ガンダム試作2号機

登録日:2010/02/24 Wed 11:22:19
更新日:2020/03/08 Sun 07:24:26
所要時間:約 7 分で読めます





貴様と話す舌など
持たんと言ったはずだ!!!


ガンダム試作2号機とは『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場するガンダムである。

型式番号 RX-78GP02A
所属 地球連邦軍→デラーズ・フリート→シン・フェデラル
製造 アナハイム・エレクトロニクス社
全高 18.5m
全備重量 83.0t
出力 1,860kw
推力 155,200kg
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
武装 60mmバルカン砲×2、ビームサーベル×2、アトミックバズーカ、ラジエーターシールド
搭乗者
アナベル・ガトー
カネサダ・ツルギ


開発コードは「サイサリス」
コードネームの「サイサリス」は、ナス科の植物ホオズキから付けられている。花言葉は「偽り」など。
しかし、実際にはホオズキの属名Physalisは「ピサリス」「フィサリス」「ファイサリス」などと読まれ、決して「サイサリス」とは読まれない。
自慢げに話すと恥ずかしいことになるぞ。
宇宙世紀では言語の発音が違う」とか強弁しているのは誰だ?
ファンの間では略称のGP02で呼ばれる事が殆ど。

コンセプトは「極限まで攻撃力を追求」であり、最も高い攻撃力を持つ兵器「戦術核」を装備することを考えて造られた。
一年戦争では「南極条約」によって核兵器の使用が制限されていた。
しかし、一部のジオン兵によってたびたび使用が目論まれた(オデッサなど)経験から報復用兵器として本機の構想が考えられた。

つまり本機は、マ・クベの遺産とも言える。

当初はその機動力を活かして敵陣営の中枢をに侵入。様々な弾頭を使用する特殊バズーカを使い攻撃する強襲型の機体として計画されていたらしい。
しかし、戦術核弾頭を用いることで一撃で壊滅的なダメージを与えるという核装備型MS計画へとコンセプトが変更となった。

機体の開発には旧ジオン系の技術者が多い部署で行われた。
そのため、ドムなどの設計思想が反映されていると言われる。
試作2号機が既存のガンダムと異なるイメージ(顔や巨大な足)なのはこのためである。
そのためかガトーも「連邦にしてはなかなか」とこの機体を評価していた。

「ミノフスキー粒子の電波妨害によって、機体自体も爆心地に近づいて攻撃する必要性があったため、装甲や塗料・冷却機能付きのシールドなどで爆発に耐えられるよう設計されている」
とされているが、あくまでこれ等耐核防御能力は後述のラジエーターシールドを含め設計開発時の理論レベルの完成度に過ぎない。
そもそもトリントン基地へ核弾頭を搬入しに行った事自体、実弾試射による実地試験で理論値と実測値の差を計って結果から修正や調整を行って完成度を高める為である。
その為、実際にソロモンを攻撃した際には十分に耐核防御能力が機能せず、左肩から腕部にかけて損傷を受けている。
戦争初期に開発された同じく核攻撃用のザクⅡC型が特に不具合を起こしていない事を考えるとなんだか情けなく思えるが、漫画版リメイク作品「0083 REBELLION」ではC型が使用していたのは核分裂弾であり、威力が上の核融合弾を使用した機体は例がなかったため開発が難航した事が語られている。
(尤もこの作品はパラレル的な扱いで、全ての描写を鵜呑みにすると後の時代との矛盾も多いので、本編の設定と同じである保証がない事は併記しておく)

背中に戦術核用の装備を付けた為スラスターの取り付けが出来ず、肩にフレキシブル・スラスター・バインダーと呼ばれるユニットを装備。
片側3基計6基の連装バーニアで展開することで、耐核装備のため重量が増した本機でも高い推力を得ることが可能となっている。
また、重力下ではこれによりホバー走行を行う事が可能である。
本機の運用データや技術の一部はリック・ディアスの開発に生かされている。
(尤も、ガンダム開発計画は表向きには封印された扱いなので表立ってその繋がりは示されていないが、所謂「人の口に戸は立てられない」という奴である。*1)

