朱鷺子

v1.103

ステータス

能力基礎値
HP 130 TP 28
攻撃 144 MP 15
防御 100 MP成長率 1/25
魔力 95 回避 16
精神 90 HP回復率 15
敏捷 103 MP回復値 2
属性耐性 状態異常耐性
炎属性 72 冷属性 100 猛毒 22 麻痺 66
風属性 200 然属性 152 鈍重 88 衝撃 0
魔属性 72 霊属性 72 恐怖 66 沈黙 22
冥属性 100 物属性 172 即死 22 低下 66
レベルアップ難度 49

加入条件

  1. B1Fで「非ノイマン型計算機の未来」第9巻 を拾う
  2. B2Fで「非ノイマン型計算機の未来」第10巻 を拾う
  3. B4Fで「非ノイマン型計算機の未来」第11巻 を拾う
  4. 21Fで「非ノイマン型計算機の未来」第12巻 を拾う
  5. 22F南西でイベント
(要検証)霖之助の戦闘ポイント470で加入確認有 400が必要?

スペル

名前 消費
MP
対象
攻撃種類 効果 使用後
ゲージ量
備考
妖怪ヤクザキック 5 敵単体 直接攻撃 香霖堂の扉を蹴破ったりする、そこそこの低遅延にそこそこの高威力と使いやすい単体攻撃。
自身に特殊状態「読書中」が付与されている場合
威力とダメージ倍率が大きく上昇し、「読書中」状態が解除される。
6600 命中-4
巌窟王の復讐 4 敵全体 魔力攻撃 敵に全体攻撃を仕掛けるとともに、衝撃+即死効果を中確率で付与する全体攻撃。
威力はあまり高くない。使用後、たまに自身に特殊状態「読書中」が付与される。
既に「読書中」が付与されていた場合、スペルの遅延が減少し、衝撃+即死効果が強化される。
4000 or 7000 命中+24
「読書中」状態の場合は使用後ゲージ量は7000になる
銃士ダルタニアンの蛮勇 4 敵全体 魔力攻撃 敵に全体攻撃を仕掛けるとともに、沈黙、魔力+敏捷低下効果を付与する。
威力はあまり高くない。使用後、たまに自身に特殊状態「読書中」が付与される。
既に「読書中」が付与されていた場合、スペルの遅延が減少し沈黙、魔力+敏捷低下効果が強化される。
4000 or 7000 命中+24
「読書中」状態の場合は使用後ゲージ量は7000になる
非ノイマン型計算機の未来 10 味方全体 補助行動 味方全員の状態異常、能力低下の効果量を1/2にし、更にHPを一定割合だけ小回復させる。
回復量は各キャラの最大MPと現MPの差に因る。使用後、たまに特殊状態「読書中」が付与される。
既に「読書中」が付与されていた場合、スペルの遅延が減少しHP回復効果が強化される。
3000 or 5500 「読書中」状態の場合は使用後ゲージ量は5500になる
回復量は最大MPより減っている程多くなる
MP最大の場合 「読書中」なしで10% 「読書中」ありで22%程
MP0の場合 「読書中」なしで58%程 「読書中」ありで70%程
MP減少具合によってどのように増減するのか具体的には不明だが 最低回復量は10%

スキルリスト

名前 上限Lv 必要SP 効果 補足
ブースト Lv5 2Pts 攻撃, 防御, 魔力, 精神, 敏捷
向上心 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*6)%上昇する。
スキル取得者が探索メンバー12人の中に加わっていない場合、効果を発揮しない。
「実戦経験」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
実戦経験 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が戦闘終了時に前衛にいない場合、効果を発揮しない。
「向上心」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
名無しの本読み妖怪 Lv4 8Pts スキル取得者が属性耐性200未満の属性によってダメージを受けた場合、HPが (SLv*4)%、MPが (SLv) 回復する。 最大でHP16% MP4回復
霊夢と魔理沙の蛮行被害者 Lv2 10Pts 前衛に霊夢か魔理沙がいる場合、
スキル取得者の攻撃+防御が (SLv*10)%上昇する。
桃花鳥の繁殖羽 Lv1 20Pts スキル取得者に行動が回って来た際、スキル取得者に「読書中」状態が付与されている場合のみ、
敵が持っている能力上昇効果の効果量を少し弱め、
敵が持っている能力低下効果の効果量を少し強める。
敵能力上昇効果量の減衰量及び能力低下効果量の増加量は10%(小数点以下切り捨て)
須賀利御太刀の装飾 Lv1 25Pts スキル取得者に行動が回って来た際、スキル取得者に「読書中」状態が付与されている場合のみ、
味方前衛キャラが持っている能力上昇効果の効果量を少し強め、
味方前衛キャラが持っている能力低下効果の効果量を少し弱める。
能力上昇効果量の増加量及び能力低下効果量の減衰量は10%(小数点以下切り捨て)
幻想入りの稀鳥 Lv1 20Pts スキル取得者に「読書中」状態が付与されている+スキル取得者が前衛にいる場合のみ、
敵側が受ける猛毒のHP減少効果、鈍重の防御低下+敏捷の微減少効果、
恐怖の全能力微減少効果、沈黙の魔力+精神低下効果の効果量が少し上昇する。
やられたらやり返す Lv2 5Pts 敵に攻撃されダメージを受けた場合、攻撃が (SLv*5)% 上昇する。
読書をする貴方が好き Lv4 10Pts 『巌窟王の復讐』『銃士ダルタニアンの蛮勇』『非ノイマン型計算機の未来』
を使った際の、自身への「読書中」状態付与確率が上昇する。

