みんなで!カービィハンターズZ

【みんなでかーびぃはんたーずぜっと】

ジャンル アクション
対応機種 ニンテンドー3DS
(ニンテンドー3DSダウンロードソフト)
メディア ダウンロード専売ソフト
発売元 任天堂
開発元 ハル研究所
発売日 2017年4月13日
定価 基本プレイ無料(アイテム課金式)
プレイ人数 1人 ローカル通信2~4人
セーブデータ 1個
レーティング CERO:A(全年齢対象)
周辺機器 amiibo対応
備考 課金上限はジェムリンゴ通算3,000個分まで
判定 なし
ポイント カービィ初の基本無料タイトル
職業格差とお馬鹿なAI
星のカービィシリーズリンク


概要

Nintendo Direct 2017.4.13で発表され、即時配信されたカービィシリーズ初の基本プレイ無料のDLゲーム。
タイトル通り『星のカービィ ロボボプラネット』(以下ロボプラ)のサブゲーム『みんなで!カービィハンターズ』の拡張版。

基本は『ロボプラ』のサブゲームと同じく4つのジョブから選んで編成し、ボスキャラの戦闘のみを行うアクションゲーム。
『ロボプラ』のサブゲームに出てきた各種ボスの他、同作のメインストーリーのボスや『星のカービィ Wii』・『星のカービィ トリプルデラックス』などの過去シリーズのボスも登場している。