因みに劇中で南極条約違反と言われている本機だが、実際には南極条約違反はしていない
一年戦争の戦時条約である南極条約は0083当時は効力が切れている上に、核兵器に関して南極条約で禁止されたのは「保有」「製造」ではなく「使用」のみである。
デラーズ・フリートは、「終戦したのは地球連邦とジオン共和国であり、『ジオン公国』はまだ地球連邦との戦争を続けている」つもりではあるのだが、
それを考慮してなお言いがかりと言える。不満や危険意識を抱くことは分かるのだが。
仮にそこを考慮すると、デラーズ・フリートは自身でそう言いながら自分たちだけ南極条約に違反していることにもなる。連邦軍側は使用すらしていないので却って条約違反をネタに叩かれるべきはデラーズ・フリートというオチである。一種のブーメラン
そもそも上記のように先のマ・クベや「0080」のキリング等幾度となく南極条約違反を犯しているジオンへの報復兵器として開発された機体なのでジオン系勢力はこの機体への批判を行える立場では無い。
(ちなみに一年戦争中、ジオンは南極条約を何度も破ったのに対し、連邦が明確に破ったと見做された事は、核兵器の使用に限って言えば正史の映像作品で確認できる限り一度もない*2

なお、以後の作品でも慣習法的な感じで核兵器の使用に対して「南極条約違反だ!」ということも少なからずある。



□武装

・60mmバルカン砲
頭に付いたバルカン。唯一の対MS用の射撃兵器。


ビームサーベル
腰サイドスカートにこの形式のビームサーベルとしては珍しい傘型に膨らんだ柄尻を外に向けて装備(つまり発生器自体は内部に装着)されている。ビーム刃の色は緑。
マニュアル操作で出力を変えられる。


・アトミックバズーカ
本機の目玉武装。分割式の巨大なバズーカから特殊ロケット弾型核弾頭を発射する。
一発撃つだけで砲身が焼け付くので撃った後の砲身は放棄される。
使用する核弾頭「Mk82レーザー核融合弾」は書類上は戦術核であるが、その破壊力は戦略核に匹敵する。
また、一般的な水爆と異なり起爆に原爆を用いないため、フォールアウト(死の灰)が非常に少ないという戦術核に適した性質を持つ。


・ラジエーターシールド
機体を覆うほど巨大で強固なシールド。中に冷却剤が入っていて機体全体を熱から守る。
またアトミックバズーカの砲身が収納されている。
このシールドは冷却及びバズーカの砲身の収納が主であり、通常の戦闘における防御のための武装ではない。
1号機との戦闘においては装甲ごと冷却剤をビームサーベルで突かれたことが原因で、
追い詰めていたにも関わらず退却する要因となった。



□劇中の活躍
オーストラリア・トリントン基地に輸送され核弾頭を搭載。射爆場での実験(前述の通り耐核防御機構の試験目的なども有る)を行う予定であった。
しかし連邦軍兵士に変装したデラーズ・フリート少佐『アナベル・ガトー』により基地から強奪。

後にソロモン海で行われた観艦式を強襲。
厳重な警戒網を強行突破しコンペイトウ・旧「ソロモン」上空に侵入する。



「多くの英霊たちが無駄死にでなかったことの証しの為に・・・」
「再びジオンの理想を掲げる為に・・・」
「星の屑成就の為に・・・」

「ソロモンよ! 私は帰ってきた!!!」


ガトーの叫びと共に核弾頭を発射。
ソロモンは核爆発の光に包まれ観艦式に参加していた連邦軍艦隊は壊滅。残存艦隊も航行不能に追い込まれる。

その後離脱しようとするも、フルバーニアンとなったコウ操る試作1号機と接触。
直前の核爆発の衝撃を理論レベルの完成度の低い耐核防御システムで防御した影響で左腕を故障、動かないというハンデがあったにも関わらず優位に立ち、
試作1号機を追い込みビームサーベルで突き刺すも、決死の一撃を喰らい相討ちとなる。

