八雲 藍

v1.203 / プラスv1.103

ステータス

能力基礎値
HP 140 TP 18
攻撃 96 MP 20
防御 80 MP成長率 1/16
魔力 132 回避 9
精神 100 HP回復率 12
敏捷 100 MP回復値 2
属性耐性 状態異常耐性
炎属性 125 冷属性 50 猛毒 50 麻痺 50
風属性 125 然属性 125 鈍重 50 衝撃 0
魔属性 75 霊属性 175 恐怖 50 沈黙 50
冥属性 75 物属性 100 即死 50 低下 0
レベルアップ難度 67

加入条件

4~8Fで藍の結界を見つけるイベントを発生させる
(それぞれ橙の戦闘ポイントが50p/100p/150p/200p/200p必要)
さらに9F(橙???p)のイベントを発生させると近くにボスアイコン出現、これを倒せば加入する。
ボスアイコンと同時に9Fに表れる!アイコンについてはボス攻略の八雲藍を参照

スペル

名前 消費
MP
対象
攻撃種類 効果 使用後
ゲージ量
備考
狐狸妖怪レーザー 6 敵全体 魔力攻撃 敵全体に魔属性攻撃を仕掛けるスペル。
それなりの威力を持ち、安定したダメージが期待できる。
4000
プリンセス天狐 4 敵全体 魔力攻撃 敵全体に然属性攻撃を仕掛けるスペル。
消費MPとダメージ倍率に優れる。
4400
飛翔役小角 4 敵一列 複合直接攻撃 敵一列に物属性攻撃を仕掛ける。
ダメージ計算に攻撃側の攻撃+魔力、防御側の防御が関係する特殊なスペル。
6880
十二神将の宴 5 味方全体 補助行動 前衛全員の攻撃+魔力を上昇させるスペル。
効果量はそこまで高くはない。
4000 味方全体の攻撃、魔力を(24+SLv*2)%上昇
八千万枚護摩 5 味方全体 補助行動 前衛全員の防御+精神を上昇させるスペル。
効果量はそこまで高くはない。
4000 味方全体の防御、精神を(24+SLv1*2)%上昇

スキルリスト

名前 上限Lv 必要SP 効果 補足
ブースト Lv5 2Pts MP, 魔力, 敏捷
向上心 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*6)%上昇する。
スキル取得者が探索メンバー12人の中に加わっていない場合、効果を発揮しない。
「実戦経験」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
実戦経験 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が戦闘終了時に前衛にいない場合、効果を発揮しない。
「向上心」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
八雲一家 Lv2 5Pts 前衛に八雲一家が複数いる場合、自分以外の八雲一家1人につき全能力が(SLv*8)%上昇する。
戦闘開始後、敵味方の誰かが行動行う直前まではこの効果は発揮されない。
対象は橙と紫
式神を使う程度の能力 Lv1 7Pts スキル取得者が集中を行った際に前衛に橙がいる場合、橙に全能力66%上昇効果を付加する。 このスキルだけ付加
超難解高速算術 Lv1 20Pts スキル取得者が「十二神将の宴」「八千万枚護摩」を使用した場合、
消費MPが2倍になり、スペルの効果対象が味方後衛を含めた味方12人全員に拡大する。
後衛キャラに適用されるHP回復や能力上昇などの数値効果は、通常の半分の値となる。
意識の拡張 Lv2 12Pts MP回復値が(SLv*1)増加する。 回復率となっているが回復値
クールダウン Lv2 12Pts HPが全快の状態で集中を行った場合、
MP回復効果量が(1+SLv)倍になる
バグでHP全快でなくとも効果を発揮する

備考

前作で猛威を奮った製作者の嫁。今回も役割としてはスキルの効果を活かした補助と、範囲の広い攻撃スペルを生かした雑魚散らし役。
能力成長は魔力が高めそれ以外の耐久面などもほぼ並以上で育ち、大きな穴が無く使いやすい。属性耐性は三つ程穴があるので注意。
パッシブスキル「八雲一家」もあるので、是非主人の紫と式の橙はセットで使いたい。
MP上限のインフレのない今作では、MP回復関連の装備やスキルで気に使わないとMP切れしやすくなっているので注意。
立ち絵は他キャラに負けず劣らずのオッパイ×2。
似たようなキャラの慧音と比べると使用後ゲージ量では負ける 基礎能力値と超難解高速算術を覚えた場合のバフ範囲では藍に軍配が上がる バフ上昇量はほぼ互角 属性耐性は慧音のほうが穴が少ない

ステータス振りについて

戦闘ポイントを満たして加入するキャラクターは総じてほとんどの能力が平均以上なので、サブ壁としての運用がしやすい。
補助役と割り切るのなら耐久と敏捷に。
全体攻撃のスペルを生かして雑魚散らしに使うなら魔力も上げておくべき。
どちらにせよ、ある程度は前衛に居座ることを要求される。耐久を捨ててあっさり落とされてはせっかくの優秀補助スペルが勿体ない。

スキル振りについて

紫か橙を使っているのなら「八雲一家」は取得しておきたい。
紫は居座り向きなスキルを所持しているため前衛にいる場合が多く、効果が発揮される機会は多い。
「式神を使う程度の能力」で橙を溺愛するも良し。藍を補助役とすると、暴れる上司と部下の板挟みにしか見えなくなる。
「超難解高速算術」は『十二神将の宴』と『八千万枚護符』の効果を後衛も含む味方全体へ拡大するというとんでもないスキル。
能力上昇を付与したいキャラと藍二人を前衛に並べなくていい、紙耐久キャラを後衛に置いたまま強化できるなど利点は多い。
藍にしかない強みなので是非取得したい。
ただしMP消費が10に倍化し燃費が悪くなるので、レベル上昇によるMP増加、装備、「意識の拡張」「クールダウン」でMP回復を大きく改善できる中盤以降までは取得しないのも一案である。
ある程度敵の攻撃に耐えられるのなら、無駄にMPを使わず前衛に居座って補助し続ける方が長く戦えるので、藍のレベルとスタメンを見て自分で決めるべし。
「クールダウン」はMP回復を後衛から前衛へ出ての集中にするのなら採用していいが、藍がサブ壁程度ならこなせるため「意識の拡張」のほうが使いやすいだろう。
…なのだが無印では「クールダウン」の効果がバグでHP全快でなくとも発揮されるので、「クールダウン」のほうがいいかもしれない。
各種ブーストは「敏捷ブースト」は優先し、残りはスキルポイントが余ったら。

全体的に必要スキルポイントが多いため、スキルポイントが増える後半で輝く大器晩成。

サブクラスについて

付術師の「祈りの心」「付術強化」が定石。ただし「祈りの心」は後衛の味方に対しては効果を発揮しないので注意。
燃費悪化対策に魔力使いの「魔力充足」「魔力節約」もオススメ。

■ プラス版