ゲームカタログ@Wiki ~名作からクソゲーまで~

ダライアス外伝

最終更新:

匿名ユーザー

---,--- view
だれでも歓迎! 編集

ダライアス外伝

【だらいあすがいでん】

ジャンル シューティング
裏を見る
※セガ・サターン版

※PS版
対応機種 アーケード(F3システム)
開発・販売元 タイトー
稼働開始日 1994年9月19日
判定 良作
ポイント 一画面化して迫力も凝縮
圧倒的なグラフィック・BGM・演出
横シュー最高峰の呼び声も高い
癖のあるゲームバランス
シャコが鬼門
最大の敵は赤勲章
ダライアスシリーズ


概要

繋ぎ目の無い多画面筐体、練り込まれたグラフィック・サウンド・演出が特徴だった『ダライアス』シリーズの3作目(家庭用作品を含まず)。
1作目の後、惑星ヴァディスへと移住した人々の帰郷のため、ベルサー司令部と化した惑星ダライアスへの急襲を試みるというストーリー。

シリーズの本流タイトルでありながら、『ダライアスII』までとは異なり汎用筐体の一画面のみで展開されるゲームになった。タイトルがIIIではなく「外伝」なのはそれも要因であると思われる。
オーソドックスな作りながらも高い完成度を誇り、未だ横STGにおける最高峰の一つとして語り継がれる作品となった。

ストーリー

この物語は「ダライアス」のW-ZONEエンディング*1以後の物語である。

ダライアス星での戦いの後、死の星と化したダライアス星を脱出し、他の惑星へと移住した人々がいた。
時は過ぎ、移住した人々は、再び故郷ダライアス星へ帰る決心をした。
その準備が着々と進む中、中継ポイントのステーションや、海上のプラントが、何者かによって次々に破壊されていった。
ダライアス星から引き上げる輸送船団の後を追って、その破壊者はついに移民星ヴァディスにまでその魔の手を広げはじめた。
立ち向かうシルバーホーク隊も無惨にも倒されて行った。
そして、人々の望みを賭け、最後の2機となったシルバーホークが戦いに向かっていく。
(SS版説明書より)


