聖 白蓮

v1.203 / プラスv1.105b

ステータス

能力基礎値
HP 172 TP 20
攻撃 124 MP 24
防御 88 MP成長率 1/14
魔力 124 回避 36
精神 88 HP回復率 15
敏捷 100 MP回復値 3
属性耐性 状態異常耐性
炎属性 84 冷属性 84 猛毒 70 麻痺 70
風属性 84 然属性 84 鈍重 60 衝撃 60
魔属性 148 霊属性 148 恐怖 50 沈黙 50
冥属性 148 物属性 148 即死 50 低下 50
レベルアップ難度 70

加入条件

  1. 白蓮の経巻・1 の入手: 11階 J-8 (ナズーリン240P)
  2. 白蓮の経巻・2 の入手: 13階 C-4 (ナズーリン300P)
  3. 白蓮の経巻・3 の入手: 14階 E-3 (ナズーリン400P、にとり200P)
  4. 白蓮の経巻・4 の入手: 14階の雑魚敵ドロップ
  5. 合計4種の巻物を集めて、13階 F-5 の岩の先へ行く
ナズーリンイベントの消化には()内のキャラの戦闘ポイントが必要

スペル

名前 消費
MP
対象
攻撃種類 効果 使用後
ゲージ量
備考
スカンダの脚 2 敵単体 直接攻撃 敵単体に風属性攻撃を仕掛けるスペル。
自身の敏捷を上昇させる効果を持つ。
このスペルで敵を倒した場合、敏捷上昇効果がより大きくなる。
6000 命中+16
v1.203時点では敵を倒しても倒さなくても上昇量は変化しない
三千大千世界の主 7 敵単体 直接攻撃 敵単体に物属性攻撃を仕掛けるスペル。威力が高く低遅延で
更に中確率の衝撃効果も持つが、燃費の方にやや難がある。
6000 攻撃倍率170% ダメージ倍率170% 防御反映率50%という情報有
魔法銀河系 6 敵全体 魔力攻撃 敵全体に魔属性攻撃を仕掛けるスペル。
敵の攻撃、魔力、敏捷を低下させる効果を持つ。
4000 命中+40
魔法攻撃になっている
スターソードの護法 5 敵単体 複合魔力攻撃 ダメージ計算に自身の攻撃+魔力と敵の精神が関係する特殊スペル。
敵の攻撃と防御を低下させると共に沈黙効果を与える効果を持つ。
威力も高めだが、その威力を十全に発揮させるには攻撃、魔力両方の値が必要。
4800 命中+32
魔人経巻・複写詠唱 4 味方単体 補助行動 自身の能力上昇低下の状態を対象にコピーする。
スペルレベルの上昇に従い、能力低下効果をコピーしなくなるなど
性能が強化される。
5000

スキルリスト

名前 上限Lv 必要SP 効果 補足
ブースト Lv5 2Pts HP, MP, 敏捷
向上心 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*6)%上昇する。
スキル取得者が探索メンバー12人の中に加わっていない場合、効果を発揮しない。
「実戦経験」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
実戦経験 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が戦闘終了時に前衛にいない場合、効果を発揮しない。
「向上心」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
魔人経巻・剛力招来 Lv1 18Pts スキル取得者に行動順が回ってきた際に、スキル取得者の 攻撃 を14%上昇/回復させる。
魔人経巻・金剛盾 Lv1 18Pts 防御
魔人経巻・詠唱強化 Lv1 18Pts 魔力
魔人経巻・精神統一 Lv1 18Pts 精神
魔人経巻・疾風怒濤 Lv1 18Pts 敏捷
魔人経巻・超回復 Lv1 18Pts HP

備考

ステータスにほとんど穴が無く、自動でどんどん能力上昇&HP自動回復、
さらに状態異常耐性も軒並み高いという、居座ってくださいと言ってるようなキャラ性能をしている。
白蓮のスキルリストを初見で見たときにその潔さに噴くのはお約束。

