ここはREV.4のページです。

ゲーマルク AMX-015

第一次ネオ・ジオン抗争末期にアクシズで開発されたNT専用MS。
高い戦闘力を誇る

基本データ
兵種 前衛/支援型
出撃可能地域 地上:○
宇宙:○
コロニー:○
アーマー値 326
コスト 300
バランサー/よろけ/基礎バランサー 高/100/300
着地硬直 ダッシュ ?cnt
小ジャンプ ?cnt
大ジャンプ ?cnt
オーバーヒート時の回復速度 約?cnt
再出撃レベル LV2
支給ポイント 先行支給 750PT

「ダブル・カートリッジ・システム」を採用。
メインと格闘の切り替えができる。
クライマックスバトル’18→’19にて750PTを取得したパイロットに先行支給される機体

配備申請可能条件(Rev4.22-)
先行支給


《ダブル・カートリッジ・システム》
メイン武器と格闘武器のカートリッジを交換し武器の性能を切り替えることができる機能。
切り替えは左レバーのロック送りボタンを長押しすることで行う。
  • カートリッジ1のときは、射撃型のビーム・ライフルに近い。
射程は200m程度と短いが、3連射するビームを発射する。

  • カートリッジ2のときは、広範囲への攻撃が可能となる。
射程は支援型としては短く、カートリッジ1と大差はないが、貫通属性のビームを6発同時に発射する。

■メイン


武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
対拠点
能力
備考
3連装メガ粒子砲
(カートリッジ1)
12/
3発
密着 13
最長 20?
50
低2:5発
中2:6発
高3:6発
約13cnt
撃ち切り式
? ロック距離 215m
射程距離 230m
3連装メガ粒子砲
(カートリッジ2)
18/
6発
密着 20?
最長 40?
160
低1:2発
中1:2発
高1:2発
約44cnt
撃ち切り式
? ロック距離 300m
適正距離 ?
射程距離 320m
貫通あり

《カートリッジ1》
1トリガー3発発射、装弾数12発。撃ち切りリロード。貫通性能なし。

3発のビームがまとまって飛んでいく。小さいながらもばらけがあり、遠距離では安定したヒットは見込めない。
密着威力は39とコストの割に低く、4回しか撃つことができない。

《カートリッジ2》
1トリガー6発発射、装弾数18発。撃ち切りリロード。
太めのビームを扇状に6発同時発射する。貫通属性を持ちつつ、当たり判定が大きいため複数ヒットは容易。ロックした敵機に目掛けて発射するため、高度によっては敵機の頭上を素通りしていく。
できるだけ水平での使用が望ましい。

■サブ

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
対拠点
能力
備考
チルド
ファンネル
6/
1
30 150?/1発
低1:2?発
中1:2?発
高1:2発
約48cnt ? ロック距離 400m?
射程距離 400?m
マルチロック可
ハイパー・
メガ粒子砲
3/
1
最小30~最大チャージ100
密着 ?
最長 ?
120~300?
低 ?:?発
中 ?:?発
高 ?:?発
最大チャージ時
1発ダウン
約44cnt ? ロック距離400m?
射程距離 400?m
チャージ式


《チルド・ファンネル》

1トリガー1発、6発装填。
最大3発までマルチロック可能なファンネル。持ち替えが発生するため、マルチロックと合わせとっさの自衛には不向き。
単発ダメージ30のビームを2連射するファンネル。
最大の特徴はファンネルから射出されるビームの発射間隔が長いということである。
キュベレイサザビーのような連射するファンネルはすぐに2発目が出てしまい、相手のブースト終わりを狙わないと硬直に当てることが難しいが、本武装は間隔が非常に長いため、相手のブースト中に打つとうまい具合にブースト終わりに2発目が出るということが多々ある。

リロードはサブであることを考慮しても長い。

《ハイパー・メガ粒子砲》

チャージ式。弾速は早く、着地硬直を撃ち抜くのは容易。
最大チャージでのみ1発ダウンとなる。チャージ時間、距離による威力の変化は未検証。
チャージ式のビーム射撃ではあるがガンダムGP02A(ビームバズ仕様)のような巨大な弾を撃ちだすのではなく
ゲルググキャノンのビームキャノンBのような物となっている。