特徴・評価点

ブラックホールボンバーの追加

キャプチャーシステム

多彩なステージ構成

+ 7体のラスボス巨大戦艦の紹介。※ネタバレ有り
  • ZONE Z':グレートシング
    • 一番上のルートに鎮座するお馴染みのマッコウクジラ。ゲーム中では表記されないが設定上は「GREAT THING Mk-II」という正式名称が付けられている。
      • 攻撃パターンの多彩さはシリーズ屈指であり、お馴染みのイルカ子機やドリルミサイルはもちろん、追尾レーザーや電撃、大量の追尾ミサイルなどなど多数の行動パターンが用意されている。尻尾から乱射されるホーミングレーザーに苦しめられたプレイヤーは多いだろう。
      • 耐久力もえげつないほどの高さであり、赤勲章避けに失敗して白玉なしの状態(後述)で戦うハメになるとヤズカ(永久パターン防止キャラ)出現すら十分にありえる程の長期戦を強いられる。
    • 道中のルートも明らかに他ルートと比較すると飛び抜けた難易度となっており、特にクラスティハンマー(シャコ)を回避できないのが壁となって立ちはだかる。
      • 6番目のステージでは、ルートによってシャコかデッドリークレセントのいずれかと戦うことになるが、シャコはどのルートでも格段に強い。
    • エンディングでは今回の戦いの真相が明らかに。本作のテーマとの関係性が最も強いものとなっている。
  • ZONE V:リスクストレージ
    • モチーフはフウセンウナギ。海底に沈む戦艦から姿を現す。
      • 長い尻尾から乱射するレーザーと、巨大な顎を大開きにし体内から吐き出す数々の武装が特徴。
        ホーミングする流体金属弾などの攻撃もあるが、全体的に攻撃が緩いため今回の初心者向けとされる。
      • 一方で、破壊可能な部位や弾などが多く、スコア稼ぎに挑むと熱戦を繰り広げることとなる奥の深いボスでもある。尻尾は耐久力こそ高いがなんと90万点も得ることが可能。
    • 開発陣もこの難易度を考慮に入れていたのか、本ルートのエンディングは悲しい内容のバッドエンド。ただし、シルバーホークの戦いとしては目的を(恐らく)達しており、バッドエンドの中では最も救いのあるEDである。
  • ZONE W:ヴァーミリオンコロナタス
    • モチーフはタツノオトシゴ。初代『ダライアス』の「グリーンコロナタス」の流れを汲む復活ボスとして扱われている。本作では名前通り赤を基調としたカラーリング。
      • 長い尻尾を用いてオトシゴ自身やシルバーホークの攻撃を反射するという、一風変わった特徴を持つ。反射された自機ショットは低速で画面外に飛んでいくが、この反射ショットが出ている間は連射が効かなくなるため非常に危険。仕様上、反射されない白玉が有利となるため特に赤勲章避けの重要性が高いボスとなっている。
      • 攻撃は全体的に激しい反面、安地も多い。頭部破壊後の発狂パターンの中には「全身の砲台を展開し凄まじい弾幕を放ってくるが、実はボスの頭部の目の前に安地あり」なども……。
    • Wゾーンエンディングは恒例のメタネタエンディング。最初から参加していないプレイヤーが何故か倒れているが気にしてはいけない。
      • ちなみにプレイヤー数や各プレイヤーの生存の成否等によって内容が変化する唯一のエンディングである。
  • ZONE X:ヒステリックエンプレス
    • モチーフはタカアシガニ。モチーフどおり長い脚が目立つが、当たり判定は胴体とハサミのみ。ゴールデンオーガ・ストームコーザー同様3D取り込みのグラフィックとなっている。
      • 屈折レーザー+ホーミングレーザーのラッシュやジャンプからの踏みつけなど、とにかく初見殺し満載。いずれの攻撃もパターンの把握が出来ていないと回避困難なものばかりで、今作屈指の「覚えゲー」ボス。
      • 最終段階の泡弾乱射+ホーミングレーザーラッシュはランク次第では回避不可能に近いと恐れられており、これを撃たせないことを重視したパターンの構築が推奨される。
    • エンディングは「戦いはまだ終わっていない」エンド。最後の演出が中々不気味。
    • 余談だが、Xゾーン道中では前作『ダライアスII』のボスである「グランドオクトパス」が登場している。ほぼ雑魚扱いだが…。
  • ZONE Y:オーディアストライデント
    • モチーフはマンボウ。虹がかかる美しい丘から浮かび上がる演出は一見の価値あり。
      • 突然体当たりしてきたり、逆に後部から極太のジェットをぶっ放してきたりと初見殺しが多いが、「発狂さえさせなければ」リスクストレージと並び攻撃は緩め。ウナギと並び初心者向けとしてよく名前が上がるボスである。
      • 破壊パーツも非常に多く、稼ぎのメッカであるMゾーンを経由して来られるためスコア稼ぎ目的でも人気があるボスである。
      • 但し、先に「発狂さえ~」と強調したが、特定パーツを破壊した後に突入する発狂パターンはシャコもかくやという凶悪さ。マンボウの持つか弱いイメージなどぶち壊しにするえげつなさを誇る。
    • エンディングでは「森の先住民(スター・ウォーズのチューバッカを可愛くしたような獣人キャラ)に表彰される」という、ダライアスシリーズのEDの中でも異様に和やかなもの。
      ちなみにゲーム内で本作の自機のパイロットの顔立ちがはっきりと確認できるのはこのEDのみ。*3やたら濃かったリアルタッチのこれまでとは一転、一気に美形化した。
  • ZONE Z:キュリアスシャンデリア
    • モチーフはエビクラゲ。デカい目玉がトレードマーク。
      • とにかく自機狙いの攻撃が多く、脚を止めると一瞬で被弾する攻撃ばかり。自機を追尾するターゲットサイトを展開してのショット乱射、触手を一斉にぶつけてくる攻撃などなど…。
      • クラゲらしく大量の触手を備えており、その全てが破壊可能。第2段階では攻撃の手を緩めることにもなるため積極的に破壊を狙いたい。
      • 触手には貫通攻撃が有効なので、本作としては珍しくフルパワーでの攻略も十分にアリ。一方、一定体力になると形態移行のため一時的にダメージが通らなくなる仕様があり、白玉付きでも有利になりにくい。
    • エンディングはタイトー名物の惑星爆破エンド。遂に惑星ダライアスも爆破の被害に…。ストーリーを考えると救いのなさは本作随一かもしれない。
  • ZONE V':ストームコーザー
    • モチーフはAゾーンボスのゴールデンオーガと同じくオニキンメ。大破したゴールデンオーガが回収され、対シルバーホーク用に魔改造を受けた代物ということで、外観はゴールデンオーガの色違い。序盤ボスの別バージョンが同じ作品内でラスボスを勤めるのはシリーズでも珍しい。
      嵐の渦の中心での戦いとなり、道中からの背景演出は必見。天空の城ラピュタにそっくり、は禁句。
      • だがその実態は本作屈指のカリスマボス。ありとあらゆる武装で弾幕を張りシルバーホークを沈めんとする。画面横どころか画面奥に移動しての弾幕連射までをも多用し、一部では「銀河一側面に強い魚介類」などというあだ名まで付けられている。一応魚介類じゃなくて巨大戦艦なんですが
      • 弾幕だけでなくギミックによる攻撃も多く、風圧でふっ飛ばして尻尾アンカーで破壊しようとしてきたり、弾幕を正面で避けさせてから体当たりで潰しにかかったりと、攻撃における手段の選ばなさ加減はSTG界でも屈指である。
      • 弱点は耐久力が低いこと。よって赤ウェーブ+白玉を維持してブラックホールボンバーを持ち込めれば序盤の攻撃が緩い間に瞬殺することも現実的に可能。道中ルートの難易度もかなり低めなため、パターンさえ確立できればかなり安定したクリアが望めるボスでもあったりする。
      • 後述するが、白玉3発形態を維持すると…。
    • エンディングは無事に惑星ダライアスへの帰還計画が完了するという、本作では最もオーソドックスな内容。同じ帰還エンドでも哲学的な上ルート(ZONE Z')とはある意味対照的。

