ヨーヨー

登録日:2009/10/30(金) 00:49:26
更新日:2020/02/01 Sat 02:01:56
所要時間:約 11 分で読めます




ヨーヨーとはプラスチックにヒモつけてぶん回す遊びである。
最近はプラスチックだけでなく、木とかアルミとかマグネシウムとか様々な材質の物が出てきているが、
プラスチックとアルミ以外は殆ど存在しない上に需要も無い、極稀にチタン。
最近はアルミの本体にステンレスのリムをつけることにより、回転力を上げるアプローチが主流。
ただ高いので、普通のプレーヤーはアルミのを使う、それでもメインストリームは6000円オーバーのが大半。
ただ3000円でも国内選手権を制する事もあるので結局プレーヤーしだい。

歴史

ヨーヨーの歴史は意外に古く、何と紀元前2000年のギリシャの壁画にヨーヨーらしき物で遊んでいる人が描かれている。
某デュエリストの3000年前のエジプトの王様がやけにヨーヨーが上手かったのも納得である。

また紀元前4000年頃の新石器時代の中国沿岸部ではよく似た中国ゴマ(ディアボロ)も生まれている。

正確にヨーヨーの起源とされるものは、フィリピンの原住民が狩猟のために使っていた道具であるとされるが、勿論戻りなどしない。
ましてやループ・ザ・ループなど不可能である。
ごめんよ僕のファイヤーボール。

その後、世界中にヨーヨーは広まり、かのナポレオンも遠征の際に馬に乗りながらヨーヨーで遊んでいたという。

日本に最初に伝わったのは江戸時代。
当時のヨーヨーは糸がヨーヨーに固定されていて空転をせず、ただ投げて戻ってくるだけの単調な遊びだったが、これが大ヒットとなる。

その後、アメリカでヨーヨーは画期的な進化を遂げる。
糸をよる事で糸の輪を作り、その中にヨーヨーを入れることでヨーヨーが空転するようになった。

そして今までの単調な遊びから一転、様々な技が瞬く間に開発され、日本でも「コカ・コーラヨーヨー」として一世を風靡した。

それから数十年後、アメリカのヨメガ社が歴史的な発明をする。

遠心力を利用したクラッチをヨーヨー内部に取り入れる事で、回転が弱まると自動的に戻るシステムを作り上げた。

更に空転時間を伸ばすために金属ベアリングを内蔵したヨーヨーなど様々な発明がなされ、それらのヨーヨーは「ハイパーヨーヨー」として日本に上陸。
殆どがアメリカでの倍の値段というとんでもない値段で売られていたが、大ブームを引き起こした。

当時放送された超電磁ロボコンバトラーVでは必殺武器としても登場しており、ヨーヨーを扱う実写カットが入れられたりもした。

またスケバンの武器でもある。

ブームは廃れたが、ヨーヨー、プレイヤー双方の進化は今も日夜進んでおり、
現在も日本では全国五会場での地区大会、そして全日本大会、更には世界大会も毎年アメリカのフロリダ・オーランドで開催されている。
全日本大会や世界大会の上位陣はもはやテニヌやドラベースの世界の住人なので、是非ニコニコ動画やようつべなどで見て頂きたい。

何気に日本はヨーヨー最強国家であり、毎年毎年世界大会には多数の日本人が登場。
たまに全6部門を全て日本人が制覇したりする。

現代のヨーヨー事情

以下は現代のヨーヨー事情に触れる。


現在、ヨーヨーには多数のプレイスタイルが存在し、大会は曲に合わせて3分間自由演技を行う「フリースタイル」という形が取られる。
基本的にルール違反(卑猥な単語を使う曲を使ったり、ヨーヨーに危険な改造をしたりなど)をしなければ何でもアリなので、
いきなり歌い出す選手までいてかなりカオスである。

部門

それぞれの部門を簡単に説明すると、


1A シングルハンドストリング

一つのヨーヨーであやとりのようにごちゃごちゃした動作を行う。
全ての部門の基本であるが故に、最もプレイヤー人口が多い。
他の部門はこの部門がある程度できないと話にならないため、どの部門をやるにせよ、この部門をある程度マスターする必要がある。

また、最もプレイヤーの個性が出る部門とも言われ、ユーロビートやメタルやロック、ポップや電波ソングなど、非常に様々な曲が使用される。
余談だが全日本大会で「恋のみくる伝説」を使用する猛者が現れた。
ウッウッーウマウマで世界選手権制した大馬鹿野郎もいる。