「魔人経巻」で各ステータス補正を受けられるのが特徴。
ボス戦では前衛で適当に粘らせておけばすぐに上限の+100%まで到達する。
それだけでも十分に強力なのだが『魔人経巻・複写詠唱』で味方に能力上昇をコピーできる。
補助にしろ攻撃にしろ、一級の能力を持っているのは間違いない。
補助要員になった聖が味方に全能力上昇100%を与え続ける様は、敵からすれば恐怖以外の何物でもないだろう。

逆に「魔人経巻」による能力上昇がある程度付与されるまでは本人の能力、スペルの性能ともに並程度。
その為、初手で倒しきるのが理想の雑魚戦ではそこまでの活躍は期待できない。
「魔人経巻」の必要スキルポイントも多く、全128pts*1かかる。本編ラスト到達した程度では全て取得するのは難しい。

ステータス振りについて

お手本のような高バランスステータスを誇っているので何をさせたいかで決まってくるだろう。
高い再生能力を持っているのでHPや防御精神に振り、前衛で攻撃に耐えつつ味方を補助し続けるといい。
自身も攻撃に参加させたいなら対ボス戦なら攻撃、対雑魚戦なら魔力に振るといいだろう。

魔力アタッカー以外ならなんでもそつなくこなせる優秀なキャラだが、それだけにあれもこれもと欲張ると中途半端になりやすい。
彼女のスペルの特徴を踏まえるなら、能力上昇をコピーでばら撒く壁役兼補助が最適解になるか?

スキル振りについて

壁にするならまずは「魔人経巻・超回復」を取っておく。
他の「魔人経巻」は全種類取るとなると膨大なポイントが必要なので、補助したい相手や自身の役割によって先に取るものを決めるといい。
敏捷はあって困るものではないので「魔人経巻・疾風怒濤」だけは真っ先に取っていいだろう。
後は『魔人経巻・複写詠唱』の回転率を上げるために「敏捷ブースト」を取得すればいい。
雑魚戦では「魔人経巻・詠唱強化」と『魔法銀河系』のSLvを上げて戦う方が良い。
レベルが上がりにくいので「実戦経験」や「向上心」も取得したい。

サブクラスについて

彼女の持つスキルは自身の強化のみという非常にシンプルな構成になっている。
よって、ここでも彼女にさせたい役割でサブクラスを選んでいくと良いだろう。

特に相性が良く、どの型でも活躍が見込めるのは体術士。
「巧緻性鍛錬」で行動順の回転率を上げられるので結果的に行動回数が多くなる=再生と自己強化がより多く得られる、とシナジーが期待できる。
「肉体活性」による再生と自己強化の底上げもできるので無駄がないのも嬉しい。

『魔人経巻・複写詠唱』による強化ばら撒きを軸にした補助型ならば軍師もオススメ。
その理由も至ってシンプルで「鼓舞の計」による能力上昇減衰の緩和が目当てとなる。
それ以外は特にこれといって彼女の性能が引き出せるシナジーがあるわけではないが、
補助型として使う以上、「鼓舞の計」があれば十分にうま味を感じられる。

地味なところでは癒術師もオススメ。
白蓮の属性耐性の穴である炎,冷,風,然属性耐性が上がり、唯一自前で行えない回復スペルが使えるようになることで
もうこいつ一人でいいんじゃないかな感が更に加速する。
回復スペルの回復量も攻撃,魔力上昇付与により加速度的に上昇する。

上記は特に相性がいいサブクラスを列挙したが、上記にあるとおり彼女は至ってシンプルな高バランスキャラなので、どのサブクラスでも使いこなせるだけの懐の深さがある。
さらなる面白い活躍のさせ方も見つかる…かもしれない。

ぶっちゃけこれだけ強いと何やらせても強いというのは内緒。

■ プラス版