PFS > 作成済みキャラクター > スピリチュアリスト

スピリチュアリスト(1レベル)


Caring but a touch mischievous、Estra learned a great deal about empathy upon the death of her beloved husband、Honaire. She now uses her psychic magic and Honaire's loyal spirit to guide others.

エストラ ESTRA

女性、人間、1レベル・スピリチュアリスト
NG/中型サイズの人型生物(人間)
イニシアチブ -1; 感覚 〈知覚〉+4
防御
AC 12、接触9、立ちすくみ12(+3鎧、-1【敏】)
hp 10(1d8+2)
頑健 +3、反応 +1、意志 +6; 幻術に対して+2
攻撃
移動速度 30フィート
近接 銀製ダガー=+0(1d4-1)、またはサップ=+0(1d6)
遠隔 スリング=-1(1d4)
修得スピリチュアリスト呪文 (術者レベル1; 精神集中+4)
1レベル(2回/日)―シールドマインドリンクOA
0レベル(回数無制限)―ガイダンスグレイヴ・ワーズOAデイズ(DC14)、ライト
一般データ
【筋】10、【敏】8、【耐】12、【知】13、【判】18、【魅】15
基本攻撃 +0; CMB +0; CMD 9
特技 《神速の反応》*、《スピリチュアリストの呼び声》OA
技能 〈言語学〉+5、〈交渉〉+7、〈真意看破〉+8、〈呪文学〉+5、〈はったり〉+6(他人を騙す場合は+7)、〈魔法装置使用〉+6; 鎧による判定ペナルティ -1
特徴 〔懐疑論者〕APG、〔信用に値〕UCA
言語 ヴァリシア語、共通語、ハーフリング語
その他の特殊能力 意識共有、エーテル拘束、守護霊(ホネイア、専念)
戦闘用装備 スクロール・オヴ・コンプリヘンド・ランゲージズ、スクロール・オヴ・キュア・ライト・ウーンズ、スクロール・オヴ・オブスキュアリング・ミスト、酸; その他の装備 スタデッド・レザー・アーマー、サップ、銀製ダガー、スリングとブリット10個、背負い袋、携帯用寝具、ベルトポーチ、香炉、火打ち石と打ち金、お香(10本)、松明(2)、保存食(5日分)、水袋、12gp
* この能力の効果はエストラのデータに算出済みである。
特殊能力
エーテル拘束 攻撃がホネイアをアストラル界に送り返す場合、エストラは任意のヒット・ポイントを犠牲にしホネイアに対する同じ値のダメージを防ぐことができる。ホネイアはエストラより50フィートまで離れて動くことができる。そらに遠くまで行く場合、彼女は毎ラウンド全ラウンド・アクションとして精神集中判定(DC=10+両者が10フィート離れるごとに1)に成功しなければならず、失敗した場合はホネイアはエーテル界に移送され24時間の間は戻ってこれない。ホネイアが1ラウンドより長くエストラの効果線から外れた場合、エーテル界に帰っていく。
守護霊 エストラの専念の守護霊ホネイアは、エストラの精神に宿ることと、また1分の儀式を行い非実体または心霊体クリーチャーとして顕現することができる。ホネイアが心霊体として顕現している場合、彼は物質界とかかわりを持つことができダメージ減少5/斬撃を得る。非実体として顕現する場合、非実体の能力(物理的な攻撃に対する完全耐性、魔法的な攻撃によるダメージが半減になる)を得、非実体クリーチャーを攻撃することができるが物質的なクリーチャーを攻撃できなくなる。
意識共有 ホネイアが顕現していない場合、エストラは[精神作用]効果のセーヴィング・スローに+4ボーナスを得、次のボーナス特技を得る:《鋼の意志》、《技能熟練:交渉》、《技能熟練:真意看破》;これにより意志セーヴに+2ボーナス、〈交渉〉と〈真意看破〉判定に+3ボーナスを得る。1日に1回、失敗した[精神作用]効果に対するセーヴィング・スローを振りなおすことができるが、そうすることで呪文の持続時間の間は他の意識共有によるボーナスは失われる。
〔懐疑論者〕 エストラは幻術に対するすべてのセーヴィング・スローに+2のボーナスを得る。
《スピリチュアリストの呼び声》 君が守護霊を招来するたび、君は守護霊の【筋力】、【敏捷力】、【魅力】のいずれか1つに+2の強化ボーナスを与えることができる。このボーナスは招来のための儀式が完了した後、10分間だけ持続する。
〔信用に値〕 エストラは他人を騙すための〈はったり〉判定に+1のボーナスを得て、〈交渉〉判定に+1のボーナスを得る。
呪文 エストラは下記の呪文を発動できる。下記に挙げた呪文の完全な詳細は Pathfinder RPG Core Rulebook or Pathfinder RPG Occult Adventures を参照。
 デイズ:Estra dazes one humanoid creature within 25 feet、causing it to lose its next turn (Will DC14 negates). Once a creature is dazed by this spell、it is immune to it for 1 minute.
 グレイヴ・ワーズ:エストラは接触した遺体を1ラウンド間会話させることができる。遺体のとりとめのない話が何らかの点で有益である可能性は10%である(GMが決定する)。1度この呪文の目標となった遺体は、その後永久にこの呪文完全耐性を得る。
 ガイダンス:エストラは接触した目標がすぐ後に行う1回の攻撃ロール、セーヴィング・スロー、または技能判定に+1の技量ボーナスを与える。
 ライト:エストラが接触した1つの物体は10分間光を灯す。同じ呪文を同時に2つ以上有効にすることはできない。
 マインドリンク:Estra can communicate large amounts of information to a creature she touches、as if she'd spent 10 minutes in discussion. She and her target do not need to share a language.
 シールド:エストラは1分間ACに+4の盾ボーナスとマジック・ミサイルへの完全耐性を得る。
戦闘用装備 エストラは戦闘用装備を所持している。
 スクロール・オヴ・コンプリヘンド・ランゲージズ:Estra can understand all languages she reads or hears for 10 minutes、but she can't speak those languages.
 スクロール・オヴ・キュア・ライト・ウーンズ:A touched creature regains 1d8+1 hit points.
 スクロール・オヴ・オブスキュアリング・ミスト:Estra causes a cloud of mist to form around her in a 20-foot radius、blocking all sight beyond 5 feet. Creatures 5 feet away have concealment、and those farther away have total concealment. Fire or a strong wind can disperse this fog.