ガトーとコウの脱出後、試作2号機は1号機と共に大爆発を起こし数多くの英霊達が眠るソロモンの海に散る・・・


『カタナ』ではシン・フェデラル仕様機が登場。
搭乗者はカネサダ・ツルギ。
何とビーム・バズーカ&MLRS同時装備。
初登場時は読者に圧倒的強さを見せつけた。
…ちゃんと確認しろ親父。

『Ζガンダム Define』ではアナハイムが各部を新しく換装した機体が登場。とはいえ旧式化は否めず、クワトロ・バジーナからはエゥーゴでの採用を見送られてしまった。

『0083 REBELLION』ではHLVで宇宙へ上がった後、キンバライト基地指揮官のノイエン・ビッターから託されたMS用対艦狙撃ライフルで連邦軍艦艇を狙撃するシーンが追加された。
月でヴァルヴァロがGP01と交戦した際は、ケリィ・レズナーを救出するためにこれでもかと言わんばかりの武器を着けて戦闘へ介入した。
観艦式への強襲作戦ではMAラングの内部に収納され、連邦が回収したビグザムと交戦。周囲の連邦軍艦船を巻き込みながらも中央部まで突入し、原作同様に核弾頭で纏めて屠った。


ガンプラ
当時、1/144でキット化されたが…とりあえず現物を見てほしい。

その後MG化されたが、定価4200円…おいそれとは買えない値段である。
しかし出来は悪くない。高いところに置いて下から見上げるのがベスト。圧倒的威圧感がある。

そして2006年にやっとHGUC化された時、全国のガノタは狂喜乱舞した。しかもバインダーを開くとスラスターも連動して動くという素晴らしいギミック付き。

「我々は17年待ったのだ!」

013・GP01
018・GP01Fb
025・GP03S
028・GP03
066・GP02A
075・GP02Aビームバズーカ、ロケットランチャー装備

…本当に、待たせたな。

どれも分割式大型バズーカとデカいシールドを持つため、肩や腕の関節はキツめに組み立てるか、あるいは緩んだ時に摩耗した関節部に木工用ボンドを盛って増し締め補正する等を行うとよい。



◆スパロボシリーズ
機体性能自体は鈍重な重MS。
しかし必要気力高めで1発のみなもののアトミックバズーカはかなり強力。
補給と気力回復をきちんとしていればネオ・グランゾンも蒸発させられる。
作品によってはGP01と同型のビームライフルを持っていたり、ビームバズーカを持っていたり、バズーカがプラズマリーダーになったりしている(ラ・ギアスでは核兵器が使えないため)。
基本的にガトーの説得や拾ったりで味方になるか、最後まで敵のまま。
しかし64だけは味方になったはずのガトーが持ち逃げする。強力な戦力を奪われたことで激怒するプレイヤー多数。
保有国がなぜ核廃絶できないか分かる気がするよママン。



◆Gジェネシリーズ
ほぼ核撃つのみの機体。しかし役には立つので防御を優先的に上げたい。
魂からはMLRS仕様が登場しビームバズーカもあるのでGP系では一番使いやすい。
GジェネNEOではソロモン宙域にてクワトロの乗る百式と交戦。
地の利と卓越した操縦技術によってクワトロを翻弄し、追撃を振り切った。
まぁGPシリーズは機体性能がぶっ飛んでるから分からない気がしないでもない。

