太鼓の達人シリーズリンク


アーケード

タイトル 概要 判定
旧筐体シリーズ
太鼓の達人 記念すべき第1作目。旧筐体アーケード版全体の解説も、便宜上こちらに記す。
太鼓の達人2 新コース「ドンだフル!」(現在の鬼コース)が追加。ハロプロ曲が多い。
太鼓の達人3 ゲストキャラ(もじぴったん、ドリラー、クロノア)初登場。デザインも一部変更。
バトルコース、風船音符が登場。
太鼓の達人4 太鼓の音色が独特。
太鼓の達人5 曲→コースの順番で選べるようになった。
太鼓の達人6 「旧作」最後の作品。
太鼓の達人7 大幅リニューアル。「ドンだフル!」コースは鬼コースに変更された。
ゴーゴータイムや芋音符も追加。
太鼓の達人8 おにコースの配点法が変更。ジャンル「ゲームミュージック」やHSオプション登場。
音符の間隔がやっと綺麗に。
太鼓の達人9 システムやや変更。収録曲100突破&難易度インフレ。
太鼓の達人10 隠し曲導入。難易度順に切り替えできるようになった。
太鼓の達人11 裏譜面導入。太鼓の音色を変更できるようになった。
太鼓の達人12 初心者向けにした結果、ドンだーからは賛否両論に。 なし
太鼓の達人12 ド~ン!と増量版 上級者向け譜面を追加し、評価を回復させた。
太鼓の達人13 公式の全国大会が開催。
太鼓の達人14 ナンバリングされた作品としては最終作にあたる。ついに1000ノーツ超え曲登場。
新筐体シリーズ
太鼓の達人 通称「新筐体」。シリーズ初のネットワーク対応。HD画質化。 なし
太鼓の達人 KATSU-DON システムの改善、旧曲の復活により評価を回復。
太鼓の達人 ソライロVer. 新ジャンル「ボーカロイド曲」登場
太鼓の達人 モモイロVer. 「東方Project」の楽曲が初登場。着せ替えと称号もパワーアップ。
太鼓の達人 キミドリVer. 第1回天下一音ゲー祭に参加。
太鼓の達人 ムラサキVer. 大きなコラボイベントや話題性のある楽曲を収録。ただし一部のアイドルマスターの譜面に賛否あり。
太鼓の達人 ホワイトVer. ラブライブ!とのコラボイベントが話題に。一部の段位道場の課題曲が前作から全く変化していない。
太鼓の達人 レッドVer. ナムコオリジナルの旧曲の復興が盛んに行われた。段位道場の評判は悪い。
太鼓の達人 イエローVer. ごほうびシステムが一新。どんポイントが廃止され、どんメダルとかつメダルが導入された。
太鼓の達人 ブルーVer. 演奏バトルシステムの追加。ナムコオリジナルの新曲の難易度が全体的に高い。
イベント限定タイトル
太鼓の達人 関ジャニの仕分け∞ テレビ朝日1Fアトリウムにて期間限定で遊べたバージョン。同名番組とのコラボ作品。
太鼓の達人 ニコニコ超会議2 ニコニコ超会議2にて遊べるバージョン。同人STG『東方Project』の楽曲を収録。