オネアリー HONAIRE

N/中型サイズの来訪者(守護霊)
イニシアチブ +1; 感覚 暗視60フィート
防御
AC 14、接触12、立ちすくみ12、または非実体形態では AC 15、接触15、立ちすくみ11
hp 9(1d10+4)
頑健 +1、反応 +3、意志 +5
攻撃
移動速度 30フィート
近接 叩きつけ(×2)=+2(1d6+1)
特殊攻撃 忠義の打撃
一般データ
【筋】12 【敏】14 【耐】13、【知】7、【判】10、【魅】13
基本攻撃 +1; CMB +2(心霊体)、+3(非実体); CMD 14(心霊体)、16(非実体)
技能 〈威圧〉+5、〈交渉〉+5、〈真意看破〉+4、〈知覚〉+4
特技 《追加hp》、《鋼の意志》B
その他の特殊能力 呪文共有、リンク
特殊能力
忠義の打撃 ホネイアはこれまでにエストラを攻撃したクリーチャーに対する攻撃ロールに+2ボーナスを得、そのクリーチャーに対する叩きつけ攻撃は1d8+1のダメージを与える。
リンク エストラはホネイアにフリー・アクションで指示を出せる。
呪文共有 エストラは距離が自身の呪文をホネイアに距離が接触の呪文として発動できる。

Estra never wanted to commune with spirits: she only wished for others to believe she did、and profit from that belief.
Born the daughter of a poor miner in Isger、Estra fell in with a small gang of faux spiritualists who needed a convincing actress to play the role of their spirit-channeling medium. The group engaged in fraudulent seances targeting grieving mourners、who paid dearly for confirmation of the smooth passing of their loved ones into the hereafter.
Within darkened chambers and ramshackle theaters、Estra and her confederates spent nearly 10 years bilking the grief-stricken. Estra proved a talented actress、falling into convincing trances to channel the dead and dispense the carefully gathered information her associates had gleaned on their targets. Sessions typically culminated with the full-form “manifestation” of a bereaved subject's lost relative: actually a confederate dressed in luminous robes and clumsy disguises.
The arrival of a handsome knight named Honaire changed all that. Stationed in Elidir、Honaire had left behind an ailing mother、and in his absence she had passed. Honaire sought some comfort in his loss、and turned toward the seances of Estra's troupe for assurance that his mother rested in peace. Relieved of his grief by the assurances of the spirit-seer、the young knight became smitten with Estra's quick wit and streetwise charm. Estra、for her part、found the knight's combination of physical strength and gentle courtesy enchanting、even as his strict code of honor made her regret her own life of lies. When at last she confessed the truth―that she'd never contacted Honaire's mother at all―she expected him to fly into a rage. Instead、he thanked her for her courage and proposed marriage. Accepting his proposal、Estra left behind the life of a charlatan、and the two spent several happy decades together.
Yet this life、too、came to an abrupt end when rumors of a rising alliance of goblin tribes reached the capital. Seeing her husband's frustration at the government's slow response、Estra urged him to volunteer to investigate、with no way of knowing that the goblin assemblies were the precursor to the deadly Goblinblood Wars. There in the dark expanse of the Chitterwood、Honaire and his unit were unexpectedly ambushed by a horde of maniacal goblins and their green dragon ally. Though he fought bravely and saved the lives of many comrades in their retreat、Honaire was bathed in the dragon's toxic breath.
Wracked by guilt and loss、Estra turned to her old means of supporting herself、training several new associates in the tricks of the faux spiritualist trade. Yet during the group's first performance、Estra's fake trance became something more. A wispy、greenish vapor coalesced from her mouth、eyes、and nostrils. To the wonderment of those assembled、a spectral figure emerged through the curtain of ectoplasmic mists. The ghostly apparition was not a confederate but rather the very real specter of her fallen husband. Comforted and shamed、the burgeoning spiritualist pledged again to never allow deceit to rule her life.
Though age stoops her body、Estra has learned to strengthen her spiritual bond with Honaire so that his ectoplasmic form might walk the world again. She uses her strange powers to provide comfort and consolation―for real this time―to those who've lost loved ones to the ceaseless violence of the world. Yet all the while、doubt plagues her. She wonders if her phantom husband's presence is the result of the depth of their love、some god's attempt to shepherd her toward righteousness、or a manifestation of her own guilty conscience.

