VC > 悪魔教会

悪魔教会 Diabolical Church

新しいルール

アーキタイプ

ヘルキャット(モンク) Hellcat

出典 Villain Codex 92ページ
 ヘルキャットのモンクはアスモデウスや他の地獄の力の教えに従う。残忍な訓練によって肉体的な弱点を取り除いたその狂暴な戦い方は、ヘルキャットの略奪的な技術に触発されている。

 属性:ヘルキャットは秩序にして悪または秩序にして中立でなければならない。秩序にして善または秩序でない属性となったヘルキャットはモンクとして新しいレベルを得ることはできないが、全てのモンク能力を保持したままである。

 これはモンクの属性の必要条件を変更する。

 クラス技能/Class Skills:ヘルキャットは〈芸能〉〈職能〉〈製作〉〈知識:歴史〉をクラス技能として失い、代わりに〈生存〉〈知識:次元界〉 をクラス技能として得る。

 これはモンクのクラス技能を変更する。

 武器の習熟/Weapon Proficiency:ヘルキャットはカマ、クオータースタッフ、クラブ、クロスボウ(ライトまたはヘヴィ)、サイ、シャンガム、シュリケン、ダガー、ヌンチャク、ライト・メイス、リピーティング・クロスボウ(ライトまたはヘヴィ)に習熟する。モンク武器と素手打撃に加えて、ヘルキャットはライト・メイスを使用して連打を行える。

 これはモンクの武器の習熟を置き換える。

 ボーナス特技/Bonus Feat:ヘルキャットは以下の一覧からボーナス特技を選択できる:《回避》《強打》《組みつき強化》《不屈の闘志》《迎え討ち》《無視界戦闘》《野獣の化身》APG。6レベルの時点で、一覧に以下の特技を追加する:《強行突破》《クリティカル熟練》《上級組みつき》《不屈の構え》UC《無視界戦闘強化》。10レベルの時点で、一覧に以下の特技を追加する:《一撃離脱》《クリティカル強化》《出血化クリティカル》《上級無視界戦闘》《不屈の構え強化》UC

 この能力は、モンクのボーナス特技を変更する。

 ヘルキャットの憤怒(変則)/Hellcat Fury:1レベルの時点で、ヘルキャットは素手打撃で斬撃ダメージを与えることができる。4レベルの時点で、ヘルキャットは斬撃の素手打撃でクリティカル・ヒットを確定させたとき、攻撃の目標は追加で1d4ポイントの出血ダメージを受けるようになる。8レベルの時点で、この出血ダメージは1d6ポイントに増加する。12レベルの時点で、出血ダメージは1d8ポイントに増加する。16レベルの時点で、出血ダメージは1d10ポイントに増加する。20レベルの時点で、出血ダメージは1d12に増加する。

 この能力は朦朧化打撃および高速移動と置き換える。

 拷問訓練(変則)/Torture Training:2レベルの時点で、ヘルキャットは不調状態疲労状態よろめき状態となるような効果に対するセーヴに失敗した場合、次のターンの終了時に、その効果に対する2回目のセーヴを試みることができる。追加でセーヴできるのは同時に1つだけである。5レベルの時点で、ヘルキャットは恐れ状態または怯え状態となる効果に対してもこの2回目のセーヴを試みることができる。9レベルの時点で、ヘルキャットは過労状態幻惑状態吐き気がする状態となる効果に対してもこの2回目のセーヴを試みることができるようになる。

 この能力は身かわし無病身身かわし強化を置き換える。

 痛みのるつぼ(変則)/Crucible of Pain:3レベルの時点で、ヘルキャットは、非致傷ダメージに対してモンク・レベルの半分に等しいDR/-を得る。加えて、ヘルキャットは暑い気候の効果を受ける際、エンデュア・エレメンツを使用しているかの用に扱われる。

 この能力は浮身不動心と置き換える。

 ヘルキャットの気(超常)/Hellcat Ki:4レベルの時点で、ヘルキャットはポイントの蓄積を得る。これはモンクのクラス特徴と同様に使用できるが、以下の変更点がある。ヘルキャットは即行アクションとして1ポイントのポイントを消費することで、追加攻撃、移動速度増加、AC増加に加えて、1分/レベルの間、視覚の強化(60フィートの暗視を得る)、嗅覚の向上(鋭敏嗅覚能力を得る)のいずれか1つを使用できる。