◆ガンダムオンライン
ジオン軍高コスト機のひとつ。原作とは違いシールドで普通にビームサーベルや射撃をガードできるため、最高クラスの耐久を誇る。
また火力も機動力も高いのだが、被弾面積が大きすぎる、基地に帰投するのに20秒前後もかかってしまう、攻撃中は基本的にシールドは発動しないなど、扱いにくいため人気は低い。
アトミックバズーカは補給不可の高威力撃ち切り武器なのだが、弾頭を見てからかわせてしまうほど弾の速度が遅いためMS戦での実用性は低い。
敵本拠点に撃ち込むのが主な使い道か。
デメリットは多いながらも高い潜在能力を秘めているので、工夫して使えば輝く機体といえるだろう。

ガンダムバトルシリーズ
デラーズ紛争が追加された三作目の「ガンダムバトルクロニクル」より登場…したのはいいのだがこの時点では間違いなく最強クラスの機体。
同シリーズにおいて各機体に設定されている必殺技…SPAでまさかの核攻撃が採用されているのだが
クロニクルの時点ではその内容が「発動時点でのSPゲージをすべて消費して広範囲の敵機へと消費したゲージ量に比例する時間の間大ダメージを与える」ものとなっておりしかもSPAで敵機を撃墜した際にも発動リソースであるSPゲージが加算される仕様になっていたこともあってか
SPゲージの最大値であるゲージ二つ満タンの状態まで溜めてから発動さえすれば
後はゲージがたまるたびに使用するだけでよっぽど特殊な勝利条件が設定されているステージでもない限り簡単にクリアでき、最難関ミッションとして実装されているはずのイベントミッションのボスラッシュでさえ適当に核を撃っているだけで終わる。
核の攻撃範囲もほぼマップ全域に渡り冗談抜きでバランスブレイカーとして君臨している。

無論そんな機体が簡単に使えるはずもなくデラーズフリート陣営を選択した場合での解禁条件は「デラーズフリート最終ミッションクリア」となっている。
まぁそれでもまだ強すぎるとの判断がされたのかシリーズの実質的な最終作となった続編の「ガンダムバトルユニバース」では
「SPAで撃破してもSPゲージが増えない」・「核攻撃でのダメージのみ全オブジェクトへの無差別ダメージ判定化」などの下方修正が入り考えなしに使うと味方機すら撃墜してしまう上に護衛ミッションでは事実上使用不可になっている。
まあ素の装備と基本性能が割と優秀なのでそれでも十分強いのだが。
主兵装がバランスブレイカーと名高い狙撃ビーム属性のビームバズーカのみで副兵装がバルカンのみなのだがビームバズーカの命中精度と格闘のサーベルの威力が冗談抜きで高くIフィールド持ち以外にはこれだけで十分過ぎる性能を持っている。
そう言った事情もあってかこっちでもデラーズフリート最終ミッションを評価S以上でクリアが入手条件になっているくらいには優秀な機体になっている。
対になるGP01はミッション途中で必ず手に入るのにね。
もう一つの核攻撃機である「 ザク・マインレイヤー」は武装が機雷設置とクラッカー系のみであることもあってか
ジャブローとソロモンのミッションを完全クリアすれば解禁されるというまだ簡単な条件であることを考えると
其れだけ開発側でも強すぎるという判断がされている模様。
因みに乗り換え後のノイエ・ジールの解禁条件はデラーズ・フリートの最終ミッションクリア(ランクは問わない)だけなのでこちらの方が簡単だったりする。

◆ガンダムVSシリーズ
ガンダムVSガンダムに登場。強力な格闘とアトミックバズーカが武器。反面射撃においてはバルカンとアシストしかない。
特格の「急上昇」は逃げるのに便利で、ブースト速度も早い。故にガン逃げされるとお手上げとなる可能性があり、厨機体とされる。
NEXTで弱体化され厨機体ではなくなったがアシストは強化された。


EXTREME VS
カット耐性・威力・ダウン能力など、全機体トップクラスの格闘能力を持つ格闘機。
ザメルとドムトローペンを召還出来るが、遠距離戦は相変わらず苦手。