2A ツーハンドルーピング

両手によく戻るヨーヨーを持ち、ぶん回すスタイル。
「ループ・ザ・ループ」や「ダブル・ループ」と言われると覚えがある方も多いはず。

見た目通り一番体力が必要な部門で、既に技の進化が行き着いてしまったため、
後は完成度を極める他は体の動きによって表現度を上げるしかなく、
新体操ヨーヨー部門と化している程に高い身体能力が要求されるようになってしまった。
例を上げれば床に寝そべりながらダブルループ→そのままヘッドスプリングで起きつつループ継続…なんてのは序の口。
前宙やバク宙まで出来なければ勝てない状況まで来てしまっている。
この部門に関しては「技の構造を理解する」より「体で覚える」しか技の習得方法が無い。
更に基本そのものの習得に血の滲むような努力が必要なので、最も敷居が高い部門と言われる。
なんか職人気質の日本人に合うのか毎年のように日本人が無双する。

また体によくヨーヨーがぶつかるので、一番危険な部門とも言える。
しかし素人ウケは最高に良いので、ある程度2Aのスキルを磨いておけば学校の文化祭や忘年会などでヒーローになれるかも。

曲もハイスピードな曲がよく使用され、ユーロビートが主に使われる。


3A ツーハンドストリング

1Aヨーヨーを両手に持って行うスタイル。
金がかかる、地味、面倒くさいの三拍子揃っているため、一番競技人口が少ない。
素人ウケもお世辞にも良いとは言えず、筆者も2Aの基礎技は大絶賛されたが、地区大会で通用するレベルの技をやっても首を傾げられて終わった。

更に2Aのスキルがある程度あった方が圧倒的に飲み込みが早いため、敬遠されがちなスタイルである。
曲はゆったりとした感じの曲が好まれる。


4A オフストリングス

糸からヨーヨーを外して行うスタイル。
あまりにも特異すぎるため、4A以外に使えないアホみたいな大きさと重さのヨーヨーが開発されている。
見た目も派手で2Aほど敷居が高いわけではないので人気は割と高い。
だが1A、2Aのスキルはある程度要求される。
世界選手権4勝含む合計タイトル数40とかいう魔王が居るのがこの部門。

室内で練習するときはくれぐれも部屋をきちんと片付けて、割れ物が近くに無いことを確認してやろう。
基本がトスアップなので蛍光灯にも要注意。
4Aでは軽量級と言われるヨーヨーですら1Aでは重量級扱い。

1Aほどではないが自由度が高いため、アップテンポの激しい曲からジャズまで様々な音楽が用いられる。
こちらも優勝するには同時に2個のヨーヨーを扱う必要が(主に魔王のせいで)出てきており、ジャグリング大会ヨーヨー部門と化している。

5A カウンターウェイト

今度は糸を指に付けずにおもりに付けて振り回すスタイル。
他の部門ほど1Aの技量が要求されず(ある程度はやはり要求される)、技の習得も割と簡単なため、競技人口は多い。
(しかし『綺麗に行う』ためには相応の努力が要求される)
4Aほどでは無いがヨーヨーを落としまくるし飛ばしまくるので、壊れても泣かないヨーヨーと部屋の片付けは忘れずに。
あとカウンターウェイトを腕にぶつけても泣かない。

1A同様に曲の自由度は高い。


AP アーティスティックパフォーマンス

何でもあり。基本的に世界大会のみ行われる。
これのみ時間制限が無いのでやりたい放題。
毎年のように元気な変態が大暴れしたり、真面目に一つのストーリーを演じたりと、プレイヤー毎の温度差が激しい。

・実際にヨーヨーをやりたくなった方へ


残念ながらまともなヨーヨーは現在はほぼ通販でしか入手できない。
以下の通販サイトが挙げられる。

・ヨーヨーショップ スピンギア
国内ヨーヨー通販最大手。
基本的に何でもあるが若干高い。
それにサイトが重いため、貧弱貧弱ゥ!なパソコンだとすぐ止まる。
秋葉に無休の店舗と、通販窓口ではあるが休日に営業する八王子に実店舗があるため、近隣の方は行ってみよう。
故YoYoJAMのオーナーとSGのオーナーが知り合いらしく、結構SG専売のヨーヨーがあった。
あとYoYoEmpireなどのマイナーメーカーが強い。

・ヨーヨーストアリワインド
ビギナー向けを自負し、一通り揃ったセット販売メニューを多数用意しているので分かりやすい。
が、サイトの重さと送料無料になるまでの金額が若干高いのがネック。
実店舗は名古屋だが、基本通販窓口で月1しか開店しない。
2016年に渋谷店がオープンし、こちらは定休日はあるが営業日は多め。
C3YoYoDesignとYoYoFactoryと太いパイプがあるようで、Rw先行や国内ではRwのみの入荷も多い。

