竜宮レナ


「かぁいいよぉ~、お持ち帰りぃ~」

+レナ百態(カオス注意)

同人ゲーム『ひぐらしのく頃に』のヒロイン兼「罪滅し編」の主人公。
一年前に、茨城から雛見沢に引っ越してきた少女。
本名は「竜宮礼奈(りゅうぐう れいな)」だが、本名で呼ばれる事を嫌がり、友人などには自ら「レナ」と呼ばせている。

元々は『ひぐらし』の製作サークル「07th Expansion」のマスコットキャラクター。
名前の由来は同サークル代表の竜騎士07氏と共に、『ファイナルファンタジー』の職業である「竜騎士」と、
同じくファイナルファンタジーの登場人物「レナ・シャルロット・タイクーン」で、マスコット時代は竜騎士の格好をしていた。
その後、バッツの声が前原圭一と同じになったり、さらにその後にクルルの声が古手梨花と同じになったのは多分関係ない

+第六章「罪滅し編」のあらすじ
昭和58年。 前原圭一は雛見沢で部活メンバーと共に幸せな日々を過ごしていた。
特にレナと一緒に過ごす時間が多く、彼にとってレナは最も信頼する仲間であった。

そんな彼女が、最近は部活に参加する事が無くなり始めた。
魅音に聞くと、彼女の両親は離婚してレナは父親と二人で過ごしているという事実を知る。
その為に彼女は、家では家事全般をしている為に時間が無いだろうと魅音は話す。

それを知った圭一はレナを励ます為に皆でゴミ山の宝探しでレナを喜ばせる物を探そうと話す。
皆が賛成する中、レナを除いた仲間の一人の「彼女」は遠い目で圭一を見ていた。

その後、夕暮れの中で彼らは本当の舞台を知る事になる。
少女の言葉一つ、一つに皆が悲しみに包まれる。昭和57年の自分達の無力を、
だが彼は言う。それでも自分達に相談して欲しい。そしたら別の道があるかもしれない。
夕日の中、ひぐらしに包まれる中で彼は叫ぶ。「やり直せる」と…。

そして彼らは誓った。 仲間を信じる、世界中が敵になっても自分達は味方になる。


だけど、壊れた歯車は直す事はできない。
あの時と同じ様に彼女も彼と同じ運命を辿る結末が決まっているから。
綿流しの次の日には、既に彼女の日常は終わっていた。

――――最初の過ちをどうか、彼に償う機会を与えてください。

性格は優しく、料理も上手く気も利くという良い子だが、ゴミ山漁り(本人曰く「宝探し」)が趣味という変な一面もある。
しかし、ここぞという時はふだんの緩いキャラは何処へやら、名探偵並みに状況を把握したり、嘘を正確に見破るなど、作中髄一のクールさを発揮する。
なお、『ひぐらし』でよく使われる「KOOL」ではない。

+それもそのはずで
色々な事を本当に真剣に考えた上で、「何も考えてなさそうな女の子」というキャラクターを自ら演じているのである。
だからこそ、他の人もまた真剣に考え悩み抜いた上で、今日の自分を演じているのだとも考えている。

また、レナを語る上で忘れてはいけないのが「かぁいいモード」である。
「かぁいいもの」に目が無いレナは、かぁいいものを目にした途端、正気を捨て欲望の赴くまま「お持ち帰り」する
(レナ基準なのでケンタくんのようなものも対象)。
夢はアメリカの自由の女神をお持ち帰りするとか、しないとか…。
常識的に無理だが、彼女の変貌を見たらやりかねないどころかできるというのも彼女の恐ろしさの一つ…。
詳しくは下記を読めば分かる。…本当にしているんですよ。嘘でもなく本気で。

この時のレナは素手で攻撃する。通称「れなぱん」
(レナパンチの略。ミニゲームでも同名のゲームが存在する。
 余談だがそのミニゲームの曲名が「オラオラ」であり、「れなぱん」のパロディ元が非常に分かりやすい)。
攻撃距離は半径2m、その速度は喰らったのが膝か拳かさえ分からないほど、
しかも「少人数だとダウン必須の一打型」と「集団用の痣が残るほどの連打型」のパターン分けも行われているという、
格闘家もかくやというハイスペックぶり。

しかも上記の内容はギャグ補正ではなく、元々補正無しでこの強さ。
皆殺し編の終盤の大の男の大人数名と部活メンバーで乱闘する場面はあるが、
部長の魅音、ヤンデレの詩音、唯一の男手の圭一より遥かに躊躇いも迷いも無く突撃。
アニメでは鉈(峰打ち)で戦うが、原作では素手でダウンさせるというただの女の子かと疑うほどのスペック。
まぁ、その大人は大きな荒事には慣れていない少し身体を鍛えている大人だから仕方ない。
…って、仕方ないのか、コレ?

