ザク・デザートタイプ  MS-06D

ザクIIのデータを基に開発された局地戦用MS。
基本戦術は近距離機体戦術を参照。支給条件は近50pt

基本データ
兵種 近距離戦型
HP 260
コスト 140
被撃墜時の-pt 19
耐ダウン値
着地硬直

攻撃力・ブースト性能がザクIIよりも若干底上げされている。
ロック可能距離がザクIIよりやや短く、代わりに格闘の威力が高い。(コストの同じアッガイとほぼ同じ)
またサブ武装もザクIIより強化されている。


REV.1.11(08.02.27)変更点
  • ヒートホーク:1段目威力↑,3段目威力↓
  • タックル:威力↓

■メイン

武器名 弾数 ダメージ ダウン
補正値
リロード
速度
対拠点
能力
備考
改造ザク・
マシンガン
A
24 /
3連射
密着時 26
最長射程時
(3HIT) 37
よろけ2発
低6発
中8発
高10発
6
カウント
× 射程182m
110m以下で
威力低下
改造ザク・
マシンガン
B
24 /
6連射
密着時
(6HIT) 31
111~150m?
(6HIT) 51
151m?~最長
(4HIT) 38
よろけ2発
低6発
中8発
高10発
6
カウント
× 射程179m
110m以下で
威力低下
151m?以上は
4HITまで

《改造ザク・マシンガンA》

1トリガーで3連射する、ザクIIのマシンガンAに似た性能の武装。単発ダメージは15。
弾丸がややばらけるように飛んでゆく為、敵機をかすめるように命中しやすいのが特徴。

ザクマシンガンと同じく、弾速は遅め。

ザクマシンガンとの違いは、改造ザクマシンガンの方が
  • 威力が最大で3ダメージ増
  • ロック距離が32~36m短い
  • リロードが1カウント長い
となっている。

射程はやや近い間合いで戦う分には気にならない程度でロック距離より長く届く(210mあたりまでは飛ぶ)。
威力がやや高く、6カウントのリロードも平均的な長さである。

まっすぐに逃げる相手ならロックしていなくてもあてられる。
ロックしないでも弾が当てられるシチュエーションがある事を覚え戦闘の幅を広げよう。


《改造ザク・マシンガンB》

1トリガーで6連射する。単発ダメージは13。
削りも狙い易いが弾切れには要注意。
4回撃つと弾切れになるので、弾が残り少ない時は撃ち切ってリロードしておこう。
こちらもやはり弾がばらける為、最長射程では全弾HITはしない。
しかし、敵機と111m~150mの距離で硬直を狙えば十分な威力が期待できる。

■サブ

武器名 弾数 ダメージ ダウン
補正値
リロード
速度
対拠点
能力
備考
クラッカー
×2
4 /
2発同時
密着 28
最長射程
20
よろけ-発
低1発
中1発
高1発
9
カウント
× 射程150m
50m以下で
威力増加
3連ミサイル
・ポッドA
3 /
単発
密着 16
最長射程
20
よろけ-発
低1発
中1発
高1発
5
カウント
× 射程180m
170m以下で
威力低下
3連ミサイル
・ポッドB
3 /
3発同時
密着 24
最長射程
24
よろけ1発?
低2発
中3発
高3?発
6
カウント
× 射程180m
170m以下で
威力低下

クラッカーなら生存率が上がり、ミサイルポッドなら攻撃のバリエーションが豊かになる。
好みで選んでもいいが、チーム内での役割に応じて選べるようになれば頼もしい。

《クラッカー×2》

上手から手榴弾を2個投擲する。ダブルクラッカーと呼ばれる事も。
当たれば1撃でダウンを奪え、間合いの調整等に重宝する。
2個同時に投擲する為、ザクIIのものに比べて高威力で、効果範囲も広くなっている。
連撃カットにも有効。乱戦時に投げて仕切り直すのも立ち回りの一つ。
数多く投げて違いを掴もう。

飛んで来る敵には強く、フワフワ浮いて近付いて来る格闘機等を一瞬で地面に落とせる。
逆に自機より下にいる敵機には命中しにくい。命中しなかった場合は地面に落ちるとそのままバウンドして、最大射程で爆発する。
壁等の障害物に跳ね返らせる運用も可能。
地形によっては1発だけ跳ね返る事がある為、全く違う地点を同時に攻撃する事もできる(狙って行う事は難しいが)。

1対多数で戦っている時の逃走時にも有効。
後退しながら置いておく形で投げれば、こちらへ追って来るのを困難な状況にできる。
攻めながらダウンを取り、一瞬でも数的有利を作るのもいい。

歩きだけでは回避が難しい。散歩中のあの子に熱いプレゼントをしよう。

ゴッグの魚雷と同じくタックルカウンターに使用すると稀に2発同時に命中して90もの大ダメージを狙える(50+50х0.8)。

《3連ミサイル・ポッドA》

左腕に装備する。1トリガー1発発射。1発ダウン。多少連射が利く。
クラッカーが逃走用なら、こちらは追撃用。
リロード時間はクラッカーの約半分で、メインよりも短い。
歩行中の標的にも命中する程誘導性が高いので、敵機の追撃に重宝する。
連撃カットにも有効。
ただし、陸戦型ガンダムのマルチランチャー程の誘導性はないので過信は禁物。

