B2 > バジャー

バジャー(アナグマ) Badger

ずんぐりした、ヨチヨチ歩きのアナグマが前に歩いていく。平たい鼻を地面に押し付け、ひっきりなしに鼻を鳴らしている。

バジャー 脅威度1/2 Badger

経験点200
N/小型サイズの動物
イニシアチブ +1;感覚 鋭敏嗅覚、夜目;〈知覚〉+5
防御
AC 13、接触12、立ちすくみ12(+1外皮、+1サイズ、+1【敏】)
hp 9(1d8+5)
頑健 +4、反応 +3、意志 +1
攻撃
移動速度 30フィート、穴掘り10フィート
近接 噛みつき=+1(1d3)、(×2)=+1(1d2)
特殊攻撃 血の狂乱
一般データ
【筋】10、【敏】13、【耐】15、【知】2、【判】12、【魅】6
基本攻撃 +0;CMB -1;CMD 10(対足払い14)
特技 《追加hp》
技能 〈脱出術〉+5、〈知覚〉+5;種族修正 +4〈脱出術〉
生態
出現環境 温暖/森林
編成 単体、2体、または氏族(3~6)
宝物 乏しい

 ずんぐりした穴掘り屋のバジャーはほとんどの温暖な森林にたくさんいる。ほとんどの種は肉食性だが、いくつかの種はさまざまな肉、虫、植物を食べる。バジャーは凶暴で生来の頑強さを持つが、その短い足と幅広い、肥満しているようにも見える体型はこのクリーチャーの実際の強さと速さを覆い隠している。
 典型的なバジャーは焦げ茶色がかった灰色で、縞や目を覆い隠す帯のような白い模様がある毛皮をしている。この模様は明瞭で種によって異なる。概して友好的だが、脅かされたり刺激されたりすると、バジャーは猛烈な戦士となる。ひとたび敵とであうと、普通は死ぬまで戦う。戦闘時には、鋭い針のような歯と、穴を掘るためにも使う長く曲がった爪で戦う。

バジャー:ダイア・バジャー Dire Badger

途方もないバジャーがうなり声を上げ、恐ろしいショベルのような爪をきしらせている。がっしりした筋肉が、縞模様のぼさぼさの毛皮の下で蠢いている。

ダイア・バジャー 脅威度2 Badger, Dire

経験点600
N/中型サイズの動物
イニシアチブ +6;感覚 鋭敏嗅覚、夜目;〈知覚〉+10
防御
AC 14、接触12、立ちすくみ12(+2外皮、+2【敏】)
hp 22(3d8+9)
頑健 +6、反応 +5、意志 +2
防御能力 凶暴性
攻撃
移動速度 30フィート、穴掘り10フィート
近接 噛みつき=+4(1d4+2)、(×2)=+4(1d3+2)
特殊攻撃 血の狂乱
一般データ
【筋】14、【敏】15、【耐】17、【知】2、【判】12、【魅】9
基本攻撃 +2;CMB +4;CMD 16(対足払い20)
特技 《イニシアチブ強化》《技能熟練:知覚》
技能 〈脱出術〉+6、〈知覚〉+10;種族修正 +4〈脱出術〉
生態
出現環境 温暖/森林
編成 単体、2体、または氏族(3~5)
宝物 乏しい

 容赦なき捕食者である、暴力的で縄張り意識の強いダイア・バジャーはしょっちゅう狩をし、兎、鹿、時には家畜などさまざまな容易い獲物を殺して貪っている。このクリーチャーは、多くの種族、特に森に住むノームに賞され尊敬されている伝説的な頑健さを頼りに、恐れもなく自分よりも大きなクリーチャーを攻撃する。
 ダイア・バジャーは怪物じみた爪で掘った深い穴や巣にすむ。しかし典型的なバジャーとは異なり、ダイア・バジャーの爪は固い岩を穿つことができる。ダイア・バジャーは邪魔されたり妨げられたりすることにほとんど我慢ができない。全く恐れを知らぬクリーチャーで、対決する時には野蛮に攻撃し、傷つけられた場合は荒々しく狂乱する。
 ダイア・バジャーは肩高4フィート、体重500ポンド。