八雲 紫

v1.203 / プラスweb体験版E+

ステータス

能力基礎値
HP 128 TP 10
攻撃 64 MP 24
防御 92 MP成長率 1/14
魔力 132 回避 12
精神 112 HP回復率 8
敏捷 74 MP回復値 2
属性耐性 状態異常耐性
炎属性 88 冷属性 132 猛毒 40 麻痺 40
風属性 132 然属性 132 鈍重 0 衝撃 40
魔属性 66 霊属性 188 恐怖 80 沈黙 80
冥属性 144 物属性 88 即死 60 低下 40
レベルアップ難度 67

加入条件

15Fにて八雲紫を倒す。

スペル

名前 消費
MP
対象
攻撃種類 効果 使用後
ゲージ量
備考
光と闇の網目 5 敵全体 魔力攻撃 敵全体に霊属性攻撃を仕掛けるスペル。
更に敏捷低下と麻痺効果を付与する。足止めに最適。
5000
狂操高速飛行体 5 敵一列 魔力攻撃 敵全体に風属性攻撃を仕掛けるスペル。
敵の精神を減衰してダメージ計算する、高威力スペル。
5000
式神・八雲藍+ 5 敵単体 魔力攻撃 攻撃側の魔力と防御側の防御によってダメージが算出される。
橙と藍がパーティにいると威力が上昇する特殊なスペル。
橙と藍が前衛にいる場合更に威力が上昇する。
6000
八雲紫の神隠し 34以上・全MP 味方全体 補助行動 行動値が10000以下の味方キャラの行動値を10000まで引き上げるスペル。
発動時に残りMPに関わらず自身の全MPを消費する。スキルレベル上昇に伴い発動に必要なMPが減少する。
余分に消費したMPが多ければ多いほど、スキル使用後の遅延が緩和される。
0 MP1につき400緩和
発動後行動値10000になるためには余分なMP24必要
使用後行動値10000以上にするためにはスペルLv5でMP55の状態での使用が必要
前衛の何処にいても使用後に紫に最初に行動順が回ってくるにはMP56以上必要
永夜四重結界 7 味方全体 補助行動 味方全体の防御、精神を大きく上昇させる補助スペル。 4500 上昇量は(38+SLv*4)%

スキルリスト

名前 上限Lv 必要SP 効果 補足
ブースト Lv5 2Pts HP, MP, 精神
向上心 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*6)%上昇する。
スキル取得者が探索メンバー12人の中に加わっていない場合、効果を発揮しない。
「実戦経験」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
実戦経験 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が戦闘終了時に前衛にいない場合、効果を発揮しない。
「向上心」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
八雲一家 Lv2 5Pts 前衛に八雲一家が複数いる場合、自分以外の八雲一家1人につき全能力が(SLv*8)%上昇する。
戦闘開始後、敵味方の誰かが行動行う直前まではこの効果は発揮されない。
対象は橙と藍
境界操作 Lv2 5Pts スキル取得者に行動順が回ってきた際、敵全員に
(SLv*6)%の防御低下効果を付与する。
物理と魔力の境界 Lv1 24Pts 味方が防御と精神のうち、数値の低い方のステータスで敵攻撃を防ぐ事になった場合
味方キャラの防御性能が((防御+精神)/2)に変化する。
この効果はスキル取得者が前衛にいる時のみ発揮される。
この効果は前衛の味方全員に適用される。
治癒と受傷の境界 Lv1 12Pts スキル取得者に行動が回ってきた際、スキル取得者のHPが最大HP未満の場合
スキル取得者のHPが「 現HPと最大HPの中間の値 」に変化する。
驚異的な精神力 Lv1 8Pts スキル取得者に行動が回ってきた際、スキル取得者のMPが1回復する。
威厳 Lv2 5Pts スキル取得者に行動順が回ってくる度、
スキル取得者の攻撃,防御,魔力,精神,敏捷が(SLv*3)%上昇する。

備考

全体的に優秀なスキルとスペルを持つ高性能ババア妖怪。
特にボス戦での性能が際立つが雑魚戦でも十分に使っていける性能なのは流石。
TPが低いことだけはどうしようもないため装備等で補助してあげよう。
まず『八雲紫の神隠し』&『永夜四重結界』でパーティーの補助を中心にするか、『式神・八雲藍+』をダメージソースにする居座りアタッカーにするかで育成方針を決めよう。
藍、橙を加えてセットで「八雲一家」として運用するならば是非とも式神メインの居座りアタッカーをお勧めする。
『式神・八雲藍+』はただでさえスぺルの性能が良いうえ、そこに「八雲一家」が加わるとさらに強力。使用しない手はない。

