B3 > ヴォジャノーイ

ヴォジャノーイ Vodyanoi

この人型のサンショウウオは片手に曲がりくねった杖を持つ。その顎には巻きヒゲが垂れ下がっており、奇矯な隠者の顎鬚に似ている。

ヴォジャノーイ 脅威度5 Vodyanoi

経験点1,600
CN/中型サイズの人怪水棲
イニシアチブ +8; 感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+14
防御
AC 19、接触15、立ちすくみ14(+1回避、+4外皮、+4【敏】)
hp 51(6d10+18)
頑健 +5、反応 +9、意志 +10
攻撃
移動速度 30フィート、水泳50フィート
近接 ショートスピア=+9/+4(1d6+4)、噛みつき=+4(1d8+1)
遠隔 ショートスピア=+10(1d6+3)
特殊攻撃 窒息水域
擬似呪文能力 (術者レベル6;精神集中+7)
一般データ
【筋】16、【敏】19、【耐】17、【知】13、【判】20、【魅】12
基本攻撃 +6; CMB +9; CMD 24
特技 《イニシアチブ強化》《回避》《技能熟練:治療》
技能 〈交渉〉+3、〈真意看破〉+11、〈水泳〉+18、〈知覚〉+14、〈知識:自然〉+5、〈知識:神秘学〉+3、〈治療〉+18;種族修正 +4〈治療〉
言語 共通語、水界語、森語
その他の特殊能力 水陸両生
生態
出現環境 気候問わず/河川または湿地
編成 単体、2体、または一家(3~12)
宝物 標準
特殊能力
窒息水域(超常)/Suffocating Water 1日1回、標準アクションとして、ヴォジャノーイは自分の周り半径30フィートまでの水を濃く粘つくようにし、範囲内にいるヴォジャノーイ以外の水中呼吸能力を持つクリーチャーを呼吸困難にすることができる。ヴォジャノーイは呼吸可能な水の細い流れを操って3体までの他のクリーチャーに酸素を供給することができる。ヴォジャノーイ自身はこの効果に完全耐性を持つ。窒息水域の範囲内にいる全ての他のクリーチャーは息を止めるか窒息の危険を冒さなければならない。一度作り出された場合、窒息水域の範囲は移動しない。それはヴォジャノーイのヒット・ダイスごとに1分だけ継続する。粘り気のある水は水泳速度や見通しにいかなる形でも影響を与えない。DC20の〈知覚〉判定に成功したクリーチャーは窒息水域と自分を取り巻く他の通常の水との違いに気付くことができる。

 ヴォジャノーイは人型のサンショウウオに似ている。短い鼻面、球状の眼、肉質の巻きひげの藪で覆われた幅広の口を持つ。皮膚の色は気候と地形によって、くすんだ緑と灰色から鮮やかなオレンジと赤まで幅広く変化する。ヴォジャノーイは身の丈およそ5.5フィート、体重100ポンドあまり。120年まで生きることができる。
 ヴォジャノーイは、彼らの土地の近くでよく遭遇する他の両生類種族であるボガードの敵としてよく知られている。ヴォジャノーイ自身はめったに悪であることはないが、享楽的で、とりわけ自分たちの縄張りが荒らされていると感じている時にはしばしば怒りっぽい。他に彼らの怒りをかき立てる確かな道として、ボガードに対する憎しみがある。ボガードの共謀を疑っているヴォジャノーイはしばしば見ただけで攻撃してくるだろう。ヴォジャノーイの部族の近くで生活しているものは、速やかに彼らを放っておく事を学び、ヴォジャノーイの土地を訪れたり侵入する必要がある場合(たとえば病気を治す手助けを求めてヴォジャノーイを探す必要がある場合)、魔法のポーションと珍しい果物の贈り物が大変お勧めである。