ネモ(ポケモン)

登録日:2022/11/30 (水) 20:50:20
更新日:2023/01/31 Tue 23:47:49NEW!
所要時間:約 5 分で読めます






初めてのポケモン勝負!


楽しんでほしいな!




出典:『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』公式サイト、22年11月30日閲覧、https://is.gd/Px3IDx
2022 Pokémon. ©1995-2022 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

『ネモ』とは、ゲーム『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の登場人物である。

概要

主人公が通うことになるアカデミーの女子生徒。主人公と同じく総合コース1-A所属。
1年生でありながら同校の生徒会長を務める優等生。*1
実家は主人公の家の近くにあるため、以前から主人公が引っ越してきた事は知っていた様子。
家族は両親と姉がいるが、全員作中には登場せず容貌や名前は不明。父親はパルデアに住む人なら誰もが知るスマホロトムの会社の役員で、実はかなりのお嬢様
その実家は家自体も結構な豪邸だが、裏庭にはバトルコートやビーチがあるし、お手伝いさんも沢山いる。


主人公にとっては頼れる先輩で、本作のライバルキャラクターでもある。

シナリオの1つ「チャンピオンロード」における重要人物で、ジム巡りの先々で主人公に戦いを挑んでくる。
ジムのクリア回数に応じてイベントが挿入されるため、本作では数少ない「バトルのタイミングを任意で選べないボス」となっている。


容姿

身長は主人公より高い。それどころか、ゲーム画面を見る限りペパーより若干高い。
褐色肌とそばかすが特徴。頭髪は、黒髪のポニーテールで前髪の一部及びそこから垂らした一房を緑に染めている。後どこがとは言わないが割とデカイ
服装は主人公同様学生服で、右腕にサポーターらしき物を付けている。服装はアカデミーの夏服で、公式絵では『スカーレット』バージョンのカラーリングだが『バイオレット』バージョンでは同バージョン準拠のカラーリングとなる。


人物

序盤で主人公に色々教えてくれる様は正に「頼れる先輩トレーナー」である彼女だが……それも間違ってはいない。
だが彼女の本質はまた別にあった……それは、





相当なバトル好き




という事である。
『ポケモン』世界ではアニメ主人公を始めとして別にそういった人物は珍しくもないが、彼女は一味違った。

  • 序盤からバトルすることを()る」と表現する
  • まだ新人の主人公に無意識とはいえ全力の手持ちでバトルを仕掛けようとする。(この時はクラベル校長に止められた)
  • 主人公がスター団とトラブった際には「ポケモン勝負するなら、わ た し と! ……でしょ!?」独占欲丸出しでスター団ではなく主人公を叱る。
  • 主人公と戦えないコンディションにあることを悔しがり、代わりに「そこらへんのトレーナーを片っ端から相手にしてくる」と宣言して実際に街に繰り出す
  • ジムリーダーと戦った直後の主人公に、彼/彼女のポケモンが傷付いてる状態なのを見落として勝負を挑む。(もちろん周囲に教えられて、勝負をお預けにしたり回復してあげたりする。)

……と、最早歴代ライバル随一の戦闘狂とまで言えるほどバトルが大好きという事がひしひしと伝わってくるだろう。パルデア地方にバトルフロンティアがなくてよかった

とはいえこれでも生徒会長だし*2授業にも真面目に出席している等、決してバトルが好きなだけの脳筋ではない。成績も極めて優秀である。
仲間の険悪なムードを察して執り成したり、必要ならば大好きなポケモンバトル大会に参加せず裏方に徹するなど、基本的には良識のある面倒見の良いお姉さんである。


主人公の事は相当気に入っており、ジムで見かけたら速攻でバトルを仕掛けようとするほど。
そんな主人公がどんどん強くなっていくことに「どんどん実っていく」と表現して喜んでいる。
どう考えても主人公の同級生の口から出る表現ではないが気にしてはいけない。

