B3 > マースピアル

マースピアル:カンガルー Marsupial, Kangaroo

成人した人間ほどの身長のあるこのネズミの顔をしたクリーチャーは強力な後ろ脚と後ろから生える太い尾で立っている。

カンガルー 脅威度1/2 Kangaroo

経験点200
N/中型サイズの動物
イニシアチブ +3; 感覚 鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+4
防御
AC 15、接触13、立ちすくみ12(+2外皮、+3【敏】)
hp 6(1d8+2)
頑健 +4、反応 +5、意志 +0
攻撃
移動速度 50フィート
近接 蹴り=+1(1d6+1、加えて“足払い”)
一般データ
【筋】12、【敏】16、【耐】15、【知】2、【判】11、【魅】7
基本攻撃 +0; CMB +1; CMD 14
特技 《技能熟練:軽業》
技能 〈軽業〉+10(跳躍+18)、〈知覚〉+4;種族修正 +4〈軽業〉
生態
出現環境 温暖/丘陵または平地
編成 単体、2体、または大軍(3~10)
宝物 なし

 これらの奇妙な外見をしたクリーチャーは目立つ長い耳と伸びた鼻づらを持ち、その強力な脚によって驚くほどの跳躍ができる。有袋類全般に言えることであるがカンガルーも生まれた時は殆ど未発達で完全に無防備な赤ん坊(ジョーイ)として生まれ、危機に対応できるようになるまで母親のお腹にある袋で数ヶ月間守られながら暮らす。
 特に危険というわけではないが、カンガルーは追い詰められた時や子供を守ることを強いられた場合に自衛する能力は十二分にあり、不用意に挑発した者を倒す能力を持つ脚による強力な敵を撃破する。
 カンガルーは身長6と1/2フィート以上あり、体重は200ポンドを超える。より小さい種を表現するなら、身長は4フィートで体重110ポンド、ヤング単純テンプレートを適用するか手動で中型から小型にサイズを減少すること。カンガルーは1年経たずに成熟し、20歳まで生きられるが、野生に生きる個体の多くは最初の10年のうちに猟師に狩られる。

マースピアル:サイラシン Marsupial, Thylacine

この猫のようなクリーチャーには縞模様があり、鋭い歯をいっぱい生やした長い鼻の顔からヒゲを突き出している。

サイラシン(フクロオオカミ) 脅威度1/2 Thylacine

経験点200
N/小型サイズの動物
イニシアチブ +2; 感覚 夜目;〈知覚〉+8
防御
AC 13、接触13、立ちすくみ11(+1サイズ、+2【敏】)
hp 7(1d8+3)
頑健 +5、反応 +4、意志 +1
攻撃
移動速度 30フィート
近接 噛みつき=+2(1d4+1/19~20)
一般データ
【筋】12、【敏】15、【耐】16、【知】2、【判】13、【魅】7
基本攻撃 +0; CMB +0; CMD 12(対足払い16)
特技 《技能熟練:知覚》
技能 〈知覚〉+8
その他の特殊能力 強力あぎと
生態
出現環境 暑熱/丘陵
編成 単体または小さな群れ(2~5)
宝物 なし
特殊能力
強力あぎと(変則)/Powerful Jaws サイラシンの筋肉質の顎は出目が19か20でクリティカル可能状態になる。

 この肉食性で大きな口をした有袋類は概して夜間狩りをし、その獰猛さで有名である。日中彼らは木の虚や茂みの密集地で休む。