B3 > イクトゥルソ

イクトゥルソ Iku-Turso

このグロテスクなエメラルドの鱗をしたクリーチャーは、ウナギ、ホウライエソ、爪の生えた人型生物の雑種に似ている。

イクトゥルソ 脅威度8 Iku-turso

経験点4,800
NE/中型サイズの異形水棲
イニシアチブ +7; 感覚 暗視60フィート、非視覚的感知30フィート;〈知覚〉+12
防御
AC 21、接触14、立ちすくみ17(+1回避、+7外皮、+3【敏】)
hp 102(12d8+48)
頑健 +8、反応 +9、意志 +11
完全耐性 病気
弱点 光による盲目化
攻撃
移動速度 20フィート、水泳60フィート
近接 噛みつき=+16(1d8+7、加えて“病気”)、(×2)=+16(1d6+7)
特殊攻撃 光のルアー
一般データ
【筋】24、【敏】16、【耐】19、【知】7、【判】12、【魅】17
基本攻撃 +9; CMB +16; CMD 30(足払いされない)
特技 《イニシアチブ強化》《回避》《クリティカル熟練》《神速の反応》《鋼の意志》《迎え討ち》
技能 〈隠密〉+14、〈水泳〉+15、〈生存〉+12、〈知覚〉+12
言語 アクロ語、水界語、地下共通語
その他の特殊能力 水陸両生
生態
出現環境 寒冷または温暖/水または地下
編成 単体、2体、または小部隊(3~8)
宝物 標準
特殊能力
病気(超常)/Disease イクトゥルソの噛みつきはトゥルサスと呼ばれる奇妙な超自然的な病気をもたらす。この病気は犠牲者の皮膚を苦痛を伴う鱗状のものに変え、奇妙な幻覚を引き起こし、最後には犠牲者をイクトゥルソに変身させる。
トゥルサス/Tursas:噛みつき・致傷型;セーヴ 頑健・DC20;潜伏期間 1分;頻度 1回/日;効果 1d3【判】ダメージおよび1d6【魅】吸収;治癒 2回連続のセーヴ成功。 犠牲者がトゥルサスから何らかの能力値ダメージを被っている限り、水中で呼吸する能力を得る。この病気によって【魅力】が0に減少した犠牲者は完全に成長し健康なイクトゥルソに変身する。それは以前の生活や能力を即座に忘れ、最も近いイクトゥルソの共同体に参加するために目指す。ウィッシュまたはミラクルでこの変身を元に戻すことができる。このセーヴDCは【耐久力】に基づいている。
光のルアー(超常)/Light Lure 標準アクションとして、イクトゥルソは下記を除けばダンシング・ライト呪文(術者レベルはイクトゥルソのヒット・ダイスに等しい)と同様に機能するいくつかの小さな光の点を呼び起すことができる。これらの光点の1つから100フィート以内にいるクリーチャーはそれを見た時にDC19の意志セーヴを行わなければならず、失敗した場合は最も安全で直接的な経路を通じてそれに接近することを強制される。セーヴに成功したクリーチャーは同一のイクトゥルソの光のルアーに24時間の間完全耐性を得る。この効果の下にある者が光に到達するために危険な地形を通過しなければならない場合、犠牲者は危険な地形に入る前に効果を終わらせるための新しいセーヴを行うことができる。この効果はキャラクターが光に到達するか、何らかの種類のダメージを受けた場合に終了する。これは視覚に基づく[精神作用]効果である。セーヴDCは【魅力】に基づいている。

 イクトゥルソは深海のぞっとするような住人である。そこでは彼らは疫病と伝染の邪悪な神々を崇め、特別に空気で満たされた拷問部屋で船や海岸からさらってきた犠牲者を苦しめる。病気はイクトゥルソにとって聖なるものであり、病に苦しむものは祝福されたものと考えられる。イクトゥルソはしばしば明らかに病気の犠牲者を捕えようとする代わりに彼らの運命に任せる事を選ぶ。