特徴

基本システム

  • ジョブ
    • ヒーローソード、ヘビィハンマー、マジックビーム、ヒールドクターの4種類で『ロボプラ』のサブゲーム版と同様。
      • ヒーローソード:「ソード」がベース。ガード時に「ヒーローシールド」を展開し範囲内にいる味方を守ることができる。
      • ヘビィハンマー:「ハンマー」がベース。体力、攻撃力はヒーローソードを上回るが、『ドロッチェ団』のメタルカービィよろしく移動・ホバリングの性能に大幅な制限がついている。
      • マジックビーム:「ビーム」がベース。溜め攻撃が「タイムビーム」となり、当て続けることでタイマーが進み一定時間敵の動きを完全に停止することができる。基本性能はほぼ同等だが、浮遊する敵にタイムビームを当てた場合はタイマーの進む量が大きいなど若干変更点もある。
      • ヒールドクター:「ドクター」がベース。溜め打ちが「ヒーリングエリア」となり、自分含め味方の体力を確実に回復させることができる。 反面攻撃は不得手だが、癖があるものの技自体はそろっており遠近どちらでも戦える。
  • まち
    • いわゆるベースキャンプで、ここでクエストの選択やよろずやでの買い物、ジェムリンゴの収穫などを行う。
      • 最初は誰もおらず閑散としているが、クエストを進める(=カービィがボスを倒し平和にしていく)ことでだんだんと住人が増えて行く。 ただし背景としての出演なので、見た目は賑やかになるもののプレイそのものには影響がないのが残念。
  • クエスト
    • 本作のメインとなるモードで、仲間のカービィ3体とともにボスと戦う。CPUのカービィと共に戦う「おともとクエスト」、ローカル通信で他の人と遊ぶ「通信でクエスト」の2種類。ジョブはプレイヤー、おとも共に4種から任意で選べる。
    • クエストは無限に受けられるわけではなく「やるき」を一定量消費する。また、新規クエストのロック解除にはジェムリンゴ(下記)が必要。
    • クエストクリアの際は経験値のほか、報酬として装備の生成に使う3種類の「カケラ」が手に入る。
      • また、一部のクエストは「しれんクエスト」と呼ばれ、ストーリーを進めるためにクリアが必須である。
      • クエストクリアの際はクリアタイムと得られた経験値がスコアとして記録され、本編のミニゲーム類と同じくスコアに応じてブロンズ~プラチナで4段階のメダルをもらうことができる。
    • クエストのボスはプレイヤーの攻撃でしか敵にとどめを刺せない仕様(=いくらNPCが攻撃しても最後の一撃をプレイヤーが与えない限り敵は倒れない)。敵の体力が少なくなり赤く点滅した状態で放置すると分かりやすい。
  • 経験値とプレイヤーレベル
    • RPGのような経験値によるレベルアップ制が設けられており、最大レベルは50。レベルアップした際はやるきが全回復する。レベルは全ジョブで共有し、最終ステータスはジョブごとに固定。
    • 「通信でクエスト」を遊んだ際は得られる経験値が1.5倍になる。
  • やるき
    • いわゆるソーシャルゲームのスタミナに相当するシステム。時間経過で回復するほか、ジェムリンゴの消費で最大まで回復できる。プレイヤーレベルが上がることでやるきの最大量も上がっていく。
  • ジェムリンゴとジェムリンゴツリー
    • 宝石のようなリンゴで、装備の購入・強化以外にもクエストの開放・クエスト時間の延長・全滅時のコンティニュー、やるきの回復など非常に多岐にわたり使用する。
    • ジェムリンゴツリーは12時間に1回ジェムリンゴを収穫できる木。座っているバンダナワドルディに話して収穫する。
    • ジェムリンゴを買うごとに木が成長し収穫できる数が増え、上限まで購入すると収穫のみでも十分なリンゴを賄えるようになる。
      • ジェムリンゴツリーが成長すると、街のBGMが変わる。
  • カケラ
    • よろずやでの装備の購入・強化に使用するアイテム。
    • ほのお・みず・ひかりの3種類のカケラは、クエストクリア時に報酬としてもらえる。曜日によって特定のカケラが多く得られる。
    • また、低確率でボスが戦闘中に落とす「レアなカケラ」も存在し、より強力な装備の入手に必要となる。ゆうしゃランクが高いほど出現率が上がる。
  • よろずや
    • ショップに相当するシステム。そうび、サポートアイテム、ジェムリンゴを購入可能。ちなみに経営は『Wii』のマホロアが行っている。
      • そうび:攻撃力が上がる「ぶき」と体力が上がる「ぼうぐ」を購入し装備する。購入にはカケラとジェムリンゴが必要。クエストを進める毎に上位の裝備が解禁され、更に既存の装備も全て「Zきょうか」でパワーアップが可能。ただしカケラとジェムリンゴを大量に消費するうえ、レアなカケラも必要となる。
      • ぶきとぼうぐは、同ランクのものをセットで装備することで性能が上昇する。また、攻撃力と体力以外の様々な能力が上がるものもある。
      • 歴代シリーズのキャラを模したものや、『ロボプラ』のすれちがい通信を本体登録しておくと連動で購入可能となるものも。
      • サポートアイテム:一時的にカービィの能力やもらえる経験値を上げたり、得られるカケラ・やるき回復速度が高まる書物などを購入できる。購入にはジェムリンゴが必要。
      • ジェムリンゴ:購入には課金、およびインターネット接続が必須。前述通り合計3000個になるまで購入可能で、まとめ買いすることで安くなる。また、日曜日に買うことでオマケのリンゴを貰える。
  • ゆうしゃミッション
    • いわゆる実績。様々な条件を満たしてボスを倒す、プレイヤーレベルの上昇などで達成可能。達成すると「ゆうしゃランク」が上昇する。全256個。
    • クリアするとジェムリンゴやレアなカケラが手に入る。上記の裝備解放もゆうしゃミッション達成の報酬である。
  • たびびと
    • 他のプレイヤーのカービィを自分のまちに呼び、CPUのおともとして扱う事ができる。すれちがい通信で出会ったプレイヤーをおともにする「すれちがいたびびと」と、インターネットにつないで呼び出す「さすらいのたびびと」の2種類が存在。クエストに連れていけるのはたびびとごとに3回まで。
      • たびびとと出会った際にはジェムリンゴやカケラがもらえる。ただし、さすらいのたびびとでもらえるのはカケラのみな上、1日に2回以上呼び出す際はジェムリンゴを消費する。
  • あいことば
    • 特定の言葉を入力することでジェムリンゴやカケラを貰える。
    • インターネット、各種のカービィイベント、雑誌などで公開されている。期間限定のものが多い。
  • amiibo
    • amiiboと連動する事によってカケラを貰える。
    • どのamiiboでもカケラが手に入るが、スマブラシリーズのカービィキャラだと多くなり、さらに星のカービィシリーズ、『ハコボーイ!』のキュービィのamiiboの場合はより多くのカケラがもらえる。低確率でレアなカケラが入手できることもある。

