B3 > ダイア・コルビー

ダイア・コルビー Dire Corby

このクリーチャーは脂っぽい黒い羽毛に覆われ、輝く目と鋭いくちばしを持つ人型のカラスのように見える。

ダイア・コルビー 脅威度1 Dire Corby

経験点400
NE/中型サイズの人怪
イニシアチブ +1; 感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+6
防御
AC 13、接触11、立ちすくみ12(+2外皮、+1【敏】)
hp 15(2d10+4)
頑健 +2、反応 +4、意志 +3
防御能力 凶暴性
攻撃
移動速度 30フィート、登攀30フィート
近接 (×2)=+3(1d4+1)
特殊攻撃 かきむしり(×2)、1d4+1)、飛び跳ね
一般データ
【筋】13、【敏】12、【耐】15、【知】7、【判】10、【魅】8
基本攻撃 +2; CMB +3; CMD 14
特技 《技能熟練:隠密》《無視界戦闘》
技能 〈隠密〉+8、〈軽業〉+10、〈知覚〉+6、〈登攀〉+13;種族修正 +8〈軽業〉、+2〈知覚〉
言語 地下共通語
生態
出現環境 気候問わず/地下
編成 徒党(2~5)、狩猟の群れ(ドレッド・コルビー1~3およびダイア・コルビー5~10)、または群生地(ドレッド・コルビー1~10および10~50ダイア・コルビー 、加えて成人10名につき3レベル~5レベルのバーバリアンまたはファイター1)
宝物 標準
特殊能力
飛び跳ね(変則)/Leap ダイア・コルビーは戦闘中に飛び跳ねることで、特殊な飛びかかり攻撃を行うことができる。ダイア・コルビーが突撃する際、DC20の〈軽業〉判定を行うことで、虚空を飛び跳ね敵のとなりに着地することができる。この〈軽業〉判定に成功したなら、間合いにいる敵に対して1回の全力攻撃(爪攻撃2回に加えて、両方の爪が命中したならかきむしり攻撃)を行うことができる。判定に失敗しても、通常通りに突撃による1回の攻撃を行うことができる。

 ダイア・コルビーは地下に住む肉食動物である。その姿は筋骨たくましい腕と恐るべき爪を持つ、人の形をしたカラスに似ている。地下の裂け目の壁にある崖の側に巣を作る(彼らは死を拒むほどの敏捷性をもって、そこを登り飛び跳ねていく)が、彼らと最も遭遇するのは洞窟の中であろう。彼らはそこで獲物を待ち伏せし、天井から飛び降りて襲いかかるのだ。
 ダイア・コルビーは知性を持つが、彼らの巣所にある粗野でつまらない序列の外にある社会ではほとんど使い道がない。彼らの社会秩序は、彼らに似ている平凡な鳥類のものとほとんど変わらない。自ら戦闘を始めたがるほとんど自虐的な残忍性も相まって、ダイア・コルビーは経験深い冒険者でさえ不安に思わせる恐ろしい叫び声、滅びの歌として知られている。
 獰猛な肉食動物であることに加え、ダイア・コルビーは若い時には愚かにも同種食いを行うことで知られている。母となったダイア・コルビーは同じ巣所にいる数多くの雄が巣を襲撃して、まだ生まれていない子供たちを黄身と血を撒き散らかしながら貪り喰らうことの無いよう、その卵を注意深く守らなければならない。この極めて非生産的な性質は、はるか昔からほとんどの種族に対して、ダイア・コルビーは極めて不安定な存在だという印象を与えている。これが何故このクリーチャーが比較的数が少ないままでいるのか、という説明になるのかもしれない。
 一般的なダイア・コルビーは全長5フィート(約1.5m)で、重量は125から150ポンド(約56.7kgから約68kg)の間である。

ドレッド・コルビー Dread Corby

 強力なダイア・コルビーはダイア・コルビーとハーピーの間に生まれた子供である。彼らはアドヴァンスト・テンプレートをもち、以下の特殊攻撃を持つ。

 滅びの叫び(超常)/Screech of Doom:1日に1回、ドレッド・コルビーは30フィート以内にいる1体の目標に向けて叫び声を上げることができる。目標はDC12の意志セーヴを行わねばならず、失敗すると1d4ラウンドの間恐れ状態となる。これは[音波][恐怖][精神作用]効果である。このセーヴDCは【魅力】に基づいている。