八意 永琳

v1.203 / v1.104a

ステータス

能力基礎値
HP 150 TP 13
攻撃 82 MP 26
防御 90 MP成長率 1/10
魔力 132 回避 16
精神 100 HP回復率 10
敏捷 85 MP回復値 2
属性耐性 状態異常耐性
炎属性 140 冷属性 140 猛毒 80 麻痺 60
風属性 140 然属性 140 鈍重 40 衝撃 20
魔属性 100 霊属性 70 恐怖 80 沈黙 60
冥属性 140 物属性 70 即死 40 低下 20
レベルアップ難度 61

加入条件

5Fに上がってすぐの所のイベントの選択肢で輝夜を選び、7Fで会話
または5Fで妹紅を選び、7F・10Fでイベントを起こして輝夜を仲間にした後、11F北西で会話

スペル

名前 消費
MP
対象
攻撃種類 効果 使用後
ゲージ量
備考
水銀の海 5 敵全体 魔力攻撃 敵全体に冷属性攻撃を仕掛け、更に攻撃低下効果を付与するスペル。 4000
オモイカネディバイス 5 敵全体 魔力攻撃 敵全体に魔属性攻撃を仕掛け、更に魔力低下効果を付与するスペル。 4000
蓬莱の薬 5 味方単体 魔力攻撃 味方一人のHPを50%回復し、同時に全ての状態異常を治すスペル。 4000 SLvを上げても回復量,使用後ゲージ量に変化無し
天文密葬法 8 敵全体 魔力攻撃 敵全体に強力な冥属性攻撃を仕掛け、更に鈍重効果を与える。
威力が高いが、その分行動後遅延もかなり大きい。
1800

スキルリスト

名前 上限Lv 必要SP 効果 補足
ブースト Lv5 2Pts HP, 魔力, 状態
向上心 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*6)%上昇する。
スキル取得者が探索メンバー12人の中に加わっていない場合、効果を発揮しない。
「実戦経験」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
実戦経験 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が戦闘終了時に前衛にいない場合、効果を発揮しない。
「向上心」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
永遠亭の住人 Lv2 5Pts 前衛に永遠亭の住人が複数いる場合、
自分以外の永遠亭の住人1人につき全能力が(SLv*7)%上昇する。
戦闘開始後、敵味方の誰かが行動を行う直前まではこの効果は発揮されない。
対象は輝夜と鈴仙
月の民 Lv1 8Pts スキル取得者に行動順が回ってきた際、75%の確率でMPが1減るようになる。
攻撃時、敵の防御性能を50%減算してダメージ計算を行う。
治療限界突破 Lv1 20Pts スキル取得者が「現在HPが最大HP以下の味方キャラ」を回復した場合、
M味方キャラの最大HPを超えてHPを回復させる事が可能になる。
実際は最大HP未満でないとだめ
クールダウン Lv2 5Pts HPが全快の状態で集中を行った場合、
集中行動により齎されるMP回復効果量が(1+SLv)倍になる。
無印版ではバグでHP全快状態でなくとも効果が発揮される
お薬屋さんの猛毒調合 Lv1 10Pts スキル取得者の全ての攻撃行動に猛毒効果を追加する。
千年の孤独 Lv1 10Pts 後衛にいる場合のみ敏捷が66%増加し、後衛時のHPMP回復速度が上昇する。

備考

トップクラスの回復能力を誇る薬師。
全キャラ中で唯一、最大HPを越えてHPを回復させることが出来る。一時的にHPを増やすことが出来るため耐久力の補強能力が高い。
「治療限界突破」+『蓬莱の薬』で壁キャラを補助するのが最大の役割。特に小町や美鈴との組み合わせは非常に効果的。
脆いキャラに使って前衛に出た際の保険にするという使い方もできる。

回復以外出来ないというわけでもない。
素の能力値は優秀で、爆発的なダメージこそ望めないが全体攻撃スペルも揃っている。雑魚戦なら火力として期待できるだろう。
ただしMP回復値の割にスペルの消費MPが高いので、前衛に居座り続けるとMPが枯渇しやすい。
幸い最大MPが高く、MP回復に関するパッシブスキルを持つので適度に休憩させれば問題ない。
実は鈍重を付与できるキャラの一人。覚えておこう。

ステータス振りについて

回復役として考えるなら敏捷と耐久に。アタッカーとして活躍させたければ魔力と敏捷に振ろう。

癒術師を使うのなら敵の攻撃を一撃受けられるだけ耐久に振り、残りは魔力に振ろう。一撃受けられれば自身を超過回復することによって耐久力を補強できる。
特化よりは魔力を中心に耐久力、敏捷にもバランスよく振るのがおすすめ。

スキル振りについて

回復役にするなら最優先で「治療限界突破」を覚えさせる。これがあるとないとではパーティの安定度が変わってくる。
次は「千年の孤独」を取得しよう。MP回復値、敏捷共にそこそこなので、MPにはあまり困らなくなる。
「クールダウン」は条件が難しいように思えるが、無印版ではバグでHPが全快でなくても効果を発揮する。

火力に期待するなら「月の民」。
輝夜ほどではないが、かなりのダメージを出せるようになる。
アタッカーとして運用しないのであれば「月の民」取得はやめよう。MPを無駄に消費するだけである。
「お薬屋さんの猛毒調合」は雑魚戦では猛毒が廻る前に敵が倒れる、ボス戦では猛毒のスペシャリストが他にいるのでイマイチ使えないスキル。活躍できる機会は少ないだろう。アタッカーとして運用するなら取得してもよいが、優先度は高くない。
それよりは「HP,魔力,状態ブースト」に振って自身の能力を高めたり、スペルLvに振ったほうが良い。
書による「防御,精神,属性ブースト」の解放も考えよう。永琳の生存能力がパーティの継戦能力に関わってくる。

「永遠亭の住人」は鈴仙と輝夜が対象。
輝夜はともかく、鈴仙は永琳共々居座り向きの性能なので取っておいて損は無い。

永琳の代名詞の一つ、『蓬莱の薬』はSLv1でも5でもHP50%回復&状態異常治療という変わった性能。
この状態異常には能力低下も含まれるので文字通りあらゆるバッドステータスを治療できる。
例え魔力を一切強化してなかろうがHP50%回復できるので、耐久力を重視したステータス振りも可能。

サブクラスについて

癒術師がゲームバランスを一変させる程の高相性。
封印を考えてもいいレベル
「回復の祈り」にも「治療限界突破」の効果が発揮されるため、キャラのHPを149%以上に強化することが可能になる。
回復量は攻撃,魔力の高さに依存するため、出来る限り高めておくことが大事。
「治療効率化」も取得すれば効果は更に強力になる。「息災の祈り」は『蓬莱の薬』があるので不要。
無印版では「治療高等化」は確率が異常に低いバグがある
「応急手当」は取得しないほうがいい。HPが1でも減っていれば「治療限界突破」が発揮できるが、「応急手当」は僅かなダメージを回復させてしまうため。他キャラの中に付術師の「祈りの心」を取得したキャラがいるのなら、スペルを使う順番に気をつけたい。

ボス戦では最初に永琳のHPを超過回復させると前衛に出しやすくなり、安心して他キャラのHPを超過回復させられるようになる。一撃受けられる程度に耐久力を強化しておくと良い。

MPは高いが消費MPは高いので、魔力使いの「魔力充足」によるMP回復も有効。
攻撃スペルの能力低下や状態異常の追加効果を強化したいのなら禍術師や蟲毒師。
全能力が高水準なので能力増強で安定感を高めるのもあり。アタッカー向きな選択か。

■ プラス版