家庭用据置機

機種 タイトル 概要 判定
PS2 太鼓の達人 タタコンでドドンがドン 初の家庭用作品。 なし
太鼓の達人 ドキッ!新曲だらけの春祭り 前作の改善・追加点が多い。全体の難易度は低め。 なし
太鼓の達人 あっぱれ三代目 高速ソフラン等特徴のある譜面が多く初登場した。2000シリーズはこの作品から登場。
太鼓の達人 わくわくアニメ祭り 文字通りアニメソングを中心に収録。しかしボリュームが薄すぎた。 シリ不
太鼓の達人 あつまれ!祭りだ!!四代目 グラフィックもゲームシステムも一新されたシリーズのターニングポイント。
太鼓の達人 ゴー!ゴー!五代目 新要素ゴーゴータイム、いも音符登場。
太鼓の達人 TAIKO DRUM MASTER 洋楽を中心に収録した異色作。 なし
太鼓の達人 とびっきり!アニメスペシャル 『わくわくアニメ祭り』の続編。とびっきり大ボリューム&豪華アーティスト陣でスペシャルに。
太鼓の達人 わいわいハッピー六代目 新ジャンル「ゲームミュージック」が家庭用初登場。
鬼の☆6以下がおかしいことになっている。改善点も多く、画質も向上。
なし
太鼓の達人 ドカッ!と大盛り七代目 PS2版最終作。「わくわく冒険ランド」と「おに」は難易度が高い。
Wii 太鼓の達人Wii 当時の2000シリーズを全て収録。しかしバグがある。 なし
太鼓の達人Wii ドドーンと2代目! 裏譜面が家庭用で初めて収録。
太鼓の達人Wii みんなでパーティ☆3代目! Wii版は本作以降4人同時演奏が可能。
太鼓の達人Wii 決定版 過去作の人気曲を多く収録。
太鼓の達人 Wii 超ごうか版 粗は目立つものの、「豪華版」の名に恥じない収録曲。 なし
WiiU 太鼓の達人 Wii Uば~じょん! つまみぐい演奏や太鼓教室削除、裏譜面解禁の改悪などシステム面の粗が目立つ。
メインのはずのDLCもあっという間に終了&有料化。
なし
太鼓の達人 特盛り! システム面が大幅に改善され、新モードのメカドンガシャ、イントロどんも好評。
しかし音沙汰のほとんどなかったDLCが評価を落としてしまった。
賛否両論
太鼓の達人 あつめて★ともだち 大作戦! 収録曲は前作の反省を生かして新曲が多い。期間限定DLCも無料ながら豪華な曲が揃っている。
ストーリーはかっちゃんが一応主役。
PS4 太鼓の達人 セッションでドドンがドン! 久々のPS据え置き新作。
Switch 太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん! NintendoSwitch初の新作。


家庭用携帯機

機種 タイトル 概要 判定
PSP 太鼓の達人 ぽ~たぶる シリーズ初の携帯機。無料DLで更にボリュームアップ。 なし
太鼓の達人 ぽ~たぶる2 前作のDL曲を全て収録。ストーリーモードが初登場。
太鼓の達人 ぽ~たぶるDX PSPシリーズの集大成。
DS 太鼓の達人DS タッチでドコドン! ゲームができなくなるという重大なバグがあったが、後に改善。着せ替えが初登場。
めっちゃ!太鼓の達人DS 7つの島の大冒険 ストーリーモード追加など大幅ボリュームアップ。
太鼓の達人DS ドロロン!ヨーカイ大決戦!! RPGとしてはかなり微妙。音ゲーとしては評価は高い。 なし
3DS 太鼓の達人 ちびドラゴンと不思議なオーブ 3DSに移行。本作の目玉のストーリーもなかなか面白い。
太鼓の達人 どんとかつの時空大冒険 時空を超えて様々な時代を大冒険。DLCは時空を超えた選曲で高評価。
太鼓の達人 ドコドン! ミステリーアドベンチャー
PSV 太鼓の達人 Vバージョン 選曲は豪華だがストーリーは微妙で作業ゲー感が凄い。DLCで『東方Project』の楽曲が家庭用で初登場。 なし


