バタフライステップ

  • ジャンプペダルでの上昇と、自由落下(宇宙ではNOSEDIVEを併用)と共に左右に移動する回避機動の事。空中で蝶のように∞の字を描く動きで、敵弾を回避する。単にバタフライ、BSと呼ばれる事もある。

用途

  • 結果的にはその場にとどまる機動の上、ブースト消費も激しいため、緊急に敵弾を回避を要する場合でしか使用されない。
  • もっぱら使用されるのは精密な狙撃を障害物なしで回避し、反撃を試みる場合のみである。

運用

  • ランカークラスになるとポンピングやダッシュでの回避程度では簡単に当てるため、それを回避するために使用する。上下左右に動く機動のため、照準を合わせにくい上に動きが非常に読みづらく、連続で命中は困難になる。
  • スナイパー同士の戦闘の場合、障害物に隠れたり、敵の照射が終わるのを待っていると反撃が間に合わないので、既に敵機が構えている射線に身を晒して反撃を試みるなど、先手を許した際の緊急回避手段に使用される事が多い。回避してしまえばジャンピングスナイプから無防備な敵スナイパーにより素早く反撃する事が出来る。

バリエーション

  • 高度の自由落下からの再浮上は慣性があるため、より多くブーストを消費してしまう。その為下降を最小限にして縦に小さく∞の字を取るスナイパーも多い。
  • この場合ブースト消費は少ないが、熟練者になると命中させるのは容易な機動のため、狙撃を回避する機動としては不十分となる。どちらかというと、この機動はスナイパー同士で狙撃するタイミングを伺っている際に使用される事が多い。

その他

  • 語源は某FPSの用語からと思われる。そちらは近接武器の軌道が「蝶のように8の字を描く」事に由来している。
  • もっぱら狙撃機のみに必要とされる技術だったが、ダブル・カートリッジ・システムの導入により通常の戦闘でも見かける事が多くなった。