また「れなぱん」の強化技「R・F・I」(レナ・フラッシュ・インパクト)という奥義もあり、
眩い閃光と同時に某オラオラ百裂拳並みの連打&一撃が「れなぱん」より更に鋭く重く突き刺さる。
最終的には、某光の戦士の様に巨大。魂の三兄弟も為す術も無く倒されるほどの化け物ぶり。…なんなんだアンタ
その変貌はまさに「オヤシロさま」(ギャグパート限定だが)。

「あなたは操られているだけ…私が宇宙人から救ってあげるからね」

そんな一見無害(?)な彼女も「オヤシロさま」という言葉を聞くと態度が豹変。
部長の魅音でも「怖いほど」と形容される狂信のようなものが顔を出す。
その豹変から「ヤンデレ」と勘違いされやすいが、別にレナは誰かにデレたりする事は無い(ギャグパートは別だが)。
正確に言うと「ヤンデル」が正しい(ヤンデレ担当はこの人)。

+ちょっと待ってくれないかな、かな♪(ネタバレ注意)
上記の通り、病んでるキャラとして広く認知されてる彼女だが、暴走しない限りそんな事は無い。
寧ろ、鬼隠しの真相や綿流し(目明し)・罪滅し後での一人ぼっちなど、報われない役回りばかりである。
また、そんな彼女も他ヒロイン達の例に漏れず、辛い過去を背負っている。
+過去のトラウマ
茨城にいた時の両親が離婚。理由は母親の浮気。
それも、父に散々尽くさせておきながら何も知らないでいた娘を愛人に会わせ続けるという酷いもの。
離婚後、竜宮家に残ったのは、無気力廃人状態になった父と、何も知らずにいた事に後悔する礼奈だけだった。
この事を省みて得たのが、嘘を見抜く目と鋭い洞察力、そして人間関係を敏感に察する能力である。

また、お持帰り癖の始まりは捨てられたゴミと母親に捨てられた自分が重なって見えたから。
ちなみに、「お持帰り=対象に居場所の提供する」であるとの事(本人談)。

+オヤシロさまは居るんだよ、だよ……
実は、雛見沢に戻る前に1度、雛見沢症候群(末期症状のL5)を発症している。
その際に見たオヤシロさまに「村に帰って来れば大丈夫。だから帰って来い」と言われる。
その事で精神は安定して薬を飲み続けて快方に向かい、容態が安定したレナは雛見沢へ帰る事になる。
この出来事から「オヤシロさま」を強く信じ、オヤシロさまに関する物事に過剰反応するようになった模様。

+名前の秘密
上記の件で茨城に居づらくなった竜宮家は、お告げを聞いた礼奈の希望もあり、雛見沢へ戻ってくる。
同時に、過去の「い」やな事を忘れるため、「れいな」「い」を抜いた「レナ」と名乗るようになった。
この時に、心機一転して楽しい新生活を始める為に作った理想とする「公的な自分」が、普段の「何も考えてなさそうな竜宮レナ」である。
その意識は徹底しており、基本的に他人(部活メンバー含む)とは誰と接する時も「レナ」として対応する(唯一の例外は父親)。
だが、仲間との楽しい毎日に(人間関係などで)綻びが生じようとしているのを感じたり、怒りなどの感情が昂ぶった時や、
不快な人物、自分の幸せに害を為す「敵」と対峙した時は「レナ」を演じる事を止め、
本来の「礼奈」として時に冷たさや厳しさを感じさせる口調で対応する。
(ひぐらしのなく頃にWikiより一部抜粋)

+豆知識を教えてあげるわ。おいで、鉈女(ネタバレ注意)
さて、レナと言えば鉈。鉈ヒロインと言えばレナである。同じくヤンデレ扱いされがちな言葉様の鋸同様にすっかり板に付いている。
しかし、アニメ&漫画はともかく原作となるPC版では罪滅し編以外で本編中に鉈を人に向けて使った事は一度も無い(使うのは斧など)。
更に付け加えると、原作でレナが鉈で人を*すというシーンがないという、知らない人には信じ難い事実が(でもやっぱり斧では…)。
これは問題編の各パッケージでレナが毎回鉈を持っていたために、
プレイヤーの脳裏に「レナ=鉈」のイメージが刷り込まれてしまったものだと考えられる(その後の媒体では鉈に統一されている)。
古典スプラッタホラー『13日の金曜日』の有名な誤解「ジェイソンの武器と言えばチェーンソー」に相通ずるものがあると言えよう
(作中一度も使った事がない。奇しくもジェイソンも主な武器は鉈や斧である)。

