注意:ここでは、パッケージ製品としてリリースされた『マリオのスーパーピクロス』(良作)と、同機種のピクロスシリーズ(判定なし)について紹介する。



マリオのスーパーピクロス

【まりおのすーぱーぴくろす】

ジャンル パズル
対応機種 スーパーファミコン
メディア 8MbitROM+64kbitSRAMカートリッジ
発売元 任天堂
開発元 エイプ
ジュピター
発売日 1995年9月14日
定価 7,900円(税別)
プレイ人数 1~2人
セーブデータ 2個
レーティング 【VC】CERO:A(全年齢対象)
備考 スーパーファミコンマウス対応
配信 バーチャルコンソール
【Wii】2006年12月19日/800Wiiポイント
【WiiU】2013年4月27日/800円(税5%込)
【New3DS】2016年11月28日/823円(税8%込)
判定 良作
マリオシリーズ
ピクロスシリーズ

概要

GBで発売されたパズルゲーム『マリオのピクロス』の続編。 ピクロスとは「ピクチャークロスワード」の略称。パズル雑誌などで有名な「お絵かきロジック」と、ルール自体は全く同じものである。*1
お絵かきロジック自体は様々なゲームが発売されているが、「マリオのスーパーピクロス」はコンピュータならではのヒント機能も追加されている。

SFCにハードを移したことでよりパワーアップしており、新モードとして上級モード「ワリオのスーパーピクロス」が登場した。

特徴とシステム

  • 各問題は方眼紙のようなマス目になっており、縦列・横列それぞれに書かれた数字をヒントに絵を出す。削ってはいけない場所には目印として×印が付けられる。
    • いわゆる「お絵かきロジック」に準じるため、詳しいルールは省略する。
  • 問題を解くモードは、「マリオのスーパーピクロス」と「ワリオのスーパーピクロス」の2つに分かれている。「マリオの~」のレベル1をすべてクリアすると「ワリオの~」が出現。
    • 「マリオの~」では、制限時間があり、問題の大きさに関わらず一律30分。削ってはいけない場所を削るとペナルティとして制限時間を減らされる。(ミス1回目:-2分、2回目:-4分、3回目以降:-8分)
      • 一見、厳しい仕様にも思えるが、間違ったことをその時点で教えてくれるので、システム上でも問題自体でも、難易度はこちらの方が低い。
      • さらに「マリオの~」のみ「ヒントルーレット」が存在し、開始時に使うか使わないかを選択できる。ルーレットで当たった縦1列と横1列が自動で塗られ、×印も付く。これ以降、そのコースをプレイ中に制限時間を5分消費してさらにルーレットを回す事も可能。
    • 「ワリオの~」では、制限時間が存在しない代わりに、間違った場所を削っても教えてくれない。「パズル雑誌に、完全に解けたかを教えてくれる機能が付いただけ」と言えばわかりやすいか。
      • 代わりに「ワリオの~」のみ「試し塗りモード」が存在し、異なる色で試し塗りをして「もしこのマスがこうだったら……」と、削るマスの仮定に利用出来る。
      • 試し塗りの終了時には、試し塗りしたマスを確定させて自動的に削ってもらうか、破棄して試し塗りする前の状態にリセットするかを選べる。
      • 「マリオの~」では、20×20のマス問題がレベル8から登場するのに対し、「ワリオの~」では、同じ範囲のマス問題がレベル5から登場するなど、全体的な問題の難易度も高い。
    • 問題となるマスの大きさは5×5から始まり、最終的には最大20×25のマス問題が出てくる。
      • カラー問題などの問題バリエーションは特になく、シンプルなモノクロ問題のみで構成されている。
  • 絵が完成するとカラーに色付けされ、問題一覧から完成した絵が見られる。
    • しかも、一部の絵はアニメーションが付いており、ピョコピョコと動く。GIFアニメ的な粗いものではあるが、独特の味があり、そこそこの出来といえる。
    • アニメーションのある絵はわりと多く、全体の4割ほどが該当する。
    • アニメーションの内容にもバリエーションがあり、口を開け閉めする程度のものもあれば、派手に動くものもある。
  • パズルゲームとしては珍しく、協力プレイが存在している。対戦プレイは無い。
    • 1人プレイの問題を2人で解ける。問題を解いた後には、どちらがいくつマスを削ったかを表示させることも可能。
  • 問題数は「マリオの~」と「ワリオの~」に加え、高難度問題を含めると全300問存在する
    • 「マリオの~」「ワリオの~」各モードにそれぞれ10レベルが設定され、問題が1つのレベル内に12問ずつあるので両モード合計して240問。
    • 各モードそれぞれ、レベル10の問題を全てクリアすると、高難度問題「SPECIAL」が12問ずつ出現し、この問題を両モード共に全てクリアすると、さらなる高難度問題「ULTRA」が「ワリオの~」側に出現する*2
      • この「ULTRA」では問題が8問あり、全てクリアすると、問題選択項目の下部にタイトル画面を縮小したアイコンが出現し、これを選択すると、「マリオの~」側の最高難度問題「EXTRA」が出現。12問+1問の合計13問ある。これを全てクリアすると、さらに「ワリオの~」側にも「EXTRA」が出現し、こちらでは12問+3問の合計15問が用意されている。
      • 基本問題合計240問+「SPECIAL」合計24問+「ULTRA」8問+「EXTRA」合計28問=全300問である。
    • ワリオの問題の中には『ワリオランド』シリーズ出典の敵キャラクターが答えになっているものもある。