“Respect your elders、child. I'm a forgiving sort、but my husband not so much...”



スピリチュアリスト(4レベル)


Caring but a touch mischievous、Estra learned a great deal about empathy upon the death of her beloved husband、Honaire. She now uses her psychic magic and Honaire's loyal spirit to guide others.

エストラ ESTRA

女性、人間、4レベル・スピリチュアリスト
N/中型サイズの人型生物(人間)
イニシアチブ -1; 感覚 〈知覚〉+4
防御
AC 14、接触10、立ちすくみ14(+4鎧、+1反発、-1【敏】)
hp 31(4d8+8)
頑健 +6、反応 +3、意志 +9; 幻術に対して+2
攻撃
移動速度 30フィート
近接 高品質の銀製ダガー=+4(1d4-1)、またはサップ=+3(1d6)
遠隔 高品質のスリング=+4(1d4)
修得スピリチュアリスト呪文 (術者レベル4; 精神集中+8)
2レベル(2回/日)―グール・タッチ(DC16)、スピリチュアル・ウェポンレジスト・エナジー
1レベル(4回/日)―インヴィジビリティ・アラームACGシールドディテクト・イーヴルマインドリンクOAリムーヴ・フィアー
0レベル(回数無制限)―ガイダンスグレイヴ・ワーズOAデイズ(DC14)、メイジ・ハンドメッセージライト
一般データ
【筋】10、【敏】8、【耐】12、【知】13、【判】18、【魅】16
基本攻撃 +3; CMB +3; CMD 12
特技 《感情の導管》OA、*、《神速の反応》*、《スピリチュアリストの呼び声》OA
技能 〈言語学〉+8、〈交渉〉+11、〈真意看破〉+11、〈呪文学〉+8、〈はったり〉+10(他者を騙す+11)、〈魔法装置使用〉+10; 鎧による判定ペナルティ -1
特徴 〔懐疑論者〕APG、〔信用に値〕UCA
言語 アズラント語、ヴァリシア語、共通語、スカルド語、ノーム語、ハーフリング語
その他の特殊能力 意識共有、エーテル拘束、感覚の絆(4ラウンド/日)、守護霊(ホネイア、専念)、発現の絆(7ラウンド/日、心霊体の盾)、霊的妨害
戦闘用装備 +1冷たい鉄製ブリット(10)、ポーション・オヴ・レッサー・レストレーション、スクロール・オヴ・フェアリー・ファイアー、スクロール・オヴ・ゴーストベイン・ダージAPG、スクロール・オヴ・スケアー、ワンド・オヴ・キュア・ライト・ウーンズ(7チャージ)、酸; その他の装備 +1スタデッド・レザー・アーマー、高品質の銀製ダガー、高品質のスリングとブリット10個、サップ、クローク・オヴ・レジスタンス+1、リング・オヴ・プロテクション+1、背負い袋、携帯用寝具、ベルトポーチ、香炉、火打ち石と打ち金、お香(10本)、磁化紙OA(7枚)、松明(2)、保存食(5日分)、水袋、3gp、5sp
* この能力の効果はエストラのデータに算出済みである。
特殊能力
自動書記 Once per week、Estra may scribble on paper for 1 hour、then attempt a DC20 Linguistics check to determine if a specific action will benefit her、harm her、or both. There is a 60% chance her reading is accurate、plus 5% for every point by which she exceeds the Linguistics check's DC (to a maximum of 90%). This increases by 5% if she uses a sheet of her magnetized paper.
発現の絆 While Honaire is within Estra's mind、as a swift action she can grant herself either a +4 shield bonus to AC or concealment against ranged attacks. She may use this ability for up to 7 rounds per day.
感覚の絆 標準アクションとして、エストラはホネイアの視覚、聴覚、嗅覚、味覚、および触覚の感覚を1日に4ラウンド感じることができる。
エーテル拘束 攻撃がホネイアをアストラル界に送り返す場合、エストラは任意のヒット・ポイントを犠牲にしホネイアに対する同じ値のダメージを防ぐことができる。ホネイアはエストラより50フィートまで離れて動くことができる。そらに遠くまで行く場合、彼女は毎ラウンド全ラウンド・アクションとして精神集中判定(DC=10+両者が10フィート離れるごとに1)に成功しなければならず、失敗した場合はホネイアはエーテル界に移送され24時間の間は戻ってこれない。ホネイアが4ラウンドより長くエストラの効果線から外れた場合、エーテル界に帰っていく。
守護霊 エストラの専念の守護霊ホネイアは、エストラの精神に宿ることと、また1分の儀式を行い非実体または心霊体クリーチャーとして顕現することができる。ホネイアが心霊体として顕現している場合、彼は物質界とかかわりを持つことができダメージ減少5/斬撃を得る。非実体として顕現する場合、非実体の能力(物理的な攻撃に対する完全耐性、魔法的な攻撃によるダメージが半減になる)を得、非実体クリーチャーを攻撃することができるが物質的なクリーチャーを攻撃できなくなる。
意識共有 ホネイアが顕現していない場合、エストラは[精神作用]効果のセーヴィング・スローに+4ボーナス、意志セーヴに+2ボーナス、〈交渉〉と〈真意看破〉判定に+3ボーナスを得る。1日に1回、失敗した[精神作用]効果に対するセーヴィング・スローを振りなおすことができるが、そうすることで呪文の持続時間の間は他の意識共有によるボーナスは失われる。
〔懐疑論者〕 エストラは幻術に対するすべてのセーヴィング・スローに+2のボーナスを得る。