肝も割と据わっており、どんなに怖い事態でも「ワクワクした」と興奮し、物語終盤に危険地帯に行く際にも、
他メンバーが割と真面目な理由で赴くのに対し、彼女は「強いポケモンと戦えるから」という彼女らしい理由でついてきており、
そのあまりの肝の据わり具合から同行したメンバーに「特性マイペースか?」と小言を食らった。

半面、身体能力は割と低い。ボールを投げるのは苦手だと自称しているし、モブの目撃証言によれば「アカデミーの正面にある長い階段を登るときには途中で休んでいる」という。実際、長距離を移動した際にはへばっていたがバトルの際は元気を取り戻していた
某マサラ人とは気が合いそうだが、彼とは身体能力に雲泥の差があるようだ

バトル好きだが勝敗にはあまりこだわらないようで、自分を打ち負かした主人公を称賛しその成長を喜んでいる。

とまあ、主人公視点だとなかなかぶっとんだキャラクター性だが、これはあまりにも強くなりすぎた結果、全力でバトルしようものなら周りが逃げてしまうという事情もある。
本人は「負けても楽しいよね?」というスタンスだが、同じ年頃の子供にはなかなか理解されなかったようで、それでもなおバトルするために手加減することを覚えてしまっていた。
そんなわけで、主人公が来るまでは欲求不満状態に陥っていたことがシナリオクリア後のイベントで明かされている。

なお、このシナリオクリア後のイベントを終わらせると、ネモの寮の部屋にお邪魔することができるようになる。
部屋の中はきちんと片付いており、机の上には複数のモンスターボールが置かれ、壁にはトレーニングメニューが貼られている
ちなみに、キッチンには大量のポケモンフードの材料が置かれているが、キッチン内で「大さじの感覚って人それぞれ」とか言い出すため、明言されてはいないもののメシマズ属性疑惑が……。
その他、何かを高らかに告げるときには「んジャカ パーン!」と言うのが口癖のようだ。


手持ちポケモン




わたしもちょっと強気なメンバーでいこうかな!



御三家は主人公が選択したポケモンに不利なポケモンを選んでくる。
ちなみに主人公との初戦では「いつものメンバーを使うところでした」と言っているため、
主人公に合わせて育てている以下の手持ちとは別のポケモンを持っている可能性はある。

〇1戦目

  • ニャオハorクワッスorホゲータLv5


〇2戦目

  • ニャオハorクワッスorホゲータLv8
  • パモLv9(テラスタイプ:でんき)


〇3戦目

  • イワンコLv21
  • パモLv.21
  • ニャローテ(テラスタイプ:くさ)orアチゲータ(テラスタイプ:ほのお)orウェルカモ(テラスタイプ:みず)Lv22


〇4戦目



〇5戦目






余談

  • 名前の由来は花の「ネモフィラ」と思われる。「ネモ」という単語を含む他の植物として「アネモネ」があるが、
    スペイン・フランス語版のネモの名前がネモフィラ属の一種である瑠璃唐草を思わせる名前なのでネモフィラ説が濃厚。
    言うまでもないが、『ポケモン』キャラの命名則からしても某モビルスーツ関係ないセブンスターズのバクラザン家当主とも関係ないし、ヴェルヌの名作SF小説に登場する船長でもない。
    • ネモフィラの花言葉は「可憐」「あなたを許す」「どこでも成功」「清々しい心」など。
      可憐かはさておき文武両道かつ良識人な面に関しては確かに「どこでも成功」「清々しい心」と言える。前者はサブイベントを考慮すると少し皮肉ともとれるが。

  • 一方、ラテン語でネモは「誰でもない」という意味もある。
    • これに関してオーリム/フトゥー博士の名前がラテン語由来なので、発売前は両者に何らかの接点があるのではという考察が一部で存在した。
    • 結果的に接点は無かったものの、クリア後シナリオでのネモのサブイベントを考慮すると(偶然とは思われるが)やや意味深かもしれない。

