チルノ

v1.203 / v1.105b

ステータス

能力基礎値
HP 96 TP 16
攻撃 104 MP 15
防御 80 MP成長率 1/19
魔力 102 回避 36
精神 64 HP回復率 18
敏捷 102 MP回復値 3
属性耐性 状態異常耐性
炎属性 24 冷属性 240 猛毒 24 麻痺 24
風属性 124 然属性 100 鈍重 48 衝撃 0
魔属性 124 霊属性 124 恐怖 0 沈黙 64
冥属性 76 物属性 76 即死 0 低下 12
レベルアップ難度 44

加入条件

2FのFOE近くの赤イベント

スペル

名前 消費
MP
対象 属性 攻撃種類 効果 使用後
ゲージ量
備考
アイシクルフォール 3 敵単体 複合直接攻撃 敵単体に冷属性攻撃を仕掛け、更に敏捷低下効果を付与する。
チルノの基本スペル。
5300 複合直接攻撃なので攻撃と魔力が威力に影響する
ダイアモンドブリザード 6 敵全体 直接攻撃 敵全体に威力のある冷属性攻撃を行い、更に麻痺効果を付与する。 3800
パーフェクトフリーズ 5 敵全体 複合直接攻撃 敵全体に攻撃+魔力で威力が決定される複合攻撃と同時に、更に敏捷低下効果を付与する。
敵全体の攻撃の足を遅くするのに最適なスペル。
4600
ホワイトアルバム 5 自身対象 補助行動 自身に防御,精神上昇効果を付与する。
効果量はかなり高め。
7000 自身の防御.精神上昇50%付与
SLvが上がっても上昇量は変わらない
ミスすることがある

スキルリスト

名前 上限Lv 必要SP 効果 補足
ブースト Lv5 2Pts TP, 敏捷, 属性
向上心 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*6)%上昇する。
スキル取得者が探索メンバー12人の中に加わっていない場合、効果を発揮しない。
「実戦経験」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
実戦経験 Lv2 5Pts スキル取得者が取得する経験値が(SLv*12)%上昇する。
スキル取得者が戦闘終了時に前衛にいない場合、効果を発揮しない。
「向上心」と効果は重複しないが、その他の取得経験値上昇スキルとは重複する。
バカルテット Lv2 5Pts 前衛にルーミアチルノリグルミスティアがいる場合、
前衛にいる自分以外のルーミア、チルノ、リグル、ミスティア1人につき
自身の全能力が(SLv*8)%上昇する。
戦闘開始後、敵味方の誰かが行動を行う直前まではこの効果は発揮されない。
七転八起 Lv3 4Pts 戦闘終了時のTP減少量を軽減し、
戦闘不能時のTP減少量を大幅軽減する。
氷のお転婆娘 Lv2 5Pts スキル取得者に行動順が回ってきた際、敵全員に
(SLv*4)%の敏捷低下効果を付与する。
元気ハツラツ Lv2 5Pts 能力低下、状態異常の治りが非常に早くなる。
冷気を操る程度の能力 Lv2 5Pts スキル取得者が前衛にいる場合、冷属性攻撃で敵から受けるダメージが減少する。
この効果は全ての前衛キャラに適用される。

備考

雑魚戦では麻痺をばら撒き、ボス戦では『アイシクルフォール』で敏捷低下付与を狙うのが主な役目の氷精。
後半になると低下耐性の高いボスが増えてきて安定しなくなるが、それでもボスに敏捷低下付与させることが出来れば劇的に楽になる。ボスの行動回数自体が減らせるのは攻守両方に与える影響が大きい。
また能力低下量は行動順が回ってきた際に減衰するので、行動順が来るのを遅らせられる敏捷低下は能力低下減衰を抑えることが出来るということである。

反面、火力や耐久面にはあまり期待することは出来ない。
また貴重な冷属性直接スペルを持つキャラでもあるが、冷属性が効く敵は炎属性の技を使ってくることが多く
凍らせる前に溶かされていた、なんてこともよくある。相手の行動値には注意を払おう。

ステータス振りについて

高回転で敏捷低下を狙い続けるなら敏捷極振り。
大抵の雑魚相手に先手を取れるようになるため、逃走や『ダイアモンドブリザード』で雑魚戦でも貢献できる。
また、複合属性技が多いが唯一『ダイアモンドブリザード』は直接攻撃なので、攻撃に特化させれば雑魚散らしに使える。

スキル振りについて

「敏捷ブースト」で手数を増やすといい。
「氷のお転婆娘」は確実に低下させるわけではなく、あくまでも確率。どうせ『アイシクルフォール』で下限の-50%まで低下させることができるため、おまけ程度に考えればいい。
雑魚戦向きにするなら「七転八起」が有用。バカルテットチームを使うなら「バカルテット」は必須。
「冷気を操る程度の能力」は序盤は使う機会がある。後半になるとチルノ自身が柔らかすぎて機能しない。
敏捷低下要員にするならそこまで優先度の高いスキルはないので、必要スキルポイントの重いサブクラスにやらせるといいかも。

サブクラスについて

敏捷低下要員とするなら禍術師がよさそうである。しかし、『アイシクルフォール』の敏捷低下量は素で下限の-50%なので、意味はあまりない。
それよりも「巧緻性鍛錬」を使用後ゲージ量を改善、「早駆け」で先手を打って麻痺や敏捷低下をばらまける体術士のほうが実用的。チルノは直接攻撃向けのキャラなのでサブスペルの「鉄山靠」も活用できる。
薬草使いか博打師になって回避を上げるのも間接的な耐久力の強化になる。

■ プラス版