霊的妨害 Whenever Estra is adjacent to ectoplasmic Honaire、she gains a+2 shield bonus to AC and a +2 bonus on saving throws. Whenever she is within 30 feet of incorporeal Honaire she gains a +2 bonus to saving throws against mind-affecting effects instead.
《スピリチュアリストの呼び声》 君が守護霊を招来するたび、君は守護霊の【筋力】、【敏捷力】、【魅力】のいずれか1つに+2の強化ボーナスを与えることができる。このボーナスは招来のための儀式が完了した後、10分間だけ持続する。
〔信用に値〕 エストラは他人を騙すための〈はったり〉判定に+1のボーナスを得て、〈交渉〉判定に+1のボーナスを得る。
呪文 エストラは下記の呪文を発動できる。下記に挙げた呪文の完全な詳細は Pathfinder RPG Core Rulebook or Pathfinder RPG Occult Adventures を参照。
 デイズ:Estra dazes one humanoid creature within 35 feet、causing it to lose its next turn (Will DC14 negates). Once a creature is dazed by this spell、it is immune to it for 1 minute.
 グール・タッチ:エストラが接触した人型生物は1d6+2ラウンド間麻痺状態になる。麻痺したクリーチャーの10フィート以内にいる毒に対する脆弱性を持つクリーチャーは不調状態になる。両者の効果はDC16の頑健セーヴで無効。
 グレイヴ・ワーズ:エストラは接触した遺体を1ラウンド間会話させることができる。遺体のとりとめのない話が何らかの点で有益である可能性は10%である(GMが決定する)。1度この呪文の目標となった遺体は、その後永久にこの呪文完全耐性を得る。
 ガイダンス:エストラは接触した目標がすぐ後に行う1回の攻撃ロール、セーヴィング・スロー、または技能判定に+1の技量ボーナスを与える。
 インヴィジビリティ・アラーム:エストラは35フィート以内の半径20フィートの範囲を警戒範囲とする。不可視状態のクリーチャーがこの警戒範囲に入ると、警報音が鳴るか、エストラへ無音の通知が発せられる。この警戒範囲は8時間続く。
 ライト:エストラが接触した1つの物体は40分間光を灯す。同じ呪文を同時に2つ以上有効にすることはできない。
 メッセージ:エストラは目標が140フィート以内におり視界内にいる限り、40分間、1体の目標に伝言を囁くことができる。目標はその都度リヴァーに囁きを送り返すことができる。近くにいるクリーチャーはこの伝言を漏れ聞くことができる(〈知覚〉DC25)。
 マインドリンク:Estra can communicate large amounts of information to a touched creature、as if she'd spent 10 minutes in discussion. She and her target do not need to share a language.
 リムーヴ・フィアー:エストラは40フィート以内にいる互いに30フィート以内の2体のクリーチャーを選択する。そのクリーチャーに現在効果を及ぼしている全ての[恐怖]効果を10分の間、無効化する。持続時間の間、このクリーチャーは新たな[恐怖]効果に対するセーヴィング・スローに+4士気ボーナスを得る。
 レジスト・エナジー:40分の間、エストラが接触した目標は、[酸]、[冷気]、[電気]、[火]、または[音波]の中から選択したダメージに10の抵抗を得る。
 シールド:エストラは1分間ACに+4の盾ボーナスとマジック・ミサイルへの完全耐性を得る。
 スピリチュアル・ウェポン:エストラは140フィート以内に浮遊する力場のロングソードを4ラウンド作り出す。このロングソードは自律し、毎ラウンド+7ボーナスで攻撃し、1d8+1ポイントの力場ダメージを与える。
戦闘用装備 エストラは戦闘用装備を所持している。
 ポーション・オヴ・レッサー・レストレーション:このポーションはいずれか1つの能力値ダメージを1d4ポイント治癒するか、またはいずれか1つの能力値を減少させるほとんどの魔法的な効果除去する。施された者は疲労状態ではなくなり、過労状態であったなら疲労状態になる。
 スクロール・オヴ・フェアリー・ファイアー:All creatures in a 5-foot-radius burst within 440 feet are outlined in a pale glow that sheds light like a candle. Outlined creatures take a -20 penalty on Stealth checks and do not benefit from concealment granted by darkness、blur、invisibility、or similar effects for 1 minute.
 スクロール・オヴ・ゴーストベイン・ダージ:Estra causes one incorporeal creature within 30 feet to become semi-physical for 3 rounds (Will DC13 negates). While affected、the creature takes half damage from nonmagical attacks and full damage from magical、supernatural and spell-like effects.
 スクロール・オヴ・スケアー:Estra causes one living creature (with 6 or fewer Hit Dice) within 130 feet to become frightened for 3 rounds. If the creature succeeds at a DC13 Will save、it is instead shaken for 1 round.
 ワンド・オヴ・キュア・ライト・ウーンズ:接触したクリーチャーはHPを1d8+1回復する。