備考

絵師の嫁がまさかの参戦。
バランスの取れた高水準の基礎能力値に単体強攻撃、全体状態異常付与攻撃、割合回復と所持スペルの役割も幅広い。
戦闘中、特定のスペルを使用すると「読書中」という特殊状態になり、スペルが高性能になったり、行動順が回ってくるたび敵味方の能力上昇低下をちょっとだけ強化するスキルを持っている。
状態異常付与を試みつつ敵の能力低下を増加させ、味方の能力上昇効果量を増やす、といった本格的な攻撃前の準備要員として活躍できるし、準備完了後はアタッカーor回復役へと転向、壁として居座り続ければ前衛の能力上昇量を高く保つ…など活躍の幅は広い。メインよりはサブ方面での活躍が多いだろうか。

ただし本人は十分な能力上昇&低下手段を所持していないので、他キャラとの連携が重要になる。
また本領を発揮するためには「読書中」状態にならなければいけないので、雑魚戦では少し出だしが遅いかもしれない。
MP成長率が25と全キャラの中でも最低クラスだが、後半での加入なのでこれはさほど問題にはならないだろう。
『非ノイマン型計算機の未来』以外はMP消費もさほど多くはない。

ステータス振りについて

撃ち逃げアタッカーとして使う場合は攻撃極振り。
壁として使う場合はHPと敏捷にバランス良く。行動順を回すのが早い程スキルの発動機会が増えるので敏捷は重要。
メイン壁をやるには少し辛いが、全キャラに居座りで効果を発揮するスキルが増えてきたため、サブ壁をやらせている余裕はないかもしれない。

居座りアタッカーとして使うとなると少し難しい。
前衛に居座らせるなら耐久力が必須だが、スキルを活かすためには敏捷が欲しいし、アタッカーもさせるとなると攻撃必要になる。
欲張って中途半端になるくらいなら、敏捷は「読書中」状態でのスペルの低遅延で補い、HPと攻撃を強化するのがいいかもしれない。

スキル振りについて

プラスディスクの後半での加入になるのでスキルポイントには困らないだろう。

兎にも角にも「読書をする貴方が好き」を取得して特殊状態「読書中」になりやすくするのが先決だろう。
「読書中」状態はスペルの遅延を大幅に減らす上に他スキルの効果発動の前提条件にもなっている。
戦闘になったらまずこの特殊状態になるところから始まる、と言ってもいい。

次に各種ブースト、「桃花鳥の繁殖羽」「須賀利御太刀の装飾」を取得する。
5種類ものブーストが初期から解放されているので、それらを取得すると特殊アイテムを使わずとも全能力基礎値が100を越える希有なキャラと化す。
行動順が回ってくるたびに敵味方の能力上昇低下を微増減させるので、行動順を早く回せば回すほど敵と味方の能力上昇低下の差を開かせることが出来る。
ただし効果量は元の能力上昇低下量の10%(小数点以下切り捨て)。
能力低下は-50%が上限なので最大でも-4%しか低下させられない。味方の能力上昇を高く保つほうが得意である。
「読書中」状態ならスペルの使用後ゲージ量と素の隊列変更にほとんど差はないので、居座りでも隊列変更を駆使した行動順回しでもさほど差はない。

「幻想入りの稀鳥」は各種状態異常の効果量に対する効果や状態異常の能力低下効果を強化する。
猛毒は効果量に対するHP減少量が増え、鈍重,恐怖,沈黙は能力低下量を少し増やす。
状態異常の能力低下量は案外馬鹿にならない。魔力攻撃主体の相手には沈黙の魔力低下量増加で有利に立ちまわれるし、鈍重,沈黙を付与し大ダメージを狙う際に前衛にいるとダメージ上昇に貢献できるだろう。
ただし他キャラの種族特攻や特定属性のダメージ増加系スキルと比べて、ダメージ量で勝れるかは微妙なところである。

「霊夢と魔理沙の蛮行被害者」は霊夢か魔理沙と前衛にいる場合攻撃と防御が最大20%上昇する。
朱鷺子をアタッカーにする場合は同時に前衛に出せるよう狙っていきたい。魔理沙はともかく、霊夢ならば少しの間前衛に居座る程度なら問題ないだろう。

「名無しの本読み妖怪」は活用するのが難しい。
属性耐性が十分でない属性の攻撃を受ければ、スキル発動前に戦闘不能になってしまう可能性が高い。無理に狙う必要はない。
「やられたらやり返す」も耐久力が十分でなければその前に落ちてしまう可能性が高く、耐久力に振ればその分攻撃が犠牲になるので少し使いにくい。居座りアタッカーの際には役立つだろう。

サブクラスについて

魔力使いか。
『非ノイマン型計算機の未来』は全体を割合回復させる上に行動遅延が少ないという優れたスペルだが、消費MPが高く連発しているとすぐMP切れを起こす。

行動順を早く回すことを重視するなら護衛士や忍者もいい。
護衛士は「効率的な集中」でMPを回復しつつ行動を早回しできるし、
忍者の「早駆け」は使用後ゲージ量が7700とサブクラスの中でも最高の遅延の少なさなので、行動順を早く回すなら最適である。
「黒錆の撒菱」といった居座り向きのスキルや「漆塗りの角珠」「乱破者の知恵」といった敵が状態異常に陥っている場合にダメージ軽減&ダメージボーナスを得るスキルと相性が良い。
ただし朱鷺子は「読書中」状態で十分少ない遅延でスペルを使用することが出来るので過剰かもしれない。

覚醒スキル