ヨッシーシリーズリンク


ヨッシーアイランド

機種 タイトル ジャンル 概要 判定
SFC スーパーマリオ ヨッシーアイランド 2D ACT 暖かいタッチの優れたデザインで送る、ヨッシーと赤ちゃんマリオの大冒険。
GBA スーパーマリオアドバンス3 マリオアドバンスシリーズの1つとして移植。高難易度のひみつステージを追加。
N64 ヨッシーストーリー 2D ACT 前作とは世界観やゲームシステムがかなり異なる異色作。 なし
DS ヨッシーアイランドDS 2D ACT 第一作の流れを汲むものの異常な難易度の高さ等で爽快感が減少。
スペシャルアイテム完全廃止でALL100点を狙うとさらに鬼畜な難易度に。
不安定
3DS ヨッシー New アイランド 2D ACT タイトル通り心機一転を目指すも、初代のEDぶち壊し、新要素の乏しさなど、
またしても期待に応えられる内容とはならなかった。
シリ不
WiiU ヨッシー ウールワールド 2D ACT 毛糸のカービィ』などを手がけたグッド・フィールと任天堂が共同で制作。
『ヨッシーアイランド』の正統続編を待ち望んだファンから高い評価を受けた。
3DS ポチと! ヨッシー ウールワールド 「ポチ」に乗って進むステージなど、Wii U版に多数の要素を追加。
Switch ヨッシークラフトワールド 2D ACT


アクションゲーム

機種 タイトル ジャンル 概要 判定
GBA ヨッシーの万有引力 2D ACT 回転センサー内蔵カートリッジで、ゲーム機を傾けて遊ぶ異色のアクションゲーム。
10年以上続く、アートゥーン(後のアーゼスト)外注によるヨッシーシリーズ暗黒時代の始まり。
シリ不
DS キャッチ! タッチ! ヨッシー! 2D ACT タッチペンで雲を作ってベビィマリオとヨッシーを誘導するアクション。
ストーリー等は無く、スコアアタック系のアーケードゲーム的な内容。
ゲーム自体の出来は悪くないが、明らかにボリュームと価格が釣り合っていない。
賛否両論


パズルゲーム

機種 タイトル ジャンル 概要 判定
FC/GB ヨッシーのたまご ACT/PZL 重ねた敵を卵で挟んで消していくパズルゲーム。ヨッシー初のスピンオフ。 なし
ヨッシーのクッキー ACT/PZL クッキーの列を縦横にスライドさせ同種のクッキーで揃えて消していくパズルゲーム。 なし
SFC ヨッシーのクッキー グラフィックが進化しただけでなく、新たにパズルモードを搭載。
対戦モードはマリオ・ヨッシー・ピーチ・クッパの4名の中から選ぶ形に。
ヨッシーのクッキー
クルッポンオーブンでクッキー
SFC版にアドベンチャー風モード「クッキング」を追加した限定非売品
GC NINTENDO パズルコレクション PZL 移植ではない新規作品として『ヨッシーのクッキー』を収録。
同時収録の他2作品に比べ、解像度が高い一方でボリュームは薄い。
SFC版にあったパズルモードの代わりにストーリーモードが追加されている。
なし
SFC ヨッシーのパネポン ACT/PZL パネルでポン』のキャラ差し替え海外版(海外では『Tetris Attack』として発売)。
日本ではサテラビュー専用。サテラビュー自体の普及台数が少ないのが惜しい出来。
GB ヨッシーのパネポン (GB) 移植としては頑張った出来だがやはり限界があった。
GBに合わせて操作性やCOM対戦時ルール等が変更されている。
劣化


その他のゲーム

機種 タイトル ジャンル 概要 判定
SFC ヨッシーのロードハンティング SHT スーパースコープ専用。ヨッシーに乗ってコースを走りながら射撃。


関連作品

機種 タイトル 概要 判定
SFC スーパーマリオワールド ヨッシーが初登場した作品。敵を食べて倒すなどの能力で活躍した。
Switch ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online DL専用。FC版『ヨッシーのたまご』を収録。
スーパーファミコン Nintendo Switch Online DL専用。『スーパーマリオワールド』『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』を収録。※2019年12月6日以降記事作成可。
マリオシリーズ スピンオフ元。ここからシリーズが派生した。
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ シリーズよりキャラクターが出演。