教訓:「一度、そのイメージが定着するとどうしようも無いのはも同じと言う事ね…。」

鬼隠し編では圭一に恐怖を見せていたが、それ以降は疑似探偵や叱咤役ばかりで、惨劇とはほとんど無縁だった。
…のだが、罪滅し編にてある人物を手に掛けた事から疑心暗鬼に囚われてしまう。
そのために罪滅し編で惨劇を起こし、他の主人公同様に運命に屈服する筈だったが……。

「嘘だッ!!」

初出のドラマCDを始め、アニメ・ゲーム(原作は無声)全てのメディアでの声優は 中原麻衣 女史。
ある意味『ひぐらし』の象徴とも言えるレナ役を演じ切り、彼女の実力・知名度を(トラウマとしても)大きく広めた。
中原女史は他にも『CLANNAD』の古河渚や『うたわれるもの』のユズハ(一度だけアルルゥも代役した)、『らき☆すた』の柊つかさ(アニメ版以外)など、
暴走しない事以外はレナと同系統のアホの子ごく普通の女の子も多数演じている
(『.hack//黄昏の腕輪伝説』において同名の「レナ」を演じていたのは、果して偶然か否か…。しかもこの人も出演していたりする。
 「レナさん」という呼び方ではあったが。その後はレイナという名の役まで(ry)。
更に、スマートフォン用アクションRPG『白猫プロジェクト』では「リカ・ブレナン」という破壊用アンドロイドの役で出演。
普段の喋り方や味方や護衛対象をも巻き込むスキル使用時の笑い方からどう見てもL5を発症したレナで、
ファンからも「名前はリカなのに声がレナとはこれいかに」と言われた(一応主人公側だが、主人公の行動次第では敵として登場する事もあった)。
ちなみに、中の人繋がりでヒロインのアイリス(CV堀江由衣)とゲストキャラのウィズ(CV田村ゆかり)でヒグラシパーティーを編成する事もできる。
これ以前にも巨大な錨を振り回して戦う水兵「カモメ・ナルミ」の服装と髪型と3Dモデルの見開いた目がこれまたL5を発症したレナにそっくりで、
装備できる武器が斧とハンマーとチェーンソーだった事から、当時は「しろねこのなく頃に」等とネタにもされていたが、
2015年の正月に顔グラフィックが修正されて以降はレナ扱いはなくなった。
また、後に「レナ」という名前の幼女が登場するのだが、義理の姉の名前がシオン…これもぅわかんねぇな。

このようにレナのインパクトが強烈すぎたのか、
上記のキャラ(他多数)がコラ画像やニコニコ動画のMADでレナの台詞や顔芸が使われる中の人ネタが後を絶たず
「海外の反応シリーズ」では渚やつかさが鉈を振り回しながら追いかけて来る夢を見た人までいるなど、
上記の「レナ=鉈」のように「中原麻衣=竜宮レナ」というイメージが世界規模で刷り込まれている。
他の声優で例えるなら、藤原啓治氏の演じるキャラクターが「ひろし」と呼ばれるようなものだろうか。
上記の『白猫プロジェクト』でも藤原氏の演じる神父が「ひろし」と呼ばれている(「マウリツィオ」という発音しにくい名前なのも一因しているが)。
更に付け加えれば、『舞-Hime』終盤の鴇羽舞衣との合わせ技で「憤怒や狂気の演技には定評のある中はr」…おや、誰か来たようだ。

なお、実写映画版では松山愛里氏、TVドラマ版では加藤美南氏が演じている。


MUGENにおける竜宮レナ

MUGENでは以下のレナ達が存在する。

+baggy氏製作 黄昏(L5発症)タイプ
  • baggy氏製作 黄昏(L5発症)タイプ
東方萃夢想十六夜咲夜をベースに作られた万能型近接キャラ。
全体的に攻撃判定が広く無敵技の無敵時間も長めでゲージ技はどれも使いやすくコンボも普通程度と全体的に優秀。
一部の技の隙がやや大きいといった所を除けば特にこれといった弱点らしい弱点は無く、
上記の無敵時間の長さと攻撃判定の大きさから、あらゆる状況で切り返せるという大きな長所を持つ。
性能が高いので、実際に自分で相手する時にはキーボードをクラッシュしないように注意gホァァァアアアアアアア!!
ちなみに、挑発ボイスは「私が怖くないんだ……」で、攻撃避けのボイスは「ばーーーーか」である。
明らかに後者の方が挑発効果が高い。しかも「避け」なので、終了時に隙はあるが基本的に無敵。

