アカギ(ポケモン)

登録日:2011/08/20(土) 01:16:08
更新日:2022/03/21 Mon 17:19:30
所要時間:約 15 分で読めます




この世界を形造るのは時間と空間の二重螺旋
そしてシンオウに奉られるのは時間と空間のポケモン
シンオウの神話、その真実を調べるべきか
失礼
どいてもらおう




ポケットモンスターダイヤモンド・パール・プラチナの登場人物。
ギンガ団の総帥。
名前の由来はトウダイグサ科の常緑高木「アカギ」から。
CV.三宅健太(アニポケ)・津田健次郎(ジェネレーションズ)・武内駿輔(ポケマス)


■概要


彼の目標は、時間を操るディアルガ・空間を司るパルキアを利用して全ての心を失くすこと。
そしてその為に、一旦既存の世界を無に帰し、新世界を創生しようとした。

なおナギサシティ出身らしく、ナギサシティには一切の攻撃を加えていない。
これには諸説あるが、「心を失くしたはずのアカギの良心が残っていた皮肉」と解釈されるのが一般的。
またファイトエリアでは、彼が「心」を憎むようになった経緯が断片的に語られる。


性格は極めて冷静。
主人公に敗れた際は「おもしろい そして きょうみぶかい」と称賛し、その強さを認めてマスターボールをくれたりと、なかなか男前な性格。
またプラチナでは、主人公にDNAについて優しくレクチャーしてくれる大人。

ギンガ団の科学技術の結晶・赤い鎖の生成にも成功した頭脳派でもある。
さらにさらにカリスマ性にも溢れており、演説では大勢のしたっぱを魅せていた。

このように、圧倒的な余裕を見せつけると同時に悪の王道を行く、まさに悪人の鑑である。

なにかとシロナの対として描かれる事が多く、特にプラチナにおける両者のレスバトルは必見。一見絶対的な正義であるシロナだが、見方を変えれば彼女の主張は強者目線の理屈に過ぎないとも捉えられ、アカギ側に同情してしまったプレイヤーも多い。

なおかなり貫禄がある外観だが、プラチナでは実年齢はハンサムにて「あれで27歳」と判明。老け顔説が浮上。

そのカリスマ性や後述の裏設定、使用ポケモンのこれまでにない強さから真面目な方面で人気は高い。

名前が某博徒と同じだったり、負けそうになると「負けるかもだとっ!?」と取り乱すなど軽いキャラ崩壊をする事から一時期はネタ枠にもなりかけたが、アカギの後発ボスのこいつこいつが正直言って異次元なレベルの弄られ枠に定着したため(特に後者)、近年では真っ当にシリアスなボスキャラとしての立ち位置を確立している。
そもそもゲーム中で初めてプレイヤーと主人公の前に姿を見せたのはテンガン山で
主人公の方に歩いてきて開口一番に発した台詞が「 キミは世界の始まりを知っているか 」なあたりヤバい奴臭が漂っているが。

そもそもアカギ以前のボスもアニメのトンチキ妄想パートでよくキャラ崩壊させられているサカキや、そもそも悪人なのかも怪しくリメイク版で変なネタが追加されたマツブサ、アオギリなど、大概悪の組織のボスは何かとイジられることになるのだが…。

人間を愚かと考え、強大な力を以てして自らの理想とする世界を作ろうとしたという点では後の任天堂作品にもそのような人物がいた。
もし主人公達が止めていなかったのならその者と似たような運命を辿っていたのだろうか。


■使用ポケモン


【ダイヤモンド・パール】

  • 1戦目(ギンガだんアジト)
ポケモン 性別 Lv. 特性 技構成 持ち物 備考
ヤミカラス 40 ふみん ドリルくちばし
ナイトヘッド
おどろかす
さしおさえ
-
ゴルバット 40 せいしんりょく どくどくのキバ
エアカッター
かみつく
ちょうおんぱ
ニューラ 43 せいしんりょく れいとうパンチ
きりさく
でんこうせっか
いやなおと
オボンのみ

  • 2戦目(やりのはしら)
ポケモン 性別 Lv. 特性 技構成 持ち物 備考
ドンカラス 45 ふみん ドリルくちばし
あくのはどう
はがねのつばさ
さしおさえ
-
ギャラドス 45 いかく アクアテール
こおりのキバ
じしん
ギガインパクト
クロバット 46 せいしんりょく クロスポイズン
エアスラッシュ
かみつく
あやしいひかり
マニューラ 48 プレッシャー れいとうパンチ
つじぎり
かわらわり
シザークロス
オボンのみ