シリーズ方向性の修正及び確立・問題点の改善

当シリーズは『II』の時点でも『初代』から大幅に異なる作風となり、早くもシリーズの方向性が迷走。本作直前に家庭機で出た作品『フォース』に至っては別ゲームのように作風が変質していた。
本作はそういった流れを一度断ち切り、『初代』に近い作風に方向性を修正することに成功。以降の作品も『外伝』ないし『初代』を踏襲した作風となり、なおかつ、いくつかの「お約束」が確立することとなった*4

当時最高峰の演出

スコアアタックの強化


賛否両論点

多画面筐体でなくなった点


問題点

癖のあるゲームバランス

バグ


総評

基本となる部分をきっちり作り込み、さらにダライアスシリーズの特長だった演出・コンセプチュアルなBGMをさらに強化した結果、不朽の名作へと変貌を遂げた作品。
この演出・BGM・ボス戦を重視したゲームデザインは、続編及び外部の作品にも多大な影響を与える事なった。
1画面になり独自性が薄れ、攻略面で部分的に粗が存在するものの、トータルバランスの良さがそれを補って余りあるほどの高評価をもたらし、ロングランを続け、今なお横シューティング最高峰として語り継がれている。


余談

移殖

人気記事ランキング
最近更新されたページ

atwikiでよく見られているWikiのランキングです。新しい情報を発見してみよう!

新規Wikiランキング

最近作成されたWikiのアクセスランキングです。見るだけでなく加筆してみよう!

注釈

*1 グリーンコロナタスを撃破するも、既に惑星ダライアスは死の星と化しており居住不可能な状態となっていた。プロコ・ティアットは新天地となる惑星(=本作の惑星ヴァディス)を発見し、第二の母星とするというストーリー。

*2 ただし宣伝用のイラストに登場しているものは準備稿の時の外観となっており、ゲーム中に登場するものとは外観が多少異なる

*3 一応姿だけであればWゾーンのEDでも確認はできる。

*4 初代のアレンジ移植である『R』を除く。

*5 本作ではヒラメとカレイをモチーフにしたダブルディーラー、後作の『バースト』ではリュウグウノツカイとドラゴン(サイバリオン)をモチーフにしたダークヘリオスなど。

*6 今作でのショットの最大パワーアップは15段階、ハイパーアームに必要な青アイテムは9個。

*7 というのは建前で、実際には「サビの部分に入ったタイミングでWarning→ボス戦へと移行させるためのタイミング調整」だったりする。

*8 『G』の「G-ZERO」、『バースト』の「Good-bye my earth」および「The World of Spirit」。『バーストCS』の「Freedom」。

*9 後述の移植版ではショットボタンに割り当てられているものもある。

*10 あくまでも個人による解析なので正確では無いかもしれないが、ショットボタンを「押した」瞬間にランクが加算される模様。

*11 ショットボタンを1回押した時の加算値は約2.3f分の生存時間に相当する。

*12 本作を未だ稼働させているような店舗はシンクロ連射の需要を知っている場合が多い。仮になくても、店への連射搭載要望が通るかもしれない。

*13 初代の時点で3連ミサイル止めや一部ルートでのスーパーアーム止めプレイの知名度が高く、『ツイン』でもウェイブ時のショット切り替えアイテムは罠として知られていた。

*14 タイトーのお家芸である「惑星破壊」エンドで、ベルサーとの死闘の末に惑星ダライアスが爆発してしまう。正史上は『バースト』の時代でも惑星ダライアスは健在。

*15 ラスボスがグレートシングだが本作ではクリア目的では比較的楽な方とされる。だが実際に初心者向けルートとされたのは下のZゾーンを目指す「下捕鯨ルート」の方で、上ルートは地形が厳しいエリアが多く難関。

*16 最終面は地形があるステージで中ボスは強敵といわれるピラニアとオトシゴが現れる。ラスボスのマザーホークはクセのある回転弾や広範囲レーザーを連打してくるため相当強い。そして何より道中で強豪ボスのヤマトを避けられない。

*17 なお、以前のソースコードは破棄して、完全に一からソースコードを作り直したとのこと。

*18 前述のアップデートで前述のキャプチャー中の稼ぎ為の30連表裏別のシンクロ連射が実装されている。

*19 こちらもアップデートで最終ゾーン別のランキングが実装されている。