オネアリー HONAIRE

N/中型サイズの来訪者(守護霊)
イニシアチブ +1; 感覚 暗視60フィート
防御
AC 16、接触12、立ちすくみ14(+4外皮、+2【敏】)、または非実体形態では AC 18、接触18、立ちすくみ14(+4反発、+2回避、+2【敏】)
hp 22(3d10+6)
頑健 +2、反応 +5、意志 +7
攻撃
移動速度 30フィート
近接 叩きつけ(×2)=+4(1d6+1)
特殊攻撃 忠義の打撃、魔力を帯びた攻撃
一般データ
【筋】12(非実体形態では―)、【敏】15、【耐】13、【知】7、【判】10、【魅】14
基本攻撃 +3; CMB +4(心霊体)、+3(非実体); CMD 16(心霊体)、15(非実体)
技能 〈威圧〉+8、〈交渉〉+8、〈真意看破〉+6、〈知覚〉+6
特技 《追加hp》、《鋼の意志》B、《迎え討ち》
その他の特殊能力 呪文共有、接触呪文伝達、リンク
特殊能力
接触呪文伝達 ホネイアは30フィート以内にいるエストラが発動した距離が接触の呪文を接触攻撃で伝搬することができる。
忠義の打撃 ホネイアはこれまでにエストラを攻撃したクリーチャーに対する攻撃ロールに+2ボーナスを得、1d8+1のダメージを与える。
リンク エストラはホネイアにフリー・アクションで指示を出せる。
魔力を帯びた攻撃 Honaire's attacks count as magic for overcoming DR.
呪文共有 エストラは距離が自身の呪文をホネイアに距離が接触の呪文として発動できる。

When the spirit of her departed husband returned to her、Estra vowed to use her spiritualist gifts to help others. She aids the helpless wherever they're afflicted、though her impatience and sharp tongue sometimes get the better of her.

“Respect your elders、child. I'm a forgiving sort、but my husband not so much...”



スピリチュアリスト(7レベル)


Caring but a touch mischievous、Estra learned a great deal about empathy upon the death of her beloved husband、Honaire. She now uses her psychic magic and Honaire's loyal spirit to guide others.

