B2 > サード

サード Sard

こののたうつ葉のない木は蜘蛛のような足で動く。血のような赤の微細な稲妻のきらめきが樹皮の裂け目の中で踊っている。

サード 脅威度19 Sard

経験点204,800
CE/超巨大サイズの植物
イニシアチブ +8;感覚 暗視60フィート、擬似視覚30フィート、振動感知30フィート、夜目;〈知覚〉+32
防御
AC 34、接触10、立ちすくみ26(+24外皮、-8サイズ、+8【敏】)
hp 333(23d8+230);高速治癒10
頑健 +23、反応 +17、意志 +13
防御能力 断末魔の爆発、電気ショック;DR 15/冷たい鉄および斬撃;完全耐性 [電気]、植物の種別特性抵抗 [火]30、[冷気]30;SR 30
弱点 [音波]への脆弱性
攻撃
移動速度 50フィート、登攀30フィート
近接 叩きつけ(×2)=+25(4d10+16/19~20、加えて4d6[電気])
遠隔 棘(×4)=+17(2d8+16、加えて“”)
接敵面 30フィート;間合い 30フィート
擬似呪文能力 (術者レベル20;精神集中+27)
一般データ
【筋】42、【敏】27、【耐】30、【知】9、【判】22、【魅】25
基本攻撃 +17;CMB +41;CMD 59(対足払い67)
特技 《擬似呪文能力高速化:ライトニング・ボルト《強打》《近距離射撃》《クリティカル強化:叩きつけ》《渾身の一打》《神速の反応》《神速の反応強化》《精密射撃》《精密射撃強化》《突き飛ばし強化》《武器破壊強化》《ふっとばし攻撃》
技能 〈知覚〉+32、〈登攀〉+24
言語 アクロ語、森語
その他の特殊能力 次元界順応
生態
出現環境 気候問わず/森林
編成 単体
宝物 ×3
特殊能力
断末魔の爆発(超常)/Death Throes サードが死んだ場合、電撃の爆発と共に剃刀のように鋭い木の破片となって破裂する。このように爆発した時にサードの30フィート以内にいる全てのクリーチャーは、12d6の[電気]ダメージと12d6の刺突ダメージを受ける。DC31の反応セーヴに成功すればこのダメージを半減できる。このセーヴDCは【耐久力】に基づいている。
電気ショック(超常)/Electrical Jolt クリーチャーが金属製の近接武器でサードに打撃を与えるたびに、電気の火花が攻撃者に1d10ポイントのダメージを与える。
次元界順応(変則)/Planar Acclimation サードはどの次元界にいるかに関わらず、常に出身地の次元界にいるとみなされる。(他次元界)の副種別を得ることは決してない。
毒(変則)/Poison 棘・致傷型;セーヴ 頑健 DC31;頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間);効果 1d2【敏】および4d6[電気];治癒 2回連続のセーヴ成功。
棘(変則)/Thorns サードの棘は射程単位を持たず、180フィートの有効距離を持つ。

 サードはフェイの領域の奇妙な神格の1柱によって電撃と生の生命力を注入された古代の楡、樫、または松の木である。テインとして知られる伝説の獣の1つであるサードは、赤い稲妻でできた樹液が流れる。全てのサードの電気攻撃にはこれと同一の不気味な色のエネルギーを帯びている。
 サードは古い枯れた木のように見せかけることができる。ことにそのクリーチャーがツリー・シェイプ擬似呪文能力を使用している場合には。しかしその巨大なサイズと不恰好な姿にもかかわらず、実際にはサードは速く機敏な怪物である。巨大な昆虫のような蜘蛛めいた根を使って地面を這い回ることで、不安定な優雅さと速度で移動することができる。その巨大な幹で1回たたきつけるか、クリーチャーの有毒な電気を帯びた樹液を注入する1フィートの長さの棘をいっせいに撃ち出すかして攻撃する。
 サードはほとんどの人間とほとんど同じほど知的だが、この知性を建設的な目的のために使うものはほとんどいない。最初のサードは生きている一種の攻城兵器として創造され、彼らはこの破壊的な役割を非常に楽しみ、しばしば砦や町を探し出して組織的に破壊する。