ザクII(F2)ザクIIのものと比べると、こちらの方が弾速が若干遅いが誘導性は上。
更に腕に装着している為か、連射した際の隙はこちらの方が遥かに少ない。
敵に隙を見せず追撃や牽制が行えるので次の行動に移りやすく、これが他2機の装備との大きな違いとも言える。
また、他2機のものに比べ高い位置から発射される為、越えられる障害物の高さも上がっている。

高所からでも命中する点、リロードが短い点、そして持ち替え動作が素早い点を活かして使おう。

《3連ミサイル・ポッドB》

こちらは1トリガーで3発全てを発射するタイプ。
誘導性が高く、複数命中時は与えるダメージも多少高くなる。
リロードがAより若干長い。
硬直がAより長いので、これで敵機のブーストを誘い、メイン射撃で狙うという戦法が取りにくく、反撃を受けやすい。
硬直を誘うよりも、硬直を狙って当てる武器。

■格闘

武器名 ダメージ ダウン補正値 対拠点能力 備考
ヒート・ホーク 30→24→15
(理論値30→30→24)
10 × 合計威力69
タックル 30 10 ×

格闘は3連撃のモーション・入力タイミング共にザクIIと同じ。
1・2撃目のダメージが高く、途中でカットされてもまとまったダメージを与えられる。
メインの射程の関係上、敵に接近せざるを得ない機体なので、他の近距離機体よりも格闘を使う機会は多くなる。
無理は禁物だが、少々積極的に狙ってみてもいいだろう。

■セッティング

セッティング
装甲
耐久力
旋回
速度
ダッシュ
速度
ダッシュ
距離
ジャンプ
速度
備考
機動重視4 -4 +2 +4 149m +4 HP 230
エネルギー
伝達を
高効率化
機動重視3 -3 +1 +3 142m +2 HP 240
推力バランス
調整で
ダッシュ強化
機動重視2 -2 +1 +2 133m +2 HP 245
装甲を全面的に
削り更に軽量化
機動重視1 -1 +1 +1 128m +1 HP 255
装甲の一部を
削って軽量化
ノーマル 0 0(1.00) 0(0.93) 125m 0(59) HP 260
支給時の状態
装甲重視1 +1 -1 -1 122m -1 HP 265
装甲間に
緩衝材を
追加
装甲重視2 +2 -1 -2 119m -2 HP 272
装甲裏面に
強化リブ装着
装甲重視3 +3 -1 -3 114m -3 HP 280
装甲の一部を
溶接モノ
ブロック化
装甲重視4 +4 -2 -4 108m -4 HP 290
装甲を
部分的に
二重化
※()内は旋回速度(度/フレーム)、ダッシュ速度(メートル/フレーム)、ジャンプ性能(メートル)を示す
※水中では機動力低下

《機動重視》

ノーマルでの機動性は普通。機動寄りにすれば、あらゆる場面で動き易くなる。
その反面、HP低下には十分に注意しよう。

《装甲重視》

装甲に関しては味方の編成次第である。
タンクの護衛や乱戦に積極的に参加する時等は、装甲寄りも十分に選択肢となりうる。

■支給(コンプリートまで9100)

順番 武器名 支給パイロットポイント
1 3連ミサイル・ポッドA 400
2 セッティング1 500
3 セッティング2 500
4 改造ザク・マシンガンB 700
5 セッティング3 700
6 セッティング4 700
7 セッティング5 1000
8 3連ミサイル・ポッドB 1000
9 セッティング6 1200
10 セッティング7 1200
11 セッティング8 1200


■その他

マシンガンのロック距離はザクIIが214~218m(A)に対し、当機体は182m(A)しかない。
そのため偏差撃ちや障害物を利用しないと、敵の近距離機に撃ち負ける事が多い。
敵機との高低差がない場合限定になるが、敵機がロックする距離で本機がロックしない距離であれば、敵の射撃を横歩きで避けながら、敵機の移動方向に偏差撃ちをして一方的に当てることもできる。
ザクIIやザクII(F2)と比べ格闘の威力が高く、特に1撃目が高いためQSに向いている。
マシンガンのロック距離の短さとばらつきを考えると、格闘機の間合いに近い位置で戦えば高い戦果も期待できる。
少し強気にF2やザクIIより前に出て戦う事をお薦めする。
ただし、このデザートザクは近距離機体であり、FCSや旋回速度は格闘機体に劣る。安易に敵格闘機体に格闘を仕掛けない方がよい。

障害物(低い建物含む)が多く、見通しの悪いMAP(特にグレートキャニオン、ジャブロー地下、トリントン)では接近戦が発生し易い。
その場合、高威力のマシンガンや効果範囲が広いクラッカーが効果を発揮する。
装甲寄りセッティングとダブルクラッカーの自衛力を合わせれば、タンク護衛機として優秀。

タクラマカンの場合、レーダーを見る為には視線を正面からずらさなければならない為、初心者にはかなり見付け辛い。
流石はデザート迷彩、と言った所。
砂漠仕様であるが、寒冷地ステージ・ヒマラヤでも性能が落ちるという事はない。
逆に、残念ながら砂漠ステージ・タクラマカンでも機動力向上のボーナスは全くない。
ミノフスキー粒子散布時には歩き中心の立ち回りをすると効果的か?

余談だが「砂ザク」と言うとザクI・スナイパータイプと混同する為、「デザク」「デザート」と呼ばれる事が多い。


最終更新:2009年01月09日 11:00