評価点

  • モノクロだった前作からカラーになり、SFCならではのグラフィックが発揮されている。
    • アニメーションもあって、解く事による楽しみが増えた。
  • CMでも「中々手強い300問」と称されていた通りの、抜群の問題数。
    • 難易度の低い問題も多いが、それでも圧倒的なボリュームである。
    • さらに「ワリオの~」の導入により、本格的なコースが増えてしっかりやり込めるようになった。
    • それなりに丁寧なチュートリアルも用意されている。
  • 良質なサウンド。
    • フィールドを削る効果音は小気味良い物があり、一気に削れば爽快感がある。
    • BGMは中々良質で、両モードそれぞれに隠し曲が用意されている。
    • また、GB版と同じBGMが多く採用されているので、ファンにとっても親しみやすい。
  • 独特な世界観の付加
    • 作中では特に語られないが、「古代遺跡の石盤に隠された絵を解読する」という設定があり、演出もそれらしくなっている
    • 「マスを塗り潰す」が「削る」と言い替えられ、マスを削る際のカーソルがノミとハンマーになっている他、マリオのメインビジュアルも、探検服に身を包んでリュックを背負うという格好で、設定に沿ったものになっている。
    • 上述のサウンドも、遺跡探検のムードを醸し出すようなものが多く、出しゃばらない程度にさり気なく設定された世界観に程よくマッチしている。
      • マリオシリーズのキャラクター性を含め、個性的な世界観を付加することでゲームに程よく没頭でき、印象を深めていると言えよう。
  • 非常に簡単な問題から高難度の問題まで揃っている。
    • 初心者から上級者まで上達できる良質な構成になっている。
    • 終盤の問題はかなり難易度が高く、仮定法を複数回使わなければ解けないような問題が多数出てくる。
      • 特に「ワリオの~」ではヒントも使えず自分の頭で解く以外には方法がないが、上述の通り制限時間はない為、じっくりと時間をかけて解く事が出来る。

賛否両論点

  • 2Pプレイの難易度
    • ピクロスの性質上、下手な人やよくミスをする人が足を引っ張る構図になりがちで、互いの腕前に差があると円滑なプレイを阻害する可能性がある。
    • 上手い人が二人でプレイすれば実質2倍の速度で解けるが、やはりそれなりの腕前が必要になる。
  • SFCにハードを移したことでパワーアップしたが、据置機なので、GB版や実際のパズル雑誌のようにどこでも遊べるとはいかない。
    • その分、ボリュームは更に増しているので、腰を据えてじっくり楽しむのにはちょうどよいと言える。

