B3 > ベイコク

ベイコク Baykok

この吠え猛る死体は骨でできたボウを持って空中を長く恐ろしい脚で飛び回る。

ベイコク 脅威度9 Baykok

経験点6,400
NE/中型サイズのアンデッド
イニシアチブ +10; 感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+18
防御
AC 24、接触17、立ちすくみ17(+1回避、+7外皮、+6【敏】)
hp 97(15d8+30)
頑健 +7、反応 +11、意志 +9
完全耐性 アンデッドの種別特性
攻撃
移動速度 30フィート、飛行60フィート(良好)
近接 (×2)=+14(1d6+3)
遠隔 +1コンポジット・ロングボウ=+19/+14/+9(1d8+4/19~20/×3、加えて1d6負のエネルギーおよび“麻痺”)
特殊攻撃 アローへの注入、戦慄すべき咆哮、魂喰らい
一般データ
技能 〈威圧〉+20、〈隠密〉+24、〈知覚〉+18、〈飛行〉+28
言語 共通語
生態
出現環境 気候問わず/地形問わず
編成 単体、徒党(2~5)、または小編成(6~12)
宝物 標準(+1コンポジット・ロングボウ[【筋】+3]、その他の宝物)
特殊能力
魂喰らい(超常)/Devour Soul ベイコクは標準アクションで隣接する死亡しているか瀕死状態のクリーチャーの魂を貪れる。瀕死状態のクリーチャーはDC19の頑健セーヴでこの攻撃に抵抗できる。失敗した場合、目標は即座に殺される。そのクリーチャーが既に死んでいる場合セーヴィング・スローは行えないが、死後1時間以上経過した死体は食べられない。レイズ・デッドによってこの攻撃の対象となったクリーチャーから生命を取り戻すことはできない(リザレクションやより強力な効果であれば通常通り働く)。この方法で魂を貪った時、ベイコクは5d6+10ポイントのダメージを癒し、4ラウンドの間(ヘイストの影響を受けたかのように)加速状態になる。これは[即死]効果である。セーヴDCは【魅力】に基づく。

戦慄すべき咆哮(超常)/Dread Howl 1日に1回、ベイコクは血も凍るような雄叫びを上げられる。半径30フィートの爆発内の生きているクリーチャーは恐怖のために、DC19の意志セーヴに成功しない限り1ラウンドの間麻痺状態になる。セーヴィング・スローに成功したクリーチャーは代わりに1ラウンドの間怯え状態になる。これは[恐怖]効果である。DCは【魅力】に基づく。

アローへの注入(超常)/Infused Arrows ベイコクはボウで射る骨の矢を作成する――アローを矢弾として運搬する必要はない。この骨はボウから撃たれた矢として通常のダメージを与えるが、攻撃ロールとダメージ・ロールに+1の強化ボーナスを得る。加えて、命中すると追加で1d6ポイントの負のエネルギーを与える。更に、あるラウンドにベイコクの最初の命中を受けたクリーチャーはDC19の頑健セーヴを行わねばならず、失敗すると1d3ラウンドの間麻痺状態になる。ベイコクは望む場合ボウから通常のアローを射ることもできる――しかしながらそうした矢は特別な負のエネルギー・ダメージも麻痺効果も得ない。セーヴDCは【魅力】に基づく。

 狩人が狩猟に完全に心を奪われ全く気兼ねすることなく野蛮な殺害を犯すようになった時、彼らの魂は次第に汚染されていく。そうした残忍な狩人が獲物を捕まえ殺す前に非業の死を遂げた時、ベイコク――殺害がもたらす恍惚のみを求めて殺し回る飛行するアンデッドの怪物――として死から蘇ることがある。
 あらゆる生ける存在を喰らい憎む多くのアンデッドとは違い、ベイコクは常に自身の狩りの練度を証明しようとする。疑う余地のない邪悪であるが、ベイコクは時にある集団内の最も強力そうに見える敵以外を無視することがあり、その際劣るクリーチャーたちの命を摘むのはベイコクと真の獲物の間に敢えて立ち塞がる時のみである。最終的に獲物を仕留めると、その犠牲者が二度と復讐に来ないよう、ベイコクは飛び降りてそのクリーチャーの霊魂を貪る。