【プラチナ】

  • 1戦目(カンナギタウン)
ポケモン 性別 Lv. 特性 技構成 持ち物 備考
ニューラ 34 せいしんりょく れいとうパンチ
きりさく
でんこうせっか
いやなおと
-
ゴルバット 34 せいしんりょく どくどくのキバ
エアカッター
かみつく
ちょうおんぱ
ヤミカラス 36 ふみん ドリルくちばし
だましうち
ナイトヘッド
おどろかす
オボンのみ

  • 2戦目(ギンガだんアジト)
ポケモン 性別 Lv. 特性 技構成 持ち物 備考
ニューラ 44 せいしんりょく れいとうパンチ
きりさく
でんこうせっか
いやなおと
-
クロバット 44 せいしんりょく どくどくのキバ
エアカッター
かみつく
ちょうおんぱ
ドンカラス 46 ふみん ドリルくちばし
だましうち
ナイトヘッド
おどろかす
オボンのみ

  • 3戦目(やぶれたせかい)
ポケモン 性別 Lv. 特性 技構成 持ち物 備考
ヘルガー 45 もらいび あくのはどう
かえんほうしゃ
かみなりのキバ
おにび
-
ギャラドス 46 いかく たきのぼり
こおりのキバ
じしん
ギガインパクト
クロバット 46 せいしんりょく クロスポイズン
エアスラッシュ
どくどく
あやしいひかり
ドンカラス 47 ふみん ドリルくちばし
つじぎり
ねっぷう
サイコキネシス
マニューラ 48 プレッシャー れいとうパンチ
つじぎり
シザークロス
ねこだまし
オボンのみ


ダイパで戦うのはアジトとやりのはしらの2度だったが、プラチナではカンナギタウンの祠が初戦で、決戦がやぶれたせかいとなっている。
あくタイプに加え凶悪ポケモンギャラドスと、ビジュアル重視の面子だが、なんだかんだで普通に強いので注意。
特にプラチナでのやぶれたせかいでの最終決戦は、目先のギラティナに目を奪われて適当に戦うと苦戦しがちである。
一応全員いわタイプが弱点となっているが、ストーリー中で手に入るいわタイプは基本的に鈍足ばかりで、先手をとられて倒されてしまうことが多い。
最悪全滅すると、再び山登り→やぶれたせかい探索となり鬱陶しいことこの上ない。
心してかかるように。

ダイパ時点でもそれなりに厄介だったが、プラチナでのアカギは技構成がガチ仕様となっており、わざマシンで覚える技以外にもマニューラの「ねこだまし」といった遺伝技やドンカラスの「ねっぷう」といった教え技で覚える技がふんだんに盛り込まれている。
恐らく、アカギも本当は自分のポケモンに対して深い愛情を注いでいたのではないかと思われるであろう。
ゴルバットがクロバットに進化しているあたり、それがわかるのではないか。


【BDSP】

  • 1戦目(ギンガだんアジト)
ポケモン 性別 Lv. 特性 技構成 持ち物 備考
ヤミカラス 40 ふみん つばさでうつ
ナイトヘッド
ダメおし
ちょうはつ
- 性格
ようき

個体値
HBD15

努力値
HBD68
ゴルバット 40 せいしんりょく いやなおと
どくどくのキバ
エアカッター
かみつく
ニューラ 43 するどいめ メタルクロー
こごえるかぜ
つめとぎ
ふくろだだき
オボンのみ

  • 2戦目(やりのはしら)
ポケモン 性別 Lv. 特性 技構成 持ち物 備考
ドンカラス 45 きょううん つじぎり
エアカッター
はがねのつばさ
きりばらい
ピントレンズ 性格
ようき

個体値
HBD15

努力値
HBD68
ギャラドス 45 いかく たきのぼり
こおりのキバ
じしん
かみくだく
ソクノのみ
クロバット 46 すりぬけ クロスポイズン
エアカッター
とんぼがえり
おいかぜ
せんせいのツメ
マニューラ 48 わるいてぐせ なげつける
あなをほる
つばめがえし
メタルクロー
ヨプのみ


リメイクのBDSPではリメイク前のダイパと手持ちが同様となっている。

BDSPではジムリーダーなどのボスキャラの強さにテコ入れが入り、技構成がダイパとは比べ物にならないほど強化されていることがほとんどである。
そして当然アカギも技構成などが変更されているのだが、その強さはというと…


弱い。


この一言に尽きる。

まず個体値・努力値がまずく、個体値HBD全て15残り全て0・努力値HBD全て68
そのくせ性格だけは全員ようきと言うツッコミどころ満載の調整。
手持ちポケモンを見ると分かる通りどちらかと言うと速攻型やパワーアタッカーなので実に噛み合っていない。
その点も踏まえて話を続ける。