問題点

  • 絵関連
    • 最大でも20×25とマス数が限られている以上仕方ないが、答えの絵が粗め。
    • モノクロでも不気味な絵が、カラーになったせいで余計に不気味になった問題もある。
    • 完成品がカラー絵となる一方、ピクロス自体はモノクロのため 完成して着色されるまで何の絵かが全く分からないレベル の絵が結構ある。完成した段階で何の絵かを教えてくれるためゲームとしては問題無いのだが、「パズルを解いて絵を完成させる」というお絵かきロジック本来の目的を踏まえると、完成しても絵が何なのかまともに判定できない時点で問題としては悪問であると言える。
      • 前作のGB版ではこのような「完成しても絵の正体がわからない(あるいは絵の答えに納得ができない=答えの代物に見えない)」という問題はほとんど存在しなかった。
  • 僅かだが、答えが複数存在する問題がある。
    • グラフィックが表示される関係上、製作者の想定した正答を提示しなければクリアにならない。

総評

大ボリュームや操作性の改善により、前作『マリオのピクロス』の正当進化として相応しい作品となった。
亜種問題やご褒美・おまけ的なものがないため若干単調な部分もないではないが、時代を考えれば快適な操作性で300問が遊べるだけでも十分満足できる内容である。

ある程度のキャラ性や動くグラフィックも含めてお絵かきロジック系のゲームとしては抜群の内容であるため、今遊んでも楽しめるだろう。
荒削りな部分も残ってはいるが、高い完成度を誇るパズルゲームの金字塔である。


余談

  • ピクロスDS』以降(厳密には『ピクロスNP』以降)のピクロスシリーズはキャラクター性を撤廃したカジュアル路線になった。
  • 異様に汗臭いテレビCMで知られる。ゴールデンタイムにもよく流れていたので、知っている人も多いだろう。
    • 半裸の屈強な男達が「スー! パー! ピク! ロス!」と掛け声を出しながら採掘する絵面のインパクトは絶大。
+ CM(ニコ動注意)


タモリのピクロス

【たもりのぴくろす】

ジャンル パズル
対応機種 スーパーファミコン サテラビュー
メディア 4Mbit(メモリーパック保存)
発売元 任天堂
開発元 エイプ、ジュピター
配信日 1995年4月23日? - 9月頃? (再放送は1996年3月頃まで)
定価 無料配信
プレイ人数 1人
セーブデータ 1個
判定 なし
ポイント ラジオのお供
タイトル名だけは有名なゲーム

概要(タモリのピクロス)

  • BSアナログ放送で実施されたサテラビュー向けデータ放送で配信されたピクロスゲーム。サテラビューのテレビCMでも宣伝されていたので、存在だけは知っているという人も多いのでは。
    • 配信日からわかる通り、上記の『マリオのスーパーピクロス』に先駆けてリリースされている。なおこの日はサテラビューの本放送開始日でもある。
      「サバチーチカレッジ タモロス博士のサンデーゼミナール」というスーパーファミコンアワー内でのラジオ放送番組を聴きながらプレイできるゲームであった。

特徴とシステム(タモリのピクロス)