シリーズを重ねるごとにMLRS装備や細かい仕様変更が施され、それなりに中遠距離戦もこなせるようになった。とはいえ主体はやはり格闘戦なので、射撃のみで立ち回るのはこの機体に相応しくない。


ギレンの野望シリーズ
核がとにかく凶悪であり、射程内の敵機、戦艦に大打撃を与えられる。さらに生産制限が無い作品なら量産化も可能。
地球連邦でのガンダム開発計画を実行すればプランが回ってくる。他の連邦勢力でも悪に走れば凍結させたプランを復活させる事もできる。
ジオン系勢力でも原作イベントで強奪、作品によっては開発プランまで手に入る。連邦に南極条約を教えてやろう。

…と、言えば聞こえがいいが、南極条約違反なのであらゆる点でデメリットが重くのしかかる。
国際世論や外交相手からの評価がだだ下がりとなり、下手すると暴動に発展しかねない。
撃つ前でも開発した時点で大きく評価が下がり、せっかくロールアウトしてもガトーに強奪される事も。


◆ガンダム戦記(PS3)
DLC機体&ミッションで登場。400円で購入後ゲーム内のポイントを消費して購入。
劇中仕様では無くMRLS装備で解禁当初はサーベルの色がピンクという有るまじきミスがあった。
肩バインダーの展開ギミックは勿論、背部MLRSユニットからもブースト噴射する圧倒的派手さは一見の価値あり。
巨大な盾は極めて高い防御性能を持ち、持っているだけで前方からの攻撃を35%、構えると99%軽減するスグレモノ。
ビグザムの主砲すらも易々と防ぐ。盾だけなら無料DLCミッションで手に入るのも嬉しいところ。
機体としては耐久と出力に優れ速度はやや劣る重量タイプ。サブウェポンのMLRSも牽制や削りに使いやすい。
そのため0083原作のような純格闘仕様より、射撃もできる格闘機、継戦力を重視した堅固な射撃機としてのカスタマイズが向いている。




なお、上記クロスオーバー作品群で本機が『機動戦士ガンダムSEED』と共演すると、
Mk82の構造故に「ニュートロンジャマー環境下でも当たり前のように核攻撃を行う試作2号機」という一見すると奇妙に見える画が完成する。
ニュートロンジャマーキャンセラー搭載とアトミックバズーカによる核攻撃…どちらの方が費用が安いのだろうか*3




君、バズーカに弾頭の装備と項目の追記・修正は済んでいるのかね?
そうか…。では試してみるとしよう…!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/


*1 ただし一部の書籍などで主張されている様な「試作2号機の直系後継機で旧コードネームもガンダムが含まれてたからリック・ディアスは実質ガンダム」みたいな主張は間違い。試作2号機の運用データや技術はあくまで機体の一部にしか使われておらず、またリック・ディアスの機体の原型はアクシズが製作したリック・ドム系の「ドワス改」がメインでそれにガザ系の技術も入ってるので、リック・ドム系やガザ系の影響の方がはるかに強い。

*2 一応、「08小隊」においてとある将校がMS(核融合炉搭載)を意図的に誘爆させて基地周辺を破壊する行為を行っていたが、これも「ワザとやった様に匂わせるフシの発言をした」だけで明確にやったと断言はしてはいなかった。また、サイド6でのアレックス試験場運用など、核以外の項目については違反が見られる。

*3 Mk82のような純粋水爆と比較すると、原爆及びそれによって起爆する通常の水爆は技術が十分に枯れているため、理屈の上ではキャンセラー搭載の方が信頼性や費用面では有利なはずである。しかし、キャンセラーは製造コストの高騰や原材料の希少性が問題となっているため単純比較はできない。それに加え、上でも触れた純粋水爆の「フォールアウトが極めて少ない」という運用次第でメリットにもデメリットにもなる特性をどう評価するかという問題もある。