また、覚醒システムが搭載されており、一度KOされるか、7Pカラー以降で選択時に覚醒状態になる。
レナの覚醒状態は主に下記の様に強化されている。
  • ゲージ回復。残像効果。防御力UP(全キャラ共通)
  • 「レナ式波動拳」の鉈を二つ投げるようになる(弐式は変化無し)
  • 「鉄塊鉈斬」の発動条件(LIFE1/3以下)が解除(ver1.20より)
全キャラに共通するが、覚醒システムをOFFに設定する事はできない。

特殊イントロも同氏のひぐらしキャラでは最多。
+イントロ条件
  • 圭一vsレナでレナ勝利でイントロ発生。
(圭一くんは…やっぱり最高だよ!
  • 同キャラ(minoo氏製作のも含む)対戦開始直前でイントロ発生。
(誰?竜宮レナ。…コロス。)流石L5
  • レナvs梨花の対戦開始直前でイントロ発生。
(怒ったレナにきっと*されちゃうよ。
  • レナvs魅音の対戦開始直前でイントロ発生。
(魅ぃちゃんは*されるのが怖くないんだ…。すごいすごい。
  • レナvs魅音でレナ覚醒時にイントロ発生。
(やり方が汚いよねぇ魅ぃちゃん。やってる事も汚いけどさ。
  • レナvsシエルの対戦開始直前にイントロ発生(?)
(シエル「竜宮さん…?少しおいたがすぎたようですね…。」)

+minoo氏製作 メルブラ風(通常)タイプ
  • minoo氏製作 メルブラ風(通常)タイプ
一番初めに公開されたレナはこちら。パワータイプのキャラとなっている。
baggy氏のレナとは異なり、此方は狂気染みた台詞を言わないので、前述のものが怖いという人はこちらを選ぶと良いかもしれない。
ただし、攻撃の際に派手に血飛沫が飛ぶので要注意。
こちらも前述の技の他に鉈をぶん回したり、ケンタくん人形などを投げ付けて攻撃したりする

一部の技のモーションからすると、詩音シオン・エルトナム・アトラシアをベースにしていると思われる。
製作者曰くスピードタイプにしようとしていたのだが、武器が巨大な鉈という事もあり、攻撃の出が少し遅いパワータイプになってしまったとの事。
パワータイプと言うだけあって一発一発の攻撃が重たいが威力があり、相手を豪快に吹っ飛ばす技も多め。
その分動きもやや遅いが、凄まじい速度の突進技「マッハれなぱん」やヒットした相手を自分側へ引き寄せる「腸流し」、
そして必殺技から別の必殺技や超必殺技キャンセルができる仕様なため、特殊なシステムこそ持ってはいないが連続技の火力は十分に高い。

+ハイパーヒロロ氏製作 『ひぐらしバトル頃シアム』版
  • ハイパーヒロロ氏製作 『ひぐらしバトル頃シアム』版
黒鴉氏製作の『ひぐらしのなく頃に』の格闘ゲーム『ひぐらしバトル頃シアム』のレナを再現したもの。
このゲームは元々エイプリルフール限定で公開されたものであり、
「嘘ネタだろうと思いきや、実は遊ぶ事が出来たという、二段オチを狙った」(作者HPより)ゲームである。
このような事情からキャラクターはレナのみなのだが、グラフィック、システム共に完成度は中々に高く、
特に後述の「オヤシロアーツ」発動時には自作のアニメーションが入るという力の入りっぷりである。はいてないように見える?気のせいなんじゃn
1ゲージを消費して行動をキャンセルできるオヤシロキャンセル、
攻撃力アップや一発逆転の「オヤシロアーツ」を発動可能になるオヤシロモードなどのシステムが特徴。

MUGENではオヤシロモードが普通と化している他のレナ達とは異なり、かぁいいモードで戦う珍しいタイプのレナである
(超必殺技でオヤシロモードになるけどね)。
攻撃手段も鉈より素手(レナパン)での戦闘がメインで、流血の表現も画面が赤くなる程度。
も無いためbaggy氏やminoo氏のレナを使いづらい人、血飛沫や狂気じみた笑い声が苦手な人でも比較的安心して使える。