課金上限あり

  • 今作は『みんなのポケモンスクランブル』や『ポケモンピクロス』といった3DSシリーズ用の基本無料タイトルと同じく、課金上限が設定されている。
  • 前述の通りジェムリンゴの購入数は3000個までと、課金上限は4800円(まとめ買いすることで3720円まで下がる)に設定されているが、3DSソフト1本分程度に相当する金額であることを考えると決して安いとは言えない。
  • しかし、今作は先程挙げた2本と異なり、そこまで課金せずともクリアは可能。
    • その2本の反省からか、先に進む毎にミッションで貰えるリンゴの数が増加して行く形を取っており、終盤の方では1つのミッションで2桁のリンゴが手に入る。
    • 最強装備を作るために必要なリンゴは99個(強化で更に99個必要)と比較的緩く、後半のステージ解放も200個とそこまで膨大でも無いため、セール品のリンゴ*1のみでも難なく突破できる。
    • 一定数の購入毎にジェムリンゴツリーが成長するため、半端な課金も無駄にはならない。
  • しかしリンゴが足りなくなってしまったような場合は、セール品の後は2150個*2をまとめ買いするか、若干高めのバラ売りリンゴを買うかを迫られてしまう。
  • ミッションをしっかり攻略しながら切り詰め行くと次第にリンゴの使い道が無くなって行き、課金上限まで購入するメリットはゆうしゃミッションのコンプリートぐらいでしかなく、そこまでやり込むつもりが無ければ購入数に気を付けたい。

評価点

基本プレイ無料で『ロボプラ』のミニゲームとほぼ同様のものを楽しめる

  • 一定まで進めるだけなら無課金でも十分楽しむ事が可能。
    • 時間はかかるが買うアイテムを絞れば最後まで進む事もできる。
  • 通信プレイで経験値ブーストがかかるので友達と遊んだ際の恩恵は大きい。無料なので本体さえ持ち合えば気軽に遊ぶことができる。
  • 基本的に『ロボプラ』の流用なのでアクションとしての基礎もしっかりしている。

カービィの着せ替えができる希少なゲーム

  • カービィファイターズZ』のレア帽子システムの発展形。
  • コピー能力が実質的に衣装チェンジとなっていたためか、意外にも過去シリーズにありそうでなかった要素(あったとしても色替え程度だった)。
  • 自慢の装備を着せたカービィをフレンドや見知らぬ人と交換でき、おともにすることで一緒にクエストを攻略できるのは嬉しい。

おなじみのファンサービス

  • そうびに過去のボスや仲間を模したものがあったり、『2』のおともがまちに住人としてやってきたりなど、番外編ながらファンサービスは健在である。
    • 肝心のボス戦もとあるボスが初登場以来の(本人)復活を果たしていたり、本編では直接手合わせをしなかったとある重要キャラが自ら戦っていたりと、ニヤリとさせてくれる。