関連作品

機種 タイトル 概要 判定
GC ドンキーコンガ 『太鼓の達人』とスタッフが同じでありゲームシステムが似ている。
ドンキーコンガ2 ヒットソングパレード
ドンキーコンガ3 食べ放題!春もぎたて50曲
GBA クロノアヒーローズ 伝説のスターメダル どん、かつ、バチお先生がゲスト出演。
PS3 龍が如く5 夢、叶えし者 ミニゲームとして収録。 賛否両論
PS2 仮面ライダー響鬼 主題歌とED曲を遊べる『太鼓の達人 スペシャルバージョン』が初回版に付属。 なし
PSP 初音ミク -Project DIVA 2nd- ぽ~たぶるDXとコラボ。
山佐Digiポータブル 祭の達人 ウィンちゃんの夏祭り 山佐のキャラクター「ウィンちゃん」とのコラボパチスロの移植版。
AC ミュージックガンガン2 楽曲「さいたま2000」を収録、メインキャラ二人もゲスト出演。
友情装着!ブットバースト 魔の4弾にてメインキャラ二人が魔獣として出演。
シンクロニカ 太鼓の達人に続くバンナムの音ゲー。
「さいたま2000」を始め太鼓のオリジナル曲、太鼓のマーカー、SEを提供。
なし
crossbeats REV. SUNRISE カプコンの音ゲー。コラボによる楽曲交換・REV看板キャラのマスコットアイテムが登場。
釣りスピリッツ どんちゃんステージで登場。かっちゃんも出るよ。
FC/AC スペランカー 太鼓の達人11に楽曲、キャラを提供。 なし
DS のだめカンタービレ 原作やドラマに本作が登場したことから、ゲーム化の際にミニゲームとして収録。
行列のできる法律相談所 番組で取り上げられたことから、ゲーム化の際にミニゲームとして収録。
みずいろブラッド どん、かつがゲスト出演。 なし
3DS パズドラZ 楽曲、キャラを提供、その他コラボを行った。 なし
妖怪ウォッチ2 元祖/本家/真打 どんがゲスト出演。 なし
THE IDOLM@STERシリーズ 楽曲、キャラを提供、その他コラボを行った。
PSV THE IDOLM@STER MUST SONGS 赤盤/青盤 アイマス特化の太鼓の達人。
テイルズ オブ シリーズ ミニゲームとして収録、どん、かつがゲスト出演など。
マリオシリーズ 楽曲、キャラを提供。『マリオカート アーケードグランプリDX』ではどんがプレイヤー出演。
モンスターハンターシリーズ 楽曲、キャラを提供。その他コラボを行った。


幅広いファン層

  • プレイが簡単なうえ、曲のジャンルも幅広く、何より他の音ゲーと比べ入り込みやすいことから大ヒットし、今日でもゲームセンターでは親子連れが子どもをアシストしながらのプレイ(現在では「パパママサポート」として、かんたんコースの一部キッズ向け曲において両方の太鼓が反応するモードがある)や、「マイバチ」*1を持参してのプレイという他の音ゲーではなかなか見られない光景もよく見られる(ただし法律上や*2バンナムも公式でマイバチは使用禁止としている。店舗側で黙認している所や条件付きの所があるため事前に確認が必要)。
    • …マイバチについては上記の通り かつては「使用禁止」だった のだが、2015年12月に方式転換し、公式で「公式マイバチ」が販売されるようになった。
      • 「公式マイバチ」が発売されることになった理由の一つとして「非公式マイバチ」の流通量が増え*3、上記PL法の絡みもあり万一の場合のプレイヤーの責任問題を避けるためということを挙げている。
      • 今現在ではバチの太さや重量はだいぶ改善されてきており、初期の頃よりは比較的軽くて扱いやすくはなってきている。
  • 基本的に音ゲーは店舗の奥まったところに設置されることが多いが、太鼓の達人はプライズコーナーの近くや店舗の入り口に設置されていることが多いことから、その大衆性が見てとれる(あまりの人気故、セガやナムコなど企業直営店では2台以上置くことあるが、それですら長い順番待ちが必要な場合も)。
    • その一方で、他の音ゲー同様、超級プレイヤーも多く、前述のよく見える場所に設置されることも相まってギャラリーを集めることも多い。
+ 一例

