癒術師や付術師も悪くない。
『国士無双の薬』で行動順を素早く回し、癒術師の「応急手当」で前衛全員のHPをチビチビ回復できる。MPはゴリゴリ削れていくが。
付術師は『国士無双の薬』にHP回復効果が付き、緊急時の回復としても使えるようになる。
能力上昇効果量が上がるため、投与回数が少なくなるのもポイント。
この性能で使用後ゲージ量が9800なのは狂っている。

■ プラス版