ムーンライトの虐殺

ムーンライトの虐殺  Moonlight Massacre


 4675ARカリストリア月26日、西セレン川の丘でKamdyn Arnefaxはラズミランの軍隊へ奇襲攻撃を開始し、これはムーンライトの虐殺として知られる出来事である。
 ランブレス Lambrethの地域は近隣のラズミランから差し迫った侵略によって脅かされた。そして彼が侵略者を打ち破ることができるならば、ランブレス LambrethのTriunesの統治をArnefaxの領土に提供した。Arnefaxは彼の王室の護衛、ランブレスの兵士、難民、傭兵の軍隊を組み立てただけでなく、シャドウ・マスティフや地獄のクリーチャーをも加えた。nightmare steedに襲われ、shadowy houndの群れと並び、悪名高きウースタラヴのCatspaw Maraudersの支援を受けたArnefaxと彼の個人的な護衛は残りの彼の軍がセレン川を横切る間、夜にラズミランの軍を上層部を攻撃し虐殺した。ラズミールの陣営は殺害の現場となり虐殺からほとんど逃げることなく、Arnefaxは大きな勝利を収めた。[1]
 Triunesは、Arnefaxが戦いで生き残るのを予想していなかった。Tandre CullertonがArnefaxの閣下の認定の遅れを示唆したとき、勝利を得た将軍は冷淡に彼と彼の妻を殺し、彼の家族を追放した。[1]

参考文献

[1] Jason Nelson. (2010). Lambreth. Guide to the River Kingdoms, p. 23. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-203-6