  • 基本ルール
    • 『マリオのスーパーピクロス』と同じなため割愛。ただし2P同時プレイが搭載されていない。
    • 起動時にラジオを聞くがどうかが選択でき、はいを選択すると以降ポーズ画面から再度切り換えるか、ゲームを再起動するまで効果音のみ再生されるようになる。
  • プレイ可能モード
    • GB版『マリオのピクロス』と同じように「あそびかた」「やさしいピクロス」「ピクロス」のモードで構成されているが、中身は少し異なっている。
    • 「やさしいピクロス」は5*5が4問、10*10が8問、15*15が2問の計14問が用意されている。これは実装以降どの日の配信も問題は同じ。
    • 「ピクロス」内には「今日のピクロス」「今週の宿題」「応募」の三項目がある。
      • 「今日のピクロス」はその放送日までに配信された15*15の問題が14問分収録され、それぞれタイトルに「○月○日の問題」と表示される。
      • 「今週の宿題」だけルールが「ワリオのスーパーピクロス」基準になり、放送された週の日~土曜日分の20*20の問題が5問用意されている。こちらは週替わりだったと思われる。
      • 「応募」はハガキへの応募要項が表示され、宿題の答えと連想するコトバを書いて応募すると抽選でプレゼントが貰えた。

評価点(タモリのピクロス)

  • 完成されたシステム
    • 全体的にプロトタイプ版のような雰囲気であるが、作りはこの時点でほぼ完成されており、サウンドも一部除き『マリオのスーパーピクロス』にそのまま流用されているほどである。
  • 日替わり・週替わりで新問題が遊べる
    • 上記特徴とシステムの通り放送期間中は毎日一問以上は問題が配信されていたため、サテラビューのプレイ環境さえあれば毎日無料で新たな問題を楽しめた。
    • さらに本放送であれば懸賞付きである。

問題点(タモリのピクロス)

  • 完成後が味気ない
    • 容量的には仕方なかったかもしれないが、『マリオのスーパーピクロス』のように問題を解いた後に答えがアニメーションすることはなく少し寂しい。
    • なおカラー化は行われる。
  • 環境的に遊びづらかった
    • そもそもサテラビューを持っている人が珍しかった。
    • 日替わりのデータ放送という速報性を重視した配信形態、8Mbitの容量かつ当初は本体セット付属の1つのみ・追加販売開始後も税別5000円というメモリーパックの性質、放送開始年であり豊富な番組が放送されたサテラビューの編成からメモリーパックの上書きが繰り返される受信環境など、ユーザーによる保存が難儀であった。
      • 制作側も雑誌や新聞におけるパズルコーナーのような遊ばれ方を想定しているようで、永久的な保存は考慮していないものと思われる。
  • タモリ要素ほとんどなし
    • ラジオ音声を除くとタモリ要素はタイトルと一部問題のみである。ある意味タイトル詐欺に近い。
    • 『有紀のジグソーキッズ』や『ワリオの森爆笑バージョン』など、他のサテラビュー配信タイトルではゲーム内にそのタレントがちゃんと登場していた。

総評(タモリのピクロス)

SFCピクロスとしての完成度が垣間見える一本である。
ただ、もう少しタモリ要素があればなお良かったかもしれない。

余談(タモリのピクロス)

  • ゲームはラジオ番組の放送時間外にも単体で放送されていた。そのため全く別のラジオを聴きながら遊ぶことも可能であった。

サテラdeピクロス

【さてらでぴくろす】

ジャンル パズル
対応機種 スーパーファミコン サテラビュー
メディア 8Mbit(メモリーパック保存)
発売元 任天堂
開発元 エイプ、ジュピター
配信日 1997年11月30日 - 12月27日(これ以降にも再放送あり)
定価 無料配信
プレイ人数 1人
セーブデータ 1個
判定 なし
ポイント ピクロスNPプロトタイプ?

概要(サテラdeピクロス)

  • 1997年度のサテラビューデータ放送にて設けられた月更新のイベントゲーム企画「マンスリーイベント」の12月分作品として放送された。

特徴とシステム(サテラdeピクロス)

  • 基本ルール等は『マリオのスーパーピクロス』と同じなため割愛。
  • 『タモリ~』のような日替わりで問題が更新されるゲームではなく、1作で完結している。
    • ラジオ音声聴取機能はない。この年度はすでに「タレントのラジオ番組を聴きながらラジオとは連動しないゲームを ダラダラまったりと プレイする」という形式の番組は絶滅していた。
    • タレントやキャラクターによるガイド等の要素はない。
  • 4×4問・計16問を解きそれらに共通するキーワードを答えとして応募するイベントが実施された。この形式はピクロスNPに継承されている。