 7レベルの時点で、ヘルキャットは即行アクションとして1ポイントのポイントを消費することで、1ラウンド/レベルの間[火炎]に対する抵抗5を得ることができるようになる。10レベルの時点でこの[火炎]に対する抵抗は10に、14レベルの時点で15に増加する。

 11レベルの時点で、ヘルキャットは即行アクションとして1ポイントのポイントを消費することで、ぼんやりとした炎の残像を作り、レベルごとに1ラウンドの間、光のあるところでは見えにくく、暗闇では見えやすくなることができるようになる。ヘルキャットは明るい光の中では不可視状態になり、通常の明かりでは視認困難を得(20%の失敗確率)、薄暗い明かりでは利益を得られず、暗闇では蝋燭のような光を放ち、暗視がなくとも他のクリーチャーがヘルキャットを見ることができる。明るい光の中で{インヴィジビリティは次のターン終了時まで失われ、代わりに視認困難を得る。

 この能力は気蓄積を変更し、肉体の完成および金剛身と置き換える。

魔法のアイテム

アイズ・オヴ・エンバーサイト

Eyes of Embersight/燃えさしの視界の目)
出典 Villain Codex 93ページ
オーラ 中程度・占術;術者レベル 9
装備部位 両目;市価 16,000GP;重量

 この2枚の透明な赤い水晶のレンズは、着用者の目の上に直接張り付く。合言葉としてアスモデウスへの祈りを口にすることで、着用者は距離60フィートの暗視を得る。その範囲内では、着用者はディーパー・ダークネスによって作成されたものを含め、あらゆる種類の暗闇を見通すことができる。起動している間、レンズは赤熱した光る燃えさしの外見を取る。これは非常に特徴的なもので、着用者が赤い目に光る存在に変装していない限り、〈変装〉判定を行えない。

 アイズ・オヴ・エンバーサイトは毎日合計9分間機能する。この持続時間は連続している必要はないが、1分単位で使用しなければならない。この魔法のアイテムを有効にするには、両方のレンズを同じ者が着用していなければならない。
作成要項

アイズ・オヴ・ザ・ダムド

Eyes of the Damned/堕落したものの目)
出典 Villain Codex 93ページ
オーラ 微弱・幻術;術者レベル 5
装備部位 両目;市価 15,000GP;重量

 この2枚の透明な水晶のレンズは、着用者の目の上に直接張り付く。着用者は標準アクションとしてアスモデウスに祈りを捧げてレンズを起動させることができる。そうすると、目は計り知れないほどの黒さを持つオーブに置き換わったように見える。次のターンの開始時まで、着用者は凝視攻撃を得る。着用者はレンズを起動するアクションの一部として、30フィート以内のクリーチャー1体を選択して凝視攻撃を行える。目標のクリーチャーはDC14の意志セーヴを行わねばならず、失敗すると、5分間ヴィジョン・オヴ・ヘルの影響を受ける。この効果は(幻覚)効果ではなく(惑乱)効果であり、範囲の影響を及ぼすのではなく、そのクリーチャーにのみ影響を及ぼす。影響を受けたクリーチャーは、クリーチャーの場所に関係なく、持続時間の間恐ろしい地獄の景色を見続ける。

 ヴィジョン・オヴ・ヘルと同様に、デヴィルとすべての秩序にして悪のクリーチャーは、このアイテムによって生じる効果に完全耐性を持つ。アイズ・オヴ・ザ・ダムドは1日に3回まで起動できる。この魔法のアイテムを有効にするには、両方のレンズを同じ者が着用していなければならない。

作成要項

ダイアボラス・ベル

Diabolus Bell/悪魔の鈴)
出典 Villain Codex 93ページ
オーラ 中程度・防御術;術者レベル 7
装備部位 なし;市価 16,000GP;重量 1ポンド

 この黒い、鉄製の鈴には悪魔のような模様が刻まれている。球状の鐘の鳴子に鎖が取り付けられており、暴君が用いる鉄球と鎖に似ている。&i(){ダイアボラス・ベル}は、アークデヴィルなど、他の地獄の力に捧げることができる。関連する守護霊によって与えられる呪文の信仰焦点具として機能する。

