B2 > フライ

フライ:ジャイアント・フライ(巨大蠅) Giant Fly

荒い毛が密生しているこの巨大な蝿の脚は、唸りを上げる翅で空中に飛び出す直前にピクピク動く。

ジャイアント・フライ 脅威度1 Giant Fly

経験点400
N/中型サイズの
イニシアチブ +3;感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+2
防御
AC 13、接触13、立ちすくみ10(+3【敏】)
hp 15(2d8+6)
頑健 +6、反応 +3、意志 -2
完全耐性 [精神作用]効果、病気
攻撃
移動速度 20フィート、登攀20フィート、飛行60フィート(良好)
近接 噛みつき=+2(1d6+1、加えて“病気”)
一般データ
【筋】12、【敏】17、【耐】16、【知】―、【判】7、【魅】2
基本攻撃 +1;CMB +2;CMD 15(対足払い21)
技能 〈知覚〉+2、〈登攀〉+9、〈飛行〉+7;種族修正 +4〈知覚〉
生態
出現環境 温暖または熱帯/地形問わず
編成 単体、2体、または群れ(3~12)
宝物 なし
特殊能力
病気(変則)/Disease 汚穢熱噛みつき・致傷型;セーヴ 頑健 DC14;潜伏期間 1d3日;頻度 1回/日;効果 1d3【敏】ダメージおよび1d3【耐】ダメージ治癒 2回連続のセーヴ成功。一部のフライはGMの決定によって別の病気を媒介してもよい。このセーヴDCは【耐久力】に基づいている。

 小さな仲間たちと同様に、ジャイアント・フライは死肉を食らう。全くの怪物めいたこの胸が悪くなるようなクリーチャーは時として、とりわけ飢えていたり生きているクリーチャーが食事の邪魔をしたときには、まだ生きている敵を攻撃することでしられている。ジャイアント・フライの一部の種は幼虫を生むことで知られ、腐った死体に卵を産みつけるのではなく、がつがつと食らった腹部からのたうつジャイアント・マゴットの群れを排出する。