評価点(サテラdeピクロス)

  • 変わらない遊びやすさ
    • 基本ルールなどは『タモリ~』と同じでとっつきやすく、すんなり遊ぶことが可能。
  • 無料でプレイ可能
    • 『タモリ~』同様、環境さえ整っていれば無料で遊べ本放送なら懸賞まで付いていた。

問題点(サテラdeピクロス)

  • 『タモリ~』と比べるとやれることが減った
    • 前述の通り、ラジオ聞き流し不可や問題固定などサテラビューならではの特性がばっさり切られている。今度は「サテラ」要素が薄くなってしまった。
      • サテラビュー自体が終焉に向かっていたため仕方がないことではあるのだが…。
    • また問題数も実質減少している。

総評(サテラdeピクロス)

サテラビューならではの機能が活かされなくなってはしまったものの、ピクロス自体は問題なく遊べる作品。

余談(サテラdeピクロス)

  • イベント期間経過後もサテラビューのサービス終了まで何度も何度も再放送が実施されたので、サテラビューユーザーの中には放送終了までにメモリーパックに保存しておいた、という人もいたのではないだろうか。

ピクロスNPシリーズ

【ぴくろすえぬぴーしりーず】

ジャンル パズル
対応機種 スーパーファミコン
メディア 【Vol.1~5】8MbitROM+16kbitSRAM
(F*2, B*1、SFメモリカセット書き換え)
【Vol.6~8】12MbitROM+16kbitSRAM
(F*3, B*1、SFメモリカセット書き換え)
発売元 任天堂
開発元 エイプ、ジュピター
発売日 【Vol.1】1999年4月1日 【Vol.5】1999年12月1日
【Vol.2】1999年6月1日 【Vol.6】2000年2月1日
【Vol.3】1999年8月1日 【Vol.7】2000年4月1日
【Vol.4】1999年10月1日 【Vol.8】2000年6月1日
定価 2,000円(税別)
プレイ人数 1~2人、同時協力・対戦プレイ
セーブデータ 2箇所
判定 なし
ポイント 懸賞付き
対戦モード追加

概要(ピクロスNP)

特徴とシステム(ピクロスNP)

  • 基本ルール
    • 操作などが『マリオのスーパーピクロス』(以下スーパーピクロス)と同じなため割愛。サウンドもひとつのジングルを除いて全く同じ。
    • 異なる点は、プロフェッショナル以外のモードで一度塗った正解のマスが×マークで上書きされなくなった点。同じミスや塗り直しをすることがなくなるので、問題を解きやすくなっている。
      • プロフェッショナルモードは『スーパーピクロス』の「ワリオのスーパーピクロス」に相当するモードの為、当然このサポートはない。
  • プレイ可能モード
    • 今回は他と異なり「ビギナー」「レギュラー」「プロフェッショナル」「キャラクター」「特集」と分かれており、5つ全てのモードの全問題を解くことで「エクストラ」が出現する。
    • また解答後のアニメーションに加え「特集」での問題を解いた場合、解答を元にした別の鮮明なイラストが表示される。
    • ほかにも「特集」は懸賞応募用のモードでもあり、答えから連想されるキーワードを書いて応募要項に沿って応募すると抽選でゲームボーイカラーなどを貰えた。
      • Vol.1の景品を紹介すると、ゲームボーイカラー10名と ゲームボーイポケット50名 。後者はカラー発売からすでに半年後という時期からするとかなり微妙な景品であろう。 ぶっちゃけ在庫処分とかハズレ枠とか言ってはいけない。
        カラーもこのソフトを真っ先に買うような人ならば、すでに持っている可能性はかなり高い。
      • 応募受付終了後に書き換え購入した版では、メニュー画面から応募要項を見るためのアイコンが削除され、選択できないようになっていた。
  • 新たに追加された対戦モード
    • こちらは開始時に15*15サイズ問題の中からランダムで選ばれたものを同時に解いていくというもの。対人戦専用。
    • 1マス塗るごとに+1ポイント、マスによってはボーナス5ポイント、間違ったマスを塗ると-5ポイントが入り、問題完成までにこのポイントを多く稼いだ方が勝利となる。
    • Vol.2から一~三回戦を選択可能に、Vol.6からは問題の趣向を三段階から選べるようになった。
      • 趣向は「ろんりてき」「ちょっとカン」「かなりカン」から選択し、「カン」が付くものを選ぶと問題のヒント数字の一部が「?」となり一目で分からなくなってしまう。
      • なお収録問題はどのVol.も120問とされているが、そのうち18問は対戦専用と思われる。
  • 様々な任天堂キャラクター
    • モードの一つの「キャラクター」はVol.ごとに異なり、任天堂発売の他ソフトからさまざまなキャラクターの絵となっている。
      • 登場するのは『ポケットモンスター』にはじまり『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』や『星のカービィ』など様々。
        ポケモン関連のSFCソフトは本作Vol.1が唯一となる。