エストラ ESTRA

女性、人間、7レベル・スピリチュアリスト
N/中型サイズの人型生物(人間)
イニシアチブ +3; 感覚 〈知覚〉+4
防御
AC 16、接触10、立ちすくみ16(+6鎧、+1反発、-1【敏】)
hp 52(7d8+14)
頑健 +8、反応 +5、意志 +11; 幻術に対して+2
攻撃
移動速度 30フィート
近接 +1銀製ダガー=+6(1d4)、または高品質のサップ=+6(1d6)
遠隔 高品質のスリング=+5(1d4)
スピリチュアリストの擬似呪文能力 (術者レベル7)
回数無制限―ディテクト・アンデッド
1回/日―カーム・スピリットOA
修得スピリチュアリスト呪文 (術者レベル7; 精神集中+11)
3レベル(2回/日)―キュア・シリアス・ウーンズスピリットバウンド・ブレードOAヒロイズム
2レベル(4回/日)―エイドグール・タッチ(DC16)、スピリチュアル・ウェポンレジスト・エナジーレッサー・レストレーション
1レベル(5回/日)―インヴィジビリティ・アラームACGエクスペディシャス・リトリートシールドディテクト・イーヴルマインドリンクOAリムーヴ・フィアー
0レベル(回数無制限)―ガイダンスグレイヴ・ワーズOAデイズ(DC14)、メイジ・ハンドメッセージライト
一般データ
【筋】10、【敏】8、【耐】12、【知】13、【判】18、【魅】16
基本攻撃 +5; CMB +5; CMD 14
特技 《感情の導管》OA、* 《イニシアチブ強化》*、《神速の反応》*、《スピリチュアリストの呼び声》OA、《戦闘発動》
技能 〈言語学〉+11、〈交渉〉+14、〈真意看破〉+14、〈呪文学〉+11、〈はったり〉+13(他人を騙す場合は+14)、〈魔法装置使用〉+13; 鎧による判定ペナルティ -1
特徴 〔懐疑論者〕APG、〔信用に値〕UCA
言語 アズラント語、ヴァリシア語、エルフ語、共通語、スカルド語、ドワーフ語、ノーム語、ハーフリング語、竜語
その他の特殊能力 意識共有、エーテル拘束、感覚の絆(7ラウンド/日)、守護霊(ホネイア、専念)、守護霊送還(1回/日)、発現の絆(10ラウンド/日、心霊体の盾)、霊的妨害
戦闘用装備 +1冷たい鉄製スリング・ブリット(10)、オイル・オヴ・デイライト、レッサー・リーチ・メタマジック・ロッド、スクロール・オヴ・フライ、スクロール・オヴ・ガシアス・フォーム、スクロール・オヴ・シー・インヴィジビリティ、ワンド・オヴ・キュア・モデレット・ウーンズ(7チャージ)、ワンド・オヴ・ディスペル・マジック(6チャージ); その他の装備 +2チェイン・シャツ、+1銀製ダガー、高品質のスリングとブリット10個、クローク・オヴ・レジスタンス+2、ハンディ・ハヴァサック、リング・オヴ・プロテクション+1、携帯用寝具、ベルトポーチ、香炉、火打ち石と打ち金、お香(10本)、松明(10)、保存食(5日分)、水袋、818gp
* この能力の効果はエストラのデータに算出済みである。
特殊能力
発現の絆 While Honaire is within Estra's mind、as a swift action she can grant herself either a +4 shield bonus to AC or concealment against ranged attacks. She may use this ability for up to 7 rounds per day.
感覚の絆 標準アクションとして、エストラはホネイアの視覚、聴覚、嗅覚、味覚、および触覚の感覚を1日に7ラウンド感じることができる。
エーテル拘束 攻撃がホネイアをアストラル界に送り返す場合、エストラは任意のヒット・ポイントを犠牲にしホネイアに対する同じ値のダメージを防ぐことができる。ホネイアはエストラより50フィートまで離れて動くことができる。そらに遠くまで行く場合、彼女は毎ラウンド全ラウンド・アクションとして精神集中判定(DC=10+両者が10フィート離れるごとに1)に成功しなければならず、失敗した場合はホネイアはエーテル界に移送され24時間の間は戻ってこれない。ホネイアが7ラウンドより長くエストラの効果線から外れた場合、エーテル界に帰っていく。
守護霊 エストラの専念の守護霊ホネイアは、エストラの精神に宿ることと、また1分の儀式を行い非実体または心霊体クリーチャーとして顕現することができる。ホネイアが心霊体として顕現している場合、彼は物質界とかかわりを持つことができダメージ減少5/斬撃を得る。非実体として顕現する場合、非実体の能力(物理的な攻撃に対する完全耐性、魔法的な攻撃によるダメージが半減になる)を得、非実体クリーチャーを攻撃することができるが物質的なクリーチャーを攻撃できなくなる。
守護霊送還 即行アクションまたは割り込みアクションとして、エストラはホネイアを隣接するマスに瞬間移動させるか、自分の精神に戻すことができる。
レッサー・リーチ・メタマジック・ロッド 1日3回、エストラは呪文の距離を接触から40フィートへ、40フィートから170フィートへ、170フィートから680フィートへ増加することができる。エストラはこの距離の増加を呪文につき1回適用することができる。
意識共有 ホネイアが顕現していない場合、エストラは[精神作用]効果のセーヴィング・スローに+4ボーナス、意志セーヴに+2ボーナス、〈交渉〉と〈真意看破〉判定に+3ボーナスを得る。1日に1回、失敗した[精神作用]効果に対するセーヴィング・スローを振りなおすことができるが、そうすることで呪文の持続時間の間は他の意識共有によるボーナスは失われる。
霊的妨害 Whenever Estra is adjacent to ectoplasmic Honaire、she gains a +2 shield bonus to AC and a +2 bonus on saving throws. Whenever she is within 30 feet of incorporeal Honaire、she gains a +2 bonus to saving throws against mind-affecting effects instead.
《スピリチュアリストの呼び声》 君が守護霊を招来するたび、君は守護霊の【筋力】、【敏捷力】、【魅力】のいずれか1つに+2の強化ボーナスを与えることができる。このボーナスは招来のための儀式が完了した後、10分間だけ持続する。
呪文 エストラは下記の呪文を発動できる。下記に挙げた呪文の完全な詳細は Pathfinder RPG Core Rulebook or Pathfinder RPG Occult Adventures を参照。
 エイド:エストラは接触した1体のクリーチャーの攻撃ロールと[恐怖]に対するセーヴィング・スローに+1ボーナス、ヒット・ポイントに1d10+7を7分間与える。
 カーム・スピリット:エストラの40フィート以内にいる非実体の1体のアンデッドが7分間あらゆる敵対的な行動をとることがなくなるか、40フィート以内の霊障が7ラウンド起動しなくなる。
 キュア・シリアス・ウーンズ:エストラの接触は接触した目標の3d8+7ポイントのダメージを治癒する。
