ファイアーエムブレムシリーズリンク



本編シリーズ

機種 タイトル 概要 判定
FC ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣 「シミュレーションRPG」というジャンルの草分け。
多くの作品に影響を与えた歴史的作品。
ファイアーエムブレム 外伝 自由進行・育成重視のRPG要素が強い異色作。
独自のシステムが多いが、後のシリーズに繋がった要素も少なくない。
なし
SFC ファイアーエムブレム 紋章の謎 『暗黒竜と光の剣』のリメイク「暗黒戦争編」と、続編の新作「英雄戦争編」の2部構成。
シリーズの人気はここから本格的に爆発した。
BSファイアーエムブレム アカネイア戦記 サテラビュー配信という特殊な販売形態が災いし、プレイヤー数が伸びなかった幻のFE。
後に『新・紋章』で日の目を見ることに。
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 親子2世代に渡る壮大なストーリーと広大なマップが特徴。
一風変わった作風ながら、根強いファンも多い。
ファイアーエムブレム トラキア776 『聖戦の系譜』の外伝作。
クセの強いシステムと嫌らしいステージたちが目白押しの上級者向けFE。
なし
GBA ファイアーエムブレム 封印の剣 携帯機にプラットフォームを移した新生『FE』の船出。
支援会話やハードモードなど新たな試みが好評。
ファイアーエムブレム 烈火の剣 『封印の剣』の前日譚。
前作から様々なバランスが調整され高い完成度を誇る。
ファイアーエムブレム 聖魔の光石 『外伝』を彷彿させる初心者に優しいシステムを採用。
一方経験者には低難易度とボリュームの薄さに物足りなさも。
なし
GC ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡 据え置きハードに回帰し、グラフィックが初の3D化。
斬新な新システムが多く導入され、ビジュアルも内容も進化を果たした。
Wii ファイアーエムブレム 暁の女神 『蒼炎の軌跡』の続編。全4部構成の壮大な物語が描かれる。
ストーリーや演出を重視した結果、ゲームバランス面は色々不安定に。
なし
3DS ファイアーエムブレム 覚醒 過去の様々な要素を現代風にブラッシュアップし、新規ファンの取り込みに成功。
育成要素が好評な反面、戦闘バランスはかなり大味。
なし
ファイアーエムブレムif 白夜王国
ファイアーエムブレムif 暗夜王国
2バージョン同時発売、それぞれストーリー・難易度・ゲーム性が大きく異なる。
戦闘システムが刷新されバランスは改善されたが、シナリオ面に不満の声も。
なし
Switch ファイアーエムブレム 風花雪月 12年ぶりの据置機新作。
士官学校の教師として生徒を指導し、これまで以上に複雑かつ重厚な群像劇に身を投じる。
かつての仲間達が相争うストーリーや緻密な世界観、多彩な育成要素等が高い評価を得た。

リメイク

機種 タイトル 概要 判定
DS ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣 『暗黒竜と光の剣』のリメイク作品。システムやUIが大きく洗練された。
一方でキャラロスト必須の外伝条件など、新要素がシリーズファンに物議を醸した。
なし
ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~ 『紋章の謎』の第2部「英雄戦争編」と『アカネイア戦記』のカップリング移植。
カジュアルモードが初搭載。『新・暗黒竜』の反省が活かされ、初心者からシリーズファンまで楽しめる高い完成度に。
3DS ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王 『外伝』のリメイク作品。
原作らしさを残しつつも、現代風に遊びやすいシステムも追加された。

コラボ作品

機種 タイトル 概要 判定
WiiU 幻影異聞録♯FE 女神転生』シリーズで知られるアトラスとのコラボによるRPG。現代日本の芸能界が舞台。
FEシリーズからは『暗黒竜』『覚醒』のキャラが出演。
Switch 幻影異聞録♯FE Encore 海外版をベースに新規要素も追加。
Switch/3DS ファイアーエムブレム無双 無双シリーズとのコラボ作品。3DS版はNewニンテンドー3DS専用。
登場キャラは『暗黒竜』『覚醒』『if』の3作がメイン。

アプリゲーム(執筆禁止)

  • 『ファイアーエムブレム ヒーローズ』
    • Android・iOS。歴代のキャラクター達が登場。スマホサイズながら、本編と同様のシミュレーションRPGが楽しめる。