 1日1回、使用者が標準アクションとして鈴を鳴らしながら合言葉を口にすると、鈴の音を聞くことができ、20フィート以内にいる、アスモデウスを信仰する秩序にして中立か秩序にして悪のクリーチャーは、ウォード・ザ・フェイスフルの効果を受けるために、移動アクションとしてアスモデウスに祈りを捧げることができる。祈りは次の使用者のターンの直前までの間に、鈴から20フィート以内の地点で口にしなければならない。

 この鈴を聞いた半径20フィート以内の混沌または善のクリーチャーは、代わりにDC13の意志セーヴを行わねばならず、失敗するとドゥームの影響を受ける。混沌にして善のクリーチャーが意志セーヴに失敗した場合、1d8ポイントの[音波]ダメージを受けた上、DC13の頑健セーヴを行わねばならず、失敗すると1ラウンドの間朦朧状態となる。

 最後に、この鈴から20フィート以内でヒット・ポイントが-1以下になったクリーチャーはDC13の意志セーヴを行わねばならず、失敗するとデス・ネルと同様の効果によって殺される。使用者の次のターン開始時に、鈴のデス・ネル効果がクリーチャーを殺害した場合、使用者はデス・ネルの利益を与える対象を、自身または鈴のウォード・ザ・フェイスフル効果から利益を得ている視界内のクリーチャー1体から選択できる。複数のクリーチャーがデス・ネル効果に対するセーヴィング・スローに失敗している場合でも、1体のクリーチャーのみがこの利益を得る。

作成要項

デヴィルズ・スピット

Devil's Spit/デヴィルの唾)
出典 Villain Codex 92ページ
オーラ 微弱・死霊術;術者レベル 3
装備部位 なし;市価 60GP;重量

 デヴィルズ・スピットはより強力な邪水の一種であり、ほとんどの点で邪水の入ったビンのように機能する。ただし、デヴィルズ・スピットのビンが直接命中したなら、善の来訪者と秩序にして善のクリーチャーは4d4ポイント、秩序にして善の来訪者は6d4ポイント、他のすべての善属性のクリーチャーは2d4ポイントのダメージを受ける。ビンが命中した地点から5フィート以内のすべてのクリーチャーは、善の来訪者か秩序にして善のクリーチャーならば2ポイント、秩序にして善の来訪者ならば3ポイント、混沌にして善か中立にして善のクリーチャーならば1ポイントのダメージを受ける。

 デヴィルズ・スピットロッド・オヴ・バーニング・ブラッドのチャージにも使用できる(下記参照)。デヴィルズ・スピットのビン1つで、ロッド・オヴ・バーニング・ブラッドに5回分チャージできる。デヴィルズ・スピットを使用してロッド・オヴ・バーニング・ブラッドへのチャージは、機会攻撃を誘発する標準アクションである。
作成要項

ロッド・オヴ・バーニング・ブラッド

Rod of Burning Blood/燃える血のロッド)
出典 Villain Codex 93ページ
オーラ 中程度・力術 術者レベル 10
装備部位 なし;市価 11,050GP;重量 4ポンド

 この黒ずんだ鉄製のロッドにはルビーがはめ込まれ、+1カニングUE・ライト・メイスとして機能する。ロッドに注がれた邪水は吸収され、ロッドに小瓶1つにつき1チャージを与える。ロッドがクリーチャーに命中したとき、ロッドから1チャージを消費して、そのクリーチャーに武器の先から燃える血を吹きかけることができる。この燃える血は1d6ポイントのダメージを与える(半分は[火炎]、半分は不浄ダメージ)。

 または、使用者は5チャージを費やすことで、15フィートの円錐形に燃える血を吹きかけることができる。範囲内のクリーチャーは5d4ポイントのダメージを受ける(半分が[火炎]、半分は不浄ダメージ;反応・DC17・半減)。ロッドは一度に最大10チャージまで保持できる。邪水によるロッドへのチャージは、機会攻撃を誘発する標準アクションである。
作成要項
最終更新:2020年06月13日 09:02