スーパーマリオランド

【すーぱーまりおらんど】

ジャンル アクション

対応機種 ゲームボーイ
発売・開発元 任天堂
発売日 1989年4月21日
定価 3,800円(税別)
プレイ人数 1人
セーブデータ なし
レーティング CERO:A(全年齢対象)
※バーチャルコンソール版より付加
配信 バーチャルコンソール
【3DS】2011年6月7日/400円(税5%込)
判定 良作
ポイント GBロンチタイトル
デイジー姫のデビュー作
マリオシリーズ・関連作品リンク


概要

  • ゲームボーイ史上第2位の販売本数約419万本を誇るマリオシリーズの一つにして、ゲームボーイのロンチタイトル。
  • 宇宙怪人タタンガにさらわれたサラサランドの姫・デイジーを救うため、マリオの冒険が始まる。

特徴

システムは『スーパーマリオブラザーズ』と同じ横スクロールアクションで、主な流れも同じ。

  • しかしGBローンチの事情上、他のシリーズにはない独自の操作や仕様もある。
    • 本作ではフラワーを取ってのパワーアップは「スーパーボールマリオ」となり、使えるのはスーパーボール。ファイアボールと比べると前方斜め下に撃ち出すのは同じだが、地面を這っていくファイアボールと異なりスーパーボールはそのまま真っ直ぐ飛んでいって壁や地面、天井で90度跳ね返る特性を持つ。また、スーパーボールをコインに当てるとマリオが直接触れずに取ることも可能。
    • スーパースターも登場するが、地面で跳ねないため取らないと落ちてしまう。無敵中のBGMには何故か『天国と地獄』が採用されている。
    • ゲームボーイがモノクロなため、スーパーキノコと見分けがつかないので、1UPキノコはハートになっている。
    • 高得点を稼ぐと、ゲームオーバーになったときにコンティニューできるのも特徴。10万点・30万点でそれぞれコンティニュー回数が1回追加され、タイトル画面でキノコのカーソルを動かして「CONTINUE」を選べば、そのステージから再開することができる。
    • また、ワールド2・4のステージ3は『スーパーペーパーマリオ』以前では唯一のシューティングゲームになっている。
    • 他にもブロック・マップのマス目の大きさがマリオに比べて大きく縮むなど、ひと目でわかる差がてんこ盛り。
  • 舞台がキノコ王国ではなくサラサ・ランドという別の地域のため、敵やマップの雰囲気も従来シリーズとは異なっている。
    • スーパーマリオブラザーズの代名詞とも言えるクリボーとノコノコ、そしてクッパが登場せず、他のシリーズにない敵がほとんどである。
      • 例えば、今作に出てくるクリボーに似たキャラは「チビボー」、亀の敵キャラはノコノコではなく「ノコボン」といい、ノコボンは踏んで甲羅が残っても蹴ることが出来ず、少し経つと爆発する。近くにいるとダメージ。
      • 過去のシリーズから続投した敵キャラは、唯一パックンフラワーのみ。これについても、従来より土管が細いためかそれに合わせて細長いデザインに変更されている。
    • サラサ・ランドにはピラプト王国・ミューダ王国・イーストン王国・チャイ王国という4つの王国が内包されており、それぞれエジプト風の砂漠の国、バミューダ諸島風の海の国、イースター島風の岩の国、中華風の国となっている。
  • 今作は甲羅を蹴る、ものを掴むといったアクションがなく、また変身アイテムが3つしかないなど、非常に簡素なアクションゲームとなっている。
    • これはゲームボーイ初期でもあり、当時の技術で大きく再現ができなかったためとされている。しかし、簡単かといえばそうでもなく、十分にやり応えのあるゲームである。
  • ステージ3を除き、各ステージのゴールは上と下に分かれている。上のゴールは下に比べて入るのが難しいが、入れればボーナスゲームとしてあみだくじに挑戦できる。
    • 景品は1UP~3UPとフラワー。スーパーボールマリオの状態でフラワーが当たった場合はハズレになる。

評価点

  • マリオシリーズらしく操作性がよくアクションの完成度が高い。
    • ワールドは4面、コースは各3面で合計12コースしかないが、エジプト風のステージやイースター島風のステージ、中国風のステージなどバラエティ豊富である。また、登場する敵もステージに合った敵が多く、様々な仕掛けもある。
    • クリア後には敵キャラの配置が増えて難易度が上昇した裏ワールドで遊べる。なお、裏ワールドもクリアすると好きなステージを選択してプレイできるようになる(どちらも電源を切ると無効)。
  • 名曲ぞろいのBGM
    • 軽快なフィールドBGMやボスの待ち構える洞窟面のBGM、中国をモチーフにしたチャイ王国のステージで流れる中華風のBGMなど、世界観にあったものが多く、評価が高い(海外でゲーム音源を用いたリミックスアルバムがリリースされ、大ヒットするほど)。
    • 中でも開放感と哀愁感漂うエンディング曲の人気が高い。
    • 後に、いくつかのBGMは『大乱闘スマッシュブラザーズX』にてアレンジされて使用された。

