B2 > シンスポーン

シンスポーン Sinspawn

この無毛の人型は後ろに曲がった犬のような足でよろめき進み、その恐ろしい口は3本指の小さな腕の間にある。

シンスポーン 脅威度2 Sinspawn

経験点600
NE/中型サイズの異形
イニシアチブ +5;感覚 暗視60フィート、罪の嗅覚;〈知覚〉+7
防御
AC 14、接触12、立ちすくみ12(+1回避、+2外皮、+1【敏】)
hp 19(3d8+6)
頑健 +3、反応 +2、意志 +4
完全耐性 [精神作用]効果;SR 13
攻撃
移動速度 40フィート
近接 ランサー=+3(2d4+1/×3)、噛みつき=-2(1d6、加えて“罪深い噛みつき”)または噛みつき=+3(1d6+1、加えて“罪深い噛みつき”)、(×2)=+3(1d4+1)
一般データ
【筋】13、【敏】13、【耐】14、【知】10、【判】13、【魅】12
基本攻撃 +2;CMB +3;CMD 15
特技 《イニシアチブ強化》《回避》
技能 〈威圧〉+7、〈隠密〉+7、〈生存〉+7、〈知覚〉+7
言語 アクロ語
その他の特殊能力 武器と防具の習熟
生態
出現環境 気候問わず/廃墟
編成 単体、2体、またはカルト(3~8)
宝物 標準(ランサー、その他の宝物)
特殊能力
武器と防具の習熟(変則)/Martial Proficiency シンスポーンは全ての単純武器、軍用武器、鎧、盾(タワー・シールドを除く)に習熟している。
罪の嗅覚(超常)/Sin-Scent シンスポーンはそのシンスポーンの罪を本来的に反映するクリーチャーに対する鋭敏嗅覚を持つ。例えば、ラス・シンスポーンは激怒効果を用いるクリーチャーを嗅ぎ当てることができる。GMはあるシンスポーンがどのクリーチャーに対する鋭敏嗅覚を持つか調整しなければならない。
罪深い噛みつき(超常)/Sinful Bite シンスポーンに噛みつかれたクリーチャーは罪深い思考に圧倒される(DC12の意志セーヴで無効化)。この感情は非常に強力で、目標は1d6分間不調状態になる。効果を受けているクリーチャーが2回目に噛みつかれた場合、セーヴィング・スローに失敗すれば1ラウンドの間よろめき状態になる。カーム・エモーションズリムーヴ・カース、またはブレイク・エンチャントメントは罪深い噛みつきの効果を無効にできる。このセーヴDCは【魅力】に基づいている。これは[精神作用]効果である。

 シンスポーンは過去の時代の魔術師がその軍勢の突撃兵として用いていた堕落した魔法の産物である。文字通り罪を具現化して肉体としている彼らは、特定の罪を大量に有するクリーチャーを殺害し、その魂のイメージを刻印したエクトプラズムを蒸留して作られた知的な異形だ。

7種のシンスポーン

 上記のデータはこのクリーチャーで最も普通に見られるタイプのラススポーンのものである。各タイプは名前の後に列記されている特有の能力修正値を有する。
 エンヴィスポーン(+2【筋】、-2【魅】)/Envyspawn:背が低く痩せているエンヴィスポーンはしばしばレンジャーとなる。
 グラトンスポーン(+2【耐】、-2【敏】)/Gluttonspawn:肥え太っているが頑健で剛力のグラトンスポーンはしばしばファイターとなる。
 グリードスポーン(+2【敏】、-2【判】)/Greedspawn:身の丈7フィートを越えるグリードスポーンは金メッキをした筋が浮き、しばしばローグとなる。
 ラストスポーン(+4【魅】、-2【耐】、-2【判】)/Lustspawn:完璧な均整の肉体が怪物のような顔や爪とグロテスクな対照を成しているラストスポーンはしばしばソーサラーとなる。
 プライドスポーン(+4【知】、-2【判】、-2【魅】)/Pridespawn:シンスポーンの中で唯一長い髪の毛を持つプライドスポーンはほとんど骨ばかりのようにげっそりと痩せている。彼らはしばしばウィザードとなる。
 スローススポーン(+2【判】、-2【敏】)/Slothspawn:分厚く丸まった余分な皮膚がスローススポーンの猫背の体格から垂れ下がっている。彼らはしばしばクレリックとなる。
 ラススポーン/Wrathspawn:このシンスポーンは上記のデータを使用する。彼らはしばしばバーバリアンとなる。