関連作品

機種 タイトル 概要 判定
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ DX』にマルスとロイが参戦。
以降全ての作品にキャラクターが出演している。
ワリオシリーズ 『メイド イン ワリオ』シリーズのナインボルトステージにプチゲームとして登場。
3DS Code Name: S.T.E.A.M. リンカーンVSエイリアン IS開発、アクション性のあるストラテジーゲーム。
amiiboでマルス、アイク、ルフレ、ルキナが登場。
PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD ゲームメーカー各社のコラボ作品。NPCとしてチキが出演。
『覚醒』からクロムとルキナもペアユニットとして参戦。
モンスターハンターダブルクロス コラボ武器を配信。
Switch モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.
ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online DL専売。『暗黒竜』を収録。
スーパーファミコン Nintendo Switch Online DL専売。『紋章の謎』『聖戦の系譜』を収録。
TETRIS 99 『風花雪月』とのコラボ祭を開催。

概要

戦略シミュレーションRPGの草分け的存在と言われるシリーズのひとつ。発売元は任天堂、開発は主にインテリジェントシステムズ(略称:IS)やコーエーテクモゲームスが担当している。略称は『FE』。

基本的なシステムは、マス目上のマップをユニットを動かして敵と戦わせるオーソドックスなターン制戦略シミュレーション。
しかし、『ファミコンウォーズ*1』などの従来のウォーシミュレーションと一線を画していたのは、戦闘に参加するユニットがみな個性付けされた一個のキャラクターであり、物語主導のRPGのように味方ユニットは経験値入手により成長・強化されるという点。
これにより、ユニットを無名・無個性な使い捨ての「コマ」としてではなく、愛着のある「人間」「仲間」として扱うというシミュレーションロールプレイングゲーム(SRPG)のジャンルが打ち立てられ、後に『オウガバトルサーガ』や『スーパーロボット大戦シリーズ』などをはじめ、多くの関連作品が生まれることになった。
本シリーズも約30年近くにわたって展開され続けており、声優の子安武人氏*2や、同じく声優で子安氏の子息にあたる子安光樹氏、フィギュアスケーターの羽生結弦選手など、有名人のファンも多い。また、女性ファンが非常に多いのも特徴。

育成要素がある一方で、基本的に敵の出現数は限られているため、得られる経験値や軍資金には限りがある。
また武器には使用回数があることが多く、強力な武器でも使いすぎるとすぐに壊れてしまうなど、限られたリソースをどう配分するかという長期的な戦略性も重要になる。

『外伝』『聖魔』『覚醒』『if』*3『風花雪月』*4と、そのリメイクを除いた作品にはフリーマップが存在せず、愛着のあるユニットを自由に育成できない。

また味方ユニットは戦闘で撃破されると死亡(ロスト)し、その後は二度と使用できなくなる(『Wizardry』も参照)というシステムは、シリーズを語る際には外せない代名詞的特徴と捉えられることも多い。

これらの特徴から「シビアなゲーム」とされることも多いが、一方でシリーズが続くにつれて、(ある程度)任意に経験値や資金を稼げるシステムが導入されたり、ユニットが倒されてもロストしない「カジュアルモード」が搭載されたり、マップ中のセーブやターンの巻き戻しが可能になったりと、初心者へのハードルを下げる工夫もなされてきている。

初代『暗黒竜と光の剣』のデザイナーである加賀昭三氏は、シリーズの生みの親の一人として知られていた。しかし、のちにエンターブレインの協力を得て『ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記』を制作したところ、『FE』シリーズとの類似点が多かったこと等を理由に任天堂から著作権侵害を訴えられ、その後もほぼ絶縁状態となってしまっている。(詳細は『ティアリングサーガ』の記事内を参照)。

その後もハードの不調などから売り上げが振るわず、一時は存在すら危ぶまれるほどになる。しかし、最後の望みをかけてリリースされた『覚醒』が全世界で125万の売り上げを叩き出したことでめでたく存続することとなった。その後も順調に売り上げを伸ばし、『風花雪月』は実に300万もの売り上げを記録するなど、世界にも通じるシリーズとなりつつある。

また『大乱闘スマッシュブラザーズDX』以降への主人公キャラ参戦の他、近年では女神転生シリーズとのコラボタイトルや『PROJECT X ZONE 2』への参戦など他社タイトルへのゲスト出演も増加している。
2017年にはAndroid・iOS用アプリとしてシリーズキャラが総出演する『ファイアーエムブレム ヒーローズ』が配信されている。

最終更新:2022年04月24日 20:22

*1 『ファミコンウォーズ』シリーズも『FE』と同じくISの開発。

*2 子安武人氏は仕事としても当シリーズに深くかかわっており、『蒼炎の軌跡』と『暁の女神』以外のすべてのボイスつき作品に出演している。

*3 暗夜王国を除く

*4 難易度「ノーマル」のみ存在