 デイズ:Estra dazes one humanoid creature within 40 feet、causing it to lose its next turn (Will DC14 negates). Once a creature is dazed by this spell、it is immune to it for 1 minute.
 ディテクト・アンデッド:Estra can detect undead creatures in a 60-foot cone. If she concentrates、she can find out the number of undead and the strength of the strongest undead aura. On the round after that、she can determine the strength and location of each undead aura.
 エクスペディシャス・リトリート:エストラの移動速度は7分間60フィートに増加する。
 グール・タッチ:エストラは接触し人型生物を1d6+2ラウンド間麻痺させる。麻痺したクリーチャーの10フィート以内にいる毒に対する脆弱性を持つクリーチャーは不調状態になる。両者の効果はDC16の頑健セーヴで無効。
 グレイヴ・ワーズ:エストラは接触した遺体を1ラウンド間会話させることができる。遺体のとりとめのない話が何らかの点で有益である可能性は10%である(GMが決定する)。1度この呪文の目標となった遺体は、その後永久にこの呪文完全耐性を得る。
 ガイダンス:エストラは接触した目標がすぐ後に行う1回の攻撃ロール、セーヴィング・スロー、または技能判定に+1の技量ボーナスを与える。
 ヒロイズム:エストラは接触したクリーチャーに攻撃ロール、セーヴィング・スロー、全ての技能判定に70分の間、+2士気ボーナスを与える。
 インヴィジビリティ・アラーム:エストラは40フィート以内の半径20フィートの範囲を警戒範囲とする。不可視状態のクリーチャーがこの警戒範囲に入ると、警報音が鳴るか、エストラへ無音の通知が発せられる。この警戒範囲は8時間続く。
 レッサー・レストレーション:3全ラウンドの発動の後、接触した目標の能力値ダメージを1d4ポイント回復する、または能力値を減少させるほとんどの魔法の効果を解呪する。この呪文の目標は疲労状態でなくなり、過労状態を疲労状態まで軽減する。
 ライト:エストラが接触した1つの物体は70分間光を灯す。同じ呪文を同時に2つ以上有効にすることはできない。
 メイジ・ハンド:エストラは40フィート以内にある魔法的ではない5ポンド以下の物品1つを指定し、それを好きな方向に15フィートまで動かせる。その物品がエストラから40フィートより離れて移動した場合、この呪文は終了する。
 メッセージ:エストラは目標が170フィート以内におり視界内にいる限り、70分間、目標に伝言を囁くことができる。目標はその都度リヴァーに囁きを送り返すことができる。近くにいるクリーチャーはこの伝言を漏れ聞くことができる(〈知覚〉DC25)。
 マインドリンク:Estra can communicate large amounts of information to a touched creature、as if she'd spent 10 minutes in discussion. She and her target do not need to share a language.
 リムーヴ・フィアー:エストラは40フィート以内にいる互いに30フィート以内の2体のクリーチャーを選択する。そのクリーチャーに現在効果を及ぼしている全ての[恐怖]効果を10分の間、無効化する。持続時間の間、このクリーチャーは新たな[恐怖]効果に対するセーヴィング・スローに+4士気ボーナスを得る。
 レジスト・エナジー:70分の間、エストラが接触した目標は、[酸]、[冷気]、[電気]、[火]、または[音波]の中から選択したダメージに20の抵抗を得る。
 シールド:エストラは7分間ACに+4の盾ボーナスとマジック・ミサイルへの完全耐性を得る。
 スピリットバウンド・ブレード:Estra can touch a weapon to grant it the ghost touch special quality and one of the following special abilities for 7 minutes: cruel、cunning、keen、menacing、mimetic、returning、or vicious.
 スピリチュアル・ウェポン:エストラは170フィート以内に浮遊する力場のロングソードを7ラウンド作り出す。このロングソードは自律し、毎ラウンド+9ボーナスで攻撃し、1d8+2ポイントの力場ダメージを与える。
戦闘用装備 エストラは戦闘用装備を所持している。
 オイル・オヴ・デイライト:接触した物体は70分の間、60フィートの明るい光を放ち続く60フィートの照明段階を1段階上昇させる。そこに魔法的な暗闇があった場合、両者が重なる範囲はいずれの呪文の効果も及ぼさなくなる。
 スクロール・オヴ・フライ:A touched target gains a 60-foot fly speed and a +3 bonus to Fly checks (+2 total if Estra targets herself) for 7 minutes.
 スクロール・オヴ・ガシアス・フォーム:A touched creature becomes misty and insubstantial for 10 minutes. Its material armor becomes worthless、but it gains DR 10/magic and a fly speed of 10 feet、and can move through small holes or narrow openings.
 スクロール・オヴ・シー・インヴィジビリティ:Estra gains the ability to see invisible and ethereal creatures normally for 30 minutes.
 ワンド・オヴ・キュア・モデレット・ウーンズ:A touched target regains 2d8+3 hit points.
 ワンド・オヴ・ディスペル・マジック:Estra can attempt to end a magical effect within 170 feet. She rolls 1d20+7、and the result must equal or exceed 11 plus the target effect's caster level to end the magical effect. Alternatively、Estra can ready an action to counter an enemy spellcaster's spellcasting. This works in much the same way、but if successful、she causes the enemy's spell to fail.

