比那名居 天子

v1.203 / v1.104a

ステータス

能力基礎値
HP 108 TP 21
攻撃 108 MP 14
防御 120 MP成長率 1/18
魔力 52 回避 1
精神 118 HP回復率 16
敏捷 66 MP回復値 2
属性耐性 状態異常耐性
炎属性 100 冷属性 100 猛毒 40 麻痺 40
風属性 150 然属性 100 鈍重 40 衝撃 40
魔属性 75 霊属性 150 恐怖 40 沈黙 40
冥属性 75 物属性 150 即死 40 低下 40
レベルアップ難度 62

加入条件

12Fで天子を倒す。

スペル

名前 消費
MP
対象
攻撃種類 効果 使用後
ゲージ量
備考
天地開闢プレス 3 敵単体 直接攻撃 そこそこの威力の単体攻撃スペル。スペル自体の性能は良いが
天子の攻撃自体が低めなので過信は禁物。
6000
荒々しくも母なる大地よ 6 敵全体 直接攻撃 隆起する地面によって敵全体に攻撃を加えるスペル。
威力はやや低め。倒し損ねた敵のトドメなどに。
5000 命中+30
非想非非想の剣 5 敵単体 直接攻撃 威力のワリに消費MPが高いが、
たまに敵の能力上昇効果を打ち消すことがあるスペル。
打ち消し効果は発動確率は「緋想の剣の所持者」スキル効果と重複して上昇する。
5400 必中
無念無想の境地 6 自身対象 補助行動 自身に防御,精神の大幅上昇効果を付与した後、更に自身を麻痺,鈍重状態にするスペル。 4000 SLv0で90%上昇 SLv1で100%上昇
SLv2で120%上昇 以後SLv1ごとに上昇量10%増加

スキルリスト

名前 上限Lv 必要SP 効果 補足
ブースト Lv5 2Pts TP, 属性, 状態
向上心 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*6)%上昇する。
スキル取得者が探索メンバー12人の中に加わっていない場合、効果を発揮しない。
「実戦経験」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
実戦経験 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が戦闘終了時に前衛にいない場合、効果を発揮しない。
「向上心」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
有頂天少女 Lv2 5Pts スキル取得者と衣玖が同時に前衛にいる場合、
スキル取得者の攻撃と魔力が(SLv*20)%上昇する。
七転八起 Lv3 4Pts 戦闘終了時のTP減少量を軽減し、
戦闘不能時のTP減少量を大幅軽減する。
隊列の要石 Lv1 10Pts スキル取得者が前衛最左側にいる状態で
スキル取得者が「隊列変更」を行った場合、前衛全員の防御と精神を微増させる。
前衛最左側でないと効果を発揮しないのに注意
前衛キャラを前衛から前衛に移動させても効果を発揮する
上昇量は防御.精神10%
緋想の剣の所持者 Lv2 5Pts スキル取得者が攻撃行動を行う際、(SLv*20)%の確率で敵の能力上昇効果を打ち消す。
天叢雲剣の元所持者 Lv1 10Pts スキル取得者に行動順が回ってきた際に、自身が何らかの状態異常、能力低下に陥っている場合
前衛全員のHPを5%回復させる。
無念無想 Lv2 5Pts スキル取得者が前衛にいる場合、物属性攻撃で敵から受けるダメージが減少する。
この効果は全ての前衛キャラに適用される。

備考

非常に高い防御と精神、属性耐性、異常耐性を持つ。反面、HP,攻撃,MP,敏捷は低め。
並大抵の攻撃はノーダメージに抑えることができるが、HPは低い部類に位置するので貫通性能が付いた技やノーダメージに出来ない超威力の技には脆い。
全キャラ中三位の防御はともかく、精神は上位陣と比べると高いとは言えない。魔力攻撃には多少のダメージを受けてしまうだろう。
相手の能力上昇を打ち消す『非想非非想の剣』は局面こそ限られるが、決まれば戦況が非常に有利になる。
高性能なスペルを活かしてアタッカーに転向することもでき、何気に育成の自由度は高い。
ただ素の攻撃は低めで防御,精神と比べて強化しづらいので、衣玖とのセット運用や大金を投入しての強化が必要。見合う働きは出来るだろう。
持ち前の頑丈さとスペルの使用後ゲージ量的に、撃ち逃げよりかは居座りアタッカー向きの性能である。

