デモンズソウルなどはSOULSシリーズへ。

ソウルキャリバーシリーズリンク

機種 タイトル 概要 判定
本編
AC/PS ソウルエッジ 第一作。PS移植版では美麗OPムービーと豊富なやりこみ要素により、まだ知名度は低かったが根強いファンがいた。
AC/DC/360 ソウルキャリバー 分かり易く奥深い個性的なシステムの多くが高い完成度を誇り、マイナー機移植でありながら多くのファンが生まれた。
AC/PS2/GC/Xb ソウルキャリバーII シリーズ恒例となる「一作限り登場のゲストキャラクター」が初登場。
家庭用版ではハード毎に異なるキャラクターがゲスト参戦。(PS2=三島平八、GC=リンク、Xbox=スポーン)
PS2/AC ソウルキャリバーIII 2005年KOTY次点
キャラクタークリエーションなどシリーズの新たな方向性も示した。
メモリーカード破損バグが悪い意味で有名。修正版は良作。
後にアーケードへの逆移植『ソウルキャリバーIII Arcade Edition』も登場。
改善*
PS3/360 ソウルキャリバーIV スター・ウォーズのキャラがゲスト参戦。PS3版はダース・ベイダーが、360版はヨーダが登場*1
PSP ソウルキャリバー Broken Destiny シリーズ初の携帯機タイトル。大幅にスペックの劣るPSPで『IV』を再現しており、一人プレイに特化した新モードを搭載。
クリエイション(エディット)には新要素としてパーツ配置機能が追加。
GOD OF WAR』よりクレイトスがゲスト参戦。
なし
PS3/360 ソウルキャリバーV キャラの世代交代。クリエイションには新要素としてテクスチャ添付機能が追加*2
『アサシン クリード』よりエツィオがゲスト参戦。
なし
PS4/One/Win ソウルキャリバーVI 時代は初代に戻り設定を再構築。クリティカルエッジ(一撃必殺)の廃止。通信機能でクリエイションを交換できるように。
『The Witcher』よりゲラルトが、『ニーアオートマタ』より2Bがゲスト参戦。
派生作品
Wii ソウルキャリバー レジェンズ Wiiリモコンで剣を振る非対戦ゲーム。『テイルズ オブ シンフォニア』よりロイドがゲスト参戦。
PS3 ソウルキャリバー ロストソーズ
(SOULCALIBUR Lost Swords)
DL専用。基本プレイ無料+アイテム課金。
1Pクエストクリア型で、対人戦の機能は無いが、ソーシャルゲー風な他プレイヤーとの「戦友」システムを実装。
2015年11月30日にサービス終了。


関連作品

機種 タイトル 概要 判定
太鼓の達人シリーズ シリーズの楽曲が収録。
PS2 NAMCOxCAPCOM 御剣、タキ、シャレードが参戦。
PSP クイーンズゲイト スパイラルカオス アイヴィーが参戦。 なし
PS3/PSV 無双OROCHI2 Ultimate ソフィーティアが参戦。
3DS PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD ナツが参戦。
PS3 リッジレーサー7 キャラクターとしての参戦ではないが、キャラクター名などが世界観の一部として使われている(パーツメーカー名、スポンサー名など)。
エースコンバット3などの同社製の他作品からの出演もある。