+ 太鼓の廃人の例 その2

+ 太鼓の廃人の例 その3


社会的影響

  • 知名度からかテレビ番組でも紹介・使用されることも多く、『「ぷっ」すま』や『中居正広のブラックバラエティ』では対決種目として登場しており、最近では『関ジャニの仕分け∞』内の「リズム感あるなし仕分け」に登場している。
    • 『行列のできる法律相談所』では「秋葉原の神様」と呼ばれるドンだーが登場し、その実力とキャラが受け、番組内で小学生ドンだーとの対決が行われたり、同番組のDSソフト(ミニゲームとして太鼓の達人が入っている)にて隠しキャラとして登場するなどの優遇を受けている。
    • また、フジテレビでは太鼓の達人の全国大会の模様が放送された。
    • 『関ジャニの仕分け∞』ではAC・家庭用にない番組オリジナル曲(主にJ-POP)が用いられることがある。それらの曲は、一般人は六本木のテレビ朝日1Fに設置されている筐体でのみプレイすることができる(一応無料であるが、あくまでテレビ局のアトラクション的なものなので、1プレイ1曲設定であり、スタッフ常駐のため連続プレイは困難と思われる)。
  • リズムに合わせて手を動かすことからリハビリにも効果があることがわかり、介護施設向けのバージョン(高齢者でも楽しめる曲・仕様に変更、体が不自由な方でもプレイできるように改造されたバージョン)も開発された。

家庭用バージョン

本作は家庭用移植版も多数リリースされており、他にも携帯アプリやスマートフォンでもリリースされている。

  • 家庭用ではどんどん激化する譜面に耐え抜く「太鼓タワー」や初心者から超上級者向けまで幅広い譜面を網羅した「毎日チャレンジ道場」など個性的なモードも多く、また違った楽しみ方が出来るようになっている。
    • 無論ゲーム部分も決して手は抜かれておらず、特に選曲に関して毎回好評を得ているのは賞賛に値する。*4
  • 他の音ゲーではプレイヤーを助ける役割を持つ「オート機能」もしっかり搭載。このシリーズでは「メカドン」というキャラクターがしてくれるようになっている。
  • PS2版では「タタコン」、Wii版では「太鼓とバチ」という太鼓型コントローラーが付属しており、実際AC同様バチで太鼓を叩いてプレイすることができる(当然のことながら音・振動が発生するため集合住宅や夜間のプレイには注意が必要である)。DS、3DS版では「バチペン」と呼ばれる専用のタッチペンが付属し、タッチスクリーンに描かれた太鼓をタッチしてのプレイができる。
  • PSP、WiiU版では曲のダウンロードが可能。バンナムのDLCは悪評高いことで有名だがこちらはそんなことはなく、PSP版1作目「ぽ~たぶる」と2作目「ぽ~たぶる2」、WiiU作品のDL曲は すべて無料 *5。PSP版での新曲の配信は行われていないが、過去に配信された曲のDLは現在も可能。
    • 3作目「ぽ~たぶるDX」ではシリーズ初の有料DLCを導入し、有料曲は1曲150円とやや高めではあるものの、(有料曲は版権曲やオリジナル新曲などであり、有料なのは仕方が無いことだと思われる)、無料でDLできるものもある。
    • もちろんDLC無しでも1本のソフトとして完成しきっているので真の意味での「追加コンテンツ」である。
  • その知名度や間口の広さからか、他の音ゲーと比較すると高い売上を記録することも多く、50万本を突破したものも存在する。

各バージョンの特徴

+ 長いため格納

太鼓の達人

  • 記念すべき第1作。ルパン三世のテーマ '78を除くすべての曲が1つの難易度でしか選曲出来なかった。
  • 選曲時間が30秒と短い。
  • ドンだフル!コース(現おにコース)が存在しない。