1戦目だが、印象的であったヤミカラスの「ドリルくちばし」やニューラの「れいとうパンチ」といったタマゴ技が消滅しており、何とも言えない微妙な技構成に。
…というか実は、どこぞの悪の組織のリーダーたちのように 野生として登場したときのLv.の技構成とほとんど変わらない。 *1どうしてこうなった。

しかし2戦目ではジムリーダー同様にすべての手持ちに持ち物を持たせているほか、技構成や特性が変化しているなどといった強化がされているのだが、これまた ツッコミだらけの構成になってしまっている。


■ドンカラス
特性『きょううん』と『ピントレンズ』を活用した急所狙いの戦法。
それを活かす為に急所に当たりやすい「つじぎり」と「エアカッター」を積んでいるまではいいのだが、高威力低命中の技を覚えているわけでもないのに 「きりばらい」が入っている 。何故。ポケスペで使っていたためめ、それを意識したのだろうか。
歪な個体値・努力値の影響も悪い方向で受けてしまっており、急所狙いの割には数字の方が足りていない。
しかし、「きりばらい」を除けば旅パのドンカラスは比較的確定急所狙いのこのような技構成になりやすいので、後述の2匹よりはまだ比較的マシである。


■ギャラドス
4匹の中では技もしっかりしており、弱点対策として『ソクノのみ』を所持している。
ただ個体値・努力値の影響をこちらもモロに喰らっており、想像以上に火力は出ない。
具体的に言うと、旅パに入れた同レベル辺りのパチリスでも「じしん」に耐えられる。
攻撃力だけで言えば特化55族くらいしかないので…。


■クロバット
『せんせいのツメ』に「おいかぜ」持ちと意地でも先手を取ろうとしている構成。
なら最初から素早さに努力値振ってやれよ。
他にも「エアスラッシュ」がLv.62習得のせいで覚えさせられなかったのか「エアカッター」に格落ち。当然火力はない。
恐らく「おいかぜ」で味方の素早さを上げ、「とんぼがえり」で後続に託すといった戦法なのだろうが、一番恩恵のありそうなドンカラスは先発なのでなんともチグハグ。
そうでなくとも コイツが最後に出てくることが結構あるため 涙を禁じ得ない。


■マニューラ
アカギの切り札兼 このパーティの一番のツッコミどころ
こおり技を何故か覚えておらず、 自身の弱点対策に特化したような技構成 になっている。(ほのお・いわ・はがねには「あなをほる」、かくとう・むしには「つばめがえし」、フェアリーには「メタルクロー」)
しかし「つばめがえし」と「メタルクロー」は威力が貧弱なため弱点を突かれてもそこまで痛手にはならず、「あなをほる」も相手に1ターン猶予を与えるため、後出しでひこうタイプ出せば無傷で済む。そしてこおり技を覚えていないのでそのままムクホーク辺りに殴られる。
そしてせっかく持たせている『ヨプのみ』を 「なげつける」(威力10) で勝手に消費させるなどといった、 もはやこちらに容赦しているような行動を起こす。 PVではしっかり「つじぎり」を使っていたはずなのだが。
恐らく特性『わるいてぐせ』を発動させる為にこうなっていると思われるのだが、旅パでそんなものを意識する必要はあるのだろうか…。


■その後


やぶれたせかいクリア後はストーリーに登場しなくなる。どこへ行ってしまったのだろう…


アカギの過去を知る鍵としてナギサシティの民家の老人から

「そういえば昔アカギという子供がいたような
 誰とも付き合わず機械と戯れてばかり…
 でもとても勉強ができたからどんなふうに育ったのかねえ」

という話を聞ける。
またロトムフォルムチェンジ配信イベントのみで見ることが出来る日記帳を書いた“少年”の正体が子供時代のアカギではないかという説がある。



出会いは突然だったよ
僕がなくしたおもちゃのロボットを見つけたとき
芝刈り機のモーターからポケモンが飛び出してきたんだ

不思議そうに僕に近寄ってきた

ポケモンは笑ったように見えた
そのとき分かったんだ、僕たちは友達になれるって
不思議なポケモンをロトムって呼ぶことにした…



(一部略/続きにはロトムとの思い出…そして別れが綴られている)


加えて、森の洋館内にある殴り書きにロトムを盗まれたと解釈できる文章があるため、
この大切なロトムを盗まれたことこそがアカギが新世界を創造するために行動を始めた原因なのでは?との考察もある。
(ただしこちらに関して盗まれたのはウラヤマさんないし親族の物であってアカギは無関係の可能性も否定できないが)