  • 何気に最初の手持ちから最終戦に至るまで1匹たりともリストラはしていない。つまり最終戦のガチ勝負に至っても彼女の手持ちは旅パということになる。
    ということは、未だ猶本気ではないのかと戦慄しかけるところだが、試合前後の彼女とのやり取りを見る限り、主人公とのバトルはこのパーティが全力でのチームである模様。
    • 道中で「ジムリーダー戦用に手持ちを調整している」「ポケモン20匹くらい鍛えながら応援してる」という発言を聞けることから、
      お披露目した以外のポケモンもいろいろ育てている模様。それを踏まえて、初期から構成しているパーティが主人公と戦うにふさわしいと選択している可能性は十分にある。
    • また、今回ネモはあくまで主人公と肩を並べるためにスタート地点に戻ったというだけなので、旅を開始した時点から計画的に旅パを構成していたのかもしれない。
      実際、将来600族となるヌメラを手持ちに加えたりもしている。
  • なにより、最後の本気でのバトル後に「次はどの子で戦おうかな?」と宣っている……

  • 上記の理由もあり、今作のライバル枠であるネモは、前作『ソード・シールド』で道中共に成長していったホップとはまた違った形のライバルとして描かれている。

  • また、そのバトル廃人っぷりや2周目を始めている点などから、ダンデとはまた違った形でプレイヤーをモチーフにしているのではないかという考察もある。
    実はネモも最終戦後に「めのまえがまっくらになった」を実際に行っている人2代目である。

  • バグか仕様かは不明だが、チャンピオンロードの最終戦でネモに敗北しても所持金を取られることがなく、最寄りのポケモンセンターに戻されるだけとなっている。
    「何百回でも勝負できるならお金などいらない」のだろうか。

  • 道中で「そこらへんのトレーナーを相手にしてくる」とランニング感覚でトレーナー狩りバトルを繰り返していることを明かしている。
    実際、野良トレーナーの中には「恐ろしく強い女の子に出会った」と漏らす者もいる。十中八九ならぬ十でネモのことと思われる。

  • そのバトル好きと強くなる主人公に興奮する様から、様々なバトル漫画のライバルを連想したプレイヤーが多かったことは言うまでもない。
    特に、彼女の戦闘狂っぷりには『HUNTER×HUNTER』の登場人物であるヒソカ=モロウを想起するプレイヤーが多く、
    「H(エッチ)なお姉さんかと思ったらH(ヒソカ)なお姉さんだった」「主人公の成長を実っていくって表現するのはヒソカかネモだけだろ」「ヒソカ=ネモロウ」といった意見が飛び出す始末。
    案の定というか、ネモをヒソカっぽく描いたファンアートやネモのセリフの語尾トランプのスートにするコラ画像が出回っている。
    一方でクリア後に判明した過去の方は他ラスボス隊長っぽいとも。いずれにせよ女の子の形容詞にしていいキャラじゃない。

  • 本作は今までと違いトレーナーには話しかけないとバトルにはならないが、これは「ネモが片っ端からバトルを仕掛けていたからでは?」とプレイヤーから推測されている。
    悪の組織がちょい悪程度のスター団しかいないのも彼女がぶっ潰したからではないかとも推測されている。*3

  • 主人公に関しては基本的に肯定的で、ネモを拒否するような選択肢を出してもなんかプラス思考で早合点しがち。しかしそんな彼女も明らかに手を抜いたと分かる際には静かに怒ってくる。ネモにとって楽しいポケモン勝負に本気を出さない事は無礼に当たるのだろう。


追記・修正するなら、わ た し と! でしょ!



この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2023年01月31日 23:47
添付ファイル

*1 アカデミーには年配の学生が何人もいる中でである。彼女自身は主人公よりはやや年上と思われる。

*2 とはいえ生徒会活動の様子は他のキャラのセリフなどから断片的に判るだけだが。

*3 奇しくもこの推測はダンデにも掛けられている。