MA > 神話モンスター > ヘル・ハウンド

ヘル・ハウンド Hell Hound

 この筋骨隆々とした犬は炎の中で笑みを浮かべている。その足跡は焼け跡となり、ぱちぱちと音を立てながら煙を上げている。

神話級ヘル・ハウンド 脅威度4/神話ランク1 Mythic Hell Hound

経験点1,200
LE/中型サイズの来訪者神話他次元界秩序
イニシアチブ +5; 感覚 暗視60フィート、鋭敏嗅覚〈知覚〉+8
防御
AC 17、接触11、立ちすくみ16(+6外皮、+1【敏】)
hp 47(5d10+20)
頑健 +6、反応 +5、意志 +1
DR 5/エピック; 完全耐性 [火炎]
弱点 [氷雪]に対する脆弱性
攻撃
移動速度 40フィート
近接 噛みつき=+9(2d6+3、加えて“着火”)
特殊攻撃 神話パワー(1回/日、活性+1d6)、着火(1d6、DC14)、ブレス攻撃(10フィートの円錐形、2d6[火炎]に加えて“まとわりつく炎”、反応・DC14・半減、1d4ラウンドごとに使用可能)
一般データ
【筋】15、【敏】13、【耐】15、【知】6、【判】10、【魅】6
基本攻撃 +5; CMB +7; CMD 18(対足払い22)
特技 《イニシアチブ強化》《疾走》《武器熟練:噛みつき》(神)
技能 〈隠密〉+14、〈軽業〉+9(+13跳躍時)、〈生存〉+8、〈知覚〉+8; 種族修正 +5〈隠密〉
言語 地獄語(話せない)
生態
出現環境 気候問わず/地形問わず(地獄界ヘル)
編成 単体、2体、または小さな群れ(3~12)
宝物 乏しい
特殊能力
まとわりつく炎(変則)/Clinging Flames 神話級ヘル・ハウンドのブレス攻撃からダメージを受けたクリーチャーは、着火する(着火能力と同様のセーヴDCを用いる)。

神話級ネシアン・ウォーハウンド 脅威度11/神話ランク4 Mythic Nessian Warhound

経験点12,800
LE/大型サイズの来訪者神話他次元界秩序
イニシアチブ +6; 感覚 暗視60フィート、鋭敏嗅覚暗闇を見通す〈知覚〉+14
防御
AC 28、接触11、立ちすくみ26(+11外皮、-1サイズ、+2【敏】、+6鎧)
hp 166(12d10+100)
頑健 +13、反応 +10、意志 +6
DR 10/エピック; 完全耐性 [火炎]
弱点 [氷雪]に対する脆弱性
攻撃
移動速度 40フィート
近接 噛みつき=+22(2d8+9/18~20、加えて“足払い”、加えて“着火”)、(×2)=+20(2d6+9、加えて“着火”)
接敵面 10フィート; 間合い 10フィート
特殊攻撃 神話パワー(4回/日、活性+1d8)、着火(1d6、DC21)、ブレス攻撃(30フィートの円錐形、10d6[火炎]加えて“まとわりつく炎”、反応・DC21・半減、1d4ラウンドごとに使用可能)
擬似呪文能力 (術者レベル12;精神集中+10)
一般データ
【筋】29、【敏】15、【耐】21、【知】4、【判】14、【魅】6
基本攻撃 +12; CMB +22; CMD 34(対足払い38)
特技 《イニシアチブ強化》《鋭敏感覚》《技能熟練:隠密》《技能熟練:生存》《クリティカル強化:噛みつき》(神)《武器熟練:噛みつき》(神)
技能 〈隠密〉+17、〈軽業〉+15(+19跳躍時)、〈真意看破〉+4、〈生存〉+17、〈知覚〉+14; 種族修正 +5〈隠密〉
言語 地獄語
生態
出現環境 気候問わず/地形問わず(地獄界ヘル)
編成 単体、2体、または小さな群れ(3~6)
宝物 標準(+2チェイン・シャツ・バーディング

 神話級ヘル・ハウンドは地獄の狼の皇子であり、残忍だが依然としてアークデヴィルに従順だ。自由気ままに過ごすことを過ごされた彼らは、「飼い慣らされた」一般のヘル・ハウンドの元となったクリーチャーである。