ウルトラサン・ウルトラムーン

時間と空間の二匹の伝説のポケモンを使い「心が存在しない世界」を作り出した瞬間から呼び出されたアカギがレインボーロケット団のメンバーとして登場。


ポケスペでのアカギ】


第7章のラスボス。
概ねゲームと同じ。手持ちポケモンはクロバットとヘルガーの代わりにジバコイルダイノーズが追加されている。
最強クラスのチャンピオンと誉高いシロナを追い詰めるほどの実力者。
アジトにて時間稼ぎとしてシロナと対決。
彼女を挑発する事でガブリアスを(未完成の「りゅうせいぐん」による体力切れで)実質戦闘不能にまで追い詰めた。
時間稼ぎが成功した事や、自身の手持ちも疲弊していた事でこれ以上の戦いは双方無益と判断し、アカギの方から撤退。*2
勝負自体は引き分けに終わった。
実際の試合形式では、アカギの棄権負けと言う事になるが、皮肉にもアカギもシロナとは別ベクトルで「勝ち負けにはこだわらない」トレーナーであった。

ポケスペにおいてチャンピオンは基本ボスの噛ませにされる事が多いものの、引き分けという形とはいえどちらの評価も落とさなかった、隠れた名勝負と言える。
最後はディアルガ・パルキアの暴走で発生したやぶれたせかいにギラティナの力で引きずり込まれ、行方不明になった…。

…が、実はやぶれたせかいに閉じ込められており、第8章にてダイヤモンドと再会。
ダイヤモンドと共闘しつつ、その会話の中で得たものがあったようで、やぶれたせかいから帰還後はひとり責任を取ろうとしていたが、
ジュピターに自分及びマーズとサターンの責任を取るようにいわれ、彼らとともにどこかへ旅立っていった。

実は現状ではポケスペにて唯一の「改心し、まともな状態で退場した」ボスである。


【アニメでのアカギ】




表の顔はシンオウ経済界名士であるスーツでキメた紳士だが笑みの下にギンガ団ボスという対局の顔を隠している。
ゲーム版以上に狂気的で新世界創造の野望の為ならば、どんなものでも利用し、仲間を切り捨てることもいとわない非道な支配者として描かれている。
シンオウ地方消滅を目論むもサトシ達が阻止したことにより失敗に終わる。
しかし、新しい世界の夢は潰えず最後はディアルガとパルキアが造り出した、次元の狭間へと消えていった。
悪役でも生存や何らかの救済、ギャグキャラ化がされることが多いアニメの中では(同作に出ていたポケモンハンターJと合わせて)かなり珍しい末路を迎えることになった。

声優が二代目・サカキも担当しており三宅氏は悪の組織のボスを二役やったことになる。
さらにドームスーパースター・ヒースも彼の持ち役であることは忘れてはいけない(この他にも三宅氏はシンジのエレキブルなど多くの役をこなしている)。
ちなみに、アオギリとゲーチスも同じ声優であるが、マツブサとフラダリの声優は異なる。


ポケットモンスターダイヤモンド・パール物語 ポケモンDPでのアカギ】


ヨスガシティで初登場する。
ヒロインのミツミを戦闘マシーンに育て上げた張本人。
手持ちはマニューラとギャラドス。
自分の望む世界を創るため主人公のハレタと敵対するが、ハレタからは初対面以来「おっちゃん」と呼ばれ慕われており、互いの実力も認め合っている。
やりのはしらでハレタに敗れた後は、部下達と共に暴走したディアルガとパルキアを止めるため協力した。
その後プルートにギンガ団の実権を握られ幽閉されるが、彼を慕う部下達に救出される。
やぶれたせかいにも駆けつけ、事件の収束後は、けじめとしてギンガ団を解散した。

カバー裏で顔芸を披露していたりと相変わらずのネタっぷりだが、同時にハレタとのポケモンバトルで思わず熱くなったり捨てたはずの「心」に葛藤したりと魅力たっぷりに描かれているので、彼のファンだという人は必見。


この 項目を 追記修せせせせせせせせ……!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年03月21日 17:19

*1 異なる点は、ヤミカラスは「つばさでうつ」→「エアカッター」、ゴルバットは「いやなおと」→「ファストガード」、ニューラは「メタルクロー」→「みだれひっかき」となる。

*2 感情表現の乏しいアカギはこの時終始余裕の表情を崩さなかったが、実際はかなり危ない状態であった。