オネアリー HONAIRE

N/中型サイズの来訪者(守護霊)
イニシアチブ +1; 感覚 暗視60フィート
防御
AC 22、接触14、立ちすくみ20(+2反発、+8外皮、+3【敏】)、または非実体形態では AC 25、接触25、立ちすくみ20(+10反発、+2回避、+3【敏】)
hp 51(6d10+18)
頑健 +6、反応 +10、意志 +9; 心術に対して+4
防御的能力 守護のオーラ
攻撃
移動速度 30フィート
近接 叩きつけ(×2)=+7(1d8+1)
特殊攻撃 忠義の打撃、魔力を帯びた攻撃
一般データ
【筋】12 【敏】16 【耐】14、【知】7、【判】10、【魅】15
基本攻撃 +6; CMB +7(心霊体)、+6(非実体); CMD 21(心霊体)、20(非実体)
技能 〈威圧〉+11、〈交渉〉+11、〈真意看破〉+9、〈知覚〉+9
特技 《追加hp》、《鋼の意志》B、《ボディガード》APG、《迎え討ち》
その他の特殊能力 呪文共有、接触呪文伝達、リンク
特殊能力
《ボディガード》 隣接するクリーチャーが攻撃された際、機会攻撃の回数を使用して 自身の攻撃ボーナスを用いてDC10の判定を行うことができる。判定に成功した場合、彼の味方のACはその攻撃に対して2上昇する。
守護のオーラ 10フィート以内にいる全ての味方はACとCMDに+2ボーナスを得、セーヴィング・スローに+2ボーナスを得る。
接触呪文伝達 ホネイアは30フィート以内にいるエストラが発動した距離が接触の呪文を接触攻撃で伝搬することができる。
忠義の打撃 ホネイアはこれまでにエストラを攻撃したクリーチャーに対する攻撃ロールに+2ボーナスを得、そのクリーチャーに対する叩きつけ攻撃は2d6+1のダメージを与える。
リンク エストラはホネイアにフリー・アクションで指示を出せる。
魔力を帯びた攻撃 Honaire's attacks count as magic for overcoming DR.
呪文共有 エストラは距離が自身の呪文をホネイアに距離が接触の呪文として発動できる。

A former charlatan、Estra amended her ways when she met her husband、a warrior named Honaire. When he died、she began bilking mourners again、but now she walks beside the spirit of Honaire、who has returned to inspire her to provide real comfort to mourners.

“Respect your elders、child. I'm a forgiving sort、but my husband not so much...”