太鼓の達人2

  • 隠し難易度「ドンだフル!コース(現:おに)」が初登場。ただし、別のコースと共通の譜面が多かった。AC7ごろまでに譜面が追加されていった。
  • 「ハロプロ(ハロー!プロジェクト)祭り」と呼ばれるほどJ-POPの曲にハロプロ関連の曲が多かった(8/11がハロプロ曲)。

太鼓の達人3

  • フォントの変更、「バトルコース」の登場、新音符「風船音符(ゲキ連打)」の登場など旧作のシステムが完成した。
  • 伝説の神譜面と称される「UNITE!」が初登場。

太鼓の達人4

  • 50、100コンボ(100コンボ以降は100コンボごとに)でどん(かつ)がアナウンスするようになったのはこの作品から。
  • 「ドンだフル!コース」にランキングが実装された。

太鼓の達人5

  • ナムオリ含め全曲にふつうコース以上の譜面が追加されるようになった。
  • 「曲から選ぶ!」が追加。ただしドンだフル!コースを選択出来ない。
  • 「コースから選ぶ!」でも「曲から選ぶ!」でも同じ曲が複数回選曲出来た。当時は総合ランキングに載るための選曲を結果として固定化してしまい不評だったが、システムの変化に伴って復活を望む声の大きい仕様になった。そして新筐体より再実装された。

太鼓の達人6

  • いわゆる「旧作」最後の作品。
  • 不評だった為か、同クレジット内においてコースから曲を選んだ場合は、同じ曲を複数回選択出来なくなったが、曲から選んだ場合はAC5と同じく同一曲を複数回選択できる。
  • 2000シリーズ第1弾「さいたま2000」が三代目より初登場。(譜面分岐付きでの収録となりここから現在まで収録され続けている。)

太鼓の達人7

  • 全曲を全コースでプレイすることが可能になった。
  • ハイスコアの名前登録が4文字まで使えるようになった。
  • バトルコースが廃止された。
  • おにコースの難易度の査定が厳しくなり、大幅な難易度改定が行われた。AC6で猛威を奮った「さいたま2000」は依然★×10なものの、AC6からの収録曲の大半は軒並み降格した。
  • ロコローション、ROTTERDAM NATION(FOO MIX)、Ridge Racer、手のひらを太陽に、ハム太郎とっとこうた~ノリノリでちゅ~など、今でも根強い人気を誇る曲が多数収録されている。
  • 今では定番となったTHE IDOLM@STERシリーズの初出もこの作品であった。もちろん当時から踊り子はアイドル達である。
  • 最初のオプションとなる音符が消える「ドロン」モードが実装された。
  • AC7以降からは全国ランキング機能も搭載された。とはいえ筐体側に登録する方式ではなくQRコードを利用して携帯サイトに登録するという方式。

太鼓の達人8

  • 新ジャンル「ゲームミュージック」が追加された。この影響で、AC7までナムコオリジナルやバラエティに属していた曲の一部はここに移された。
  • 天井スコアが難易度によって概ね固定化されるようになった。
  • ジャンル「童謡」の名称が「童謡・民謡」に変更された。
  • 今となってはこのゲームのJ-POP看板的曲となっているX JAPANの「」はこのバージョンで初登場し、特におにコースのノーツ数に大きな話題を呼んだ。
  • CS6で登場した「ばいそく」「さんばい」「よんばい」モードを実装。

太鼓の達人9

  • 全100曲。ついに3桁の大台に上りつめた。
  • CS7をベースに、画面が更にドレスアップされた。
  • 譜面の面とフチが入れ替わる「あべこべ」が登場。
  • おにコースについては新曲が基本的に詐称と思われることが多かった作品である。特に★×6、★×7、★×8は非常にハイレベルである。
  • 現在でも★10の難関曲とされている「きたさいたま2000」はこのバージョンからの登場で、あまりの難しさに当時のプレイヤーを苦しめた。
  • 未だ根強い人気を誇るバージョンで、やりたいとの声も多い。