問題点

ジョブの問題

  • 『ロボプラ』の時点でも4つとカービィのコピー能力数にしては少なかったが、追加のジョブは無い。以前の『ファイターズZ』では追加コピーが存在した。
  • かといってバランスが取れている訳ではなく、ゆうしゃミッションとプラチナメダル獲得のためにタイムアタックを迫られる関係上でマジックビームがぶっちぎりの強職。
    • ヒーローソードも対空チャージ攻撃ができ、回転斬りの威力も高めでかなり強力。
    • 反面、ヘビィハンマーは相手が止まっていないとろくに攻撃できない関係上でチームプレイが必須……つまりCPUとのプレイではまったく役立たず。
    • ヒールドクターも必要かどうかと言われると微妙で、火力の問題で格上相手だと時間が足りなくなり、同格相手だとそれこそタイム短縮のために他職が入る事が多く、使われない。
    • 格上相手でも終盤ではジェムリンゴのコンティニューでゴリ押しという手もある。
    • ちなみに各ジョブの基本的な性能は『ロボプラ』と全く同じ。つまり無調整である。
  • 職業格差の問題点として、 装備品がおともと共有 である事が挙げられる。
    • ジェムリンゴの使用量も馬鹿にならないため、ハンマーやドクターの裝備を作ってでも使おうとするより、ビームかソードを一点強化した上で同職で挑むという事が最適解となってしまう。
  • そのため、インターネット通信やすれちがい通信で呼ばれるたびびとは、高レベルだと最強装備のプラチナ系で身に包んだマジックビームかヒーローソードばかりになる。
    • ハンマーやドクターの裝備を買ってしまったユーザーの救済にはなっているが、他プレイヤーのカービィは3回しか出撃できない。

CPUが致命的なまでに頭が悪い上にインターネット協力プレイは無い

  • 鏡の大迷宮』でもCPUの思考はあまりよろしいとは言えなかったが、今作では常時3人いるため顕著。『ファイターズZ』の難易度激ムズの時のような動きは一切してくれない。
    • 特にヘビィハンマーがお粗末。移動だけでも時間がかかるのにガードを連発してロクに攻撃しない。攻撃したとしても当たらない。
    • マジックビームも敵が飛んでいるのに端っこでビームを連射したり、チャージしたかと思ったらボスの無敵状態で撃ったりと微妙。
    • ジョブと関係ない部分でも、わざわざ敵の攻撃に近寄ってジャストガードをしたり、敵の向こうに石ばんが出現した場合はホバリングをせずに、敵に当たった後の無敵時間を使って強引に取りに行くなどの問題行動も見られる。
    • ガードを連発する関係上でヒーローソードはそこそこ機能し、ヒールドクターも意外とチャージ技が的確で仕事はしてくれる。 この特徴を生かして難所の突破に利用できるものの、タイムアタックでは結局マジックビームにせざるを得なくなる。
  • 上記のような難点のため、真剣にタイムアタックに挑むなら通信プレイは必須と言える。しかし通信プレイが気軽に楽しめるインターネット協力プレイは無い。
    • せめてCPUに「突撃」「防御」「分散」「集合」などの指示が出せれば…と思う人もいるが、そのコマンドも無い。

最終的には最強装備のみになりがち

  • 上記のきせかえができる点は評価点なのだが、裝備の性能はそのままに外見だけを変えるいわゆる見た目装備・スキンのような機能が存在しない。
  • 性能重視なら最強装備のプラチナ系ほぼ一択になってしまう。プラチナ系以外の装備にも個性的な見た目のものが多いだけに非常に残念な点である。
    • プラチナが全ての武器の上位互換になっているということはなく、一部の高ランク装備はチャージスピードなど一部能力がプラチナ系より高く設定されている。
    • Zきょうかする事でランクが低い裝備も未強化の高ランク装備に匹敵するステータスまで強化はできるが、当然プラチナ系のZきょうか版には遠く及ばず、「チャージスピード」などのサブステータスが上がらない裝備は上がらないままなので、結局趣味の範囲。

総評

基本はしっかりと作られており、多少の課金でも最後まで楽しむ事もできるというお手頃な作品。
しかし、CPUの思考や職業バランスはあまり宜しいと言えず、不満点も目立つ。
だが、基本プレイ無料なので敷居が低く他人にも勧めやすい。なるべく家族や友達と楽しみたい作品である。


余談

2017年8月15日に今作を題材にした小説「星のカービィ 結成! カービィハンターズZの巻」が角川つばさ文庫から発売された。

2019年9月5日に『スーパーカービィハンターズ』がNintendo Switchで配信された。