アタッカーでも壁でも、うまく育てればきちんとプレイヤーの要求に応えてくれるキャラになる。
てんこあいしてる

ステータス振りについて

防御と精神にありったけを注ぎ込めば、低HPが無問題なほど鉄壁になる。
より安定性を求めるなら、図書館でHPと敏捷を補強してあげると尚良いださろう。
HP,防御,精神、そして敏捷を啓蒙の書でブースト可能にすると安定感が増す。
敵の攻撃を防ぎきれなくなった時はHPを多少は成長させ、属性耐性込みで生存できるようにしよう。

そこそこの威力とそこそこの貫通を併せ持つ『天地開闢プレス』の優秀なスペル性能を活かして、アタッカーでも活躍できる。
攻撃極振りでも十全な耐久性(並みのサブ壁より硬い)を活かしサブ壁アタッカーにする場合は、敏捷にもある程度は振っておきたい。

スキル振りについて

壁役にする場合「隊列の要石」「無念無想」はいずれも取っておきたい。スペルを使う必要がない時は隊列変更のお手伝いで全体に防御,精神上昇付与するのが主な仕事となる。「前衛から前衛にキャラを移動させても」効果を発揮する。
パッシブスキルの中には前衛同士の隊列変更でも効果を発揮するものがあるが、これもその一つ。
隊列変更コマンドは行動後遅延が7500と短いため、敏捷の遅い天子でも行動回数を稼ぎやすい。
そのため、天子が前衛左端に居座れるかが重要になる。
「属性ブースト」「状態ブースト」も効果量が大きいので取得推奨。
『無念無想の境地』はSLv1でも100%と十分過ぎる効果量があるので、低下耐性がしっかりしていれば「状態ブースト」は後回しで良い。
壁役に専念する場合はスキルポイントが余りがちになるので、啓蒙の書でHP,防御,精神のブーストを覚えさせて、さらに壁性能を高めると良い。

アタッカーとして運用するなら「有頂天少女」は絶対取得しておきたい。衣玖と一緒に前衛にいなければいけないが、攻撃,魔力上昇が最大40%と非常に高い。
衣玖の扱う防御低下付与スペルとの連携は強力。終盤以降もアタッカーとして活躍し続けたいのなら書や玉による攻撃の強化は必要。
それ以外は必要性は低いのでサブクラスやスペル強化にまわそう。スペルを強化するなら『天地開闢プレス』を優先的に強化していきたい。
優先度は高くないが、こちらでも「属性ブースト」は取って損は無い。

『非想非非想の剣』で能力上昇の打ち消しを狙う場合は「緋想の剣の所持者」にポイントを振って確率を上げておこう。
アタッカーとして運用する場合でも攻撃ついでに能力上昇打ち消しが出来るようになる。
「天叢雲剣の元所持者」は活用する手段に乏しく、優先度は低い。

サブクラスについて

壁役ならば護衛士が鉄板になるだろう。各パッシブとの相性も良好である。
ずっと前衛に居座り続ける関係上、軍師との相性も抜群。
また、壁役に特化すると自身の行動順で隊列変更以外やることがないので、
付術師、癒術師、魔力使い、薬草使いなど味方を援護できるサブクラスでも十分機能する。

アタッカーとして育成するのであれば剛術士。「爆炎剣」を強化すればより器用に立ち回れるようになり、耐久・TPの高さも相まって探索では非常に頼りになる。
博打師も候補といえば候補。元々のダメージが少ないので「猪突猛進」のデメリットを小さくできる。地味に回避上昇量がサブクラスの中で最高なので、回避最低の1な天子でもちょっとは回避できるようになる…かもしれない。薬草使いの回避上昇量も結構大きいので回避だけを求めるなら博打師である必要はない。
ただし元々MP最大値,回復値が共に高いほうではないので「高火力高燃費」を習得すると、『天地開闢プレス』以外の燃費が苦しくなる。

『非想非非想の剣』を使う必要があるならば魔力使いも候補に挙がる。『非想非非想の剣』のMP消費は5だがMP回復値は2なので集中一回では1足りない。敏捷も低いため、後衛回復の機会も少ない。そのため連発しているとMP切れを起こしやすい。この弱点も魔力使いなら補うことができる。最大MPが増えるのもありがたい。

能力増強で居座り性能を更に高めれば、頼もしい(肉)壁になってくれる。敏捷も補える。
敏捷を補いたいのなら歌姫も候補。スキルポイントを使うことなく、歌姫になるだけで敏捷基礎値が増やせる。

■ プラス版