蓬莱氏によるAIが製作されていたが、現在は公開停止。
オヤシロキャンセルを活用したコンボを中心に攻めるため、オヤシロアーツを見る機会はあまり無い。
また、溝星氏によるAIパッチも存在し、こちらは一部の技が無敵になる強化を施された反面、ゲージの回収効率が悪くなっている。
プレイヤー操作(2:58~にオヤシロアーツ)

元のゲームでは喋らないが、MUGENでは柊竹梅氏によりボイスパッチが作られている。
声は中原女史ではなく実写版でレナ役を演じた百瀬レナ女史のものを使用。
実写版とは思えないアニメ声で、外見のイメージを損なわないかぁいいボイスではあるが、
オヤシロモード発動時の台詞や勝利時の笑い声はアニメ版に負けず劣らず怖い。
実写版にした理由は「アニメ版の声だと他のレナと変わり映えしない+この発想はないだろう」という苦肉の策だった。こんな発想あってたまるか
baggy氏製とその改変キャラに比べて動画での出番は少ないが、一度登場すると画風と声色の違いから違和感を感じる人もいれば、
逆に実写の声に慣れてアニメ版を受け付けなくなった人までいるなど、
良い意味でも悪い意味でも印象に残りやすいキャラクターをしているのは、いかにもレナらしい。
公開当初は記名の異なる同じCNSを使っていたため、溝星氏のAIとの併用は不可能だったが、
現在はAIとボイスパッチで使用しているデータファイルが変わったため、両方共問題なく使える。
参考動画
+声が付いた事で通常イントロと特殊イントロも追加されている(通常のイントロは振り向くだけでセリフなし)
  • 圭一専用
「圭一くーん、おっはよー!」
「かかっかぁいぃ、お持ち帰りしたい」
  • 同キャラ(baggy氏、minoo氏製のみ)、魅音、詩音、オヤシロさま(自称含む)
「あーはははは…」

一時期、マカオとジョマも圭一用のイントロの対象だったが、ボイスパッチを使わないと相手側の演出が不自然になるため現在は削除されている。
トラップ沙都子に対応してないのはボイスパッチの最新版が公開された時点ではトラップ沙都子がまだ公開されていなかったため。
また、説明書には「富竹用のイントロは作らない」と書かれているが、決して富竹が嫌いなわけではなく、
過去にmimimimi氏から受けた仕打ちが原因で「mimimimi氏の以外で富竹が作られたら追加する」との事(S-Tomyはmimimimi氏の富竹の改変)。

+樹氏(ju氏)製作 セーラー服レナ
  • 樹氏(ju氏)製作 セーラー服レナ
現在は2016年のフリーティケットシアター終了によるサイト消滅で入手不可。
シエルベースにしており、MUGENでは唯一セーラー服姿で戦うレナだったりする。
AIは搭載されていない。
単体のキャラとしてより、ゆーとはる氏の初音ミクの「初音ミクwithニコニコオールスターズ」の演出としてのイメージが強いかもしレナい。

+Xボックス アルフライト氏製作 殺人鬼レナ
  • Xボックス アルフライト氏製作 殺人鬼レナ
真の神 羽入を製作したXボックス アルフライト氏の2人目の『ひぐらし』の神キャラ
上記baggy氏によるレナを改変したもの。
他のレナとは違い服が赤く染まっており(赤く染まっているのは全て殺した相手の返り血)、謎の半球体も浮いていたり、
技などが赤、黒をメインとした色合いになっていたりと、非常に禍々しいキャラとなっている。
殺傷力は相当なもので、最上位神上位に相当するとされる。
このレナのキャラクター設定は非常に膨大であり、一つの小説ができてしまうほどらしい。
ちなみにストーリー要素のある動画への使用は禁止されているので要注意である。

余談だが、これらのレナ以前にゆっくりのような生首のレナが存在し、一時的に公開されていた。
技などを見るにメトロイドの改変キャラと思われるが、通常のレナが誕生してからはその姿はとんと見られなくなった。
現在、動画は削除されており、キャラも公開されていない。
だが、別の製作者が超必殺技分身や富竹を召喚する等、演出面を強化したその名もレナロイドが存在する。
後に、ハーヴェスト出版の「ひぐらし。」で公式認定で生首レナもとい「レナロイド」をネタとした話がでた。
というか時間が経つにつれ彼女はどんどん人間離れする上に公式認定とかやりすぎだ。…もっとやれ!
もしかしたら二次創作ネタが公式へ逆輸入されるのは珍しくない事なのかもしれない。

出場大会

削除済み
更新停止中
【殺人鬼レナ】
更新停止中

出演ストーリー

プレイヤー操作



最終更新:2021年01月04日 21:35