太鼓の達人10

  • 旧作で強大な勢力を誇っていたさいたま2000が、遂に★×9に降格した。
  • 連打にまつわる曲やネタが随所に見られた作品である。また、12分や24分が交じった複合譜面が多く見られた。
  • 豪華な収録曲から屈指の人気を誇る。
  • このバージョンから隠しコマンドが登場し、タイトル画面でとあるコマンドを入力すると隠し曲が登場する。

太鼓の達人11

  • 難易度順に並びかえると、AC10のようにジャンル別ではなく、キチンと全体で考慮された並びで並べられる。
  • 小さい子がプレイする際に、保護者が一緒になってプレイ出来るように「パパママサポート機能」(かんたんコースの一部の曲に対応)が実装された。
  • 隠しコマンドが2段階あり、そのコマンドの方法がどちらも非常にユニークである作品で、2段階目のコマンドを入力済みの状態の筐体でタイトル画面であることをすると、特定の曲の譜面が変わるいわゆる「裏譜面」が登場する。

太鼓の達人12

太鼓の達人12 ド~ン!と増量版

太鼓の達人13

  • ジャンル「童謡・民謡」の名称が「どうよう」に変更された。
  • クレジット限定での隠し曲の解禁方法がかなり独特で、プレイヤーでも予測がつけにくいほどだった。
  • 公式でも裏譜面や、隠し難易度・オプションの説明がされている。
  • この筐体を利用しての、公式による全国大会が行われた。
  • そして最終コマンドまで入力した筐体でタイトル画面で両方の太鼓の右フチを交互にひたすら叩くと、タイトル画面で「ウソから出た真」のような当時公式HPで反響を呼んだ曲がクレジット内限定で解禁される。

太鼓の達人14

  • 初代から使用された旧筐体での最終作。
  • 公式HPにおいて「思い出の曲アンケート」として復活収録させる曲のリクエスト募集を受け付け、上位11曲が復活収録された。(5位の曲までデフォルト、6位以下はコマンド入力によって解禁される。)
  • マクドナルドとのコラボレーションが実施され、オリジナル曲「パパマママック」を収録。踊り子やどんちゃんがマックの制服を着る特別演出も。
  • 太鼓道場による段位の認定*6が搭載された。
  • 太鼓道場を経由してプレー結果をTwitterにつぶやけるようになった。
  • 「真打モード」が登場した。精度がほぼそのままスコアに反映される。可は良の1/3のスコアと通常よりスコアに与える影響が大きい。
  • 稼働後期にはオフラインアップデートが行われ楽曲の追加が行われた。

太鼓の達人

  • 筐体と基板が一新、ナンバリングが廃止された。1作目と区別するため通称新筐体無印、あるいは単に新筐体と呼ばれる。
  • 詳細は太鼓の達人 (新筐体)を参照。

太鼓の達人 KATSU-DON

太鼓の達人 ソライロVer.

太鼓の達人 キミドリVer.

太鼓の達人 ムラサキVer.

太鼓の達人 ホワイトVer.

太鼓の達人 レッドVer.

+ ※ジャンルについて

10年以上続いている長寿シリーズであり、世代の変化に従い細かな変更がなされている。
上の基本情報には確認できた中で最も最新のジャンル名を記した。
下記は過去シリーズのジャンル。

太鼓の達人 バラエティお祭りゲーム
太鼓の達人2
太鼓の達人3
太鼓の達人4 お祭りバラエティゲーム
太鼓の達人5
太鼓の達人6
太鼓の達人7
太鼓の達人8
太鼓の達人9
太鼓の達人10
太鼓の達人11
太鼓の達人12 和太鼓リズムアクション
太鼓の達人12 ド~ン!と増量版 お祭りバラエティゲーム
太鼓の達人13 ゲームセンター用和太鼓リズムゲーム
太鼓の達人14
太鼓の達人 (新筐体) 公式サイトに記載なし(2015/07/18閲覧)