ステータス振りについて

雑魚戦に使うのなら先手を取れる程度に敏捷に割り振り、残りは魔力で問題ない。
壁役として使用する場合は「物理と魔力の境界」や「治癒と受傷の境界」を活かすためにもHP、精神or防御、敏捷に振るとよいだろう。
壁系スキルは優秀だが、素のHPや精神はそこまで高いとは言えないので書や玉でブーストも検討しよう。手に負えない堅さになる。
居座りアタッカーにするなら魔力を中心にHP敏捷にも振るといいだろう。
能力基礎値のページを参照してもらえればわかるように、魔力基礎値もアタッカーとして十分通用するレベル。

スキル振りについて

ver1.200より『八雲紫の神隠し』を使用した際、MPを全消費する仕様となった。
魔力使いの「魔力節約」や歌姫の「幸せの旋律」等が発動した後に全消費するようで、連続使用は不可能になったものと思われる。
八雲紫の神隠しはレベルを1上げるごとに消費MPが-1され最終的にMP16で使用可能。ここに「驚異的な精神力」と魔力使いの「魔力充足」を加えると実質MP14で使用可能という恐ろしいコストパフォーマンスになる。MPが58あれば4連続で使用可能なため紫以外の前衛3人が4回行動可能となり大抵のボスは紫に行動が回った時点で終了が確定するレベル。MP58はニルダの杖などを装備すればかなり現実的な数字なのも強み。

「物理と魔力の境界」は防御精神の低い方が、防御精神の中間値にまで引き上げられる。しかも前衛全員に効果が発揮される。
24ポイントも消費するが絶対に取得しておきたい。これがあるとないとではパーティの堅さが変わってくる。
防御基礎値よりは精神基礎値が高いキャラが多いため、どちらかといえば魔法型キャラが恩恵を受けるスキル。
単純化した例だが、精神一位のパルスィ(防御8.8 精神17.8)は防御13.3並の防御を手に入れることになる。4.5分上昇。防御二位だが精神はワースト三位の勇儀(防御12.4 精神4.8)は精神8.8並と3.8分の上昇。精神二位だが防御はワースト一位のパチュリー(防御2.4 精神16.6)は防御9.5並、上昇量は7.1にもなる。やはり精神基礎値のほうが高いキャラのが恩恵が大きい。
「治癒と受傷の境界」を取得すると擬似自己回復ができる。壁だと回復いらず、アタッカーでは落ちにくくなると便利。
「威厳」は低い敏捷を補い、耐久面を強化できるので取っておこう。
「境界操作」は上記三つに比べると優先度は低いが、紫は居座りが可能なのでパーティに物理アタッカーがいるのなら有用。紫がアタッカーの場合『式神・八雲藍+』が敵防御で計算が行われるため、優先度が上がる。
「驚異的な精神力」は紫のMP回復値が2とスペルの消費に比べれば低いため、スキルポイントに余裕があるのなら取得しておきたい。

残りのポイントはアタッカーか壁兼補助として運用するかで優先度が変わってくる。
『式神・八雲藍+』は藍と橙が前衛に居ればトップクラスの威力を誇る。
スペカの素の威力も高いが、そこに「八雲一家」を取得していると更に威力が増す。アタッカーとして運用するのならこれにポイントを注ぎ込もう。
『光と闇の網目』『狂躁高速飛行体』は足止めと範囲にそれぞれ優れている。雑魚戦向け。
壁兼補助として運用するなら永夜四重結界のスペルLvを強化し上昇量を高めよう。
霊夢の博麗大結界と比較すると使用後ゲージ量が300負けている。霊夢が勝った!

サブクラスについて

魔力使いにすると「驚異的な精神力」とあわせて一ターンにMPが2回復するようになる。
攻撃スペルを連発するのなら候補に挙がる。

壁兼補助として使うのなら護衛士がおすすめ。
「護衛士の心得」「最前線ガード」で壁としての性能が更に強化され、「効率的な集中」でMP回復速度を向上させつつ、
『永夜四重結界』を連発できる。MPが余るようなら『八雲紫の神隠し』で一撃離脱型のアタッカーも補助もしやすくなる。

メインウェポンが『式神・八雲藍+』で「八雲一家」も取得しているなら、魔力上昇は藍に丸投げして自身は能力増強で更なる威力増加を狙ってみるのもいい。耐久面が強化されるのも○。

■ プラス版