■格闘

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
時間
対拠点
能力
備考
ビーム・サーベル
(カートリッジ1)
- 12→20→28?
(理論値12→25→44)
60?→50→ダウン
3回
- ? 合計威力60
追尾距離59m
3連装
グレネードランチャー
(カートリッジ2)
6/
6発
30~38? 1発
ダウン
約21cnt ? 赤ロック距離
持ち替え前に依存?
射程距離160?m
タックル - 30 1発
ダウン
- ? 旋・硬・跳・走・機:30
歩・推・装:40
突:50

《ビーム・サーベル》

支援型が持つ一般的なビーム・サーベル。
ダメージはメイン射撃一セット分程度と然程高くない。
また本機は高コストでありFCSもあまり広くはないために格闘戦
すべての武装が打ち切りリロードで撃てる回数も少ないために依存度は他の支援型より高い。


《3連装グレネードランチャー》

ダブルカートリッジを切り替えるとビーム・サーベルから本武装に変更される。
1トリガーで1発ダウンのグレネードを扇状に発射する。
また発射される弾はメインのカートリッジ2と違い6発を一度に撃つのではなく
外側から内側に向かうように2発ずつ3連射するので僅かではあるが着弾にずれがある。
発射位置が高いためか、敵機の頭上を通り越すこともあるため過信は禁物。


《タックル》

他の機体と差は無いタックル。
基本威力30、歩行・ブースト・装甲セッティングで威力40
タックルセッティングで威力50となる。

3連装メガ粒子砲からのQSは、高バランサー以上の相手でない限り格闘よりタックルの方が威力は高い。
まとまったダメージが短い時間で与えられるが、機動力に乏しく、被撃墜時のコストも重いため、タイマンに固執せず、味方と合流を図ろう。

■セッティング

セッティング名 アーマー
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
速度
旋回
速度
硬直
時間
タックル
ダメージ
歩行
速度
備考

(旋回)
326 212km/h 2.3cnt ?m 187km/h 12.9rpm 26f 30 105km/h

(硬直減)
328 210km/h 2.2cnt ?m 185km/h 11.6rpm 22f 30 105km/h

(歩行)
335 210km/h 2.3cnt ?m 185km/h 11.6rpm 26f 40 126km/h

(ジャンプ)
320 206km/h 2.2cnt ?m 206km/h 11.6rpm 27f 30 105km/h

(ダッシュ)
305 228km/h 2.4cnt ?m 180km/h 11.6rpm 28f 30 105km/h

(機動)
300 220km/h 2.3cnt ?m 198km/h 12.0rpm 27f 30 105km/h

(ブースト)
338 200km/h 2.5cnt ?m 176km/h 11.3rpm 26f 40 105km/h

(タックル)
340 193km/h 2.2cnt ?m 171km/h 10.9rpm 26f 50 105km/h

(装甲)
375 183km/h 2.2cnt ?m 162km/h 10.9rpm 26f 40 105km/h

旋・硬・歩セッティング


跳・走・機セッティング


推・突・装セッティング


■支給

順番 武器名 ポイント
初期 3連装メガ粒子砲
チルド・ファンネル
ビーム・サーベル
-
1 硬直減セッティング   700
2 歩行セッティング 700
3 ジャンプセッティング 900
4 ダッシュセッティング 900
5 機動セッティング 1000
6 ブーストセッティング 1000
7 タックルセッティング 1200
8 装甲セッティング 1200
9 ハイパー・メガ粒子砲 8000

まとめ

クライマックスバトル18'→19'にて先行支給されたZZ ガンダム?と同様にダブル・カートリッジ・システムを初めて搭載した機体。
従来のカートリッジ・システムと違いカートリッジを変更するとメイン射撃だけでなく格闘トリガーの武器も同時に変更されるため
通常のカートリッジ・システムを持った機体以上に自分が今どちらのカートリッジを使っているのかを意識する必要があるだろう。
兎にも角にも弾持ちは良くなく、全武装が撃ちきりリロードのためすべてがリロード中という状態は避けたい機体である。
これまでにない機体性能もあり今後の研究が望まれる機体である。