・YOYOIsland
大阪に実店舗があり、通販もやってる。
実店舗は東大阪なので中心部から電車で20分ほどの場所にある




・初心者にお勧めのヨーヨー

とりあえずリワインドでスピーダホリック+Loop360のセットを買っておけば平気。
上達したらスピーダホリックのベアリングをセットに入ってる奴に入れ替えて、Loop360を1個買い足せば1A、2Aは対応可能。
3Aだったらスピーダホリックを1つ買い足せばいいし、5Aもカウンターウェイト購入で出来る。
4AはJTから出ているオフストリングスターターセットを買うのがよろしいかと。

また、各地で練習会も毎月のように行われている。
よほど変な言動をしないかぎりハブられないが、練習会によっては身内意識が強い場合があるので注意。


関連項目



【武器としてのヨーヨー】

少し前述したが、元が狩猟用であったためか、創作作品では武器として使う者も結構いる。
ブリジット、コンバトラーV、HUNTER×HUNTERのキルア=ゾルディック、闇遊戯など、もっぱら技巧派キャラの武器として登場することが多いようである。
加速がつけやすいので鈍器としては軽量の割に威力が出やすい。
巨大なものだったり、刃が飛び出したりと実在し得ない物も多い。
あぶないので真似しないように。

アニメ

コン・バトラーV(超電磁ロボ コン・バトラーV)
超電磁ヨーヨー を使う。
きらめきマン2号(タイムボカン2000 怪盗きらめきマン)
巻き尺とヨーヨーをミックスした武器 オートメジャー を使う。
フルアーマー電童(GEAR戦士電童)
超電童ヨーヨー を使う。
ガボール (ゾイドジェネシス)
恋人の形見のヨーヨーを使う。
キャプテンブルージュニア (VIEWTIFUL JOE)
Vヨーヨー を使う。
カルメン99(ガン×ソード GUN SWORD)
ヨーヨーに飛び出しの刃がついた武器を使う。
オクタンティス(ALDNOAH.ZERO)
超電磁ボビン とそれを機体に接続する 超々高張力ワイヤー を使う……というかこれしか搭載してない。
ヨーヨー使いとしては珍しい敵側のメカ。
カバカーリー(ガンダム Gのレコンギスタ)
掌からのレーザー誘導で操作するビーム・リングを使う。
小明(ファンタジスタドール)
赤堤ももこ/ハイパー・ブロッサム(/出ましたっ!パワパフガールズZ)

漫画

童虎(聖闘士星矢)
天秤座の聖衣に内蔵された六種類二つずつ、計十二個の武器のひとつ、 天秤座の円盾(ライブラのシールド) を使う。
その名の通り主目的はだが、チェーンが内蔵されておりヨーヨーのように攻撃にも使用可能。
独眼鉄(魁!!男塾)
釽舞大円盤 を使う。
キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)
50kgの合金製ヨーヨー2個を使う。
闇遊戯(遊戯王)
蛭谷(遊戯王)の手下
陽神明(地獄先生ぬ~べ~)
霊殺石の玉 を使ったことがある。本来はヨーヨーではないが、伸ばした陽神の指を紐として使用。
鈴駒(幽☆遊☆白書)
閻幻太子(えんげんたいし)(曉!!男塾)
憑依した自由の女神の冠を 自由の女神殺人ヨーヨー として使用。
ビクトリームベルギム・E・Oゼオン
術の属性に対応したヨーヨー系の 「マグル・ヨーヨー」「リュウズ・ヨーヨー」「レード・ディラス・ザケルガ」 を使える。
雫芽さりな(魔法少女サイト)
ハンゾー(おきらく忍伝ハンゾー)
絶対防御の海魔の盾を手に入れ攻撃の効かない 転輪鬼 が回転しながら迫ってくるのに対し、流行りの超陽陽(スーパーヨーヨー)を応用して 相手自身をロープで巻いて振り回して目を回す 超絶陽陽(ウルトラスーパーヨーヨー)を使用したことがある。

ゲーム

ブリジット(GG)
ゴエモン(がんばれゴエモン)
がんばれゴエモン ~ゆき姫救出絵巻~でキセルの上位武器として使用したが、次作以降はチェーンキセルへ変更。
まりん(KOF)
める=らんしぇる(超ヒロイン戦記)
主人公(MOTHER2)
スマブラでも同様

実写

イエローマスク (光戦隊マスクマン)
ヨーヨーにもコマにもなる武器 マスキーローター を使う。
麻宮サキ(スケバン刑事シリーズ)
高見沢逸郎/仮面ライダーベルデ(仮面ライダー龍騎)
バイオワインダー を使用。



追記・編集よろしくお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/