賛否両論点

  • シューティング面の存在。
    • 毛色の異なる戦いなので新鮮といえば新鮮だが、得意でない人にとっては微妙なところ。
    • 5体のボスのうちラスボス含む3体はシューティング面での対決となる。ボスの耐久力は高い一方、自機の連射性能も優れているので接近してABボタンを連打すれば瞬殺も可能。
    • 不得手な人にとっては苦戦させられるだろうが得意なプレイヤーにしてみれば非常にあっけない戦いになる。いずれにせよ「ボタン連打」というのは従来のマリオシリーズではほとんど要求されなかった操作であるために賛否が分かれるだろう。

問題点

  • 全12コースなのでややボリュームが少なめ。
    • ただし最初期のGBソフトとしては特に物足りないという程ではない。
    • セーブ機能やワープが存在していないため、ちょうどよいといえる範囲である。
  • キャラ表示が小さく見づらい。
    • その分、『スーパーマリオブラザーズ』などの据え置き作品と遜色ない広い視野範囲を得ているのだが、ゲームボーイの画面サイズではこまごまし過ぎている。
    • この点は続編以降ではキャラクターやオブジェを大きく描画することで改善されている。
  • シリーズ定番の要素であるワープが存在しない。
    • 裏ワールドを遊ぶには毎回全てのステージをクリアする必要がある。また苦手なステージをスキップするというような遊び方もできない。
  • 前述どおり操作性は良いのだが、空中での融通があまり利かず、着地点への微調整が難しい。
    • ジャンプした場合と、ジャンプせずに垂直落下した場合とで落下速度が異なる(後者がかなり速い)という挙動。慣れないと違和感がある。
  • ボス戦が物足りない。
    • 今作のボスはそれぞれに特色のある攻撃方法をしてくるのだが、ラスボス直前及びラスボスを除き、後ろのスイッチを押すだけで勝てるという『スーパーマリオブラザーズ』の攻略法を踏襲しているため、すぐに終わってしまう。
      • 既に『スーパーマリオブラザーズ3』において「ボスは何度も踏んで倒す長期戦」というセオリーが確立されていたが、本作ではアクション面のボスはスーパーボールを当てることでしかダメージを与えることができず退化している。
      • 本作には「頭部を倒されても復活する敵」や「何度踏んでも復活する敵」といったザコ敵が存在するため、そういったことをボスに応用することも可能ではあっただろう。
  • 白黒画面のため仕方ないところもあるが、スーパーマリオとスーパーボールマリオの見分けが全くつかない。
    • もっともスーパーボールを発射すれば確認できるし、スーパーボールマリオ以外のパワーアップのバリエーションがなく、ミスすれば両方ともチビマリオになるため、たいした問題にはなっていない。
  • スーパーボールは、画面上に一個しか出すことが出来ない。
    • 軌道も斜め下に発射して地面・壁に反射するというもので遠くの敵に当てづらい上に、外すとなかなか消えてくれないので使い勝手が悪い。

総評

ゲームボーイ最初期のソフトということで性能の限界で本家よりも劣化している部分があることは否めない。
しかし、その制約の中で個性ある敵の攻撃方法や演出・ギミックの面での強化などがされており、シンプルに楽しめるアクションゲームとして工夫されている点は大いに評価できるところである。
国内だけで400万本以上の売上実績を持つゲームボーイを代表するソフトであるが、本格的に本家に劣らない独自の魅力を持つゲームとしての地位を確立するのは次作まで待つことになる。


余談

  • もともと本作のヒロインもピーチ姫が務める予定だったが、当時の任天堂米国法人から「『Peach』という単語には卑猥なイメージがある」とクレームをつけられてしまい、急遽代打として考案されたのがデイジー姫である*1
    • デイジーはその後『マリオオープンゴルフ』にもキャディー役で登場し、それ以降はゲームへの登場はしばらくなかったものの、ハリウッドで製作された実写映画ではピーチを差し置いてヒロインとして登場、コミックボンボンで本山一城氏が連載していた漫画『スーパーマリオ』では本来は彼女が登場しないゲームのときも登場し、出番は多かったため認知度は結構高かった。
    • そして『マリオテニス64』でようやく本格的にカムバックし、以後もマリオパーティ(『3』以降)やマリオカート(『ダブルダッシュ!!』以降)、その他のスポーツ系ゲームでも、サブキャラ的な立場ではあるもののマリオファミリーにおける常連キャラクターとなっている。
    • ピーチとデイジーは後に「ライバルにして友達」という関係になった。『マリオカート ダブルダッシュ!!』でコンビを組んでいるのをはじめ、良き友人としての描写が多い。一方、ライバルという側面は設定のみにとどまっており、ゲーム内でで描写された例はほぼ皆無。
      • ライバル関係は前述の本山一城版コミックスでのみ強調されており、ピーチがマリオとデイジーが乗っている飛行機をバズーカで砲撃するなどしている。ただし前述のとおり、二人を競演させたのは、本編シリーズよりもこのコミックス版の方が先である。
    • その他、『マリオカートWii』では子供の姿である『ベビィデイジー』も登場した。
    • 2018年12月7日にはピーチのモーションを流用して『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に参戦した。
添付ファイル