評価点(ピクロスNP)

  • ピクロスシリーズ他作品と変わらず楽しめるルール
    • 基本ルールは全く変わらないため、お絵かきロジックやピクロスをやったことがあればそのままの感覚でプレイできる。「遊び方」により初心者へのフォローもなされている。
  • 鮮明な完成後のイラスト
    • 「特集」モードのみではあるが、ピクロスを解いた後のイラストが問題マスのピクセル数ではなく、さらに細かいピクセルでのイラストを見られる。
    • 以降のピクロスシリーズも、完成後のイラストはカラー化などは行われるものの基本的に問題マス数のままの絵であるため
      鮮明な完成イラストが見られるのは『ピクロスeシリーズ』のミクロスを除くとこの作品くらいである。

問題点(ピクロスNP)

  • サウンドが全く変わり映えしない
    • サウンドそのものは良質ではあるのだが、『スーパーピクロス』をプレイ済みだと全く同じサウンドを聞くことになるため少々飽きが来やすい。
    • せっかく各Vol.にて異なる任天堂キャラクターを起用しているにもかかわらず、サウンドにはそれらの原作要素を導入していない。
  • ボリュームに対して少々高めの価格と多めのブロック数
    • このNPシリーズは当時書き換え新作扱いだったため、どの作品も一律2000円での書き換え価格となっている。*4
    • さらにシリーズ一貫して、問題収録数が『スーパーピクロス』の半数以下であるにも拘らず、書き換え時の使用Fブロックは『スーパーピクロス』と同じかそれ以上である。
      • ただでさえSFメモリカートリッジはFブロックがカツカツなため、多くの人は次のVol.を書き換える際、前のVol.などを消して購入していたと思われる。
    • 同時に書き換え可能であった『スーパーピクロス』は旧作扱いの半額1000円であり、どうしても割高感を覚えてしまう。

総評(ピクロスNP)

問題数減少が残念であるが、ピクロス自体は安定して楽しめるゲームである。
『マリオのスーパーピクロス』をNPで購入した流れで書き換えたプレイヤーも多かったのではないか。

余談(ピクロスNP)

  • 同時期に世界文化社が発売していた書き換え専用ソフト『お絵かきロジック』『同2』は問題数が150問と多く、Fブロックも1つに抑えていた。
    • ただしこちらは最大サイズが20*20、解答後のアニメーション等もない容量相応のシンプルな作りとなっている。
  • キャラクター問題の出典は、同時期に出たスマブラの初期メンバーとほとんど被っており、当時の任天堂の人気タイトルが見て取れる。
    • 唯一の違いとして、「ピクロスNP」ではメトロイドの替わりにワリオシリーズが登場している。「メトロイド」シリーズは、当時しばらく新作が出ていなかった。
最終更新:2020年07月14日 10:10